外歩きには、スマホだけではもったいない!

スマホがあれば何でもできる・・・と思っている方も多いのですが、ハイキングや観光地では、録音機や高倍率インスタントカメラ(デジカメ)などの専用の道具があれば、1レベル高い楽しみ方ができます。

スマホの性能は良くなったとはいえ、ハンディーレコーダや高倍率ズームのデジカメを使うと、違った良さが生まれます。

自然の音をマイクで録音することは馴染みが薄いかもしれませんが、自分で録音した音を聞くと、新鮮な面白さがあります。

また、ただ、録音しっぱなしではなく、簡単な音の加工をして、名前をつけてファイリングすれば「音のライブラリー」が出来上がります。 そのための編集用フリーソフトAudacityの簡単な使い方を紹介しています。まず、音の録音から・・・。

 

自然の音を録音しよう。そして 編集しよう。

海辺の波の音、川のせせらぎ、秋の虫の声・・・などの自然の音を高音質でステレオ録音すると、音楽や他の人が録音したものと違って、その新鮮さにびっくりすると思います。

自然音でなくても、お祭りのだんじりの音、電車内のアナウンス、スタバでくつろいでいるときの周囲の音・・・などの音も、高音質で録音して聞いてみると意外と楽しいものです。

人にカメラを向けると嫌がられますが、お茶を飲みながらテーブルにさりげなくレコーダーを置いて録音していても、口をつむる人はいますが、とがめる人はいないでしょう。

録音機は、インタビューなどに見る「会話録音用・集音用ICレコーダー」ではなく、「高音質」「リニアPCM」などと表示されている、楽器の音を録音するように販売されているもので録音するのがポイントです。

ハンディーレコーダー(PCM録音用)

YAMAHAの録音機 三脚を使って録音します

私は、これらをリュックに入れて外出し、気づいたときに取り出して録音します。

木の枝などに固定する三脚、録音する音を確認する高音質イヤホン、付属の風防 ・・・ などは必須です。 これだけで、高音質な音が録音できます。

このレコーダーは、10年以上使っていますが、故障もなく健在で、これら全部の重さは300g未満ですので、持って出る邪魔にもなりません。

これについての細かい説明はしませんが、このYAMAHA W24 は、音楽を生録するための細かい配慮がされていて、スタインバーグ社のCUBASE AIという編集ソフトやリモコンがついていて、取説の書き方が良かったのでしょうか、使うのも簡単です。(イヤホンと三脚は別に購入しました)

購入当時は高音質で録音できる機器は高額で、この、コンパクトで高音質な機種が発売されると、購入(3万円弱)したのですが、それくらい、大きさも品質も画期的だった・・・と記憶しています。

しかし、最新の製品はもっと軽く高性能に進化しているでしょう。 Amazon の口コミや量販店で商品説明を聞いて購入されるといいでしょう。

→Amazonのハンディーレコーダーのページへ
→楽天のハンディーレコーダーのページへ

高額のものがいいということではなく、軽くて付属品が充実していて、形がシンプルで目立たないものがいいと思います。

会話録音用のICレコーダーはダメです。ステレオマイク付きのICレコーダ(約8,000円)を購入したのですが、あくまで会話ようなので、自然音の録音品質はまったくダメでしたから、3万円程度予算を見ておいたほうがいいでしょう。

私の録音スタイルは、リモコンは使わずに、上の機器をセットして、とりあえず何でも録音しています。 家に帰ってから、記憶のあるうちに、編集ソフトを使って、最低限の加工をする・・・という方法です。少しなれると、編集は数分で終わります。

私の使っている編集用ソフト(無料です)の最低限の使い方を紹介します。

音声編集フリーソフトのAudacity

このソフトに行き着く前には、レコーダーに添付のスタインバーグ社のCUBASE AIを使っていたのですが、WIN10(64ビットPC)でも使えます。

しかし、すでに上位版になっていて、アップデートができないし、本来、このソフトは多機能で本格的ですので、フリーソフトで比較的有名なSazanami というソフトと、このAudacityというのを比べて使ってみて、最終的に、直感的に使いやすかった、この Audacity を使わせていただいています。 

英語のマニュアルもあるのですが、やはり「英語」はよくわかりませんので、見る気もしないのですが、最低限必要な私のやっているような使い方であれば、下に示すように、簡単です。 最小必要なところだけで始めて、徐々に慣れるといいと思います。

音を撮りっぱなしのままでホルダーに入れるだけでは、何の価値も生まれませんが、少し音の加工して、名前を付けて保存するだけで、立派な「音のライブラリ」になります。是非トライしてください。

私の場合は、この編集ソフトの機能では、 
①録音部分の前後や不要部分のカット 
②クリックノイズなどの雑音の除去 
③入力レベルが低い場合の音量アップ 
④CDに編集する場合のWAV保存
 ・・・ ぐらいのことしか使っていません。

私の一連の使い方

実際に、たいした使い方はしていませんので、充分な紹介もできませんが、現在はMP3で録音したファイルをPCに取り込んで、Audacityで加工して、名前を付けてMP3で保存する・・・ というだけの使い方をしています。 

無損失のWAV形式でも保存ができて、WIN10(32・64ビット)でも問題なく使えますし、いくつかのファイルができると、CDに焼いてサウンドアルバムを作ることも簡単にできます。

私のように、「MP3で取り込んでMP3で保存する」というだけであれば、このアプリだけで完結します。


簡単にこの使い方部分を説明しておきますので、一度使ってみてくださいね。

アプリのダウンロード

「窓の杜」からのダウンロードがシンプルです。 作者のサイトなどその他からのダウンロードでは、変なところをクリックして、変なアプリをダウンロードしてしまいそうなのですが、このサイトからダウンロードすると、トラブルがなくていいと思います。

窓の杜からのダウンロードがオススメ

一連の簡単な使い方を見てみましょう

ここでは、
(1)アプリの立ち上げ 
(2)録音した自分のファイルをドラッグして、アプリに読み込んで
(3)録音した音が小さかったので、音を大きくしてみます。そして、
(4)録音の最終部分に雑音が入っていたので、その部分を削除してから、
(5)自然な感じで聞けるように、フェードイン、フェードアウトさせる 
・・・ ということを順を追ってやっていくことにします。

まず、このアプリで私がよく使う部分は、以下の部分だけです。

基本的な操作は ①編集範囲の選択して  ②加えたい加工内容を「エフェクト」の中から選ぶ ・・・ という操作を連続して行っていくだけです。 

下図中の①②③の操作で編集を進めます。 

この手順が基本ですので、いろいろなエフェクトを加えたい場合は、「選択」→「加工する範囲の決定」→「エフェクトを選ぶ」ということを繰り返します。

通常使うのはここだけ

「選択」をクリックすると、薄灰色の波形背景が白くなります。 これが「全選択」状態で、部分的な削除や部分的にエフェクトを掛けたい場合は、矢印範囲を指定します。

何かを操作すると、たえず「簡易再生」がスタートして録音した音が出ます。 

この再生音がでないように「環境設定」などをいじって音を止めると、他の不具合が出るので、私は毎回、音がスタートすると、ストップボタンを押して音を止めてからエフェクト変更などの作業をします。

ちょっと邪魔くさいのですが、こうしないといけないようなのですが、音が確認できることも便利なので、このように使っていますが、何かいい方法を探してみてください。

下が一連の操作をしたときの波形の変化です。

編集画面11.アプリ立ち上げ

編集画面22.ファイル読み込み
ドラッグアンドドロップでも、コピー貼付け・・・どちらでもOKです。

編集画面3編集例1
これは、録音した音が小さかったので、「エフェクト内の「増幅」を使って、全体の音量をあげていますので、波形の上下幅が太くなっているのがわかりますね。
クロックノイズの除去などのエフェクトもあります。色々やってみて、慣れる必要もあります。

編集画面4編集例2

編集画面5編集例3

基本操作としては、「選択」ボタンをクリックすると、波形の部分が白くなります。 つまり、「全部を選択」した状態になるので、一部だけを変更したいのであれば、時間表示のところの矢印を伸び縮みさせて、加工したい部分だけを選択して『やろうとするエフェクト』を選びます。・・・この操作が基本です。

「エフェクト」のところをみると、難しそうな色々な編集内容がありますが、私は「猫に小判」で、その他のところはほとんど使いません。

編集が完了すれば、メニューの「ファイル」→「書き出し」→「MP3として書き出し」をクリックすれば完了です。

普通の自然音でも、録音するときに、MP3(320kなどの高音質)にしておけば充分な感じです。

もしも、いくつかの録音したファイルを集めて、1枚のCDに焼きたいという場合は、「WAVとして書き出し」を選んで、「Window Media Player」などを使ってCDを作ることも簡単です。(これはここでは説明しませんが、これも難しくはありません)

ちなみに、書き出したあとで、Audacityのアプリを閉じようとすると、「ファイルを保存しなくていいか?」と問われますが、すでに「書き出し」しているので、そのまま終了しても問題ありません。

無損失のWAVで録音しなくても、MP3で十分な感じがするのですが、ともかく、細かいことは自分で納得して決めるようにするといいでしょう。

この一連の方法で録音した音を加工した例を示します。これは、大阪城公園で、野鳥の音を聞きながら、ベンチに座ってコンビニで買ったお茶を味わいながら録音したものです。うまい録音ではありませんが、自然が感じられると思います。

音声ファイルへのリンク(録音例)大阪城の野鳥の声  時間:約1分半

このように、自分で「音の録音」をすれば、趣味としても違った楽しみ方ができるのですが、次に、さらに、高倍ズームのデジカメ(コンパクトカメラ)と双眼鏡も「持っていると結構楽しめる」・・・ということを紹介したいと思います。

録音機、カメラ、双眼鏡は私の三種の神器

私は、山歩き(と言っても、ハイキング程度)をするときは、ハンディーレコーダー以外に、100倍Zoomのコンパクトカメラ、双眼鏡を持っていきます。

これらの機器類も最新型ではありませんが、永く使っていますので、購入したいなぁ・・・と思ったときに、思い出していただくといいですし、購入するときには衝動買いではなく、ポイントを押さえて機器を購入すれば、結構長く楽しんで使えると思います。

コンパクトカメラ

カメラの趣味は天井がありません。 芸術写真をとるのではないので、私はCanon SX620HS という、光学25倍デジタル100倍の高倍率ズームのものを使っています。この「高倍率」がミソで、すごいです。

100倍ズームのすごさ

この写真は、近所のことを考えてモザイク加工をしていますが、このように、100倍の威力はすごいもので、部屋から網戸越しに撮った景色をズームすると、こんな感じに写ります。

下の写真は、天空の城として有名な竹田城址を立雲峡というところから撮ったものですが、Zoomを使えば、直線距離で2km離れていても、顔が映るくらいで写真を撮ることができます。

山の頂上に竹田城址があります

2km離れても、100倍ズームではこんな画面に。

遠景を高倍率でとるのは、手ブレを抑えるのが大変ですが、数m離れたところでもズームを使うと、「いちいち、近づいて取らなくていい」・・・という便利さは格段です。

ともかく歩きながらどんどんZoomを使って周りの景色を何も考えずに撮影していけばいいのですから、12倍ズーム・・・などの比ではありません。

一度量販店などの見本で、手に持ってそれを体感してみてください。

また、写真を取っておくことの良さは、「タイムスタンプ」が記憶されていることです。

歩いた時間や、その時の状況を思い出すために、写真のプロパティーをみれば、時間や時間経過を知ることができますので、ともかく、どこかへ出かけると、色んな場所で写真を取るようにしています。 そうすると、一連の流れや記憶がたどりやすくなります。

自分の使い方慣れてしまえば、高倍ズームほど便利なものはなく、スマホの写真加工とは別の楽しみがあります。

デジタル拡大では、画質が悪くなるといいますが、大きな写真にしないのなら、特に気になりません。 自分で楽しんだり、WEBにアップする写真程度のものであれば、そんなに画質を気にする必要もない・・・と割り切っています。

少し細部をはっきり見ようとすると、双眼鏡の出番です。

双眼鏡はメーカー差が大きい

今、常用しているのは、上の写真の、8-24倍のNikonの双眼鏡です。

でも、高倍率にすると、手ブレが大きく、解像度も悪くなるし、重量は370gなので、もう少しコンパクトな8倍固定の200g以下のものがほしいと思っています。

この双眼鏡はZoomができますが、ほとんど使わずに、8倍を常用しています。 

8倍でも、お月さんのクレータが見えますし、24倍にすると、手ブレして、かえってよく見えません。 機動性と実用性を考えると、8倍で充分でしょう。

ただ、安い品物は解像度が悪いし、小口径すぎるのもよくありません。 購入する場合は、やはり、大型量販店などで実際に手にとって決めることをおすすめします。

三種の神器を持って外に出よう!

コロナの影響で外出もママなりませんが、人とは少し離れたところで、自然の音に耳を傾け、その音を録音するのも、結構楽しいものです。

この記事が、何かの参考になれば・・・と思っています。若干の初期投資が必要ですが、私のように、長く使うと値打ちがありますから・・・。




 【大阪市営渡船8か所を歩いて巡りました
大阪市営渡船
8か所全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

 【大阪人は大阪城も太閤秀吉さんも好き?
大阪城
大阪城観光であまりみんなが訪れることのないところを紹介しています。徳川時代の大阪城は現在発掘調査が進んでいます。

 大阪城のトイレの外観を全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんがたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じです。全部の外観を紹介します。皆さん、どう感じます?

 【Googleで紹介された千里川土手
千里川土手上空を飛行機が・・・
着陸する飛行機が迫力満点で見ることができる場所として古くから有名でしたが、Googleでコマーシャル紹介されてさらに人が増えました。駐車場や周りの案内をしています。

 【東大阪市加納緩衝緑地
加納緩衝緑地
近くに住んでいた、東大阪の北部にある公園ですが、年々良くなっています。一部を紹介しています。

 【交野市の源氏の滝を紹介しています
交野市 源氏の滝
WEBではパワースポットと紹介されていますが、なんとなくそれが感じられる場所です。交野市のキャラクターは「おりひめちゃん」です。




(来歴)R3.9記事作成

記事の紹介

 【ナイフ造りと熱処理
焼入れのため、ナイフを加熱中
自分で焼入れして工具などをつくる機会はないかもしれませんが、金鋸の残材でナイフを作って熱処理に必要なことがらを紹介しています。何か役に立つことがあれば・・・。

 【鉄鋼材料カタログの見かた
鉄鋼材料カタログの見方
カタログなどの鉄鋼材料の特性はメーカーサイドで書かれています。その本質を知るための見かた、考え方について紹介します。

 【オンライン英会話の選びかた
スカイプを利用した英会話スクールの選び方
安い価格で簡単に英会話に触れることができる、スカイプを利用した英会話スクールの受講手順などを私が受講している経験を交えて紹介します。

 【キャラクターから「キャラレター」
ポケモンサトシから手紙が届くサービス
お誕生日にTVのポケモンやリカちゃんなどのキャラクターから子どもさんに手紙が届くサービスを紹介します。プレゼントにどうでしょう。

 【大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいる、市街地の真ん中にあって国際線のない国際空港ですが、今、大きく変ぼう中です。

スポンサーリンク