「小さな旅」芦屋川~六甲山~有馬温泉

六甲山最高峰や有馬温泉を含む比較的ポピュラーなコースです。

天気は晴れ。2月なので山頂付近の雪が少し心配でしたが、天気も穏やかな感じでしたし、芦屋川~ロックガーデン~六甲山最高峰~有馬温泉・・・12km程度  という「一般的」コースなので、一人でぶらっと出かけてみました。

六甲山系は瀬戸内海国立公園の端っこで、兵庫県です。

ハイキングを楽しむ人も多いために、道案内や整備も行き届いていて、さらに、平日であれば、マイペースで歩くことができます。

私は歩くことが好きですが、70歳で、健脚と言われる部類ではありません。 経過時間も示しておきますので、特に高齢の方の参考になればと思います。

阪急芦屋川駅から出発(9:20 GO!)


阪急芦屋川駅 阪急蘆屋川駅から六甲方向を望む
阪神芦屋川駅を山側に改札を出ると、天気は最高。目指すは写真に見える山なのですが、方角もわからないで歩き始めます。

ロックガーデンへの道 ロックガーデンへの道2
右手に芦屋川が流れており、川に沿って山を目指します。標識もあり、わかりやすい・・・はずですが・・・

芦屋の住宅街1 芦屋の住宅街2
それでも、道を間違えました。上の2つの分岐ですが、地図を持っていないあなたならは、どちらに進みますか?

私はこの両方で、右に道をとって進んだところ、両方とも間違いでした。
全体的に住宅街を左方向に上がっていく・・・というイメージを頭に叩き込んでいれば最短距離で進むことができたのですが・・・地図やスマホを出すほどもなく、適当に歩いていけば、遠回りはするものの、いつかは自然に標識のある道に出ますので、大した間違いにはなりません。


芦屋の住宅街から海側を望む

芦屋といえば高級住宅街の代名詞です。大きなお屋敷の間を山に向かって進みます。

この写真は、歩き始めて約20分のところですが、振り返ると少し高台まで来た感じです。

少し歩くと住宅地とはお別れです
(10:00前に滝の茶屋到着)

滝の茶屋付近で建設中の公衆トイレ 滝の茶屋付近

芦屋川駅から少し迷いながらも40分程度で「滝の茶屋」に到着です。


右の黄色い建屋は公衆トイレが新築されています。山に入ると、トイレがないことが多いので不便です。

「山ガール」が増えていますので、きれいなトイレと、さらに、「トイレマップ」が必要な感じがします。

ここを過ぎると、最高峰付近の一軒茶屋前の公衆トイレまで約3時間我慢しないといけませんから・・・。

「滝の茶屋」でパンとお菓子を買いました。


私は過去に数回、ここ、ロックガーデンに来たことがあります。古くは、約55年前にロッククライムをやっていた兄に連れてきてもらって、岩を登攀する経験をさせてもらった古い記憶があります。

その時、この滝の茶屋の上にある大谷茶屋で店の方と談笑していたのを記憶していたので、大谷茶屋にも寄ってみたかったのですが、この日は大谷茶屋は閉まっていました。

高座の滝から山に入ります(10:00過ぎに山へGO)

高座の滝1 高座の滝2

大谷茶屋のすぐ上に「高座の滝」があります。
夏であればここで涼むのもいいでしょう。しかし、今日はここはスルーします。

左の立て札は、「イノシシ注意」とあります。

降りてきた登山者の方が、「ロックガーデンで2匹のイノシシを見た」と言っていました。 今回私は遭遇しませんでした。

人間のやるエサに寄ってくるようになり、そのときに襲われるらしいので、近寄らないようにしましょう。

滝の横の急な階段を上って、ロックガーデンに入っていきます。

ロックガーデンから海を望む
芦屋川駅から約1時間ほど歩くと、少し高いところまで来た感じの景色になります。
ロックガーデン


子供には面白そうな「ロックガーデン」

ロックガーデン2 ロックガーデンから海を望む
ロックガーデンに差し掛かると、名前のごとく「岩」をよじ登るところが続きます。

歩幅を広げてよじ登るのは大変ですし、この辺りは「御影石」とも称される花崗岩質の土石のために、 風化した岩の坂道は結構滑りますので、常に足を突っ張らなくてはならないために、普段の運動不足が身に沁みます。

親子連れが結構楽しんでいるところを見ると、若い元気な人にはきっと面白いところなのでしょう。

南の大阪湾の方向は霞んでいます。 大阪湾の手前が「芦屋浜?」で、遠くに大阪南港の高い建物も見えます。

鉄塔1 10:25通過 鉄塔2 10:40通過
次の目標は「風吹岩」ですが、それまでに2本の鉄塔があります。

風吹岩(10:55出発)

風吹き岩1 風吹岩2

頻繁に道標が立てられていて便利なのですが、「風吹岩→」と書かれているのにしたがって歩くと、高座の滝から風吹岩までは約50分かかっており、地図を持っていませんので、時間表示をしてくれておればいいのに・・・と感じます。

風吹岩をすぎると、次は、「雨が峠」を目指します。

途中、ゴルフ場(芦屋カンツリー倶楽部)のところで、イノシシ除けの柵や入り口を開けて進んでいきます。これも、標識に沿って進むと問題ないでしょう。

「雨が峠」付近に差し掛かると、突然、日陰のところに「雪」が残っているのが見られます。(雨が峠到着11:50)

イノシシ除け 六甲山 雨が峠

さらに15分ほど歩くと分岐があります。

分岐点には、どちらの行先も「六甲最高峰」となっていますが、右の七曲りからの道を取る人が多いようです。

なぜなら、この写真でもわかるように、左方向は「上り道」で、右方向は「下りに見える道」なので、自然と右側を選んでしまうのかもしれません。

本庄橋付近1 本庄橋付近2 本庄橋付近3 六甲山山頂付近から海を望む

分岐から右に道を取って進むと、新しく作られた砂防ダムがあり、上左の写真の川の上流を渡るのですが、先ほどの分岐を左にとると「本庄橋跡」というところを通ります。

こんなところにも、「世界人類が・・・」と書かれたポールがあります。
ご存知の方も多いと思いますが、これは、宗教法人白光真宏会(びゃっこうしんこうかい)という団体のトレードマーク「ピースポール」です。

私はこれを見ると、宗教と関係ないと思うようにしており、素直に「平和であることを感謝する」ようにしています。 もちろん、今でも、その団体や活動内容は知りません。(左写真=12:13通過)

そして、だいぶ高いところまで来ました。(右写真=12:53通過)

一軒茶屋(13:00到着)

一軒茶屋 一軒茶屋 店内

そして歩き始めて3時間40分、車道脇にある「一軒茶屋」に到着です。

最後の上りでかなり疲れました。 息が切れるとそれを整え、水筒のお茶をすすりながらようやくたどり着いた感じです。


「七曲り」というのは、一気に登れないのでうねうね迂回しているのですが、高齢者にはかなりきついです。

私はバイアスピリンという血液をサラサラにする心臓のための薬を飲んでいるのですが、 この登りで胸がはちきれるぐらいになったのは久しぶりで、お医者さんは何というかわかりませんが、ある意味、全身に血が回ってすっきりした感じになりました。

茶屋に入ると客は私一人で、注文した「きつねうどん(500円)」は VERY GOOD。美味しいです。

着替えを持て来ていないので体が冷えると寒いので、休憩は早々にして、六甲最高峰に向かおうとしました。 しかし、写真のように道には雪があって小雪がぱらついています。

このために、装備のない私は、最高峰からの帰りの下りが怖そうなので、最高峰に行くのは断念して有馬温泉に向けて下山することにしました。


一軒茶屋から最高峰への雪道 
あと300m歩くと、最高峰の932mにつくのですが・・・。


有馬温泉まで4kmで40分とあるのですが…
一軒茶屋(13:30出発)

一軒茶屋前の広場横に有馬温泉に下る「魚屋道(ととやみち)」の標識があります。

雪が道の全面にあって、滑るので嫌でしたが、数百メーターほど歩くと雪も途切れ、 整備された道は小さな登りがあるものの、ほとんどは下りっぱなしで歩けます。

魚屋道のトンネル跡  トンネル跡で5分休憩して、14:00出発
魚屋道の茶屋跡 峠の茶屋跡14:05通過
有馬 虫地獄
虫地獄(自動車道との出会い付近)14:30通過
有馬温泉 金の湯

有馬温泉「金の湯」14:45通過、14:50阪急バスの乗り場に到着。

有馬温泉のどこまでが「40分4km」かがわかりませんが、雪の所でのスローダウンや休憩はさておいて、そこそこのスピードで山を下りたつもりですが、虫地獄を過ぎて自動車道に出るまでに1時間かかっています。

そして自動車道に出ると、ハイキング用の標識は全くありません。時程はいい加減ですが、自動車道を歩くのは大変疲れます。

車道を歩くと長い距離を歩くことになってしまいますので、車道から幾本もの小道が下に向かっているので、それを下りました。

地元の人が麓まで行くための路地ですので、どれも、麓の温泉まで通じています。

細い道ですが、何本かショートカット用に作られたこれらの下り道を、ただただ下っていくと、人の姿が増えてきます。 そして温泉街に出ます。有馬温泉です。

有馬温泉にも中国人観光客が押し寄せています。(注:新型コロナの影響の前です)

銭湯「金の湯」の横に、有馬の泉源「金泉」の足湯がありましたので、私も若い中国の女性に交じって無料の足湯を楽しみました。

ただ、少し湯量が少ないのが気になります。ニュースでは、有馬温泉の泉源の湯が減っていると言っていましたから・・・。

有馬温泉からはバスが便利です。

私は、阪急宝塚駅に出る15:20のバスで帰りましたが、バスは1時間に1本以上あって、そのほかにも大阪梅田までの特急バスや神戸電鉄などがあります。

私は現在、豊中市北部に住んでいますが、 朝8時出発、16時40分帰宅。
充実した1日になりました。

シニアには適当な行程ですので、銭湯「金の湯」に入る計画を含めて検討されたらいかがでしょうか。

お読みいただき、ありがとうございました。

  

その他の記事

 【大阪市営渡船8ヶ所を歩いて巡りました
大阪市営渡船
大阪市にかかる川を行き来するために、大阪市が運営する渡船が8か所あります。それを徒歩で踏破しました。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源
オペアンプ
初心者の方がオペアンプをいざ使うために書籍を読んでもわからないことがたくさん出てきます。私自身、電源や電源電圧などの基礎的なこともよくわかりませんでした。オペアンプに慣れるために、簡単な内容を紹介しています。その他オペアンプに関連した記事も書いています。

WIN10にEWI USBをセッティング
EWIのCD
EWIはAKAIから発売されているクラリネットタイプの安価で丈夫なシンセサイザーで、購入当時のWIN-XPのCDでも、最新のWIN10-64Bitのパソコンなどにソフトをインストールして問題なく使用できています。10数年たっていてもインストールして楽しめます。

ナイフ作りで熱処理の基本を学ぼう
ナイフの熱処理
鋼の熱処理や特に「焼入れ」などは専門的でわかりにくいのですが、鋼種、加熱冷却の基本を知れば、ガスコンロなどで自分で熱処理することができます。これを知っていると、熱処理依頼をするにも、的を射た打ち合わせができるでしょう。ここでは、炭素工具鋼の熱処理をしながら、熱処理について説明しています。

Page Top▲  
(来歴) H30.9 文章見直し   R1.8 見直し   R2.9見直し
  
PR








記事の紹介

千里川を歩く
千里川
千里川と言えば、伊丹空港に着陸する飛行機を見るビュースポットで有名ですが、箕面の山に端を発して猪名川までの千里川(約11km)を歩いてみました。起点と終点は交通の便が悪いですが、変わったウオーキングも楽しいものです。

阪急宝塚線で社寺名の3駅が続くところ
中山寺
中山観音駅、売布神社駅、清荒神駅と3駅が社寺の駅名の連続というのは珍しいでしょう。それを歩いて巡りました。たくさんのご利益をいただける感じがします。5km程度の距離です。お正月3が日はすごい人ですので、それを避けてトライしてみてはどうでしょうか。

淀川を全部歩く
淀川
滋賀県の山奥から流れ出た水は、琵琶湖から瀬田川、宇治川、淀川と名前を変えて130kmを旅します。このうち、淀川の長さは38kmですが、ここを歩きました。河口0kmの先にまだ川が続いている様子などを紹介しています。

源氏の滝
おりひめちゃん
大阪府交野(かたの)市は織姫伝説、洞窟巡りの磐船神社などちょっとした見どころがあり、夢多い町です。中でもパワースポットで有名になった源氏の滝ですが、私にとって、ちょっとした思い出のある場所です。パワースポットについては書いていません。