EWI USBをWIN10(64bit)にインストールしました

3万円程度で購入できて、パソコンにつないで簡単に楽しめるウインドシンセサイザーEWI USBですが、私はWindow-XPのころから使っており、Window8、Window10(32bit)とOSが変わるたびにそれに合わせて使ってきました。

今回Window10(64bit) のパソコンになって古いソフトのインストールに苦戦しましたので、それをやっていくときの気づいたことなどを書き留めておきますので参考になれば・・・。(R1.6月の情報の記事です)

  
  

インストールの手順

以下はWindows10(64bit)のパソコンにインストールする手順です。
まずは、さらっと、EWI USBのHPを見てください。

http://ewi.akai-pro.jp/ewiusb/

このAKAIさんのHPはHTTPS://ではないところを見ると、AKAIさんはEWIにあまり力を入れていない感じがしますが、特に問題はありません。



1)購入時に付属のCDが必要です。

添付のCDが必要です。これをインストールします。

私の持っているCDは古いもので、XP/Vista 対応となっていますが、HPの案内によると、「WIN8.1まで対応」となっています。
しかし、私のこの古いCDを、WIN8はもちろん、今回はWIN10のインストールにこれを使いましたが、まったく問題はありません。

このCDをつかってPCにインストールします。

インストールは、CDの指示に従って進めると問題ありません。


2)つぎにAKAIのHPからアップデートをします。

次に、HPの、
http://ewi.akai-pro.jp/ewiusb/ の「アップデート」にあるWindows用の
ARIA Software Update for Windows [v1.005] をクリックして、

ダウンロードでできたZipファイルのアイコンを右クリックしてして解凍します。

そして、解凍された「Akai_EWI_USB_v1005.exe」 を実行します。(実行後は、このインストールしたファイルは削除しても問題はありません)


3)HPの「よくある質問」を読みます。(重要です)

AKAIのHPの同じページにあるサポート情報から「よくある質問」のページに飛び、
http://ewi.akai-pro.jp/ewiusb/data/faq.php  の内容をチェックします。

ここにかかれている項目は、
 ・EWI USBが認識されない(本体のLEDが点灯しない)
 ・演奏(ARIAのサウンド)が遅れて聴こえる
 ・演奏中にノイズが割り込んで聴こえてくる
 ・ "ARIA"インストール後、エラーが出て起動しない(Windows)
 ・EWI USBが"ARIA"で認識されない(Windows)
などについての対処の方法が書いてあります。

大事な内容ですので通読ください。

この状態でソフトを立ち上げてうまく音が出てくれればいいのですが、私の場合は、WIN8にした時からこのサポートにある「レーテンシ(遅れ)」による問題が発生していますので、多分、つぎの「ASIO」のインストールをしてから立ち上げるほうがいいので、まずそれを説明します。


3)ASIO4ALLをダウンロード~インストールします。

これは「サポート情報」に説明されている内容と同じです。

www.asio4all.org のHPにある、どのダウンロードサイトからでもいいので、ASIO4ALL最新版をダウンロードし、アイコンをダブルクリックしてインストールします。

私はそこにある、一番上のサイトからダウンロードしました。
ASIOのHPからダウンロードします。 ASIOのHPです

ダウンロードでできたアイコンをダブルクリックするとインストール手順になります。

アイコンをダブルクリックで開きます 
NEXT(次へ)をクリックして・・・
「同意」にチェックして「次へ」・・・
ASIOにチェックして「次へ」・・・
インストール場所を指定してインストールします。

(余談ですが…)

カラオケ練習用にmp3の音程を変えることができる「聞々ハヤえもん」という有名なアプリがあるのですが、ASIOをインストールすると、この「聞々ハヤえもん」がうまく作動しません。

結局、私は「EWI」のほうを重視して、この「ハヤえもん」を使うのをあきらめたのですが、この対策として、Window 10に付属の WindowsMediaPlayer を使って再生スピードを変えることで歌や英語の練習に使っています。→こちらで説明


4)それではARIAを立ち上げてみましょう

ARIAはEWI USBを動作させるソフトウエアです。

「スタート」のAKAIホルダーの中に2つのアイコンがありますが、64bitのほうをピン止めしておくといいでしょう。

「スタート」からAKAIの64bitを選択して起動します。

まず最初に、EWI USBをUSBジャックに差し込んでおいてからアイコンをクリックして、立ち上げます。

USBにEWIを差し込んでいないと、設定が初期化されて、毎回設定しなければなりません。USBに差し込んだことを確認してからプログラム(アプリ)を立ち上げてください。

このような画面が立ち上がります。

この画面は、「音色」をセットした状態ですが、以前使用していた音源ファイルがあれば、左上メニューの「File」をクリックして「LOAD」します。(これらは使用説明書によってください)

音が出ない場合は、メニューの「Tools」の2か所を確認して、以下のようになっていることを確認ください。

まず、設定を確認しましょう。
このようになっているかを確認します。
Buffer Sizeは小さすぎると雑音が出ますので、256-512程度で試してください。
適当なGAINになっていないと音が出ません。

この ConfigurationのGain が「すべて0」になっていることがよくあります。特に、上に書いたように、EWIをUSBに繋がないでアプリを立ち上げないように注意します。

また、音色がセットされていて音が出なければ、まずこれを確認します。

EWI USBをささないでソフトを立ち上げると、すべてのゲインが「0」で左側に寄っています。

その他の場合でも、音が出なかったら「Tools」の部分を確認しましょう。

音が出ることを確認できれば、あとは、通常の使用方法でEWI USBをお楽しみください。


私とEWI USBのお付き合い

WindowsXPのころから使用し始めたのですが、結構しっかりしたつくりで、5年以上使っていますが、故障などもありません。

使い始めた当初は「ASIO」をインストールしなくても普通に音が出ていました。

そして、WIN8のPCに変えたとき、かなり音が遅れるのでASIOをインストールしました。
今から考えると、XPは動きが軽かったのでしょうか?

その後1916年の秋に、持ち運びに便利なようにと、写真のようにタブレット版のWIN10でも同じように使っています。

愛用のASUSタブレット
このようにUSBをつないでいます

もちろん、タブレットではいい音を楽しめませんので、イヤホンジャックでステレオアンプにつなぐか、ヘッドフォンで音を出しています。

ちなみにこのタブレットの仕様は、
T90CHI :Intel Atom :CPU Z3775 1.46GHz :RAM 2GB :32ビットオペレーション : X64ベースプロセッサ : Win10・・・

という、かなり低いレベルのスペックですが、このようなセットでも結構楽しむことができます。

以上ですが、少しでもお役に立てば幸いです。


  
Page Top▲

(来歴)R1.6 文章作成   R1.8 誤字見直し   
 【Googleで紹介された千里川土手
千里川土手上空を飛行機が・・・

着陸する飛行機が迫力満点で見ることができる場所として古くから有名でしたが、Googleでコマーシャル紹介されてさらに人が増えました。駐車場や周りの案内をしています。

 【東大阪市加納緩衝緑地
加納緩衝緑地

近くに住んでいた、東大阪の北部にある公園ですが、年々良くなっています。一部を紹介しています。

 【交野市の源氏の滝を紹介しています
交野市 源氏の滝

WEBではパワースポットと紹介されていますが、なんとなくそれが感じられる場所です。交野市のキャラクターは「おりひめちゃん」です。

 シニアでセブに単身の英語留学記
セブに英語留学に行きました

67歳で単身4週間フィリピンのセブ・マクタン島の英語学校に留学をしました。町や学校の様子などともに、渡航全般について9ページにわたり詳しく書いています。