ローカルな大阪国際空港・伊丹空港を紹介

大阪人は古くから大阪空港のことを「伊丹(いたみ)空港」と呼びます。正式名称は大阪国際空港ですが、国際線は飛んでいません。全て、関空に移りましたが、地の利的に便利で騒音対策もあって、静かになりました。大阪人の愛着もありますので、空港に関係する話題を紹介します。

搭乗手続きは6時から

大阪空港の開場は5時50分~21時30分で、搭乗手続きは6:00から始まります。
駐輪場、駐車場は24時間対応です。(→駐車場情報の記事へ

大阪の人は「伊丹(いたみ)」といいます


伊丹といえば伊丹空港のことと頭で理解しています。 「伊丹から」といえば、伊丹空港から飛行機に乗ってどこかへ行くというのは暗黙の了解です。

大阪空港の歴史は「ウィキペディア」などに詳しく書かれていますので、ここでは取り上げませんが、現在は国際線は飛んでいません。しかし、地元の意地もあって「国際」という名前は残っていますが、「国際空港」と言うには、少し恥ずかしい感じです。

大阪を襲った2018年の台風被害で関空も大きな被害で孤立したために、伊丹空港も国際線を検討する話もありましたが、喉元すぎれば消えてしまったのでしょうか。

少なくてもいいので、いくつか飛んでくれると、活気が出そうに思っています。

空港の略称(3桁のものは「3レターコード」と呼ぶようですが)は、従来は OSA でしたが、現在は ITM です。 ITaMi からとっているのでしょう。

ちなみに 4レターコードで RJOO というのがあるようなのですが、ほとんど目にしません。



私は小学生頃の記憶では、航空運賃も非常に高く、「飛行機」は贅沢感が強く、庶民の乗り物という感じはなかったのですが、騒音問題で空港廃止などが叫ばれていたことを覚えています。

現在は騒音対策もあって、空港から直線距離で3kmほど離れた我が家でも、飛行機音は気になりません。

2019年のサミットで、トランプ大統領が来阪したエアフォースワンの4発を見たのは久しぶりで、家族揃って見に行ったぐらいです。

サミットでトランプさんが来阪

また、団塊の世代の私でも、先輩が大阪空港の前身の木津川空港や進駐軍の様子などを話すのにはついていけませんでした。

空港出口交差点付近

この写真は、空港の周回道路からの出口の交差点ですが、矢印に伸びる蛍池方面の道路に、外人相手の店舗が並んでいた・・・というのですが、今はまったく跡形もなさそうです。もう10年もすると、こんな話も聞かれなくなるでしょう。

千里川土手は古くからビュースポットでした

古くから、地元では、着陸側の「千里川土手」(こちらで紹介)や離陸側の滑走路真下は隠れたビュースポットで、1970年(大阪万博の年)までにも、友達と一緒に見ていた思い出がありますが、最近は、グーグルのコマーシャルでも使われたように、知名度が上がりました。

千里川土手はほとんど着陸側ですが、とくに春先に南寄りの風が吹く日には、離着陸方向が変わります。南に飛ぶ飛行機や、北から降りてくる飛行機を見ると「ラッキー感」があります。

古くから、空港周辺は産廃業者の廃品が溢れており、空き地も多く、殺風景だったので、一般人は近寄りにくい場所でしたし、さらに、見学するにはいいのですが、飛行機の騒音は今と比べると途方もなくすごかったので、「なんでこんなところに住みたいと思うのか?」ということを考えていました。しかし今は、伊丹も豊中も「住みたい街」にあげられていますので、住みやすくなったということでしょう。

とくに、7時-21時という飛行時間の制限で環境が改善されたと感じていますが、きっと、利用者には不便だと思います。

政治が絡んでいたんだなぁ

日航ジャンボ機が御巣鷹山に墜落したのが1985年で、それが羽田発大阪行きの飛行機で、その遠因は大阪空港の整備などの問題・・・など、何かと理由をつけて大阪空港廃止の方向の見方をしたニュースが報道されていたように記憶しています。

それが、「大阪空港の代替として関西空港に移る・・・」と決まった途端に、「関空は不便」「関空は遠い」という声が急に大きくなり、アクセス問題や利便性を含めて、周辺が大阪空港存続の方向に180度転換していったのですが、きっちりと前向きの騒音対策すればよかったものの、何か本質を忘れた政治活動に踊らされた感じだけが残っています。 私は存続してよかったと思っています。


現在の南ターミナル(ANA側)は国際線でした

大阪千里丘陵を切り開いて万国博覧会が開催されたのは1970年で、その頃はすでに「大阪国際空港」でした。

国際線ターミナルには大型の飛行機がズラッと並んでいて壮観でしたし、確かに飛行機の爆音はものすごく、住民が反対するのは無理がない・・・と思っていました。

また、国際線ターミナル(現在の南ターミナル)に入るだけで「なんとなく優越感」がありましたし、「出国手続きを済ませば、そこはもう大阪ではなく、外国だった・・・」ということも懐かしい気持ちで残っています。

今、外国に飛行機で飛びたつことに比べると、当時に外国へ行くのは「一大事」でしたし、飛行機に搭乗する事自体が一大覚悟を要する時代だった感じです。

空港回りでは、背の高い外人女性職員(スチュワーデス)さんたちが闊歩していて、かっこよかったので、よく空港に遊びに行っていたのですが、それがなくなって、ちょっと寂しくなりました。

利権が絡みあっている空港土地?

大阪国際空港に関係ある市は伊丹市、豊中市、池田市ですが、特に、伊丹市と豊中市の境界は、空港ターミナル部分で入り乱れています。
写真2枚はGoogleEarthを利用

大阪空港の区割り グーグルアース 3市の行政区分割り
空港ターミナルの地割 グーグルアース ターミナル部分の拡大

長い間、空港騒音と都市空港の危険性のために、空港廃止運動を続けてきた空港の周辺都市ですが、現在はすべて存続と繁栄に向けた行動で一致している感じで、今は「コロナ」で動けませんが、空港では、週末などに、しばしばイベントを開催していますし、周辺の市や組織が仲良くバックアップしています。

近隣都市のキャラクター     

現在の様子などを少しだけ紹介します

現在は、コロナウイルスの影響で利用者はかなり減っています。

混んでいるJALカウンターコロナ前のANAカウンター

コロナ問題が起こる前は、カウンターが超混雑状態でしたが、やはり賑わってほしい感じです。

北ターミナルJALカウンター付近北ターミナルJAL側南ターミナルANAカウンター付近南ターミナルANA側

空港内外の工事はほとんど終わり、コロナ収束を期待する状態です。

 展望デッキ階にある「よしもとエンタメショップ」 展望デッキ階にある子どもの遊び場(有料) 展望デッキ階のエアミスト 噴水広場 空港表示が変更

***大阪空港の関連記事***

→大阪空港の今=最新情報
→大阪空港から出ている長距離バス
→大阪空港の全レストラン・飲食店情報
→ラック式駐輪場の使い方


PR
   

その他の記事

 【大阪市営渡船8ヶ所を歩いて巡りました
大阪市営渡船
大阪市にかかる川を行き来するために、大阪市が運営する渡船が8か所あります。それを徒歩で踏破しました。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

 【大阪城、秀吉が好きな大阪人
大阪城
大阪城観光のメインはどうしても天守閣に進んでいくルートになるのですが、ここでは、あまりみんなが訪れることのないところや違ったところから見た様子などを紹介しています。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

大阪一の河川『淀川』の起点の謎
宇治川の終点
桂川、宇治川、木津川が合流して「淀川」になるのですが、この地域は『淀川三川合流域』と呼ばれますが、地図を見ると、このあたりの河川表示がバラバラです。この謎を探るために、実際に歩いて調べてみました。淀川の長さは38kmですが、これは、宇治川が基準になっていることもわかりました。

ナイフ作りで熱処理の基本を学ぼう
ナイフの熱処理
鋼の熱処理や特に「焼入れ」などは専門的でわかりにくいのですが、鋼種、加熱冷却の基本を知れば、ガスコンロなどで自分で熱処理することができます。これを知っていると、熱処理依頼をするにも、的を射た打ち合わせができるでしょう。ここでは、炭素工具鋼の熱処理をしながら、熱処理について説明しています。

鉄鋼材料(工具鋼)カタログの見かた
工具鋼カタログ
私は鉄鋼とその熱処理に長く従事したのですが、工具鋼のカタログには、材料や熱処理特性を示す表やグラフが示されているものの、その多くは、メーカーがPRしたい優れた部分が強調されています。それを客観的に見る見かたや考え方を紹介しています。


(来歴) H30.9 文章見直し  H30.10 写真追加等  H31.1 文章見直し 
     H31.2 文章追記   H31.3 文章見直し  R1.6 情報追加  
     R2.2 見直し   最終の見直しR3.10
PR


その他の記事

電子工作に使えそうなトランジスタ
バイポーラトランジスタ

初心者向けの電子工作についての記事で、電子工作でよく使うNPNトランジスタの2SC1815を例に、基本的な使い方や取り扱い方を説明しています。 ブレッドボードに簡単な回路を組んで、電流増幅の様子などを紹介しています。

電界効果トランジスタFETの初歩の初歩
FETトランジスタ

初心者向けの電子工作の記事の一つです。接合型とMOS型FETの特徴や、電子工作で使うようになるための最低限のことについて紹介し、LEDを点灯させる簡単な回路などで、電子工作に使うヒントなどを取り上げています。

ナンバープレートの希望番号の実態は
希望ナンバー

自動車のナンバープレートで自分の好きな番号をつけることができる希望番号制度ができて年月が経ちますが、実際にナンバーの現状を調べてみました。キリ番など、明らかにそれとわかる台数の割合は意外と少ないのですが・・・。

15分で熱処理の基本をマスターしよう
熱処理

熱処理にはわかりにくい表現などもあって、短時間で理解するのは大変ですが、1万文字程度を15分で読めるように熱処理全体を紹介しています。その他のページへのリンクなどもあるので、それらを見ながら、なんとなくボンヤリでも、鉄鋼熱処理の全体をイメージしていただければ・・・。

阪急宝塚線で社寺名の3駅が続くところ
中山寺

中山観音駅、売布神社駅、清荒神駅と3駅が社寺の駅名の連続というのは珍しいでしょう。それを歩いて巡りました。たくさんのご利益をいただける感じがします。5km程度の距離です。お正月3が日はすごい人ですので、それを避けてトライしてみてはどうでしょうか。

PR