大阪モノレールの最高点は豊中市の島熊山付近のこの場所です。

Part2 万博記念公園駅~門真市駅

彩都西運賃表
万博記念公園駅上りホーム

万博記念公園駅


EXPO CITY開業後は乗降客が急激に増えています。

GAMBA大阪 のホームグラウンド

ホームの市立吹田サッカースタジアムで開催される時間帯はごった返します。
スタジアムは、万博記念公園駅から歩いて15分ほどの『最寄り駅』です。

一時的にホームは乗降客で溢れますが、電車が発車した1分後のホームは全く人けがなくなってしまうほどです。
ホームに休憩するベンチなどは少なく、広いコンコースにいくのでしょう。

大阪モノレール美術館

大阪モノレールの感心するところは、「ゆとり」が感じられることです。4両編成の小さくてかわいい車両ですし、エントランスやコンコースはスッキリしています。

大阪モノレール美術館」と題した芸術作品の展示や広くとった休憩場所を設けていたり、ほとんどの駅で「レンタサイクル」を安く提供しています。
そして何より、駅員さんの「大きな声のあいさつ」は非常に感じがいいです。

大阪モノレール美術館作品1 大阪モノレール美術館作品2
大阪モノレール美術館作品3 大阪モノレール美術館作品4
ゆったりつくられているコンコース ほとんどの駅にあるレンタサイクル

さあ、南に向かって出発です


「宇野辺駅」は目立たない駅

中央環状と中国自動車道に挟まれた宇野辺駅 南行き中央環状からは宇野辺駅は見えない

宇野辺駅は地味な駅です。
私の記憶では、宇野辺駅は茨木(いばらき)駅という名称だったと思うのですが、JR茨木駅までは歩いて20分くらいかかるほどに距離が離れていますので、宇野辺駅のほうが思い違いがなくなっていいと思います。

私の家内は「茨木イオンモール」のある駅と認識しているようです。(イオンモールへは近いようですが約500m離れています)

近くには有名な工場なども多いようですが、写真のように中央環状線と中国縦貫道路に挟まれて視認しにくい駅で、右上の写真の高架右側に駅があります。

大阪モノレール全体の1日平均乗客数は7500人程度ですが、この駅は3600人と、やはり、かなり利用者が少ない駅です。(数字はウィキペディアより)


「南茨木駅」は阪急乗り換え駅

乗り継ぎ駅の阪急南茨木駅 阪急への乗り換えは便利 
南茨木駅の近くのモニュメント?

阪急の乗り換え駅ですので、乗降客の多い駅です。1日の平均乗客数は14000人程度で、千里中央駅に続いて乗降客数が多い駅です。しかし、阪急南茨木駅は22000人が乗降します。

大阪モノレールの電車は小さい車両の4両編成で、大した輸送力は見込めませんので、「連絡駅」としての機能は大きいと言えるでしょう。

駅の近くにディスプレイを見つけました。


「沢良宜駅」は何もない普通の駅


沢良宜駅1 沢良宜駅2

「さわらぎ」と読みます。取り立てて特徴のない駅です。乗換駅でもないことから、このときは、人の乗降もあまりありませんでした。

統計によれば、1日乗降客1700人と、彩都線を除くと、全駅中で最も利用者が少ない駅です。一通り乗降客が通った後は、写真のように人っ気が全く途絶えます。


「摂津駅」は新幹線基地に近い

摂津駅 摂津駅に近い JR新幹線鳥飼基地
摂津駅の新幹線公園の案内
 

摂津駅を出たところに「新幹線公園」の案内がありましたが、少し離れています。新幹線の車両基地があり、その横が大阪貨物ターミナルになっています。

近くには摂津市役所、ポリテクセンター関西、塩野義摂津工場などがあります。摂津駅も乗降客が少ない駅で、2500人/日 と、利用者はブービー駅で、それも通勤時間帯に偏っているのかもしれません。

彩都線を除く全駅平均は7600人/日程度です。


「南摂津駅」は便利な人も多いかも?

南摂津駅 南摂津駅からの大阪梅田方面の遠望
南摂津駅からの生駒山遠望 南摂津駅の自転車置き場

南摂津駅も、これといった見どころはありませんが、周りはいろいろな工場や会社があって、昼間の乗降客もそこそこあるようでした。

しかし、統計では4300人/日程度の利用者で、平均の7600人/日から見ると多くはありませんので、この駅は会社員よりも主婦や学生さんが多いのかもしれません。

なぜかこの駅からは大阪梅田のビル群や生駒山がよく見えました。いずれも距離は10キロぐらいあり、むしろ、大日駅や門真南駅のほうが近いのですが・・・。


「大日駅」はイオンモールのイメージ

大日駅 大日駅は3層
大日イオンモール 

淀川を渡ると背の高いビル群の近くにあるのがこの駅です。市営地下鉄の乗換駅で駅前に「大日イオンモール」があって乗降客と人出が多い駅です。

しかし意外に統計数字では一日乗客6700人と平均の7600人/日には達していません。接続する谷町線の大日駅は15000人/日の乗客があります。

イオンモールなどを利用するお客さんは自動車で来る人や近所の利用者ということでしょうか?

「門真市駅」は京阪乗換駅・・・そして終点

門真市駅 京阪電車の門真市駅
2番線で乗客を降ろして、いったん退避して・・・ 下り乗車ホームに入線して・・・
1番線で乗客が乗ります。

南の終着駅「門真市駅」です。利用者も1万人/日を超えており、京阪門真は15000人/日で、2029年にはさらに南に伸延することになっていて、到着したホームは降車専用となっています。

乗客を降ろした電車は、上の写真のように一度退避してから反対側のホームに入って人が乗りこむようになっています。このポイントが面白いのです。毛虫のように「ふにゃー」と曲がって連結します。

京阪電車の乗換駅であるとともに、「門真=パナソニックのまち」ですので、乗降客は多いようです。


門真駅の先は・・・ 行き止まりです。2029年伸延計画があります

モノレールの先端には現在は車止めがあるのですが、地上に回ってみると、伸延されそうな設計になって、スパっと途切れているのがわかります。

2016年の年初に伸延が決定し、2029年開業の予定で、東大阪市の瓜生堂まで約9km間に4つの駅ができる計画になっています。


次は、公園記念駅から大阪空港駅までを案内します。 → 次のページへ


PR


その他の記事

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。

阪急宝塚線に社寺名の3駅が続くところがあります
大阪モノレール
中山観音駅、売布神社駅、清荒神駅と3駅が社寺の駅名の連続というのは珍しいでしょう。それを歩いて巡りました。たくさんのご利益をいただける感じがします。5km程度の距離です。お正月3が日はすごい人ですので、それを避けてトライしてみてはどうでしょうか。

飛行機を見るベストポジション 千里川土手
千里川土手上空を飛行機が・・・
大阪空港に着陸する飛行機が着陸寸前の場所で迫力満点で見ることができるということで古くから有名でしたが、Googleのコマーシャル紹介されてさらに人が増えました。車にしろ徒歩にしろ、そこに行くには少し不便です。駐車場や周りの案内をしています。

東大阪市加納緩衝緑地
加納緩衝緑地
近くに住んでいた、東大阪の北部にある公園ですが、年々良くなっています。一部を紹介しています。

源氏の滝
大阪モノレール
大阪府交野(かたの)市は織姫伝説、洞窟巡りの磐船神社などちょっとした見どころがあり、夢多い町です。中でもパワースポットで有名になった源氏の滝ですが、私にとって、ちょっとした思い出のある場所です。パワースポットについては書いていません。


(来歴) H30.9 文章見直し   R1.8 見直し  R2.9 見直し

ページ紹介

このページの目次
万博記念公園駅
  GAMBA大阪のホームグラウンド
  大阪モノレール美術館
宇野辺駅
南茨木駅
沢良宜駅
摂津駅
南摂津駅
大日駅
門真市駅

万博記念公園駅から大阪空港駅へ
山田駅・千里中央駅・少路駅・柴原阪大前駅・蛍池駅・大阪空港駅

万博記念公園駅から彩都西駅へ
公園東口駅・阪大病院前駅・豊川駅・彩都西駅

   
PR











その他の記事

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源
オペアンプと電源
初心者の方がオペアンプをいざ使うために書籍を読んでもわからないことがたくさん出てきます。私自身、電源や電源電圧などの基礎的なこともよくわかりませんでした。オペアンプに慣れるために、簡単な内容を紹介しています。その他オペアンプに関連した記事も書いています。

WIN10にEWI USBをセッティング
EWIセッティング
EWIはAKAIから発売されているクラリネットタイプの安価で丈夫なシンセサイザーで、購入当時のWIN-XPのCDでも、最新のWIN10-64Bitのパソコンなどにソフトをインストールして問題なく使用できています。10数年たっていてもインストールして楽しめます。

ナンバープレートの希望番号の実態は
希望ナンバープレート
自動車のナンバープレートで自分の好きな番号をつけることができる希望番号制度ができて年月が経ちますが、実際にナンバーの現状を調べてみました。キリ番など、明らかにそれとわかる台数の割合は意外と少ないのですが・・・。

鉄鋼材料(工具鋼)カタログの見かた
工具鋼カタログ見かた
私は鉄鋼とその熱処理に長く従事したのですが、工具鋼のカタログには、材料や熱処理特性を示す表やグラフが示されているものの、その多くは、メーカーがPRしたい優れた部分が強調されています。それを客観的に見る見かたや考え方を紹介しています。

大阪一の河川『淀川』の起点の謎
淀川の謎
桂川、宇治川、木津川が合流して「淀川」になるのですが、この地域は『淀川三川合流域』と呼ばれますが、地図を見ると、このあたりの河川表示がバラバラです。この謎を探るために、実際に歩いて調べてみました。淀川の長さは38kmですが、これは、宇治川が基準になっていることもわかりました。