オンライン英会話を650回受けると、そこそこの会話はできるけれど、まだまだ・・・

  

長い文章ですので、パソコンで読んでください。「英会話の上達には、「話す」「学ぶ」をやり続ける以外に方法はない・・・」という私の経験例です。

 

650回のレッスンの成果

オンライン英会話の650回のレッスン受講というと、すごいと思う方もおられるかもしれませんが、週2-3回のレッスンを4~5年続けただけのことです。

1回25分なのでトータル時間にすると270時間程度の受講時間にしかなりません。

これだけやると、「当然、普通に英語がペラペラに話せる」と思われるかもしれませんが、これだけやっても講師と雑談ができる程度で、洋画も字幕なしでは無理なレベルです。

もちろん、私の場合は、仕事は英語と縁がなく、還暦を過ぎてシニアになって始めたので、若い方に較べると進度は遅いでしょう。 しかし、ペラペラになろうとすれば「まだまだ」で、やめれば「ゼロ」に戻るのでしょう。 

ここでは、「英会話力は、ともかく、早く始めて、長く続けないといけない」ということをイメージしていただくために、大げさなものではありませんが、「話せない」「続けるのは無理」と言われる方も含めて、私の経験や考え方を紹介しています。

赤ちゃんの例を見ると

USAで生まれた子供は、3歳にもなれば母国語の英語(幼児米語)を話します。 日本の赤ちゃんも、3歳頃には幼児語ですが、日本語を話しますね。

それを、(実際と異なりますが)平均1日10時間英語に接していると見積もると、3年では 10時間x365日x3年≒11000時間 英語の勉強をしていることにリます。

だから、650回レッスンで270時間学んだと言っても、驚くべき数字ではないことがわかりますね。 時間的には赤ちゃんレベルに達していないのですから、普通に英語で話すようになるには、まだまだ学ぶ必要があるのです。

学生時代に、英語の授業時間が多いことに不満だった人も多いと思いますが、中学高校で毎週50分授業を週6時間、年40週勉強しても、50/60時間x6回x40週x6年とすると1200時間になります。

それに加えて、毎日予習復習を2時間しても、3年間では、2時間x365日x3年 で、これでも2200時間しか英語に接していません。 やはり3歳の赤ちゃんレベルに達していません。

だから、日本人が英語を理解して、さらにそれを話せるようになるのは、簡単ではないということです。

日本人は日本語もやらないといけない

英語を学ぶ日本人は、母語も学ばなければならないので、英語と日本語のバイリンガルになることを要求されているのですから、アメリカ人が英語を話す以上に大変なことです。

・・・・・ こういう内容です。 やや長文ですので、スマホでは読みにくいと思いますので、パソコンで読んでいただくようにお願いします。



「1ヶ月で学べる」「これだけやればペラペラ」「聞くだけで・・・」という短期育成を望む人は、この記事は全く参考にならないので、読まないほうがいいでしょう。

どっちをとりますか?

日本語の特殊性

私がフィリピンに短期留学した時の生徒さんの中に、特に、社会人の方で英語に堪能な方が多かったのですが、その人達は、それまで、かなりの勉強もされているうえに、さらに、仕事で必要なより高いレベルの英語が必要なために留学されていたのですが、不思議なことに、話されている英語は、洋画や外国放送で聞く英語とはなにか違って、みんながみんな、「日本人特有の訛り」があって、少し会話を聞くだけで「日本人だ」とわかる英語なのです。

ところが、同じ学校で学ぶ台湾や韓国その他の外国人や、もちろん、フィリピン人講師の話す英語はかなり「自然な英語」です。 

日本人以外が話す英語は、それがたどたどしく下手でも、かっこいいのです。 日本人の話す英語とは「何か」違うのが一瞬でわかります。

これは、どういうことかといえば、日本(日本人)独自の日本語文化が強すぎて、日本語が邪魔をするとしか言えません。

私の場合も、中学高校で染み付いた「変な英語(特に単語を書くために覚えた読み方の英語発音)」を改めるのには、かなり手こずらされています。

基本的に母音と子音で構成された日本語は、英語の発音とは「完全に」異なりますので、最近は、かなり無理したカタカナ表記(「ヴ」「ぅる」など)で示したりする工夫はされているのですが、これにも表現に限界があります。

TVからは 『標準語』の「変なカタカナ英語」の発音とイントネーションで、カタカナ言葉がまことしやかに話されていますし、政治家や実業家なども、変なカナカナ英語や横文字風英語言葉を多用しています。

さらにご丁寧に、マスコミもそれらのカタカナ英語を日本語化して「書き言葉」にしてしまっています。・・・。

日本では「3:three」の英語は『スリー』で、そのthの発音を正確に発声しようものなら、周りの人から嫌がられる・・・という状況も出てくるくらいに、英語の発音を曲げた「カタカナ英語」がはびこっています。

この日本語環境は、明らかに英語の勉強を邪魔をしているのですが、政府やNHKなどの標準化推進組織までもが、それを是正しようとはしていません。

この現実を愚痴っても仕方がないですが、ともかく、英語を話したかったら、この悪環境をはねのけて、一生ずっと英会話に取り組むしかないのです。


私と英語のお付き合い

私は、フィリピン人英語講師のおかげで、英会話がそこそこできるようになっています。

当初、英会話教室で3年間ネイティブに学び、転宅を機にオンライン英語に変えたのですが、英語に接する回数で上達しますので、私の先生は非ネイティブのフィリピン人英語講師だと言えます。

さらに、67歳のときにフィリピンのセブ・マクタン島に4週間の短期留学をしています。これも貴重な経験です。

その経験で言えば、2週間目の週末に、街に出て買い物をしたのですが、その時には、英語でやり取りできるくらいになっているのですから、それを考えると、日本国内で英会話を学ぶ効率の悪さはなんとも言えません。

しかし、そうは言っても、留学するのは大変ですので、安くて便利に話す機会を提供してくれるオンライン英会話の時間以外では、英語を話す時間はほとんど無いのが実情です。

それもあって、ここでは一貫して、費用の安いフィリピン系講師が主体のオンライン英会話を、できるだけ「たくさん」受講することをお勧めし続けるつもりです。

でも、いろいろな異論も多いようです

WEBなどには、「フィリピン英語はだめ」「生きたビシネス英語が必要」「ネイティブと話さないと・・・」などとコメントする人も目立ちます。

もちろんこれらは、私よりも会話レベルの高い人の発言ですので、間違ってはいないと思いますが、私はそうは思っていません。

言葉はコミニュケーションの道具であり、英語を学ぶのはコミニュケーションをとれる範囲を広げるため・・・と考えており、このフィリピン英語を否定する言い方は、東京人が話す言葉がネイティブ日本語と言っているのと同じようなもので、あまり感心した意見ではないように思います。

インドや南米で話される英語はわかりにくいということも聞きますが、そこで暮らしていると、それと同じ言葉を話さないとコミニュケーション程度が低くなります。

さらに、私は大阪地方の河内弁を話しますが、友達はみんな河内弁ですので、標準語の人が会話に入ってくると、会話内容が堅苦しくなってしまいます。

そう言うことを考えると、「**はダメだ」ということ自体がおかしいのですが、それについて少し考えてみましょう。

ネイティブにこだわる必要はない

「英語講師はネイティブ(英語が母国語の国で生まれ育った人)でないといけない・・・」という人は、私が見聞きする範囲でも、たくさんおられるのも確かです。 

私も、NOVAでネイティブに教えていただいたのですが、「それができれば」それがいいでしょう。 

しかし、話す回数が上達の道とすれば、限られた予算では、英会話の初級者にはその必要性は少ないと考えています。

NOVAは比較的リーズナブルですが、それでも、マンツーマンの50分レッスンは約5000円で、私のオンライン英会話では25分500円です。

そしてまず、ネイティブの力量も問題です。

すべてのネイティブ講師(先生)が、日本語や日本人(考え方や文化)を理解してくれればいいのですが、それを知って教えてくれる「良い講師」というのは、そんなに多くない・・・のです。

NOVAでの経験しかありませんが、赴任したてのネイティブ講師はとくにダメでした。

話すことと教えることは全く別の能力ですし、特に、文化や考え方が違う講師との会話は、日常会話になるほど、微妙に難しいのです。 

文化の理解と教授力の両方ができる習熟したネイティブ講師自体はそんなに多くないので、うまくいい先生に出会えれば問題ないのですが、英語ネイティブと日本人は、かなりの文化・思想の違いがあるので、テキストの内容のやり取りでは問題になりませんが、フリートーキングになると、微妙に意思の疎通が取リにくいものです。

そしてまた、いい先生は、予約も取りにくいです。

だから、「ネイティブ」というだけで、高い費用を払って、テキストにある内容だけを学ぶだけでは、「もったいない」感じがします。

日本人講師を含めて、ノンネイティブの講師であっても、聞き取りやすくて教え方の上手なひとに巡り合うかどうか・・・が初級者には上達のポイントと言ってもいいでしょう。

それを探すことが上達のポイントですが、現実問題として、その人気のある先生のレッスンを確保することも、継続して専有していくことも、大変難しいことです。

私の経験では「日本人の気持ちがわかって話せる」、日本人のバイリンガル講師がおすすめです。また、日本語を話せるフィリピン人講師を探すのもベターです。

日本人バイリンガル講師は語学習得の大変さを知っていますし、日本語を話せるフィリピン人講師の多くは、日本への在住歴がある人が多いからです。

そのために私は、初心者は、ネイティブ・非ネイティブにこだわる必要はなく、「安い」ことと「先生が多くて、生徒側から講師を指名できる」という点で、オンライン英会話がおすすめ・・・と言う考え方です。

英語の勉強は時間が必要

アメリカ英語(米語)だけが英語ではない

先程も少し触れたのですが、世界で2番目に英語人口の多いインドで話されるインド英語や、南米などで話されている、訛りの強い南米の英語を学んでみたいと思いますか?

現地で生活するのなら、そのわかりにくい言葉で話さないと、意思の疎通が取れないのですが、普通なら、最初から、それらのあえて聞き取りにくいと言われる英会話を学びたいと思う人は少ないでしょう。

TOEICでは、4カ国語以上(イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア)の聞き分けを要求されています。 しかし、街を歩いていて、インドや南米英語で道を聞かれると、TOEICの要求はなんの役にも立たないということですが、私は何度か、実際に南米やインド人と片言の会話を交わしたことがあリます。

話していると、表情や動作から、不思議とその英語の内容が理解できるのです。 

・・・それらもすべて『英語』ですから、それらの国の方とお付き合いするためには、それを理解しなくてはいけないのですが、そのときには、ネイティブがどうの・・・と言っておれません。ともかく、お互いがわかるように会話するだけです。

ネイティブの英語が聞き取れない

①あなたは海外旅行などで英語オンリーの場(環境)を経験したことがありますか?

②フィリピンや台湾旅行ではある程度の英語で話が通じたけれども、アメリカ本土では彼らネイティブの話している英語が充分に聞き取れずに苦戦したという方はいませんか? 

③電車の中で外人が話している会話で、アジア系の人の英語は少し耳に入るけれど、バリバリのアメリカ人の英語がわかりにくいと感じた・・・などの経験はありませんか? 

④洋画の会話が非常に理解しにくいということはありませんか?・・・・・。

これは私の経験なのですが、つまり、英語を話すことも大切ですが、聞き取ることができなければ、絶対に話せません。

わたしも、ハワイにいると気にならなかった英語が、アメリカ西海岸に行くと、店員の話す言葉がさっぱりわからなかったという「痛い経験」もあります。(ハワイは日本語OKですし・・・)

ジュースを買って、「For here or to go」という言葉さえも聞き取れないで、家内にバカにされたくらいです。

アメリカ本土では、「ここに来る人はみんな、英語が話せる」「ここで話す会話は米語(アメリカンイングリッシュ)だ」という前提で話をしていますので、アメリカ本土では、全く、会話についていけませんでした。

店員も、私が英語を話せないとは思っていませんし、「英語が話せないなら、ここに来るな」という感じですので、おもてなし精神の高い日本人と違って、特にゆっくり話してくれることもありません。

これは、こちらから英語圏に行くと、相手がこちらの英語力に応じて話しかけることはなく、こちらに構わないで話してくるので、それを聞き取れなければ会話も何も成り立ちません。

しかし、フィリピンなどの非ネイティブの人は、普段では母語があるし、英語で話す相手とは英語力の差があることが多いために、どちらかというと、英語でコミニュケーションを取る場合は、相手に通じるように話そうとするような会話になります。

つまりそれで、非ネイティブとの会話のほうが、話している英語の内容が理解しやすい・・・ということになるのでしょう。

非ネイティブのフィリピン英語

オンライン英会話サイトのうち、安価なサイトの講師のほとんどはフィリピン人です。

フィリピンでは、普段の会話は現地語ですが、公用語は英語で、国民の多くは現地語と英語のバイリンガルなので、英語で話せば英語が返ってきます。(英語レベルの差は大きいですが)

彼らは、勉強して学んだ「母語でない英語」を話しますので、(オンライン英会話では、相手が初級者の場合は特に)聞き手にわかるように話してくれます。

だから、私の留学時の例で先に紹介したように、フィリピンの学校で英語環境の中で学ぶと、不思議なことに、2週間程度で、学校内ではもちろん、町に出ても片言の英語で現地の人と話せるようになった経験があるのですが、私の友達で、40日間アメリカ西海岸の英語学校に短期留学して学んだ人は「学外では全く英語が通じない。授業や講師とは話しができるけれど・・・」と言っていました。

同じ1ヶ月程度の短期留学ですが、つまり、アメリカの現地では、日本人が学ぶ英語学校の英語と現地の会話が乖離し過ぎているということでしょう。

私も、アメリカ西海岸に旅行した時にも、そのように感じました。だから、いきなりネイティブの中に飛び込んで英語を話すのは、かなり難度が高いのです。

英作文イメージ

【注意】何回も繰り返しますが、この記事は英会話に取り組む初心者・初級者を対象にした内容です。
中級者や英語学科・英語専科で学んだ方、さらに、英検やTOEIC対策をしたい方はこの記事は不向きです。


日常英会話といえども奥が深い

初心者は「日常会話の勉強から・・・」という言い方をされることが多いのですが、そうではなく、日常会話が全てといっていいかもしれません。

例えば、ビジネス会話や工業英語などは、専門分野ですので、それはその分野の共通の決め事を学ばないといけないのですが、それらよりも日常会話が簡単だと言うことはありません

「日常会話」と言うと、初心者向けの代名詞のように思う方をおられるかもしれませんが、そうではありません。

たとえば日常会話教材のCD10枚をすべて暗記してスラスラ口に出して言えるようになっても、洋画を字幕なしに見れるようになるのは至難の業ですし、その文例を暗記して念仏のように唱えることができても、「英語が話せる」と言えるまでにはなりません。

洋画を10回以上見ていると会話の流れを覚えてしまいますが、それを『話せ』と言われてもできません。ともかく、長い時間と経験が必要です。

日本語も同じですが、「これはなんですか」という言葉にも、「What is this?」という言葉にも、背景やその前後の文脈があって、そのうえでどの語を強く声に出すのが「日常会話」なのですから、ともかく語学の勉強は奥が深いのです。


英語の勉強は果てしない

英語は会話だけではない

英会話を勉強するといっても、いろんなことがひっついてきます。

さらに、「会話する」ということについても、話すことだけでなく、聞き取ることや書くことが含まれますし、会話を続けるためには、話す人の国の文化や思想信条までが会話と関係してきます。 

英語での会話では、このように、相手の人の国や文化や思想信条を知らなければならないことが意外に重要だということを知っておいてください。

日本人は宗教観が乏しく、宗教を真剣に捉えない人が多いのですが、英会話の技量が高まってくるにつれて、キリスト教などの宗教の影響が含まれることを感じてくると思います。

もちろん、英語圏に旅行する程度であればそこまでは必要ありませんが、字幕なしに映画を見ようと思えば、これらが関係していることを感じます。(感じてきたら、英語力が上達している証拠だと思います)

英語の勉強には、「これだけやれば」ということは絶対にありません。「これだけやれば話せる」という謳い文句は、言葉のアヤと考えておきましょう。

そこで次に考えることは、どれくらい英語(英会話などの)習得のための時間がとれるか・・・です。


勉強法は人それぞれですが・・・

おすすめの勉強方法をググると、書籍、CD、アプリなどで独学することや、オンライン英会話や英会話教室、イングリッシュ・カフェ、SNS・・・これらを数え上げるといろいろな方法がでています。

ここでは「独学と学ぶ」ということで考えるのがいいと思うのですが、独学は必須です。 しかし、独学だけでは語学習得は無理です。

会話は、CDに合わせて発声するだけでは成り立ちませんし、英語の言い回しも1つではないので、独学オンリーでは限界があります。 絶対に、会話のキャッチボールができる場がないと会話が成立しません。

会話をしようとすると、相手が必要です。

それには、(何回も繰り返していますが)自宅でいながらに25分間英語で話せるオンライン英会話はレベルの高い有効な会話手段ですので、それを利用しない手はありません。

私は郊外に転居したので、近くには教室もカフェもありませんし、英語を話す外人もいませんから、オンライン英会話は手放せません。


無料が最高ですが

「無料」という言葉は魅力のワードです。 しかし、無料にこだわっていれば、大した勉強はできないと考えておかないといけません。

「タダほど怖いものはない」「タダほど高くつくものはない」という言葉もあるように、一生勉強していくとすれば、一時の「無料」よりも、費用をかけて良い教材を使うほうが確実です。

無料のアプリや無料教材はWEB上にもたくさんありますが、ただ、有料のものに比べて、薄っぺらで無責任なものが多いので、有料無料を限定しないまでも、しっかりしたものを探しましょう。

たとえば、①2年以上はそれを用いて学習できるか ②レベル、達成度などで上達の程度がわかるか ③サポートが有るか・・・ などをチェックして、しっかりした会社が運営しているものを探してください。

勉強にお金を出すことは無駄にはならないと考えましょう。


さらに、私の勉強法

人それぞれですので、これがいいということは言えませんが、これから教材等を探す方は、参考としてチェックしていただくといいでしょう。

私は i-know という有料のアプリとオンライン英会話「hanaso」をメインにして勉強しています。

その他では、WEBからVOAの気に入った話題を録音して、文字はお気に入りに入れて、その内容を辞書で引いたり、就寝前にその録音を子守唄代わりに聞いています。

また、昔の「安い洋画DVD」や「古い英語の歌CD」を暇を見て何回も見たり聞いたりするようにしています。

これらはオンライン講師から勧められました。 英語との接触を増やすためで、「演歌を聞くよりも英語のうた」ですよ・・・と。

こちらの私の記事に書いている「聞々ハヤえもん」という無料アプリは便利なアプリで、これで音程と速度を変えて英語の歌を「一人カラオケ」しているのですが、歌は会話と違って、また面白さもあります。チェックしてみてください。

i-knowは毎日10から長くても30分間程度の学習時間で、単語や文章構成の勉強を毎日やっています。

この画面に、「連続学習時間」というのが表示されており、私の画面には366日という私の記録があります。この時は、記録を作るためにかなり頑張ったのですが、気が緩むと 「毎日1ヶ月続けてやる」ということが非常に苦痛なことを教えてくれます。

もちろん有料アプリiknowにも問題点や不満はあります。 しかしわたしが3年以上続けていて、まだまだ学ぶ内容が続きますので、及第点のアプリだと思っています。

私の受講するオンライン英会話「hanaso(はなそ)」ですが、月8回のコース(4000円)に、別にポイントを購入して、平均で25分授業を毎月11-12回を受講していますので、平均すると、毎月6000円弱を支払っています。

オンライン英会話hanasoでは、復習などにも時間が必要ですので、i-knowにかかる時間をトータルすると、毎日30-60分程度の時間を英語の自習勉強時間に当てている感じです。

これは私の勉強法ですが、今一度、これからの勉強方針を検討してみることもいいかもしれません。

有名英語講師の英語教授法DVD  というPR記事がWEBであったのですが、私もご多分にもれずに、関和生、小熊弥生、クリス岡崎、関谷英里子などの有名講師のDVDを見まくりましたので、DVDなどの教材を探してみると、共感できる勉強法などのいい話が聞けるかもしれません。

DMMの英会話に加入するとi-knowが無料でついてくる特典があります。これにはお得感があります。 ここでは、私がやっているhanasoとレアジョブしか紹介していませんが、このDMMなどのサービスのあるサイトもあるはずですので、自分でサイトの内容を見て、ぜひオンライン英会話を取り入れてほしいと思います。WEBをチェックしてみてください。

実際、私自身も、ハウツー本を買うなど、余分なところで英語のためにお金を使ってきています。 でも、それは「効率」や「値打ち」から言えば結構無駄なのですが、日本の小説や月刊誌を購入するのと同様で、ミネラルウォーターやスパイスと思うしかありません。

次に、オンライン英会話のはなしです。


初心者がオンライン英会話を簡単に始められるの?

私は70をすぎたシニアですが65歳から「オンライン英会話」を続けています。

オンライン英会話がしたいけれど、疑問の多い人に

オンライン英会話を疑問視する人も多いということも説明しましたが、何しろ安いし、システムも成熟していますので、他に良いものがなければ、すぐに始められて、やめるのも簡単なので、心配もないで、ぜひ検討してみてください。

最近は、「オンライン英会話」もポピュラーになり、仕組みも完成されています。何よりも、自宅で受講できて費用も手ごろなのは助かります。


まず始めること、そして続けること

話せるようになりたいと思えば、話す機会がなければ始まりません。毎日でも話す機会が持てるので、サラリーマン、シニア、子供さんに至るまで、英会話を始めるならば、これが最適と思います。

若い初心者の方なら全て「チャレンジ」で始めるといいのですが、まず、始めるにあたって、「なぜ英会話をするのか」ということを「自分に言い聞かせておく」ことは大事です。

私も『英語を始めた・・・』と周囲に話したら、当時は勤めていた周囲から「何で?その歳で?」「いまさら、なぜ英語を?」「今からやって、何になる?」「英語が話せて、どうする?」などと皮肉や嘲笑がすごかったです(笑)。

会社帰りに英会話教室に寄っていたのですが、毎週1回ですが、定時で帰ることにも見えない圧力がありました。

このように、シニアになってから英会話を始めることは、周りからみると、非常に奇異に見えたのでしょう。

他人はお構いなしに好きなことを言いますので、言われる前に「英会話をやるぞ!」と、最初に公言しておけば行動しやすいと思います。・・・。

英会話をするにはお金もかかります。


喜びに出会えるのはいつかわからないけど・・・

長くなってしまいましたが、今、オンライン英会話などで英語の勉強を続けているのも毎日の習慣になっているとそれが負担になることはありませんし、もちろん、喜びや満足感を味わえるというものでもありません。

生活のリズムのようなものですので、私は、「ボケ防止に『英会話がいいよ!」と、同年代の友だちに魅力を話してみるのですが、周囲の友達は乗ってきてくれる人がいません。 

現実には、シニアが英会話に向かないと考えているのか、または、英会話の魅力が少なくて、受け入れにくいということでしょうか。

定期的に若い外人女性と話せる機会はそんなにないのですから、これは、私のささやかな楽しみ・・・としておくしかないのですが、もしも、「英会話をやろう!」と思っている方は、ともかくサイトチェックをして無料レッスン体験をしてほしいものです。

次のページでオンライン英会話サイトや受講するための機器について経験を交えて補足の説明をしています。

また、下に私の受講しているhanasoと大手で定評高いレアジョブのリンクを張っておきます。

一度のぞいてみてください。 多分、英語が話せない人しか「オンライン英会話」を検討しませんので、全く英語が話せないのは当然ですから、何も話せない状態で、試しに無料レッスンを受けて見られたらどうでしょうか。 

私も全く英語が話せないし英語嫌いだったのに、英会話教室NOVAの門を叩いたところ、即座に英会話のとりこになりました。 もちろん私は、美人の外国人講師と話したい・・・という邪な目的があったからかもしれませんが、話せなくても楽しいでしょう。

下に紹介している会社のPR文句には、満足度でレアジョブはNo.1、hanasoはNo.2のサイトだとPRしています。 もちろん、それは自社宣伝ですので、その他の色々なサイトを見て気に入ったサイトを探して気に入ったところを探してみてください。

まず無料レッスンを受けて見ること、そして、解約がかんたんかどうかを確認してから、5年間続ける気持ちで毎日英語に触れていれば、今、英語が全く話せなくても、きっと、英語脳ができるくらいまでは行くと思います。

英語関連のPRリンクを貼っておきます。



 → 次のページ(オンライン英会話教室の決め方)へ


  

その他の記事

  フィリピンへ英語の勉強に行こう!
フィリピン英語留学
英会話を学ぼうと1ヶ月間セブ空港のあるマクタン島に短期留学したときの内容です。会社に在職中のシニアが単身1ヶ月留学でしたが、行ってよかったと思っています。今、新型コロナの影響で渡航は難しいのですが、何かの参考になれば・・・。

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

淀川を全部歩く
淀川
滋賀県の山奥から流れ出た水は、琵琶湖から瀬田川、宇治川、淀川と名前を変えて130kmを旅します。このうち、淀川の長さは38kmですが、ここを歩きました。河口0kmの先にまだ川が続いている様子などを紹介しています。

 【大阪市営渡船8ヶ所を歩いて巡りました
大阪市営渡船
大阪市にかかる川を行き来するために、大阪市が運営する渡船が8か所あります。それを徒歩で踏破しました。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

Page Top▲

(来歴)R1.8 文章見直し    R2.9 2カラムに
 

記事の紹介

ナンバープレートの希望番号の実態は
希望ナンバー
自動車のナンバープレートで自分の好きな番号をつけることができる希望番号制度ができて年月が経ちますが、実際にナンバーの現状を調べてみました。キリ番など、明らかにそれとわかる台数の割合は意外と少ないのですが・・・。

方向指示器を出さない車の実態
数えてみました
指示器を出さないで曲がる車に気づいたことがありませんか?実際似、どれくらいいるのかと数えたところ、びっくりする数字が・・・。

私の大阪ことば 大阪弁
太陽の塔 夜の顔
50年住んだ東大阪市(旧河内市)を離れて豊中に移ったところ、大阪弁が半分消えてしまっています。話し言葉は変わるのは当然ですが、少し寂しい感じなので、私の話し言葉を録音しました。10年後にはどうなるのか、楽しみでもあり心配でもあります。

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。

PR