阪急庄内駅から服部天神駅、曽根駅は庶民的な街です。そのあたりを歩きました。

「服部天神」駅は「服部」という駅名だったと記憶していますが、阪急電車の駅で寺社に関係ある駅名を見ると、京都線の崇禅寺、総持寺、長岡天神、(西院駅は関係なさそう)、嵐山線の松尾大社、今津線の門戸厄神、宝塚線の服部天神、中山観音、売布神社、清荒神の9駅があるようです。


庄内駅周辺は庶民的な街です。そして

庄内駅と言えば古くから大阪音楽大学があるところ・・・という認識があったので、駅の西側の方向に向かいました。

大阪音大 オペラハウス 大阪音大 新館
   ザ・カレッジ・オペラハウス            新館
大阪音大 ミレニアムホール  新館横のミレニアムホール

駅南側出口から本町商店街を西に抜けます。この商店街は活況があり、庶民のまちだなぁ~という感じがします。

整備された広い道路を北にとると、大きな「ザ・カレッジ・オペラハウス」が見えてきます。その先が昔からあるメインの学舎ですが、さらに北に立派な建物ができています。

進んで行くと、ミレニアムホールなどの新館がそびえています。

「音楽メディアセンター」という楽器資料館があるのですが、月・土開館で、事前申し込みが必要ということで、この2日前にHPから申し込見ました。しかし、どうも、真剣に対応していない感じで、メールなどでも応対がなかったので、今回はPASSしたのですが、どうも、詳しくHPを読むと、2週間ほど前に申し込む必要があるようですので、興味ある方は大学のHPで。

少し北に進むと、ニュースで問題になっていた森友学園の建物が目の前に現れます。

 瑞穂の国記念小學院 瑞穂の国記念小學院2
大阪音大のミレニアムホールと名神高速道路の間にこの小学校が見えます。

  

瑞穂の国記念小學院はきれいな学校です

話題の森友学園の「瑞穂の国記念小學院」ですが、大阪音楽大学新館のすぐ隣です。

ニュースなどでは、上左の写真の未完成部分のようなところばかりが報道されています。しかし、アングルを変えると、外装はほとんど出来上がったまま、放置されています。

この辺りは道路が整備されており、環境もいいところなので、ぜひ完成して子供たちを受け入れるようにしてほしいと思いますが、ややこしそうですね。

この建物を見ると、籠池さんも諦めずに頑張って欲しいと感じますが、この行く先はどうなるのでしょうか。

森友学園3 森友学園4

公衆電話も少なくなりました
小學院北側の名神高速道路の下を抜けて、北東に進みます。

ちょっと面白い、公衆電話の『のぼり』を見つけました。みんながスマホを持つ時代になり、生活の仕方が変わってしまって公衆電話の重要性は薄れましたが、30年前はいたるところにこのような公衆電話がありました。しかし、町中では見ることも少なくなりました。

もっとも、こののぼりで、電話をする人が立ち寄るとは思えないのですが、どれくらいの利用があるか想像できませんが、もう少しの間、この街中で頑張っていてほしい感じがしました。

服部天神に向かいます

服部天神 服部天社裏手

服部天神の足踏み石 金剛組がえびすさんを修理中

服部天神は「天神さん」ですので、もちろん「菅原道真公」をお祭りしていますが、なぜか、学問の神様と言うよりも、道真公の足の痛みを直したので、「足の神様」になったようです。

私も、「足踏み石」のところの案内に沿って裸足で石の椅子に腰かけてお参りしましたが、手を合わせている先は、上右の社なのですが、なぜかこれが「裏口」です。この裏側に社務所や拝殿があります。

そして、この写真の右手には「豊中えびす」さんが同居しているのですが、この時は修理中で、世界最古の企業「金剛組」が修理していましたが、えびすさんも、裏へ回って念を押しますし、裏側は「足のうら」に通じるところも考えられているのでしょうか?
「えべっさん」の時に訪れたところ、きれいな姿でお目見えしていました。


豊中えびすの一億円

これは「えべっさん」にお参りして、お守りを買ったときにいただいいたものですが、この1億円金運券は結構有名なもののようです。

早速、家に帰ってこのようにさかさまに張ります。さかさまだと、おあし(お金)が逃げられないので「たまる」ということらしいですが、貼ったのが何回か外れて落ちているので、それもあってか、今のところ、金運にありつけていません。
幅が35㎝ほどあります。毎年行きたくなるプレゼントです。

住吉神社という、いい感じの神社がありました。

住吉神社 住吉神社の鳥居1
住吉神社に並ぶ鳥居 住吉神社拝殿

服部緑地に向かう途中で立派な神社があります。伏見稲荷を思い出すような連続した鳥居。
この神社も由緒あるようです。大変立派です。


服部緑地から曽根駅

服部緑地1 服部緑地2
服部緑地3 服部緑地のモニュメント

服部緑地に向かいます。服部緑地は大きな公園です。最寄は阪急電車曽根駅で、それでも、入り口と駅の間は15分程度歩かないといけません。

地下鉄御堂筋線につながる北大阪急行に「緑地公園駅」があり、そちらからのほうが少しだけですが、近い感じがします。

いくつかの池が散在して、プールや子供用の遊具のほか、日本民家集落博物館などがあります。

この日本の有名な民家を移築した博物館は、日本の典型的な民家そのままを保存しているもので、別の日に行ったのですが、ゆっくりと案内員さんの話を聞くと、貧しかった「日本の昔」や女性差別が長い間続いていたことなどを実感することができるところです。

日本民家集落博物館の風車
60歳代以上の方は記憶があると思うのですが、南海電車で難波から岸和田方面に行くと、玉ねぎ畑が広がっていて、このような風車があちこちにあったことを覚えていませんか? その風車が保存されています。合掌造りの家の中にも入ることができます。
一度足を延ばしてみられたらいいと思います。

履正社 ぺちゃ焼のあほや
帰りは大阪では高校野球の強豪である「履正社」高校の前を通って曽根駅に向かいます。途中にあった大阪らしいチェーン店の看板に苦笑いします。

Page Top▲
   (来歴) H30.9 文章見直し H31.1 金運券を追加  R1.8 見直し

 【大阪市営渡船を歩いて巡りました
大阪市営渡船
8か所全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

 【大阪城、秀吉が好きな大阪人
大阪城
大阪城観光であまりみんなが訪れることのないところを紹介しています。徳川時代の大阪城は現在発掘調査が進んでいます。

 大阪城のトイレの外観を全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんがたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じです。全部の外観を紹介します。皆さん、どう感じます?

 【Googleで紹介された千里川土手
千里川土手上空を飛行機が・・・
着陸する飛行機が迫力満点で見ることができる場所として古くから有名でしたが、Googleでコマーシャル紹介されてさらに人が増えました。駐車場や周りの案内をしています。

 【東大阪市加納緩衝緑地
加納緩衝緑地
近くに住んでいた、東大阪の北部にある公園ですが、年々良くなっています。一部を紹介しています。

  

その他の記事

 【鉄鋼材料カタログの見かた
鉄鋼材料カタログの見方
カタログなどの鉄鋼材料の特性はメーカーサイドで書かれています。その本質を知るための見かた、考え方について紹介します。

 【ナイフ造りと熱処理
焼入れのため、ナイフを加熱中
自分で焼入れして工具などをつくる機会はないかもしれませんが、金鋸の残材でナイフを作って熱処理に必要なことがらを紹介しています。何か役に立つことがあれば・・・。

 【オンライン英会話の選びかた
スカイプを利用した英会話スクールの選び方
安い価格で簡単に英会話に触れることができる、スカイプを利用した英会話スクールの受講手順などを私が受講している経験を交えて紹介します。

 【キャラクターから「キャラレター」
ポケモンサトシから手紙が届くサービス
お誕生日にTVのポケモンやリカちゃんなどのキャラクターから子どもさんに手紙が届くサービスを紹介します。プレゼントにどうでしょう。