オンライン英会話を650回受けると、そこそこの会話はできるけれど、まだまだ・・・

英会話を始めたいという方が増えています。 年100回のオンライン英会話を5年つづけると650回程度のレッスン回数になりますが、それでようやくフリートーキングが楽しめるようになってきました。 簡単には上達しませんね。

私の場合、60歳を超えて英会話を習い始めました。 若い方とは違って、シニアの習熟度は低いと思いますが、単語アプリなどを含めて、私のやっていることを紹介して、何か参考にしていただければと思います。

日本にいて勉強する限り、変なカタカナ英語が蔓延している日本の悪い英語環境に打ち勝ってやり続けなければなりませんが、それを乗り越えて、フリートーキングができるレベルまで頑張れば、ようやく面白くなってきます。 

そこまで頑張らないでやめてしまうと、お金をドブに捨てるようなものですから、結構長期戦を覚悟して取り組まないといけません。

 

650回のレッスンでも学習時間はたったの270時間

オンライン英会話の650回のレッスン受講と聞くと驚かれる方もおられるかもしれませんが、週2-3回のレッスンを5年ほど続けているとこの数字になっただけのことで、ともかく長く続けて英語の文章が口から湧き出てくるようになってようやくフリートーキングが楽しくなってきます。

英会話レッスンは1回25分なので650回レッスンのトータル時間は270時間程度ですが、これだけやっていても、You should better to say ・・・ と、度々チェックが入りますし、これを嫌がってやめてしまえばそれで終わりですので、オンライン英会話は生涯学習と考えないといけません。

私自身が勤めた会社は英語に無関係で、学生時代は英語が好きでもなく、長期間のインターバルもあって・・・という状況ですので、進度や習熟度は劣るのは仕方がないうえに、何よりも、毎日英語に触れていないと、確実に後退します。 この「歳のハンデ」はどうにもなりません。

などなど・・・・英会話は長期戦ですよ・・・という私の経験を書いていきます。


USAの赤ちゃんは3年で11000時間の英語漬け

USAで生まれた子供も日本で生まれた赤ちゃんも、3歳にもなれば母語の幼児語を話します。

平均1日10時間母語に接していると、3年では 10時間x365日x3年≒11000時間になります。

学生時代に、英語の授業時間が多いと不満だった人も多いと思いますが、中学高校で毎週50分授業を週6時間、年40週勉強したとしても、50/60時間x6回x40週x6年では学習時間は1200時間で、毎日予習復習を2時間したとしても、3年間では、2時間x365日x3年 を合計しても3400時間程度なので、日本語とは別の英語を日本語の環境で学ぼうとすれば、よほどうまく勉強しないと話せるようになるのは簡単ではないことがイメージできるでしょう。

覚えて口から出すことをするしかない

簡単に英語が話せるという教材のPRなども聞きますが、そのような教材だけで話せるようになった・・・という人は私の身近にいませんので、ともかく英語の習得は長期戦だと考えて取り組み、やるのなら「楽しめる」状態までやらないと何も残りません。

WEBの記事には、「これをやると」「どのようにすると」・・・などと簡単に成果が上がる方法が書いていますが、それらに惑わされずに、1単語でも、1フレーズでも覚えて口から出るようになるまで着実に進むしかありません。



「1ヶ月で学べる」「これだけやればペラペラ」「聞くだけで・・・」という短期育成を望む人は、この記事は全く参考にならないので、読まないほうがいいでしょう。 

どっちをとりますか?

日本語の特殊性と邪魔になるカタカナ外国語

私は67歳のときに、たった1ヶ月間ですがフィリピンに短期留学して英語を学びました。

そこで学ぶ生徒さんの中には、(特に社会人で)英語に堪能な方もたくさん留学されていたのですが、不思議なことに、彼らの話す英語は、「日本人特有の訛り」が抜けていません。

同じ学校で学ぶ台湾や韓国その他の外国人生徒やフィリピン人講師の話す英語はかなり「いい感じの英語」で、日本人の話す英語は「何か」違うと感じます。

もちろん私のオンラインでのトークも訛っているはずで、これはどうも、日本(日本人)が英語が下手なのは、日本語文化と環境が関係しているということを短期留学をして感じました。


学生時代の教師の英語もひどかった

そして、発音には今でも苦労しています。

オンライン英会話は「hanaso(はなそ)」というサイトを利用していますが、私の発音がひどかったので、事務局(サポート)に無理を言って、同じ「発音レッスン」を2回受けましたし、フィリピンの短期留学時にも、発音の特訓を受けたほどに私の発音は難があるようです。(もちろん、多分、現在も治っていないでしょう)

これには、学生時代に習った英語授業や勉強の仕方に原因があると思うのですが、私が学生時代に習った英語(の発音)は、今から思うとひどいものでした。 

現在の教材は良くなっていますが、過去に間違って覚えた発音がいまだに抜け切れませんし、発音が正しくないために、単語のスペルも覚えにくいのです。

当時の教師や教育法が悪いというのではなくて、当時の英語教師自体も正しい発音を徹底的に教えられなかったのではないかと思います。

現在でも、政治家や実業家などが、気分の悪くなるような、変なカナカナ英語言葉や横文字風英語言葉を多用していますが、メディアで広げるのには困ったことですし、NHKなどのメディアでも、「カタカナ英語」を日本語読みして公然と放送しています。 もちろん英語ではない、これらの日本語化されたカタカナ言葉が、さも標準語のように組み込まれていきますので、これも困りものです。

このように、日本語環境が英会話の勉強の足を引っ張リますので、これに打ち勝たねばなりません。

次に、今、私のやっている勉強の仕方を紹介します。


私の日々の勉強法

リタイヤしたシニアなので時間は十分にある状態ですが、そうでもない方も多いでしょうから、あくまで参考に・・・。

私はオンライン英会話hanaso(はなそ)を長期間受講しています。

それを中心において、単語とセンテンスの勉強を「iKnow(アイノウ)」という有料アプリを使って毎日30分~1時間程度学んでいます。

基本的にはそれだけで勉強しています。 

もちろん、hanasoやiKnow だけでも学ぶことはたくさんあって、内容が薄いということはありません。

hanasoのサイトでは、「今日の英語フレーズ」と「今日の英単語」の1週間分を口ずさみます。 そのあとで、「hanasoメソッド」ページの「復習」「復習音声教材」と、復習がなくなれば、「マスターフレーズテスト」をしてそれらを繰り返し、忘れているフレーズを何回も何回も繰り返します。

hanasoの勉強法1 hanasoの勉強法2

それでも、これだけ長期間やっていても少し間があくと忘れるので、初中級の英語フレーズ(1000くらいかな?)を周期的に繰り返して覚え直しています。

「iKnow」については、「おすすめ学習」と「Sentence Trainer」「スピードクイズ」を毎日やります。

iKnowの勉強法1

毎日やることが難しい・・・ということを「連続学習日数」が教えてくれますし、週間目標時間を2時間にしていても、毎日やることは大変です。

このアプリは4年少し使用していますが、学ぶ内容はまだまだあるので、頼もしいアプリです。

iKnowの勉強法2

オンライン英会話や英語アプリはこれら以外にいろいろとありますが、私がやっている hanaso と iKnow のサイトを一度ご覧いただくといいでしょう。(画像にもリンクあり)

 iKnowの利用ガイドへのリンク
  

  私のオススメhanasoの案内ページ

  iKnowのご利用ガイド

【参考】このiKnowは、毎月1500円程度の費用ですが、オンライン英会話「DMM英会話」を受講するとそれが無料で受講できますので、WEB検索してDMM英会話を検討してみるのもいいでしょう。しかし、DMMをやめると消滅しますが・・・。DMM英会話はiKnowがついている

私はご多分に漏れず、iKnowの前に、無料のアプリをいくつか試して見ましたが、結局は無料のアプリは物足りませんでした。

長く続ける覚悟であれば、きっちりと予算を立てて計画的に勉強することを考えておいてくださいね。

さらに、私の経験では、短期留学が最高でした

私は、63歳からボケ防止を理由に、英会話をはじめたのですが、ご多分にもれず、いろいろな本や教材も購入しましたし、駅前留学のNOVAでは150回程度のネイティブによる英会話レッスンも受けましたし、67歳のときにフィリピンのセブ・マクタン島に4週間の短期留学をしています。

これらのなかで、もっとも上達度を感じたのは、フィリピンの学校に留学して「英語漬け」になることでした。(こちらにフィリピンのセブ留学の私の記事があります) 

学び初めて2週間後の週末に街に出て買い物をした時に、英語でやり取りができたことにびっくりした経験があるほど、英語漬けになれば上達します。

この感覚を得ただけでも、留学してよかったと思っています。

そうは言っても、誰もが留学するのは無理ですから、その他の方法では、安くて便利に話す機会を提供してくれるオンライン英会話が役に立っています。

そのオンライン講師は、「ともかく英語に触れる時間を持つこと」と「いろいろな人と話すこと」を勧めているように、それが上達の基本のようで、結局はそれ以外には上達の方法はないのでしょう。

オンライン英会話を悪く評価する人がいるけれど・・・

WEBには、「フィリピン英語はだめ」「生きたビシネス英語が必要」「ネイティブと話さないと・・・」「オンライン英会話自体が無駄」・・・などとコメントする人がいます。

しかし私はちょっと違う考え方をしています。

到達点(目標)をどこに置くかで変わるのですが、たとえば、外交官用やネイティブと一緒に仕事をするのであればそれなりのやり方をしないといけないでしょう。

しかし、英語でコミニュケーションを取れればいいし、旅行して役に立てれば・・・ということであれば、安くて手軽なフィリピン英語がいけないはずはありません。

ネイティブといっても、いろんな癖のある講師や感心しない英語を話す講師がいますし、方言の強い講師もいます。「ネイティブ」をひとくくりで評価してはいけません。 

頭からフィリピン英語を否定することは、東京人が話す言葉以外はダメ・・・と言っているのと同じようなものです。

もちろん、オンライン英会話のフィリピン講師にも善し悪しがあるのですが、ステレオタイプの評価はあまり感心した意見ではないように思います。

例えば、インドや南米で話される英語もわかりにくいと言われていますが、もしもそこに行くとなると、その英語とコミニュケーションを取らなければいけないのですから、フィリピン英語をよくないと言う前に、何でもいいので、自分なりの英語表現力が出来るようにするのが先決だと思っています。

私は大阪地方の方言の「河内弁(かわちべん)」を話します。 

むしろ、古くからの友達はみんな河内弁ですので、その中に標準語の人が入ってくると、会話内容が堅苦しくなってしまいます。 コミニュケーションとはこんなものだと思います。

ネイティブよりも日本人バイリンガル

「英語講師はネイティブ(英語が母国語の国で生まれ育った人)でないといけない・・・」というのを見聞きします。

私は駅前留学NOVA でアメリカ、カナダ、イギリス、ハワイなどのネイティブに教えていただいた経験で言うと、ネイティブかどうかというよりも、良い講師かどうかのほうが重要で、気軽に質問できる講師は良い講師で、赴任したてのネイティブ講師の多くはだめでした。

さらに言えば、話すことと教えることは全く別の能力で、日本文化や日本人の考え方に慣れていない新人講師はダメでした。

ネイティブに習うのは、オンラインのフィリピン英会話講師より高くつきます。 だから、ある程度、オンライン英会話で会話のキャッチボールができるようになってからネイティブの英語シャワーに触れることを考えれば十分だと思います。 

それよりも・・・

私の経験でいえば、日本人の気持ちがわかっている、日本人のバイリンガル講師がおすすめです。 だから、オンライン英会話でも、日本語を話せるフィリピン人講師を探してみてください。多分、格段に会話が弾みます。

日本人バイリンガル講師は語学習得の大変さを知っていますし、また、日本語を話せるフィリピン人講師には、日本への在住歴がある人が多く、日本や日本人に対する理解度も高いからです。

ともかく、英語を学ぶ初心者は、ネイティブ・非ネイティブにこだわる必要はなく、「安い」ことと「先生が多くて、生徒側から講師を指名できる」という点で、私はまず、オンライン英会話で英語に慣れるまでやってみることをおすすめします。

英語の勉強は時間が必要

英語はなんでも英語

「今はイギリス英語よりもアメリカ英語(米語)でなければ・・・」ということもよく耳にします。

しかし、先程も少し触れたのと同じで、どうでもいいことです。

世界で2番目に英語人口の多いインドで話されるインド英語や、南米などで話されている、訛りの強い南米の英語を「あえて」学ぶ人はないと思いますが、もしもその現地に行けば、そのわかりにくい言葉で話さないと意思の疎通が取れません。

つまり、いろいろな言葉を理解する対応力が必要なのですが、それにはまず、自分の考えていることを、どんな英語でもいいので、表現出来るようにならないと始まりません。

私は何度か、実際に南米やインド人と片言の会話を交わしたことがありますが、別にどうということはありません。

・・・ わかりにくくてもわかりやすくても、ともかく『英語』です。 

いろいろな国の方とお付き合いするためには、その英語を理解しなくてはいけないのですが、話す段になれば、ともかく、お互いがわかるようになるまで会話のキャッチボールをしなければならないのですから、ネイティブがどうの・・・などは、全くどうでもいいことと思っています。(それ以上になるには、今の勉強法では無理でしょう)

非ネイティブのほうがわかりやすい

私の経験で、フィリピンや台湾の人が話す英語はわかりやすかったのに、アメリカ本土ではネイティブの話している英語に苦戦しましたし、電車の中での外人の会話なども聞き取れませんし、巻き舌のバリバリのアメリカ人英語や洋画の内容が聞き取れないのですが、このような経験はありませんか? 

サンフランシスコでジュースを買って、店員が「For here or to go」と言っていることさえも聞き取れないで、家内にバカにされたこともありました。(ちなみに、私の妻は、最初から英語を話す気はありません)

これは、アメリカ本土では、「ここに来る人はみんな、英語が話せる」「ここで話す会話は米語(アメリカンイングリッシュ)だ」・・・という前提で話をしているためで、店員側も、私が英語を話せないとは思っていませんし、「英語が話せないなら、ここに来るな」という感じですので、おもてなし精神の高い日本人と違って、特にアメリカ本土の人は、ゆっくりとわかりやすいように話してくれることもありません。

英語圏に行くと、相手がこちらの英語力に応じて話しかけることはなくて、こちらに構わないで話してきます。 

しかし、フィリピンなどの非ネイティブの人は、普段では母語があるし、英語力の差があると思っているので、英語でコミニュケーションを取る場合は、相手に通じるように話そうとするような会話になっている感じがします。

このために、非ネイティブとの会話のほうが、話している英語の内容が理解しやすい・・・ということになるので、それもあって、私はフィリピン人講師によるオンライン英会話をすすめるのですが、費用が安くて、その他にもいいことが多いので、このあたりを少し取り上げてみましょう。

非ネイティブのフィリピン英語

オンライン英会話サイトのうち、安価なサイトの講師のほとんどはフィリピン人です。

フィリピンでは、普段の会話は現地語ですが、公用語は英語で、現在は小学3年生から完全に英語での授業が行われています。

ほとんどの人は現地語と英語を交えて会話していますし、レベルの差はあるものの、英語で話せば英語が返ってきます。

彼らフィリピン人は、勉強して学んだ「母語でない英語(米語)」を話しますので、相手のことを考えて話してくれます。(オンライン英会話の講師も相手が初級者の場合は特にゆっくりと話してくれます)

だから、私の「留学時に2週間習えば・・・」という例を先に紹介したように、フィリピンの学校で英語環境の中で学ぶと、不思議なことに、学校内ではもちろん、町に出ても片言の英語で現地の人と話せるように感じたのですが、私の友達で、40日間アメリカ西海岸の英語学校に短期留学して学んだ人は「授業や講師とは話しができるけれど、学外では全く英語が通じない」と言っていました。

同じ1ヶ月程度の短期留学ですが、つまり、アメリカの現地では、日本人が学ぶ英語学校の英語と現地の会話の英語が非常に乖離している・・・ということでしょう。

だから、いきなりネイティブの中に飛び込んで英語を話すのは、かなり難度が高いことですので、芸能人がUSAに住んでも英語でコミニュケーションが取れないということを聞くことがありますが、それは分かる感じがします。

英作文イメージ

【注意】何回も繰り返しますが、この記事は英会話に取り組む初心者・初級者を対象にした内容です。
中級者や英語学科・英語専科で学んだ方、さらに、英検やTOEIC対策をしたい方はこの記事は不向きです。

結局、英語の勉強は果てしない

英会話を勉強するといっても、会話ができればいいだけではありません。

聞き取ることや書くことが含まれますし、会話を続けるためには、話す人の国の文化や思想信条までが会話と関係してきます。 

フィリピン人と話す場合でも、キリスト教文化が会話に関係してくるのですが、日本人は宗教観が乏しい人も、宗教を真剣に捉えない人も、普段の生活上は特にどうということはありませんが、フィリピンの人はキリスト教的な考え方が会話に出てきますので、それらも知っていかないといけません。

もちろん、英語圏に旅行する程度であればそこまでは必要ありませんが、字幕なしに映画を見ようと思えば、宗教的な考え方が関係していることを感じるでしょう。 それを感じてきたら、英語力が上達している証拠かもしれませんが・・・。

ともかく、英語の勉強には、「これだけやれば」ということは絶対にありません。「これだけやれば話せる」という英語教材の謳い文句は、言葉のアヤと考えておきましょう。

そこで次に考えることは、どれくらい英語(英会話などの)習得のための時間がとれるか、どんだけ勉強するか・・・ですね。


次に、オンライン英会話の話です。


初心者がオンライン英会話を簡単に始められるの?

私は70をすぎたシニアですが今でも「オンライン英会話」を続けています。

オンライン英会話がしたいけれど、疑問の多い人に

オンライン英会話を疑問視する人も多いということも説明しましたが、やってもダメだ、全く上達しない・・・という声もネット上で見かけます。

もしもそんなに簡単なことなら、日本人の誰でも英語が話せるはずです。 1年間続けて受講しても、そんな簡単には話せませんから。

「オンライン英会話」は何しろ安いし、システムも成熟していますので、他に良い習得方法がなければ、すぐに始められて、やめるのも簡単で、支払いなどの安全性の面でも心配もないので、ぜひ検討してみる価値があります。

何よりも、自宅で受講できて費用も手ごろなのは助かります。


まず始めること、そして続けること

話せるようになるには、話す機会(場)がなければ始まりません。 

多くの人は、普段に英語を話す場はないのが普通です。 そうなると、費用、便利さ、充実感・・・などを考えると、オンライン英会話は外せません。

毎日何回でも1回数百円で話す機会が持てるオンライン英会話は、サラリーマン、シニア、子供さんに至るまでかなり自由度の高い素晴らしいシステムです。

その他にも色々な仕組みの英会話機会があるものの、日本と時差の少ないフィリピンとをつなぐシステムですので、英会話を始める人には、この点も優れています。

受講申込をする前に

そして、受講する前には、まず、是非、「なぜ英会話をするのか」ということを自分なりに考えて、それを自分に言い聞かせてください。

これは重要なことで、やり続けるためには大きな支えになる目標になります。 もちろん、途中で変わっていくこともあるので、厳密なものでなくていいと思います。

私も『英語を始めた・・・』と周囲に話したら、その当時、勤めていた周囲の人から「何で?その歳で?」「いまさら、なぜ英語を?」「今からやって、何になる?」「英語が話せて、どうする?」などと皮肉や嘲笑がすごかったですし、会社帰りに毎週1回、英会話教室に寄っていたのですが、毎週レッスン日に定時で帰ることにも見えない圧力がありました。

シニアになってから英会話を始めること自体が、周りからみると、非常に奇異に見えたのでしょう。 

他人はお構いなしに好きなことを言います。 だからそれを言われる前に「このために英会話をやるぞ!」と、最初に公言できるようにしておけば行動しやすいと思います。・・・。

英会話をするにはお金もかかります。


喜びに出会えるのはいつかわからないけど・・・

今、オンライン英会話などで英語の勉強を続けていることは、毎日の習慣になっていて、それを負担に感じることはありませんし、もちろん、人に言えるほどの喜びや満足感があるというものではありません。

同年代の友達らに、「ボケ防止に『英会話がいいよ!』」と勧めたりもしていますが、周囲の友達は全く乗ってきてくれる人がいません。 

つまり、同年代のシニアでは、10人のうち10人が英会話を学ぼうとするのは「特殊なこと」で、見向きをしないのが普通で、むしろ、シニアになって英会話を始めようとするのは変人の部類と考えられているかもしれません。 

現在の私の場合は、会社をリタイヤして外部との接触機会も減ってくる中で、オンライン英会話で若い外人の女性と「バカ話」などもできることがささやかな楽しみ・・・と勝手に思っているのですが、人それぞれでいいと思います。

このような意外と入っていいにくい「英会話」ですが、意を決して「英会話をやろう!」と思われた方は、ともかく、最低でも2つの気に入ったサイト選んで、さらに、「退会が簡単であること」を確認してから、無料レッスンを受けてみてほしいと思います。(大手はたいてい無料レッスンがあります)

次のページでオンライン英会話サイトや受講するための機器について経験を交えて補足の説明をしていますが、各サイトでも説明があるのでサイトをご覧ください。

下に、大手で顧客満足度No.1とPRしている レアジョブ と、長期間にわたって私が受講している顧客満足度No.2とPRしている hanaso のサイトへの画像リンクを張っています。 もちろん、その他を含めて、色々なサイトをのぞいてみて2つぐらいに絞って無料レッスンを受けてみてください。

   
英語が話せないから勉強するのですよ

「オンライン英会話」を検討しようという人は、英語が話せない人です。

受けるにあたってのプレッシャーがあるのは普通です。

私も、駅前留学のNOVAに行ったその日すぐに、50分間外人講師と面談してレベル確認を受けたのですが四苦八苦でした。

もちろん大人の最低レベルナノはもちろんですが、不思議な満足感もあって、「続けよう」という気持ちを同時に感じました。 その不思議感覚の体験が今につながっています。

オンラインのレッスンを受けるのに、最初は何も話せないのが当然です。 そのためのテキストも用意されています。 だから、日本語しか話せない状態で無料レッスンを受けるのが普通です。 

無料レッスンを受けてみて、「よし!」と思ったら続けられますし、嫌なら自分には向いていないとおもって、やめればいいだけです。

不安はあって当然ですが、みんな最初は何も話せませんから英会話を学ぶのです。 

*****

 → 次のページ(オンライン英会話教室の決め方)へ

  

その他の記事

  フィリピンへ英語の勉強に行こう!
フィリピン英語留学
英会話を学ぼうと1ヶ月間セブ空港のあるマクタン島に短期留学したときの内容です。会社に在職中のシニアが単身1ヶ月留学でしたが、行ってよかったと思っています。今、新型コロナの影響で渡航は難しいのですが、何かの参考になれば・・・。

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

淀川を全部歩く
淀川
滋賀県の山奥から流れ出た水は、琵琶湖から瀬田川、宇治川、淀川と名前を変えて130kmを旅します。このうち、淀川の長さは38kmですが、ここを歩きました。河口0kmの先にまだ川が続いている様子などを紹介しています。

 【大阪市営渡船8ヶ所を歩いて巡りました
大阪市営渡船
大阪市にかかる川を行き来するために、大阪市が運営する渡船が8か所あります。それを徒歩で踏破しました。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

Page Top▲

(来歴)R1.8 文章見直し    R2.9 2カラムに   R3.4文章簡略化
 

記事の紹介

ナンバープレートの希望番号の実態は
希望ナンバー
自動車のナンバープレートで自分の好きな番号をつけることができる希望番号制度ができて年月が経ちますが、実際にナンバーの現状を調べてみました。キリ番など、明らかにそれとわかる台数の割合は意外と少ないのですが・・・。

方向指示器を出さない車の実態
数えてみました
指示器を出さないで曲がる車に気づいたことがありませんか?実際似、どれくらいいるのかと数えたところ、びっくりする数字が・・・。

私の大阪ことば 大阪弁
太陽の塔 夜の顔
50年住んだ東大阪市(旧河内市)を離れて豊中に移ったところ、大阪弁が半分消えてしまっています。話し言葉は変わるのは当然ですが、少し寂しい感じなので、私の話し言葉を録音しました。10年後にはどうなるのか、楽しみでもあり心配でもあります。

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。

PR