八幡市あたりで淀川となり、大阪湾に流れるまで、左岸を全部歩きました。

「淀川」は、大阪平野に暮らす人々の生活を支えている最も大切な川です。

琵琶湖から流れ出た川は 瀬田川 → 宇治川 → 淀川 と名前を変えて大阪湾にそそぎます。この淀川の「起点」は京都府の八幡市付近です。

ちなみに、淀川の源流は滋賀県の山奥とされており、そこから大阪湾までは130kmあり、琵琶湖の出口(瀬田唐橋)からでも75kmの距離を流れているということになります。
私は3回に分けて「淀川」だけの距離38km程度を歩きました。


淀川は大阪府での呼び名

淀川は「琵琶湖」につながっていることや、上流は宇治川だということを知っている方も多いでしょう。それを、ともかく、自分の目で確かめながら「淀川」を歩いてみました。


琵琶湖は日本一大きい湖ですが、その水は、たった1か所しかない出口から「瀬田川」となって流れ出ます。

そして途中から「宇治川」に名前を変えて、このGogleの写真の京都府の大山崎町・八幡市あたりで、 京都市の西側を流れる桂川と奈良県から流れてきた木津川が合流して「淀川」になります。(それについての記事はこちらにあります)

淀川の合流地点

川の名前は「その土地の呼び名」と行政管理上の理由で変わるのですが、滋賀県:瀬田川→京都府:宇治川→大阪府:淀川 というのが行政区域となっています。

この淀川の下流は、大阪市に入って 都島区の毛馬で新淀川と旧淀川(大川・堂島川・安治川) に分かれて、それぞれが別の川のまま大阪湾にそそぎます。

また、川の名前は最終の河川名で呼ぶ・・・という習わしなので、淀川の本流は、河口付近で「新淀川」になっていることから、「新淀川」が河川名になりそうですが、そうなっていません。

それはともかく、私自身も「淀川」のままでいいと思います。

今回は淀川の本流だけを歩きました。このために、毛馬の閘門から分かれた「旧淀川」は「大川」になり、大阪の中心地の中の島などを通った後に「安治川」になり、そのまま、ユニバーサルスタジオジャパンの近くから大阪湾にそそいでいますが、この「旧淀川」についてはここでは触れていません。

淀川は日本一支流数の多い川

上のGogleの写真では5本の川が合流しています。
このように、淀川は支川(支流)の数が日本一で、日本一長い信濃川の880本をしのいで、 965本の川が合流しているという記事をWEBで見つけました。

それでは、まず、「淀川」の起点探しから始めます。

淀川の起点

石清水八幡宮近く

基本的には、大阪府になる地点で川の名前が「淀川」に変わるのですが、現地を調べてみると、どうも、それが単純ではありません。

それについてはこちらで「境界の謎」について紹介していますので、一読いただけると幸いです。

ここでは、桂川、宇治川、木津川がの3川が合流する地点付近を「淀川の起点」として、歩いて南下することにしました。

この3川の合流地点は、京阪電車の橋本駅か阪急電車の水無月駅あたりが最寄り駅ですが、便利でわかりやすいのは、京阪電車の八幡市駅で下車して、「木津川御幸橋(ごこうばし)」を渡ったところにある「さくらであい館の展望台」から見るか、その下流に伸びる「背割堤(せわりつつみ)」を1.5kmほど歩いて、そこの表示された「0km地点」へ行くのがいいでしょう。


さくらであい館

「さくらであい館」では、周辺の空撮ビデオが上映されていたり、淀川の歴史なども紹介されています。

展望台からはGoogleの地図で見るような高い位置では見ることができませんが、360度展望できるので、周りの様子がよくわかります。(この時は、無料で利用できましたが、桜の時期など人の多いときには有料になる旨の表示がありました)

最寄りの八幡市駅は、古文の時間に習った、吉田兼好の「徒然草52段 石清水」の話で有名です。

「兼好の時代に、京都の仁和寺(にんなじ)からここまで歩いてきて、ふもとにある立派な神社(石清水八幡宮・頓宮)を見て、それが 「石清水八幡宮」と間違えてそのまま帰ってしまった・・・」という内容ですが、この頓宮を訪れると、たしかに非常に立派で、兼好が満足して帰ってしまったのがわかる感じがします。ぜひ機会があれば立ち寄ってみてください。

駅を出た横にケーブルカーの乗り場があり、写真に見える「男山」の山上付近に石清水八幡宮の社殿があります。

150m程度の高さなので、徒歩でも30分ぐらいで頂上に着きます。

ここに詣でたあと、門前にある「走井餅老舗の走井餅(はしりいもち)」を食するのもいいと思います。 

また、飛行機好きの人の間で話題になる「飛行神社」も徒歩圏にありますので、ぜひ訪れてください。

今回は淀川の起点探しですので、京阪電車の踏切を渡って北側に位置する淀川の起点に向かいます。


合流地点の木津川 合流地点の淀川看板  合流地点の桂川看板

この「八幡市」辺りで木津川・宇治川・桂川が合流します。(合流点や各川の起点には少しばかり不思議なことがあります。→こちらに紹介

合流地点の木津川 合流地点の淀川 合流地点の桂川

上左から、木津川、淀川、桂川 それぞれの川面の様子です。

この日は、木津川が泥水になっていて、一番汚く、淀川が比較的澄んでいます。木津川は奈良県の木津付近では非常にきれいな川ですので、雨などによって汚れたのかもしれません。

H31.1に再確認したところ、それぞれの川の水は非常に綺麗で、桂川では大きな鯉が泳いでいるのが見えました。
桂川に泳ぐ鯉 桂川に泳ぐ鯉
淀川の流れ 京滋バイパス付近の淀川(宇治川)
木津川の流れ 木津川御幸橋からの木津川

淀川左岸を歩いていくと・・・

地図で全行程を眺めると、左岸のほうが、歩いていくと川に近くて堤防が整備されていそうなので、ひたすら川の堤防の道を下って行くことにしました。

樟葉(くずは)、牧野の河川敷のゴルフ場の間を抜け、枚方を通り、寝屋川、守口などでは、河川敷はきれいな公園として整備されています。

河川敷は広いので運動場やゴルフ場などが作られ、大阪府民の憩いの場として整備されていますが、すこしの大雨で河川敷が水浸しになります。

河川敷が広くなっているところには、ワンドと呼ばれる水たまりがあります。

淀川河川敷の公園

小学生低学年の頃にこの辺りに住んでいました。学校から帰ると、このあたりの河川敷に遊びに来ていました。

当時はこのような整備はされておらず、河川敷が広がっているだけの最高の遊び場で、ワンドでの魚釣りや土手や芦原で遊んでいましたが、人けも少なく、人目につきにくいことで、今なら「危険だから近づかないように」というような掲示のありそうな場所だったのですが、しかし、子供にとっては格好の遊び場でした。

そのときは子供で、何の話かわからなかったのですが、それをずっと記憶しているのですが、アシは2m以上の高さですので、入り込むと外からは見えませんので、『芦原の中で人が死んでいた』『アベック(今では死語になりつつある言い方ですね)がひと目に隠れて葦原に入っていく・・・』という話題も多かったようで、このあたりは、普通の人が寄り付かない場所でした。

しかし現在は整備が進み、たくさんの人の集まる憩いの場になっています。


毛馬の閘門(けまのこうもん)から新淀川に

毛馬の閘門 閘門の警戒水域  一般船舶立ち入り禁止

毛馬の閘門(こうもん)に近づくと、各所に警戒用の看板や「接近禁止」などがみられます。

「こうもん」とひらがなで書くとお尻の穴か水戸のご老公さまを連想するのですが、この「閘」の字はあまり見ることのない難しい字ですが、イメージできる字です。

閘門は扉を利用して水位の違うところに船などを通す装置で、「パナマ運河」が有名ですが、この毛馬の閘門も同じように船を渡す設備です。今回は旧淀川方向へは行きません。

水門(閘門)では、淀川の水を 「新淀川」と旧淀川「大川」に分水しています。

これはもともと、水害に対する治水のためだったのでしょうが、これを作るにはかなりの大工事だったと思います。

毛馬の閘門付近は危険防止のために一般船舶の航行が禁止されています。

この地点は、河口から9.5Kmの位置で、川幅は、河川敷を加えると、600m以上ありそうです。


新梅田シティーが見える 淀川の芦原  河口まで8km 

河川敷の公園を抜けてしばらく歩くと、左手に空中庭園のあるビル「新梅田シティー」が見えてきます。

このあたりで、河口まで8km。 枯れたアシの絨毯が広がりますが、このアシの高さは2mほどあります。


河口0km地点に来ましたが、淀川は終わりません

河口0km 堤防の上の 0km の標識  0kmの先にも淀川は続く

そしてついに淀川の河口 0.0km地点に来ました。起点表示は防波堤の上と下のあります。

ここでの川幅は1km近くありそうで、対岸の工場がかすかに見えるぐらいに大きな河口です。

河口を示す表示Googlemapより(グーグルアースでみた左岸0km)

現在は、この写真のように、道路表示があり、遠くからでもわかります。大阪府が表示しているもののようですが、色んな所でこのような表示を見ることがあります。

これは、「川の左岸で河口から0.0km」であることが表示されています。(Lはleft)

写真奥に見えているのは阪神高速の湾岸線ですが、その向こう側には、さらに500m以上も埋立地が続いており、淀川の最終点はまだまだ先のようです。

この川の先には、大阪南港、舞洲などの他に、2025年に万博開催が予定されている「夢洲」などの人工島があり、淀川が純粋に大阪湾に流れていくのは、この0.0km地点から、さらに3kmほど先になります。

しかし、右岸側の埋め立てがこの地点で切れているので、ここが河口0kmということになっているのかもしれません。

埋立てがさらに進んでも、0km位置や川の長さは変わらないということですね。

琵琶湖から流れ出た宇治川が、淀川に名前を変えて、この河口まで38km。それを自分の足で(3回に分けましたが)歩いたことになります。

川の流れは・・・

ここで、思い付きですが、簡単なイメージ計算をしてみましょう。
川が毎秒10cmで流れるとして、1時間では360m進みます。

そうすると1日では8.6km進むことになりますが、淀川の起点から38kmの距離ですので、この河口まで4日半ぐらいで着くことになります。

琵琶湖からの距離は75kmなので、9日足らずで大阪湾まで来てしまいます。
上流のほうは川幅も狭いので流れも速く、15cm平均とすると、1週間かからずに河口に来ていると思うと、 遅い流れに見えても休みなく流れている川はすごいと感心せざるを得ませんね。・・・・ 

・・・と思いつつ、川の行く手を見ると、まだ陸地があり、川もまだ先に続いています。埋め立てが進んだためでしょうか。

「大阪府が最小面積の府県」だったのが、大阪湾の埋め立てが進んで陸地が増えたので、その地位を「香川県」に譲り、ブービー(下から2番目)になってしまっています。ちなみに、下から3番目は東京都、4番目が沖縄県らしいです。なるほど、という感じです。

どこまで先まで歩いていけるのか

0km地点よりもさらに 真の河口に向かって歩いて進んでみます。
ともかく進めるところまで先に進むと、大阪北港のヨットハーバーにたどり着きます。

歩いて行ける河口の先の終点  いけないけれど、まだまだ淀川の端はありそう。

そしてさらに、歩いて行き着いた先がこの場所です。

右写真の先端は防潮堤防の灯台ですが、海上に作られた波よけですので、そこへは歩いては行けません。そして、左の写真のように行き止まりの柵があって進めません。

ここが「歩いて辿れる、実質的な淀川の最果て=河口」・・・ということになります。 

向こう岸に見える塔のような派手な建物は舞洲にある清掃工場です。

とても奇抜で目立つデザインなので、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)と間違う人が多いようです。

そのUSJはずっと左の奥手にあって、ここからは見えません。

そしてこの右側の防潮堤の奥が夢洲です。次期万国博覧会の開催が決まった「夢洲」の人工島はその向こう側で、やはりこの位置からは見えません。


歩くことができる最先端まで来ました。淀川を歩くたびはこれで完了です。
お読みいただき、ありがとうございます。

→こちらに、淀川の起点(桂川・宇治川・木津川の合流点)の謎を書いています


PR
 

その他の記事

15分で熱処理の基本をマスターしよう
熱処理
熱処理にはわかりにくい表現などもあって、短時間で理解するのは大変ですが、1万文字程度を15分で読めるように熱処理全体を紹介しています。その他のページへのリンクなどもあるので、それらを見ながら、なんとなくボンヤリでも、鉄鋼熱処理の全体をイメージしていただければ・・・。

焼入れするステンレスのウンチク
ステンレス鋼
焼入れするステンレス鋼の用途が広がっていますが、一般の工具鋼と違って、熱処理のしかたやその性質がわかりにくいという声を聞きます。一般書籍とは違う説明のしかたで、性質と分類、熱処理などについてさらっと紹介しています。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

尋常性白斑に負けないで
白斑HELP
私は長い間、この病気と同居しています。死ぬことはないが治らないこの病気は、大した治療法がないとあまり研究されていなくて、長い間苦痛を受けている人が多いようです。少し明るいニュースもでてきたようですが、実用化が待たれます。

私の大阪ことば 大阪弁
太陽の塔 夜の顔
50年住んだ東大阪市(旧河内市)を離れて豊中に移ったところ、大阪弁が半分消えてしまっています。話し言葉は変わるのは当然ですが、少し寂しい感じなので、私の話し言葉を録音しました。10年後にはどうなるのか、楽しみでもあり心配でもあります。

Page Top▲

(来歴)H30.9 誤字脱字見直し  H30.12 見直し   H31.1 起点の記事を分離  
     R1.8 見直し R2.7確認  R2.9見直し
   

その他の記事

その他の記事

大阪市営渡船8ヶ所を歩いて巡りました
大阪市営渡船

大阪市にかかる川を行き来するために、大阪市が運営する渡船が8か所あります。それを徒歩で踏破しました。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

飛行機を見るには 千里川土手
千里川土手上空を飛行機が・・・

大阪空港に着陸する飛行機が着陸寸前の場所で迫力満点で見ることができるということで古くから有名でしたが、Googleのコマーシャル紹介されてさらに人が増えました。車にしろ徒歩にしろ、そこに行くには少し不便です。駐車場や周りの案内をしています。

ナンバープレートの希望番号の実態は
希望ナンバー

自動車のナンバープレートで自分の好きな番号をつけることができる希望番号制度ができて年月が経ちますが、実際にナンバーの現状を調べてみました。キリ番など、明らかにそれとわかる台数の割合は意外と少ないのですが・・・。

電界効果トランジスタFETの初歩の初歩
FETトランジスタ

初心者向けの電子工作の記事の一つです。接合型とMOS型FETの特徴や、電子工作で使うようになるための最低限のことについて紹介し、LEDを点灯させる簡単な回路などで、電子工作に使うヒントなどを取り上げています。

電子工作に使えそうなトランジスタ
バイポーラトランジスタ

初心者向けの電子工作についての記事で、電子工作でよく使うNPNトランジスタの2SC1815を例に、基本的な使い方や取り扱い方を説明しています。 ブレッドボードに簡単な回路を組んで、電流増幅の様子などを紹介しています。

PR