楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント

アクリルファイバーツリー

  

見ていても光の変化が楽しいファイバーツリー

  

ここで紹介するのは、(中国製の)クリスマスツリーです。

電源を入れると、グラスファイバーの先端が次々と色が変わったり点滅します。高くないものですが、見ていて、実にうまく作られていることに感心します。

ファイバークルスマスツリー

このツリーを購入したのは5年以上前ですが、毎年クリスマス前に引っ張り出して楽しんでいます。


ツリーの高さは約80cmと小さい部類と言えるのですが、部屋において楽しむのにはちょうどいいサイズで、時間とともにいろいろな色が点滅するので、眺めていても飽きません。

ユーチューブで紹介するファイバースコープの点滅シーン →ユーチューブの映像を見る

アクリルファイバーとは

国内製品では、三菱レーヨンの「エスカ」が有名ですが、アクリルファイバーとは、アクリル製の光ファイバーです。

光ファイバー

私もこの「エスカ」を、以前に、単品で購入したことがあります。

サイズはいろいろあって、ホームセンターでホビー用のものを購入したのですが、0.5mmのものを使って長さ15cm程度のイルミネーションを作りました。合計長さは30m程度で1500円以上だったと記憶しているのですが、結構高いものでした。


でも、ここに紹介するファイバーツリーには、この高価な光ファイバーが惜しげもなく使われており、何よりもツリーの価格が3000円以下だったことにびっくりしています。

「Amazon」のページを見ると、非常に色々なファイバーツリーがあります。「光ファイバーは高価」ということを意識して、販売されているツリーの価格を見ると、結構安くて立派なものが販売されています。多分、国内製ではなくて、Made in Chinaなどのものでしょう。

→Amazonのページでファイバーツリーを見る

枝に巻きつけられた光ファイバー

このツリーは、このように、もみの木に模したプラスチック製の木の枝に、光ファイバーが巻き付けられています。

その構造を見るために、それを分解してみました。

  

ファイバークリスマスツリーの構造

ツリーの構造

12V用のギヤー付きシンクロナスモーターに、模様を付けた回転板が取り付けられています。

ファイバーツリーの回転モーター

スイッチをONにすると、円盤が回転し、レフレクターLEDランプの光が色のパターンを付けて円盤を透過して、その通過した色に変化した光が光ファイバーの根元を照らすようになっています。

そして、その光がファイバーの先まで届いて発光する仕組みになっています。

色のパターンも飽きが来ないように考えられており、非常にうまく出来ています。

光ファイバーの集合部分

ここで使われている光ファイバーは、どれくらいの量になるのでしょうか? 最密充填状態になっているとして、概算でその本数を計算すると、ファイバーの径は0.5mm程度なので、本数は約2000本と計算できます。

枝に取り付けられた光ファイバーの平均長さを50cmとすると、総長さは1000mになります。もしも国内で三菱レーヨン製を購入するとなると、3万円分が使われていることになります。

本数計算用の参考図

もちろん、企業的に使うとして購入すると、この半額以下の価格でしょうが、それにしても、このツリーでは、その他の部品も使われているので、国内でこんな安い価格でこの製品を作るのは至難の業でしょう。

しっかりと作られていますし、クリスマスは年1回ですので、押し入れにしまっておくのももったいないので、趣味の工作をして遊ぶといろいろと楽しめそうです。

これを分解して、アレンジをして、「光のファンタジー」を楽しめるような何かを作るのも面白いでしょうから、ヒントになるようにここで紹介させていただきました。


Page Top▲

その他の私の記事の紹介

大阪市営渡船 【大阪市営渡船を歩きました
大阪市には8か所渡船が運行しています。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、乗船は無料。自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

大阪城の公衆トイレ  【大阪城のトイレを全部紹介
大阪の主要な観光名所で外人さんもたくさん訪れる大阪城の公衆トイレを紹介しています。時間とともに改善されてきているのですが、コンセプトがないというか、全体的にいま一つという感じがするのですが、全部の外観写真を見て、皆さん、どう感じます?

ナイフ作りと熱処理を実践 【ナイフを作りながら熱処理の基本を学ぼう
鋼の熱処理・焼入れは、専門的で難しそうですが、鋼種や基本のポイントを押さえれば家庭のガスコンロで焼入れができます。金のこをナイフに加工して、それを熱処理しながら方法や熱処理理論などを説明しています。

焼入れして硬化するステンレス鋼 【焼入れするステンレスのウンチク
焼入れして硬くできるマルテンサイト系ステンレス鋼は、カスタムナイフの材料として人気があるのですが、熱処理の仕方や熱処理による性質がわかりにくいという声を聞きます。それらについて説明しています。

Hanako's Papa のインデックスのページ 【INDEXのページへ
私のすべての記事のINDEXページです。

(来歴)R1.12記事作成  R2.2見直し