周りにある数字について考えてみました No.1 ナンバープレート

方向指示器を出さない車の実体調査

WEBの記事に、方向指示器を出さない車に遭遇した人の割合が97%だった・・・という数字を読みました。

ほとんどの人は、方向指示器を出さない車を実際に見ており、それは「いけない!」「馬鹿だ!」と思っているようですが、実際に方向指示器を出さない車の数を調べてみました。びっくりする数字でした。

道交法53条(合図)では、①進路変更 ②右左折 ③徐行・停止 ④回転・後退 などの際は、「合図をすること」ととなっており、「30m手前」など、そのタイミングなども規定されています。

私もそうですが、ほとんどの人は、無意識に方向指示器を出していると思っていたのですが、予想以上にウインカーを出さないで曲がる車があることがわかりました。

どれくらいの割合の人が方向指示器を出さないのでしょうか?


ここでは、(1)右折信号のある大きな交差点 (2)見通しの良い駐車場からの出口のT字路 (3)専用の誘導路から駐車場に右折する時 (4)駐車場内の危険箇所 ・・・ などで方向指示器を出さないで曲がる車の数を調査しました。

ここに取り上げた場所は、少し特殊な場所かもしれませんが、いずれも、私なら、絶対に方向指示器を出さないで曲がることはないと思えるような、やや危険な場所です。

何よりも、意外に合図不履行車が多いというこの結果に驚きませんか?

あなたはその時どうするか・・・についても、考えながら見ていただくといいでしょう。

大きな交差点での合図不履行車 7.4%

交差点の指示器励行

この交差点で調査しました。

ややスッキリしない交差点ですが、調査したのはこの写真の、最左の車線から左折する車と、正面からくる、「右折信号で右折してくる右折車」がカウントの対象です。

時間を変えて、約100台程度ずつ、合計620台について調査したところ、

46台が方向指示器を出さずに右左折しています。割合にして、7.4%です。交差点での合図不履行割合

100台のうち7台も指示器を出さないで曲がっている車がある結果を見ると、やはり恐怖です。

この交差点は少し特殊で、正面からの右折車は、写真の側は赤信号で停まっているので、右折時の危険はないのですが、出さなくていいというものではないでしょう。(詳細の分類はしていませんが、右左折とも同数程度の割合で合図不履行車がある状況です)

そして何と、その合図不履行車(指示器を出さなかった)46台中に、プロドライバーのタクシーや社用車(トラック、バンなど)が12台もあったのには驚きました。46台のうちの26%が「プロドライバー」の違反です。

これは全車中の割合でみると約2%ですが、「プロ」がそのような違反行為をしていると考えると、恐ろしくなります。

タクシー、会社マークの入ったトラックやバン・・・などが堂々と方向指示器を出さないで曲がってくるのですが、それを目撃すると、「うそ?」と思うほど奇異です。

やはり、個人の運転姿勢、資質の問題としか言えない感じです。

業務用駐車場から出る時の合図不履行車 6.6%

業務車の違反は少ないだろう・・・と思っていたのですが、それを確かめるために、少し特殊な場所で計測してみました。

優先道路に出るときの指示器励行

このT字路は、業務車専用の駐車場から、見通しの良い通行量の少ない道路(高速道路の下)に出るところのT字路です。

ここからの右左折の業務用車が方向指示器を出すか出さないかを調査しました。

212台(通行料が少ないために細切れで集計しました)に対して、14台が方向指示器を出していませんでした。

全体からの割合は6.6%になります。

つまり、業務用車といえども、特に優良という状態ではなく、同程度で合図不履行者がいるということです。

駐車場から道路に出る時の合図不履行割合

このT字路を利用している車は、タクシー、ホテルの送迎用マイクロバス、レンタカー従業員が運転する配車のための車、工事用の小型トラックなど、すべて「社用車でプロ運転手」と思われます。

さすが、ホテル送迎用マイクロバス運転手の合図不履行はなかったものの、それ以外の「会社のマークを背負ったプロドライバー」がこのような高い割合で違反しているのです。

先程の交差点調査と変わらない割合の7%近い人が指示器を出さないで曲がっています。これも恐怖です。

プロだから、個人車だから、というのではなく、一定の割合で違反車があるということですね。



駐車場に入るために右折する時の合図不履行車 53.3%

次の調査ポイントは、誘導路から右折して駐車場に入る場所です。

駐車場に入る専用の誘導路ですので、方向指示器を出して曲がる必要はありません。

しかし、写真のように、少し戸惑いやすい場所ですので、後続車に注意をうながすために、方向指示器を出すほうがいいようなところです。

調査の結果は、方向指示器を出す車と出さない車は半々程度です。

駐車場に入るときの指示器表示傾向

この道はきっと設計が良くないのでしょう。・・・。というのは、1/3程度の割合で、先頭の車は、この曲がり角で一度停止するか止まるくらいに減速しています。

ここで一瞬戸惑うような、欠陥といえる設計になっているのでしょう。

ちなみに、調査中だけでも、ここまで進入して来て、駐車場に入らない車で直進して通常の道路にでてしまう車が17台(約8%)もありました。

誘導路からここに入ってきた車が、ここで駐車場に入らないで直進して出ていく事自体が異常ですから・・・。

駐車場に入る平日昼間の時間帯で、214台について調査しました。

駐車場に入った197台中、右折の方向指示器を出した車と出さない車の割合はどうだったのでしょうか。

答えは、

方向指示器を出した車は92台(割合としては46.7%)が合図をし、105台の53.3%の車は方向指示器を出していませんでした。

駐車場に入る時の合図不履行車

半分の車が指示器を出さずに曲がっているのですが、駐車場には、連続して車が入る事が多く、先頭と後続では先頭車に影響を受ける可能性が高いかもしれないので、先頭車だけで、方向指示器を出すか出さないかをカウントしてみました。

入場した197台のうち132台が先頭車で、そのうちで、方向指示器を出した車は44.7%(59台)、出さなかった車は55.3%(73台)でしたので、先の全車の調査とあまり変わらない数字です。

つまり、このように、法規的には出さないでいいところで、特に危険でないような場所では、半数以上の人が方向指示器を出さないで曲がっています。

言い換えれば、「出す人は、曲がるときには、いつでも指示器を出している・・・」ということのようですね。

この調査場所は、駐車場の専用道路ですので、右折ではなく、「道なり」と受け取って方向指示器を出さない人もいるのかもしれません。

つまり、このことも「設計上の欠陥」でしょう。事前の検討が足らなかったとしか考えられません。

事故やトラブルは、運転者だけでなく、道路の管理者設計者の問題も多いのですが、このような、シンプルさにかける道路が多くなると、事故につながるかもしれません。


駐車場内の交差点で合図をしない車 51.3%

次は、駐車場の中での調査です。

少し特殊な場所ですが、屋根付きの駐車場に入る手前に道路があります。 左右からの見通しも良く、左右から車が来るのは、はっきり視認できますが、前方の屋内に駐車している車は満車の表示が見えるために、ほとんどの車は右左折しています。

こういう状況なので、右左折する場合は方向指示器を出さないといけないのですが、半分ぐらいは出さないで進行しています。

この写真を見ると、右左折するときには、ウインカーを出すのが当然と思いますが、そうではないようなのです。怖いですね・・・。

駐車場内での指示器励行

ここは、普段は誘導員がいて誘導していますが、このときは、夕方で通行する車も少なくて、誘導員がいませんでした。

このときは58台について調べました。

さて、方向指示器を出さない車は何%いたでしょうか?

56.9%(33台)は指示器を出していません。指示器を出して曲がる車は43.1%(25台)と、やはり先に示した駐車場入口と同程度の数字になったのは意外でした。

駐車場で指示器を出さない車の割合

つまりここでも、「合図を出さない人」が思った以上に多いことがわかりました。

事故はいつ起こっても不思議でない

冒頭に、ほとんどの人が「方向指示器を出さない車を目撃している」というWEBの記事を紹介しましたが、調べてみると、やはり「いい加減に運転している人が多すぎる」ということかもしれません。

これは、「どこかの上級国民」のように、自分の違法行動を正当化するとまではいかなくても、意外と無意識に、守るべきことが守られていないこともある・・・という一例です。

「私ならそんな無謀なことはしない・・・」ではなく、謙虚にこの数字を見て、遵法運転を心がけましょう。

以上、十分な数の調査ではありませんが、数は意外と正直です。



 【大阪市営渡船を歩きました
大阪市営渡船
8か所全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

 【大阪城、秀吉が好きな大阪人
大阪城
大阪城観光であまりみんなが訪れることのないところを紹介しています。徳川時代の大阪城は現在発掘調査が進んでいます。

 大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんがたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じです。全部の外観を紹介します。皆さん、どう感じます?

 【Googleでも紹介の千里川土手
千里川土手上空を飛行機が・・・
着陸する飛行機が迫力満点で見ることができる場所として古くから有名でしたが、Googleでコマーシャル紹介されてさらに人が増えました。駐車場や周りの案内をしています。

 【大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいる、市街地の真ん中にあって国際線のない国際空港ですが、今、大きく変ぼう中です。

 【大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
4両で走るかわいいモノレール。ガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅など18の駅を紹介しています


(来歴)R1.12記事作成  R2.1見直し   

その他の記事の紹介

 【オンライン英会話の選びかた
スカイプを利用した英会話スクールの選び方
安い価格で簡単に英会話に触れることができる、スカイプを利用した英会話スクールの受講手順などを私が受講している経験を交えて紹介します。

シニアで単身セブへ英語留学
セブに英語留学に行きました
67歳で単身4週間フィリピンのセブ・マクタン島の英語学校に留学をしました。町や学校の様子などともに、渡航全般について9ページにわたり詳しく書いています。

 【キャラクターから手紙が・・・
ポケモンサトシから手紙が届くサービス
お誕生日にTVのポケモンやリカちゃんなどのキャラクターから子どもさんに手紙が届くサービス「キャラレター」を紹介します。有料ですが、プレゼントにどうでしょう。

 【ナイフ造りと熱処理
焼入れのため、ナイフを加熱中
自分で焼入れして工具などをつくる機会はないかもしれませんが、金鋸の残材でナイフを作って熱処理に必要なことがらを紹介しています。何か役に立つことがあれば・・・。

Indexのページへ INDEXのページ(HOME)へ