製品を分解して仕組みを知る楽しみ

修理や分解すると工作のヒントは製品の中に沢山あるはずです。日本のものづくり力が落ちているのも修理の習慣が失われたことが原因している感じがします。

工作などのヒントになればと思っています。このページはインデックスのページです。


目次


Doltzウォータージェットのホースを取り替えました

パナソニック製の「Doltzウォータージェット」のホースが破れて水漏れするので、短く切りながら騙し騙しで使っていたのですが、ついに真ん中から切れてしまったので、市販のビニールホースに取り替えたところ、非常にうまく使えているので、その補修方法などを紹介しています。

Doltzウォータージェットの写真

  

アクリルファイバーツリー

99クリスマスファイバーツリー

毎年押し入れから引っ張り出してクリスマス前に飾っている電飾クリスマスツリーですが、非常に安価なのに、単品で購入すると高価なアクリル光ファイバーがふんだんに使われていますし、さらにしっかりと作られているのがすごいです。

これを改造して、光の工作を楽しむのも「アリ」と思いますので、ここで紹介させていただきました。何かのヒントになれば・・・。

LCRテスターキットの組み立て手順の紹介

2000円までで、コンデンサの容量やコイルのインダクタンス、トランジスタの簡単な特性などが測定できるChina製の LCRテスターのキットがアマゾンなどで発売されています。

半日程度で組み立てられますし、調整箇所も殆どありませんし、ハンダ付けの練習にもなりますので、ぜひ、電子工作を楽しもうと考えている方は検討してみるといいでしょう。



このページは記事を追加するごとに目次に加えていきます。
下に、このページを作ろうと思った私の考え方を書いています。


 

日本人は今、天狗になりすぎていませんか?

  

「日本の技術は素晴らしい」とか、日本人の優秀さを紹介する記事は、最近は特に増えている感じがします。もちろん、日本人がけなされるよりはいいと思いますが、それが「本当?」と疑問に思うことがよくあります。

日本の労働者や日本の会社は素晴らしいかもしれません。しかし、日本中にあふれている素晴らしい品物の多くは外国製です。日本人がものづくりの主役ではないのです。

試しに、手近にある電気製品を手にとって、裏の銘板を見てみてください。MADE IN JAPAN や日本製、国内製造・・・という文字を見ることは少ないでしょう。

人気のNintendoスイッチの本体もMade in China・・・とありました。

実用品のほとんどが外国製

ちなみのこの製品は手元にあったもので、これらの全ては、日本の会社が販売しているもので、関数電卓、電子辞書、チューニング用メトロノーム、電子血圧計、ウインドシンセサイザー、卓上電卓などです。

かつては、これらの全ては国内で開発されて製造されていたものです。

製品のブランドや会社ロゴは日本の会社になっていますが、製造の形態はどうであれ、多くは国外製造のものです。

  

日本人の「ものづくり力」が落ちている

・・・という記事をしばしば目にします。

一昔前に日本で育った会社力は急速に低下している感じがします。

製造機械が壊れても、自社で直さなくなりました。口では「改善改良」と言いながら、作業マニュアル以外の仕事の仕方をさせないし、考えたり工夫することをさせないような仕事の仕組みが常態化して、今までの「日本の会社のお家芸の独創性や新製品開発」は停滞しがちです。

この状態をこのまま続けていれば、日本の会社の従業員は、マニュアル人間が増えるだけで、ものづくりをする人がだんだんいなくなる・・・という懸念が拭えません。

保証期間内には壊れなくなった

日本で販売されている「日本の会社名を冠した外国製品」です。しかし、日本の会社が商品管理をしており、不良品はほとんどありません。初期不良もほとんどなくなっており、外国製であっても、今は日本の会社の製品保証は機能しています。

だから、たしかに日本ブランドの外国製造の品物であっても、故障しません。

さらに、日本の会社が販売している商品の取り扱い説明書などは充実しており、例えば、グローバル企業ではない中国メーカー製の品物などでは、日本向けのために日本語訳した取扱説明書などはお粗末なものが多く、まだまだ日本製品は素晴らしい・・・と感じる人は多いでしょう。

しかし、実は、その「中国製や東南アジアの製品」が日本の会社用の安くて素晴らしい製品を作っていることを見逃してはいけません。

現在では、日本の会社の総合管理力が優れているので品質は保たれていますが、その製品は日本国内で製造されたものでないのです。

それが故障したときにはどうでしょう

最近は有償の「長期保証」などもありますが、ほとんどは「購入後1年間保証」が通例ですが、初期不良が出なければ、まず、1年で壊れることはありません。

しかし、保証期間がすぎて、3年ぐらいたってから壊れて修理に出そうとすると、下手をすると製品の半額以上の金額を請求されるなど、びっくりしたことはありませんか。

そしてその型番はすでに廃番で新仕様の製品に変わっています。そして、その価格は、修理するぐらいの安い金額になっているという経験はありませんか?

現実に、日本政府は、「製造打ち切り後7年間部品保有」を指導していますが、これだけたくさんのものが溢れ、型番もどんどん更新され、それは国内で作っていない状態で修理をしようとすると、非常に高くなってしまうのは仕方がないと言えます。

だから下手をすると、小さな部品を取り替える手間だけで、新品を買うほどの修理価格になりかねません。

そして、修理するよりも「新品を買おう」ということになる状況になるのは目に見えています。



使えるものはとことん使う。そのためには・・・

でも、ちょっとした修理で製品が生き返るなら、安くなった新品を買うより、自分で修理できれば絶対に安くあがることは確かです。

これは「ケチの精神」ではありません。

ただ、最近の商品は、修理しにくくなった製品も多くなりました。

例えば、今までは「ネジ止め」されていた外装は、プラスチックの「はめ込み」になっていて、どうして開くのかがわからなくなっていますし、下手に開けると、ツメが折れて、修復できないように作られています。

また、「メーカー修理」を原則にして、交換部品を販売していないという商品もたくさんあります。

取扱説明書等には、「必ずメーカーに修理依頼する」「危険ですので内部を開けない」「自分で修理すると、メーカーの保証はなくなる」・・・などと書かれているかも知れません。

無料修理してくれなければ、大枚をはたいて自分のものになったのですから、自分の責任で修理すればいいのです。

自分で修理して使用することは、何も問題ではありません。もしそうでなければ、善意で「おもちゃの病院」をされている方は犯罪人になるのですから・・・。

ここでは、役に立ちそうな修理分解などを紹介していきたいと思っています。

Page Top▲

その他の私の記事の紹介

大阪市営渡船 【大阪市営渡船を歩きました
大阪市には8か所渡船が運行しています。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、乗船は無料。自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

大阪城の公衆トイレ  【大阪城のトイレを全部紹介
大阪の主要な観光名所で外人さんもたくさん訪れる大阪城の公衆トイレを紹介しています。時間とともに改善されてきているのですが、コンセプトがないというか、全体的にいま一つという感じがするのですが、全部の外観写真を見て、皆さん、どう感じます?

ナイフ作りと熱処理を実践 【ナイフを作りながら熱処理の基本を学ぼう
鋼の熱処理・焼入れは、専門的で難しそうですが、鋼種や基本のポイントを押さえれば家庭のガスコンロで焼入れができます。金のこをナイフに加工して、それを熱処理しながら方法や熱処理理論などを説明しています。

焼入れして硬化するステンレス鋼 【焼入れするステンレスのウンチク
焼入れして硬くできるマルテンサイト系ステンレス鋼は、カスタムナイフの材料として人気があるのですが、熱処理の仕方や熱処理による性質がわかりにくいという声を聞きます。それらについて説明しています。

Hanako's Papa のインデックスのページ 【INDEXのページへ
私のすべての記事のINDEXページです。

(来歴)R2.1記事作成  R2.2見直し  R2.5LCRテスター追加