シニアの方のオンライン英会話スクールの選びかた

このページは4ページ目です。

ここでは、私が長期間学んでいるオンライン英会話hanasoで、オンライン英会話の選び方や英会話教室との違いなどの経験談を紹介します。

ただ、「選び方」と言っても、これらは英語産業という商売の分野ですので、日々変化しており、変化に対応できない企業(サイト)は淘汰されるなどで、絶対的な優劣を比較するのは現実的ではなく、評価も難しくなっています。

そのこともあって、これが最良というものではなく、一つの見方考え方として捉えていただき、参考にしていただくのがいいでしょう。 →はじめの記事から読む

私の経験ではオンライン英会話で会話力が上達した

オンライン英会話は安価でマンツーマンレッスンなので、初心者には抵抗が少ないので、英会話を始めたい人はオンライン英会話から始めることを推奨します。

25分レッスンの「オンライン英会話」はうまく考えられています。


まず、何よりも、予習復習の仕組みがあって、私の場合は、上達したのはオンラインレッスンのおかげと思っています。

だから、英語脳がある程度できてきて、英語が頭の中に浮かぶようになってくれば、オンライン英会話が物足りなくなってくることも出てくるでしょうから、そうなったときには、ネイティブ講師の英会話教室などを探せばいいでしょう。

また、英会話教室も教室レッスンだけでなく、商売を回さないといけないので、オンライン授業をしたり、価格を下げたりしていますが、安さだけを考えるとまだまだオンライン英会話が強い感じです。

オンライン英会話のサイト選び 

オンライン英会話を選ぶために、HPでのサイト比較をしようと思っても難しくて、何がなんだかわかりにくいでしょう。はっきり言って、全てに優れるところはないのです。

ここで、自社のPRで、顧客満足度No.1と書いている大手のサイト「レアジョブ」と、同じく、顧客満足度No.2とPRしている、私が受講している「hanaso(はなそ)」のサイトをご覧いただくといいのですが、比較は難しいのですが、少しの違いはある感じでしょう。

   

ここで、選択する場合に大事なことは、「自分がどういうレッスンの受け方をするのか」という基準でサイトをみていくようにしてください。

「今日からはじめよう!」という人が、毎日25分レッスンを2回受けることはないはずですが、サイト側は、そのような「毎日コース」の最安値価格を全面に出していますが、まあ、初めて英会話を学ぼうとすれば、週2-3回のレッスンが精一杯と思いますので、そのように各サイトの価格を見ていくと、いずれのサイトもそんなに価格差がないことが見えてきます。

詳しいサイト選びについては、順に私の見方で説明していきますが、ここでは非常にアバウトな言い方ですが、いくつかの気に止まったサイトのうち、2つのサイトを選んで、その無料レッスンを受けてみて、最終的に1社を決めることでいいと思っています。

私の場合を言えば、色んな所を比較して選んだのではないのですが、63歳に習い始めて5年間以上ずうっと、オンライン英会話のhanaso で学んでいます。

・・・と言っても、この hanaso サイトが最高か? というと、なんとも言えません。 悪くはないのは確かですし、よくないと思えば、簡単にやめることも出来るようになっているのが通常のオンライン英会話のシステムですので、その点も必要以上に気にしなくていいでしょう。

この私の受講しているhanasoに限らず、WEB検索をして上位にあるようなサイトでは、無料レッスンを受けたあとで正式受講手続きをするようになっていますので、特に、不安や危険性などについての心配はしなくていいとおもいます。

ともかく、新しくオンライン英会話を始めるのであれば、「検索上位のサイトから2つを選んで、無料レッスンを受けてみて判断する・・・」でいい・・・というのはそのような理由からです。

ちなみに、この記事を書くために、各社のHPの内容を詳細に読んでみたところ、HPの書き方・表現の仕方がまちまちですし、各社のHPには自社の「良いところ・押したいポイント」しか書いていないので、それらを判断するのは意外と難しい感じがします。


私の受講サイトを簡単に紹介します

受講サイトは、オンライン英会話のhanaso です。下にサイトを選ぶ際の一般的なチェックポイントを示しましたので、それも参考にしてください。

 hanasoへの画像リンクです

私が受講しているのは、月8回のコースで月額4000円(税抜:1回25分あたり500円)です。

多くのサイトでは入会金無料のキャンペーンや無料レッスンサービスをやっているところが多いので、それをうまく利用しましょう。 hanasoでも、入会金無料や授業料の初回半額キャンペーンなどをやっていますので確認ください。

また、多くのサイトでは、2回の無料レッスンが無料レッスン用のテキストに沿って用意されていますでこれを利用してサイトの良否を確かめることができます。

私の場合は月8回では少ないのと、同じ講師を予約していることもあって、別に「レッスンチケット」を購入して、11-12回/月のレッスンを受けています。 これで、平均支払額は毎月6000円弱です。

当初、「週2回コース」でしたが、予約が2つ取れる「月8回コース」に変えましたし、それでも同じ講師の予約が取りにくいので「レッスンチケット」を併用して1週間先の予約をしています。

予約が取りにくい・・・という苦情はどのサイトにもありますが、このように、自分の都合に合わせてコースが変えらる方法を選んで工夫すると、かなり自由度が高い受講ができるようになるでしょう。

サイトに要望することや選択肢は個人で異なるために、事前に比較することも難しいことで、正直言って、入会してからでないとわからないこともあるのですが、大手でかつ検索上位のサイトであれば無料レッスンを受けてみるとそんなに違いがないことも感じるでしょう。

問題があれば、サポートセンターに相談すれば対応してもらえます。

hanasoはメールサポートですが、対応は懇切丁寧で、レッスンの再受講、留学中の処置、レッスン受講のやり方、1ヶ月休会などについて相談して対応しましたが、電話で応対するサイトもあります。

ここで、チェックする項目について見てみますが、色々な項目がありますので、これら全てに優ったところを探すのは至難の業ですし、各人の優先事項も異なるでしょうから、優先したい項目を3つぐらいに絞って、サイトをチェックする程度でいいと思います。

サイトの選び方のポイント

無料レッスンを受けてみて決める

何よりも、ともかく、「安いサイトを探して『無料レッスン』を受けてみて決めればいい」 ・・・ という決め方でいいと思っています。 それでは少し無責任すぎるようなら、

①週2回か月8回程度のコースの最安値 ②2つ以上の予約が取れるコース ③サポートがしっかりしていること ④解約手続きが簡単かどうか・・・をチェックしたうえで無料レッスンを受けてみる・・という というやり方でチェックしてください。

ほとんどのサイトが無料で2レッスン程度の「無料レッスン」を提供していますので、まず、これで感触を掴むのが手っ取り早く、色々気になることもあると思いますが、初めてレッスンを受ける時のハードルはかなり高いのですから、これだけは乗り越えないと次に進みません。 

考えてみてからやるよりも、やってみてから考えるくらいでいいと思います。

そして、もしも自分の感触がしっくりしなかったら、きっちりと断ればいいことで、全く後腐れはありません。幾度も書いていますが、この「解約の簡単なこと」は、事前にチェックしておくのを忘れないように。

下の2つのサイトは、顧客満足度を売り物にしています。レアジョブはNo.1、hanasoはNo.2・・・とPRしています。もちろん、これにこだわる必要はありませんが、やはり私が650回以上レッスンを受講しているhanasoを元にこの記事を書いていますので、ぜひチェックする候補に入れてあげてくださいね。

  私が受講しているhanasoのページ
  No.1人気のレアジョブ英会話


オンライン英会話が物足りなく感じたら教室に通うのもいい

英会話教室に通うメリットはたくさんあります。駅前留学のNOVAでは、私は、

①いろいろな友達ができました。
②講師は「ネイティブのプロ」で、映画俳優のような外人と話していると気分がいいです。
③上手な人(日本人)の英語力を見聞きする機会があり、いつも向上心が刺激されます ・・・

待合にいる時間がありますし、受付の女性を含めて、いろいろとまわりの人と会話したり、入れ替え時間に講師と声を掛け合うなど、コミニュケーションの場があるのもいいです。

また、NOVAで良かったのは、VOICEという授業で、5~15人程度の生徒が1人の講師を含めて、あるテーマで雑談するのですが、私はこれが好きで、一番レベルの低いレベル5の時点からこれに参加していました。

NOVAなら、マンツーマンを基本に検討ください。  

このVOICEの場では、もちろん、ほとんど英語は話せないのですが、話し方の雰囲気を感じることができますし、休憩時間に上のレベルの方がいろいろ勉強のアドバイスなどの雑談も楽しいものです。

ここでは詳しくは書きませんが、NOVAのHPを見ていただくといいのですが、オンライン英会話にはない2-3時間がワンチケットで受講できる、お得なリアルトーキングの場です。

NOVAうさぎ私の部屋のNOVAうさぎ

オンライン英会話の良い点は・・・

特に説明するまでもないのですが、英会話教室に通う場合と比較すると、

 ①25分という時間が実にいい
 ②マンツーマンでたくさん話せる
 ③英会話教室に通うよりもはるかに安い
 ④こちらから時間や講師を選べるし、変更もかなり自由。
 ⑤通学時間ゼロ 
 

オンライン英会話はとにかく安いです。そして好きな先生を自分の方から探すことができるのが何よりもいいところです。

25分のレッスンで充分な会話ができますか?

25分で充分です。

先にも書いていますが、この「25分レッスン」は、うまく考えられた時間だと思います。

私の場合、まずフリートーキングからレッスンに入り、講師と行う「復習」があればそれをしてからテキストの内容に入ります。

フリートーキングがメインになって、それで終わってしまうことも多いですが、もし25分が短いと感じるようなら、2つ続けて受ければいいのです。

もちろん、レッスン内容はサイトの仕組みがしっかりしているので、講師が変わってもうまく引き継がれますので問題はありません。

このように、25分間やレッスンの仕組みは非常に考えられています。


学ぶのは日常英会話?ビジネス英会話?

ビジネス英語ではなく日常英会話から

最初は身近に使うフレーズ中心の「日常英会話」や「旅行英会話」などの身近なものから始めるのがいいでしょう。

ともかく、講師と、いろいろなことを話せるようになってから、次のステップを考えればいいと思います。

初めて英会話をする初心者で、ビジネス英会話を取る人はいないと思いますし、日常英会話がやさしいということではありません。

やっていると、非常に色々な言い回しも出てきて、日常会話は奥深いものです。

逆に言うと、サイトのトップページに「ビジネス英語だけ」を強調しているところは、初めての方は避けたほうがいいでしょう。

あなたの会社からの要請や命令であれば仕方がありませんが、いやいや勉強させられても、長続きした人をほとんど見ません。 一生の長丁場になるのですから、楽しんで勉強しましょう。

簡単に予約・予約解除ができるサイトを選ぶ 

好きな時間帯にレッスンを受けられる便利さは、さすがWEB(オンライン)です。

レッスン時間が変わると同じ先生であってもあいさつの仕方も話題も、そしてお互いの元気さも違って結構面白いのですが、このように、幅広い時間帯で予約が取れるのは便利です。

フィリピンとの時差は1時間なので、日本にあわせたカリキュラムを組めるのもフィリピン講師を採用しているオンライン英会話の特徴です。

ここでは紹介しませんが、「iTalk」や「lang-8」などの添削サイトやSNSを利用してネイティブとお付き合いする方法などがいい・・・と紹介するWEB記事もありますが、外国との時間帯が合わないので困ることも多いで、時差は意外と問題になる国もあるので注意しなければなりません。

フィリピンとの時差は1時間

地球儀で日本と90度離れていると6時間の時差になります。 ヨーロッパやアメリカでは、WEBで呼びかけても、相手は寝ている時間帯ではどうしようもありません。

フィリピン講師系サイトでは、そんな心配はありません。

このように日本人にはおあつらえ向きのフィリピン講師のオンライン英会話ですが、レッスン時間帯の長いところでは 6時~25時や24Hr というサイトがあって、かなり自由度が高くて便利です。

かなり長い文章にお付き合いいただいていますが、ページを変えて、受講のための環境について説明します。個人的な嗜好もありますが、私の考えを書いています。

 → 次のページ 受講のための環境等について


Page Top▲
 【大阪城、秀吉が好きな大阪人
大阪城
大阪城観光であまりみんなが訪れることのないところを紹介しています。徳川時代の大阪城は現在発掘調査が進んでいます。

 大阪城のトイレの外観を全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんがたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じです。全部の外観を紹介します。皆さん、どう感じます?

 【Googleで紹介された千里川土手
千里川土手上空を飛行機が・・・
着陸する飛行機が迫力満点で見ることができる場所として古くから有名でしたが、Googleでコマーシャル紹介されてさらに人が増えました。駐車場や周りの案内をしています。







(来歴)H30.9 文章見直し。  R1.5 1カラムに書き換え   R2.9見直し  R3.4文章簡略化