珍しくはありませんか?阪急電車の宝塚線の宝塚駅の手前の3駅名が連続して社寺の名前の駅名になっています。中山観音駅、売布神社駅、清荒神駅です。

***目 次***
  1.中山寺     2.売布神社     3.清荒神     4.阪急宝塚駅

初詣の頃は混み合いますが、季節外れの時期に、ゆっくりと一人で歩いてみました。

中山寺駅から売布神社清荒神を経て宝塚まで4-5km程度の距離です。

1.中山寺

中山観音駅で下車。駅名は以前は「中山」と記憶しています。
駅名は2013年に変更されたようで、同時期に同じ宝塚線の服部駅も服部天神駅に変更されているようです。


私はそのころ東大阪市に住んでいて、息子2人が生まれたときには、近くに野崎参りで有名な「野崎さん(野崎観音)」があったのに、わざわざこの「中山さん」に腹帯を授かりに来たぐらい「安産」では有名で、家内に言わせると「ご利益」があると言います。二人の息子も問題なく育ちましたし・・・。
中山観音駅 駅前にあった、懐かしい犬印妊婦帯の看板

駅前には、犬印妊婦帯の宣伝が目に付きました。
この会社は一度つぶれたようですが、この会社の妊婦帯は家内も購入していましたので、懐かしく、そして、その頃は子供の数も多かったのか、簡単につぶれることはないように思っていました。今は立ち直って頑張っているようで、ほっとしました。

息子出産の頃は第2次ベビーブームに当たっていたのでしょう。沿道には軒並みに「白い晒(さらし)」を販売する店が並んでいた記憶があります。

「中山さん」のシステムは、「白い晒(腹帯)」を購入してお参りすると、祈願済みの晒を授かる・・・というものです。

晒は一種の御朱印のようなものですが、その晒には、達筆で呪文か経文のような文字が書かれていました。
自分が購入したものでないのを授かるのがいいところかもしれません。
妻は、犬印妊婦帯と授かった腹帯をして、「暑い暑い」といっていたのを、ここにきて思い出しました。

朝が早すぎた?

少し早い時間であったので店が開いていませんが、今、その晒を売る店も少なくなっているようです。少子化の影響をもろに受けているのかもしれません。
考えてみると、息子が生まれた頃は「良き時代」だったのかもしれません。

早朝の、中山観音へ続く商店街 中山寺山門
開店前の駅前商店前を少し歩くと、すぐにお寺に到着します。門をくぐると、本堂まではかなりの距離があり、そこへの階段が目に飛び込んできます。
本堂までの長い坂道 エスカレーターがついています エスカレーターは9時から動きます
腹帯を授かりにきた当時には「この階段は妊婦にはきつい・・・」と思っていたのですが、家内に言わせると、妊婦よりも同伴の親がきつかったので設置されたと思う・・・と言っています。
本堂までの2か所の階段にエスカレーターが設置されてラクラク本堂まで直結です。
五重塔ができていました。きれいです。 中山寺本堂
そして、本堂横には、その当時にはなかった新しい五重塔が建てられています。
数百年後にはいい五重塔になっていることを楽しみにしつつ、本堂にはお賽銭とともに息子たちの成長に「ありがとうございました」と心の中でお礼の言葉を唱えて、次の目的地の「売布(めふ)神社」に向かいました。

2.売布神社

ここでは、中山観音駅方面に向かわずに、目測で西向きに売布神社の方角に向いて歩きました。
巡礼街道 売布神社入り口付近 売布神社

神社に通じる道が「巡礼街道」となっていますので、そのほかに社寺関係が軒を連ねているのかな? と思いつつ、約20分ほどで売布神社の麓にたどり着きました。

地震対策をした鳥居を見ると、お金をかけられないのだなぁ・・・という感じがして、地元の神社そのもの・・・という感じです。
売布神社の補強された鳥居 補強部分の拡大
売布神社本殿への階段 きれいな景色です 社務所は閉まっていました。

由緒ある神社のようで、古い字体のほうが新しい「売布」よりもいい感じです。

神社」の漢字にも余分な「点」が打ってあるので、なんとも言えない趣の字なのですが、きっと何かの由来があるのだと思うのですが、人がいないことも手伝って、神社の神域全体が、何か全体的にインパクトに欠けます。

先ほどの「中山さん」は儲かっている・・・という感じでしたが、この売布神社は、出会った人も2人で社務所も閉まっています。

ご近所の守り神であり、しめやかに時を刻んでいる・・・という感じです。 階段を上るときの静けさは何とも言えません。

3.清荒神

売布神社から清荒神までは、最短コースをとると15分ほどで到着します。しかし、道を間違えて30分以上かかりました。


清荒神様は台所の神様で、ここへは、家屋を購入した時に、家内に引っ張られてここに来ています。
台所を災難から守っていただくお札とともに、小さい神棚や神具を購入していますので、思い出の深い神社です。その後ずっと、その他の神様のお札とともに冷蔵庫の上の神棚でご在宅です。
清荒神の案内 参道のお土産屋さん
初詣の新年3が日は非常に混むという話を聞いていました。しかし、写真のように商店には「歯抜け」が目立ち、土曜日でしたが人通りも閑散としていました。
拝殿の遠望 何かお願いをするところ。

上が拝殿で、お札を授かるところですが、その裏手に回ると、写真のような棒がありました。

後で知ったのですが、ご利益のある「榊」の木が植えてあって、棒の届くところに「5円」のお賽銭を供えて、それをこの棒で取り出すと「こずかいに不自由しない」・・・らしいということのようでした。

この時には、この榊が植わっているのにも気づかず、この棒が何をするものかもわからずに、砂に「の」の字を書いて帰ってきただけですので、もしも興味ある方は、他の方のページなどを調べてからお参りしてくださいね。

以前に来たときは、これに気づかないほど混んでいたののかもしれませんし、今回も何も知らないで「の」を書いただけでしたので、これからの私の「こずかい」はどうなるのでしょうね。

清荒神 本堂遠景 荒神さんのお供え作法

これが本堂です。今まで、拝殿が「メイン」と思ってそこだけお参りをしていましたが、3回目にして初めて正式にお参りをしました。

この奥手に「鉄斎美術館」があります。今回は立ち寄りませんでしたが、本堂手前にある史料館で素晴らしい茶器などの展示品を無料で見させていただき十分満足しました。

   

4.阪急宝塚駅

阪急宝塚駅

清荒神から宝塚駅までの道も迷いながら歩いたので遠回りしてしまい、15分程度のところを30分以上かかって駅に到着しました。

全工程路最短距離で順に巡ると4-5km程度ですので、適当に寄り道しながらゆっくり歩いても半日程度の散歩コースですので、一度、充分にご利益を得る手順を下調べしておいて「三社詣」でご利益を集めまわってみる・・・というのはいかがでしょうか。


Page Top▲
  (来歴) H30.9 文章見直し H30.12見直し

 【大阪市営渡船を歩いて巡りました
大阪市営渡船
8か所全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

 【大阪城、秀吉が好きな大阪人
大阪城
大阪城観光であまりみんなが訪れることのないところを紹介しています。徳川時代の大阪城は現在発掘調査が進んでいます。

 大阪城のトイレの外観を全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんがたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じです。全部の外観を紹介します。皆さん、どう感じます?

 【Googleで紹介された千里川土手
千里川土手上空を飛行機が・・・
着陸する飛行機が迫力満点で見ることができる場所として古くから有名でしたが、Googleでコマーシャル紹介されてさらに人が増えました。駐車場や周りの案内をしています。

   

スポンサーリンク


その他の記事

シニアでセブに単身の英語留学記
セブに英語留学に行きました
67歳で単身4週間フィリピンのセブ・マクタン島の英語学校に留学をしました。町や学校の様子などともに、渡航全般について9ページにわたり詳しく書いています。

 【大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
4両で走るかわいいモノレール。ガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅など18の駅を紹介しています

 【オンライン英会話の選びかた
スカイプを利用した英会話スクールの選び方
安い価格で簡単に英会話に触れることができる、スカイプを利用した英会話スクールの受講手順などを私が受講している経験を交えて紹介します。

 【キャラクターから「キャラレター」
ポケモンサトシから手紙が届くサービス
お誕生日にTVのポケモンやリカちゃんなどのキャラクターから子どもさんに手紙が届くサービスを紹介します。プレゼントにどうでしょう。

 【鉄鋼材料カタログの見かた
鉄鋼材料カタログの見方
カタログなどの鉄鋼材料の特性はメーカーサイドで書かれています。その本質を知るための見かた、考え方について紹介します。