全体の項目・概要はこちらに掲載。このページが1ページ目です。

目次のページへ 
INDEX 留学計画 エージェント・行き先を決定 マクタン島の物価と治安 留学期間と時期について 持っていくもののアドバイス 出国から到着1日目 英語学校の様子 休日の過ごし方 アクティビティー マクタン島でギターを買いに

フィリピン留学は「オンライン(Skype)英会話」の講師すすめもあって「いこう!」と決めたのですが、すでに私は会社をいつやめさせられてもいいシニア年代でした。

それでも留守にできるのは全有休を利用しても1ヶ月がMAXでしたし、会社、家、旅行費用などがあるので、バランスさせながら計画を進めなければなりませんでした。

このHPは、できるだけ、若い方からシニアまでの短期留学を想定して、参考になりそうな内容を紹介していきます。


英語力? 赤ん坊でなければどうにかなります

フィリピンに短期留学前のTOEICは400点で、オンライン英会話をやっていたので高校生レベル程度ですが、英会話レベルは最低レベルと言ってもいい英会話力でした。

でも、大丈夫、フィリピンの学校では、ほとんどがマンツーマン授業ですので、レベルに応じて講師が「合わせて」くれるので、気にすることではありません。
さらに、2週間ほど「英語漬け」になると、結構コミニュケーションが取れるようになります。
これは日本にいれば考えられないことで、さすが「留学」・・・と感じるでしょう。

ちなみに私に留学をすすめてくれて縁のあるオンライン英会話のサイトはこちら。
自分で言うのもなんですが、結構気に入っていて、4年間続けている良いサイトです。
今もお世話になっているオンライン英会話hanaso(はなそ)

ネットで検索~説明会に申し込み

ネットで「英語 短期留学 フィリピン」などで検索すると、色々なサイトがあります。

聞いたことのない中小エージェントが多いのですが、気にすることはありません。

これについては後で順に説明しますが、エージェントは学校紹介だけを頼んでもらえばいい・・・というような商売ですので、旅行代金を持ち逃げされるなどの金銭トラブルに巻き込まれる事はありません。

私は、事務所が比較的近くで、HP内容から信憑性の高そうなところ2社をピックアップしてカタログを取り寄せました。
たくさん申し込むと、後の付き合いが大変なので、そこからさらに、カタログ内容を比較して、1社の講習会に申し込みました。

もちろんそれまでも、駅や旅行社の店頭においてあるカタログを集めていましたが、大手の旅行社のカタログに書いてある費用が高すぎますので、安くあげたいのであれば、小さなエージェントでも気にすることはありません。

WEBに書かれた金額と大手旅行社の価格表の金額はかけ離れていますし、反面、WEBでフィリピン旅行を扱うエージェントは聞いたことのないところですので、とりあえず、会社の休みに合わせて出席できそうな、家から近い会場で講習会をしているエージェントに申し込みました。
結局「当たり」だったのですが、これらも、あとで取り上げて説明します。


留学のための説明会では、「英語をほとんど話せない初級者がフィリピンの英会話学校で3か月学べば、最低限の日常会話ができるようになり、そして、普通に日常会話をするには6か月程度以上の留学が必要・・・」と説明されます。

要するに、「1ヶ月の留学」では、所詮、会話レベルが進むということは期待してはいけないということと、ほとんどの留学生は英語が話せない人ということだったことで安心できました。

私は勉強一辺倒ではない大人向けの学校を留学先に選んだのですが、勉強レベルの高い学校は、韓国系でスパルタ傾向があります。若い方は3ヶ月程度の期間をかけて、このような学校を選んで「英語力」を高めることを計画してください。
ただ、スパルタ校に行った私の友達は、毎日キムチに耐えれることが大切だと言っていましたので、このことは学校選びのときまで覚えておいてください。

私は、大人向きのリゾート雰囲気の漂う学校を選びました。しかし決していい加減なものではなく、留学した値打ちは十分すぎるほどでした。これらも後で紹介します。 



憧れのセブ・・・セブ空港はマクタン島にあります 

私の留学はH28年9月から10月の4週間。当時67歳でした。
留学先は、セブ空港のあるマクタン島の西に突き出た半島の端に近い簡素な田舎の真ん中にある Bayside English Premium校。

(この学校は、H30年夏頃以降から、「WEBで乗っ取りや訴訟」の記事が見られます。私は帰国後の詳細は知りませんが、佐々木校長や先生たちは非常に教育に対してしっかりした方たちだったことを付記しておきます)

学校はマクタン島の北の半島の先端に近いところにあります。マクタン島の南側の海岸地域は下の地図のように「Hマーク=高級ホテル」が並んでいるリゾート地で、セブ市内に比べて治安がいいということでこの学校に決めました。いいところでした。

フィリピン マクタン島の地図
www.japph.comさんのページから地図を引用。赤字部分は、ギターを買いに小旅行したところ


私のエージェントは学校紹介がメイン

留学エージェントは「学校選びの世話をする」のがメインの仕事です。
私は「留学ドットコム」というところにお世話になったのですが、極端に言えば、学校選びもWEBでできます。
でも、手数料もいりませんし、(バックマージンで商売しているのでしょう)日本語でやり取りできますので、学校関係の手続きはエージェントを通すほうがいいでしょう。

フィリピンは30日以内の滞在はビザが不要ですし、ビザが必要な場合は、学校側がすべて手続きを進めてくれます。
さらに、留学ドットコムでも航空券や旅行保険などを扱いますが、自分でWEBなどで申し込むことを前提に見積もりをしてくれますので、エージェントに頼むことは学校選びだけをメインにすればいいということになります。


【学校選び】 
学校選びはエージェント(旅行社の担当者)と相談しながら決めますので、一つの参考例だと思って注意する項目程度でお読みください。

フィリピンの多くの英語学校は、韓国の企業が「韓国人のための英語留学用」目的で開校したところがかなりあって、韓国系の学校が多いです。

私の学んだ学校は日本人経営ですし、生徒のほとんどは日本人でした。

生徒さんの中には、他の学校も経験している方も数人いました。
その方々すべてに韓国系の学校の経験談を聞いたところ、共通して、「連日の韓国食とその辛さについていけない」といっていました。勉強も重要ですが、長い期間のことですので、食事が最重要と考えてください。

キムチ好きの方でも、長期になると日本食が恋しくなるようです。食によるストレスを避けるためにも、日本人経営や日本食が主体の学校を選ぶのもポイントかも知れません。


【行き先(学校所在地)】 
エージェントとの打ち合わせ(面談)のなかで、マニラ、セブ、クラーク、パコロド、イロイロ、 バギオなどの学校が候補に挙がります。

エージェントの担当者からは、空港から遠いところは辺鄙で、ウイークエンドの過ごし方が難しいし、「僻地は避けたほうがいい」というアドバイスがありました。

ただ、帰国後にSkype英会話の講師にこれを話したところ、どうも、エージェントの都合もあったような感じもします。
私は予備知識を持たずに説明会に参加しましたが、WEBなどで現地の様子をチェックしてみてください。
フィリピン講師は、涼しい「バギオ」がいい・・・と言っています。

しかし、そうは言うものの、初回の留学なら、学校内は警備が行き届いて安全で、ウイークエンドが楽しいマニラ・セブがおすすめということは間違っていないと思います。


関係項目をひとつづつ具体化していきましょう

家族・会社・日程計画を考えます 

私は会社に勤めていましたので、出発の約1年前から計画しました。

まず家内と息子に話し、そして会社に時間をかけて話していきました。パンフレットやインターネットの情報を集めて、何回も読んで自分のイメージを固めていきます。

旅行準備も1からしなければならないので、見積り金額に個人費用を加えて総額40万円を目標に、家族に協力してもらい1年かけて貯金していきました。

エージェント(旅行社)の指示で作業をすすめます

私の場合は、「留学ドットコム」の留学説明会の内容がしっかりしていましたので、その場で面談の申込みをして、後日担当者と学校選びをして、見積もりをもらいます。

見積もりは「概算見積り」ですし、書かれた内容はWEBで確認できますので、先にも書いたようにエージェントに頼むメインのことは「学校選び」です。

後で、具体的な金額などを紹介しますが、パンフレットやWEB記事を数件見るだけで、留学費用に価格差があるのに驚かれるでしょう。

それらをよく読んでいけば価格の違いや価格の仕組みが見えてくるのですが、価格が高ければ高いなりの何かがあります。 しかし、私は、ともかく安く上げることで考えました。

お金に余裕があれば、All in Oneの大手旅行社にお願いすればすべてやってくれるのかもしれませんが、学校紹介だけの会社(エージェント)でも心配することはありません。

注意してほしいのは、パンフレットを取り寄せて、その中から選ぶセットプランは絶対にさけましょう

観光旅行ではありませんので、添乗員もいないし、すべて自分ひとりで行動しますので、飛行機と学校と旅行保険のほかは、個人費用だけの違いです。
金額は航空運賃やレッスン料などの必然的に生じるもの以外は何もありませんので、パンフレットなどの内容に関係なく、イチから自分のプランを作っていけばいいのです。

具体的には、直接にエージェントの担当者と話しながら大筋を決めていきます。
その内容も決まったものですが、話を進めながら、いろいろとアドバイスをしてくれるので、即決する必要ありませんので、ポイントを抑えておいて、申込みまでに確認することもできますので、打ち合わせ時間は有効に使うといいでしょう。

彼らは現地を自分で訪れて知っている人も多いですし、「プロ」ですので、話し合うとベストなプランを考えてくれます。

直接話をして、煮詰まれば見積もりを取りましょう。(見積もり無料が通例です)

(注)私のお世話になった留学ドットコムですが、WEBでは否定的な情報がかかれた記事があります。しかし、学校の費用の払込手続きまでのお付き合いですし、お金のやり取りも問題になるようなこともありませんので、問題が起こることはありません。
私の場合は、非常によくお世話いただきましたし、私の友だちにも勧めて、その友達も満足してくれました。
しかし、私のエージェントとの関わった内容などを参考に、エージェントに任せるということではなく、「自分やる」という気持ちでエージェントと接してくださいね。

次のページではエージェントとの付き合い方などを紹介しています。

  

→ 次のページへ


その他の項目は目次をご覧ください。目次のページへ 

 (来歴) H30.9文章見直し  H31.3 リンク・内容見直し  R1.6 文章見直し  

その他の記事

大阪モノレール 【大阪モノレール 18駅を紹介

4両で走るかわいいモノレール。ガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅など18の駅を紹介しています

淀川を歩く 【淀川の起点から大阪湾までを歩く

淀川は琵琶湖から流れ出て、宇治川から淀川に名前を変えて大阪湾に注いでいます。その全行程を歩いてみました。

鉄鋼材料カタログの見方 【鉄鋼材料カタログの見かた

カタログなどの鉄鋼材料の特性はメーカーサイドで書かれています。その本質を知るための見かた、考え方について紹介します。

ナイフを焼入れのため加熱中 【ナイフ造りと熱処理

工具の熱処理を簡単に解説するために、金鋸の残材でナイフを作リながら熱処理に必要なことがらを紹介しています。何か役に立つことがあれば・・・。

オンライン英会話の選び方 【オンライン英会話の選びかた

安い価格で簡単に英会話に触れることができる、スカイプを利用した英会話スクールの受講手順などを私が受講している経験を交えて紹介します。