オンライン英会話のレッスンはスマホではなくパソコンで。

このページは5ページ目です。

オンライン英会話のサイト選びは、少なくとも2社の「無料レッスン」を受けてみて、良いと思う方に申し込めばいい・・・と説明しましたが、前後しますが、申し込む前にレッスンを受講する環境を準備しておくようにしましょう。

このページではオンライン英会話を学ぶための接続機器や無料申し込みをするまでに、私が気づいたことなどを書いています。 これは個人的な嗜好もあるので、利用できる所があれば参考にしてください。

ここに使用した画像の多くは、比較的大手のレアジョブ、DMM英会話、産経Online英会話、hanasoなどのHPの画像を使用させていただいています。

  

絶対に大画面のパソコンが学びやすい

パソコンを使うのがBESTです
多くのサイトでは、「インターネットが使えればパソコンでもタブレットでも、スマホでもいい・・・」とPRされていますが、小さい画面のスマホで受講するのは意外ときついところがあります。

画面が大きいほうが楽で、ノートパソコンやPCのディスプレーが使いやすく、私の場合は、2つのディスプレイを使った2画面で受講しています。

私の受講する時の机周り

ZOOMかSkypeか?

私の受講するhanasoでは、時代の流れか、ZOOMが利用できるようになりましたが、講師はチャット画面が使いにくい・・・等と言っている現状ですが、これも時間とともに変わってくると思いますが、Skypeを使い慣れている講師が多く、Skypeも音質、画質などのトラブルもほとんどありませんので、現状では両方使える場合はSkypeを使うことで考えておいたほうが無難でしょう。

講師はチャットで、文章や単語を送ってきますし、説明のためにWEBのリンクをたくさん送ってきます。 

小さい画面では見にくいし、両方の記事を開けてレッスンが進むことも多いので、できるだけ、パソコンを使ってレッスンを受けるのを第一に考えてください。

スクール(サイト)によっては、「スマホ」利用を強調するところもあります。 しかし、小さい画面と落ち着かない環境で25分間のレッスンを受けるのはかなり辛いですし、チャットや画像が送られると、両方を見ながらのレッスンになるので、小さい画面では、操作性が悪いので使いにくいので、スマホ利用は予約や予約確認程度にして、レッスンはストレスのない環境で受けるようにしたほうがBetterでしょう。


Skype(スカイプ)を使うのがほとんど。

サイトの多くが無料ソフトのSkype(スカイプ)を使っていますし、双方の顔を見ながら会話をするのですが、最近の通信状態はストレスもなく快適ですので、通信ソフトの優劣は考えなくていいでしょう。


Skypeやヘッドセットなどを事前に準備します

機器の準備は、申し込み前に準備しましょう

ここではSkypeを使うことで説明しますが、これらの機器類は事前に準備をしておきます。

ヘッドセットのマイクを使うと明瞭度が高いので、必ず用意しましょう。 

ノートパソコンでも、ヘッドセットを使いましょう。 はっきりと聞こえますし、ハウリングも起きません。

 →ヘッドセットをAmazonで見る  高価なものは不要で、「Skype用」を選ぶのがいいでしょう。

現在ほとんどの講師とは顔を見ながら話しますので、パソコンの場合にはWEBカメラがついていないので、用意しておきましょう。

  

 → WEBカメラをAmazonで探す  高価なものでなくても問題ありません。

ヘッドセットとWEBカメラの例

ネット回線については、WiFi環境が多いと思いますが、可能ならば有線LANのほうが安定感があってベターです。

最近はフィリピンの回線事情も良くなって、回線切れはほとんど発生しませんし、Skypeの明瞭度も上がっていますので、ストレスになることは全くありません。


以下で私の受講しているサイト「hanaso」で、注意する点などを説明しますが、無料レッスンをうければ良否がわかると思いますので、2-3社の無料レッスンを優先して比較してください。

下に顧客満足度No.1とPRしている「レアジョブ」と私の受講する顧客満足度No.2とPRしている「hanaso」のサイトへのリンクを挙げています。

   

予約制限が意外とネックです。対策はコース選択で。

安いプランは1つの予約しか取れない場合が多いようです。

これは、レッスンが終わってから次の予約をする仕組みですが、このプランでは、同じ講師のレッスンを受けようとすると、「空きがない」か「数日先でない予約できない」・・・ということになるかもしれません。

できるだけ同じ講師に習うのが上達の秘訣の一つですので、hanasoの場合は「回数プラン」が用意されており、これは、2つの予約ができる点が売りです。

hanaso」のレッスンプラン

これであれば、1名の講師を追いかけるなら2回の予約が取れれば回りそうですが、私は、月8回のコースで2名の講師に習っていますので、別に「受講券(ポイントレッスン)」を購入して、それを含めて2人が順繰りになるように予約を取りながら毎週2-3回(月11-12回程度)のレッスンを受けています。

「毎日プラン」は非常に安価なので魅力ですが、1回の予約しかできませんから、毎日受講するには、毎回講師が変わることを覚悟しないといけません。

つまり、「毎日コース」は、かなり元気でやる気のある人が対象のコースと言えます。 これから英会話レッスンを始める方は、私のように、「月8回のプラン」を検討するようにしてください。

これはhanasoの例ですが、そのほかのサイトでも必ず何らかの「問題点」があるはずです。 

私は、困ったらサポートに相談するようにしています。 相談すると、無駄にならない方法や対策を教えてくれます。

オンライン英会話で上達しない・・・という記事も目にしますが

私のこちらの記事にも書いていますが、そんな簡単に英語が話せるようになれば誰も苦労しません。

私の場合は、年齢もあって上達は早くないのですが、頭に英語が浮かんでくる「英語脳」の感じになってきたのは、習い始めて5年を経過した頃でした。

そうなってくると、レッスンも結構楽しめますので、それまでは頑張って続けないとすぐにもとに戻ってしまいます。

楽しくなる一つの方法は、毎回始まる数分間のフリートーキング時間を伸ばすようにしてたくさんフリートーキングするのも一つの方法でしょう。

レッスンの初めに5分程度のフリートーキングタイムが必ずあると思うのですが、英語脳が出来るまでは、このための話題を事前に考えておくようにして、考えたことを英語で表現すること心がけるのもフリートーキングを楽しめる方法でしょう。

とりあえず、今日の天気、気温、今日やったこと、嫌なこと、楽しかったこと、読んだ本、街で見た話題、・・・これを、メモしておくといいでしょう。(日本語でいいです)

もちろん、特にこちらから話題を出さなければ、講師は 

How was your weekend?
What do you do this weekend?
How was your day today? 

などのように、週末や今日の様子を必ず聞かれて話すことからレッスンが始まります。

・・・と言っても、自分が話題を作ることは大切ですので、話題だけは頭にインプットしておく必要があります。

たくさん話したレッスンが終わったあとの爽快感もいいものです。この気分は何とも言えませんので、ぜひこれを体験していただきたいて英会話を楽しんでください。


→私の受講しているhanasoの案内ページへ

子供さん用の「キッズはなそ」についても紹介 →こちら

以上です。何かお役に立てれば幸いです。長い文章にお付き合いいただき、ありがとうございます。

最初のページは →こちら







その他の記事

 【大阪モノレール 18駅を紹介
交野市 源氏の滝
4両で走るかわいいモノレール。ガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅など18の駅を紹介しています

 【淀川の起点から大阪湾までを歩く
淀川を歩く
淀川は琵琶湖から流れ出て、宇治川から淀川に名前を変えて大阪湾に注いでいます。その全行程を歩いてみました。

 【交野市の源氏の滝を紹介しています
交野市 源氏の滝
WEBではパワースポットと紹介されていますが、なんとなくそれが感じられる場所です。交野市のキャラクターは「おりひめちゃん」です。

Page Top▲

(来歴)H30.9 文章見直し  R1.5 1カラムに変更    R2.7見直し   R3.4文章簡略化