シニアの方のオンライン英会話スクールの選びかた

 

私の経験で、フィリピンへの短期留学が良かったのでオススメ

このページは2ページ目です。1ページ目では、650回という回数のレッスンを受けていても、まだまだ学ばないといけないレベル・・・ということを書きましたが、日本では変なカタカナ英語が氾濫するなど、英語を学ぶ環境が良くないので、学ぶのをやめるとすぐ忘れてしまいます。

そこで私は英語力向上と維持のために、オンライン英会話と単語アプリでの勉強をオススメしていますが、ここではさらに、私の経験で、「短期留学してみませんか?」・・・という話題を簡単に紹介します。 

英語を勉強するなら、短期留学の経験をプラスしてみてください

私は、シニアになって英会話を1からはじめて、ようやくオンライン英会話ではフリーレッスンで会話を楽しめるようになりましたが、67歳のときにフィリピンのセブ・マクタン島に単身で4週間の短期留学をしたことで、かなり英語に対する愛着が高まりましたので、これについて少し紹介します。


やや詳しい記事はこちらにフィリピンのセブ留学の私の記事で紹介していますが、英語漬けの生活になれば、2週間程度で英語が口から出てくる・・・という経験にびっくりします。

フィリピンの留学システムは安定しています

フィリピンは、韓国が主体として作ってきた良い学校と留学システムが息づいています。

もちろん、日本やそれ以外が運営する英語学校もありますので、安心して学ぶことができます。

実際に留学を考える場合には、留学専門のエージェント(旅行代理店)などもあるので、そこを通じて計画実行することをオススメしますが、「いつ頃・留学期間は」「どこの留学地か」「何を勉強したいか」・・・などを事前に考えておいて相談するといいでしょう。

留学説明会などがあれば参加して計画しましょう。

1日8時間以上を英語だけでレッスン

学校では土日を除いて、朝の9時から食事をはさんで夜の8時まで50分授業を9単位をこなしていたのですが、2週間もすると街で買い物をするときには、簡単な言葉が英語で口から出てくるまでになるので、「えいご漬け」は非常に上達をお高めてくれることを実感します。(もっとも、日本に帰国すると、嘘のように魔法が消えて話せなくなるのが残念ですが・・・)

フィリピンでのマンツーマン授業の様子マンツーマン授業

私の場合は、6時間(6コマ)のマンツーマン授業と2時間のグループレッスンと1時間のフリーレッスンを受けていました。


1ヶ月35万、3ヶ月75万、6ヶ月135万が費用の目安

アバウトですが、これを1つの目安で考えてください。

私は40万円を貯金する計画から初めて、フィリピンの英語学校への1ヶ月留学を1年かけてプラニングしました。

授業料や食事などの学校での生活費用と関空からの往復運賃、土日のアクティビティーを含む小遣いなどを含めて、1ヶ月留学を格安で上げるなら30万円、個室の豪華版でも45万円程度で4週間の短期留学が可能ですので、最低で1ヶ月間の休暇が取れるのであれば、英会話を勉強する方は検討されたらどうでしょうか。

6ヶ月学べば日常会話が苦労しない程度になる・・・と出発前にエージェントの人が言っていましたが、1ヶ月学ぶだけでも有意義です。

現在でも費用的にはそんなに変わりませんし、私はセブに行ったのですが、マニラ留学であれば、セブとは違う週末のショッピングやアクティビティーを楽しめるでしょうし、暑いのを敬遠するようなら高地で涼冷なバギオなどを選べばいいでしょう。

連日32℃でしたが、私の住む大阪の夏より快適です。

フィリピンのカオハガン島での風景

フィリピン英語を良く言わない人がいるけれど・・・

WEBには、「フィリピン英語はだめ」「生きたビシネス英語が必要」「ネイティブと話さないと・・・・などとフィリピン英語を低く評価するコメントをする人がいます。

しかし私は、それはちょっと違う・・・という考え方です。

勉強の到達点(目標)をどこに置くかで変わるのですが、たとえば、外交官用やネイティブと一緒に仕事をするのであればそれなりの勉強のやり方をしないといけないでしょうが、「英語でコミニュケーションを取れればいい」「旅行に役に立てれば」・・・という生活レベルの英語習得であれば、安くて手軽なフィリピン英語がいけないはずはありません。


アメリカネイティブといっても、いろんな癖のある講師や感心しない英語を話す講師がいますし、方言の強い講師もいます。「ネイティブ」をひとくくりで高評価してはいけません。 

頭からフィリピン英語を否定するのは、東京人が話す言葉以外はダメ・・・と言っているのと同じようなものです。

もちろん、オンライン英会話のフィリピン講師にも善し悪しがあるのですが、ステレオタイプの評価はあまり感心した意見ではないように思います。

フィリピンの英語講師が話す英語はハイレベルです。

英語と言っても様々な言葉がありますから・・・

英語(UK英語)と米語(US英語)は違うということは多くの方が知っていますし、TOEICでもその2つにオーストラリアとカナダの英語が加わっているようですし、例えば、インドや南米で話される英語は非常にわかりにくいと言われます。

しかし、このように、国が違えば言葉も変わるのは当然ですし、もしもそこに行って生活や仕事をしようとすれば、そこで話される英語でコミニュケーションを取らなければいけないのですから、どこの英語が良くて、フィリピン英語はよくない・・・などと言うよりも前に、どの地域の言葉の何でもいいので、自分なりの英語表現力が出来るようになるのが先決でしょう。


私がフィリピンに行った印象では、フィリピンは「英語が公用語の国」といっても、その英語レベルはピンキリで、これは「英語で話すと通じる国・・・」ということだと考えておくのがいいようですが、英語学校の先生は非常に気持ちの良い英語を話しますので、下手なネイティブ講師よりは絶対に上達すると感じます。

しかし、ホテル、タクシー、ショッピングモールでは、英語が上手な人からカタコトの人までいるのは確かで、わからない者同士が真剣に話そうとする場面も、有意義で結構面白いものです。

日本でも同じで、私は大阪地方の方言の「河内弁(かわちべん)」を話していますが、古くからの友達はみんな河内弁ですので、その中に標準語の人が入ってくると、会話内容が堅苦しくなってしまいますし、標準語の人の中に私が入っていくと嫌な顔をされますが、コミニュケーションとはこんなものだと思います。

その言葉レベルを知ってお互いがコミュニケーションをとるのが英語を勉強していて面白く楽しいことで、ネイティブレベルになることが最終目的である必要もないと思っています。

次のページでは、そのことについてちょっとだけ書いています。

→ネイティブに学ばないと・・・という人も多いのですが・・・


Page Top▲


PR
 

hanasoは私が長期に学んでいるサイトで、レアジョブは、大手で人気のあるサイトです。


【その他の記事】
 【大阪城、秀吉が好きな大阪人
大阪城
大阪城観光であまりみんなが訪れることのないところを紹介しています。徳川時代の大阪城は現在発掘調査が進んでいます。

 大阪城のトイレの外観を全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんがたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じです。全部の外観を紹介します。皆さん、どう感じます?

 【Googleで紹介された千里川土手
千里川土手上空を飛行機が・・・
着陸する飛行機が迫力満点で見ることができる場所として古くから有名でしたが、Googleでコマーシャル紹介されてさらに人が増えました。駐車場や周りの案内をしています。


(来歴)R3.6文章作成  最終R3.9に見直し