大阪1の河川「淀川」の起点の謎

淀川三川合流域は京阪「八幡市駅」が最寄り駅

京阪電車の八幡市駅を降りて、北に10分ほどのところに「さくらであい館」があります。(こちらに、「淀川」の別の記事があります)

ロゴ写真の背景は、「淀川三川合流域 さくらであい館」(下の写真の0番)の展望塔から見た桂川・宇治川・木津川の三川が合流する方面の展望です。

右側の丘は明智光秀と豊臣秀吉などの話で出てくる天王山から太閤道、左が石清水八幡宮がある「男山」です。

その谷あいを大阪方面に淀川となって流れていきます。(ただし、この展望台からは、桂川や3川の合流地点は見えません)

三川合流地域 GoogleMapより グーグル写真
淀川は琵琶湖から流れ出て「宇治川」になったあと、大阪府にはいって「淀川」と名前を変えます。

このGoogle写真では、京都府八幡市の石清水八幡宮付近で桂川、宇治川、木津川の三川が合流して大阪湾に注いでいるのがわかります。(みどりの◇十字マークは徒歩で見つけた、「淀川」と書かれた国土交通省の看板がある位置を示しています)

そして、同じ地点をグーグルの地図を見ると、不思議な事があります。

三川合流地域 グーグル地図より GoogleMap

ここにつけた星印は、地図に表記されている川の名前を色分けしたもので、赤:宇治川ピンク:桂川青:木津川、そして緑:淀川 ですが、川の名前が入り混じっている不思議な地域です。

一般的には、川の名前は、管轄する機関(府県市町村、管理者)ごとに変わっているのが通例ですが、この地図のように入り混じっているのが不思議なので、現地を歩いて、なぜそうなっているのか、淀川の起点がどこなのかを確かめてみました。


原因は、淀川水系を管理する行政の問題ですが・・・

この青字部分は飛ばして読んでいただいてもいいでしょう。
淀川は、「1級水系」「1級河川」ですので、桂川、宇治川、木津川、淀川などは国土交通省が管轄しています。もう少し詳しく言えば、国土交通省淀川河川事務所の出張所ごとに管理しているということになっています。
それが、各川の右岸左岸で管理区域が異なっているために、この地図の状態になっているようです。

行政の管轄は、グーグル写真に入れた「赤い線」の大阪府と京都府の境界が基準になるので、そこで線引きをすればいいようなものですが、書き込んだ線のように、直線ではない事自体が問題で、宇治川流域で境界が分割されて、さらに、カギ形になっています。

次は、これに加えて、1級河川を管理している国土交通省での仕事の分担がわかれていることに起因しているようです。

詳しくは示しませんが、淀川河川の管理は、国土交通省 近畿地方整備局 淀川河川事務所が所轄で、大まかな担当地域は、枚方出張所が大阪側境界左岸高槻出張所が同右岸伏見出張所が京都川境界から木津川左岸京阪橋梁までと宇治川合流点から木津川京阪橋梁まで・・・などと、右左岸での担当が異なっていることで、線引きがしにくい状況だということがわかります。(淀川河川事務所のHPにも図示されていますが、わからないぐらいに入り組んでいます)

更に、出張所の上部組織で、用地第1課(淀川、宇治川、木津川の土地)、用地第2課(桂川の土地)、工務第1課・第2課(改修、土木営繕)、沿川整備課、河川環境課、河川公園課、施設管理課などが、いろいろな業務を担当していますので、一元的な指示系統を望むのはかなり難しい状態となっているようです。

そもそも国土交通省は、2001年に運輸省と建設省、国土庁などが統合されており、さらに、2011年に河川関係の局などが再々編されていることもあって、かなり仕事は複雑なものになっているのは確かでしょう。だから、きっちりとした線引を望むより、災害時の対応や整備状況が問題なければいいことなので、(私としては、すこし気持ちが悪いですが) 今のままでもいいと思います。

これらの川は、すこし水かさが増えると、河川敷の様子などは激変しますので、組織変更で仕事を増やすよりも、三川合流点付近では、大きな河川災害が起こらなければ「良し」としておいていいでしょう。

それらの様子を確認するために、現地を歩きました。
写真や地図に「0~3」の数字を入れていますが、この付近に問題を解くヒントが有りました。
まずは、高い展望塔のある「さくらであい館」からです。

さくらであい館

さくらであい館遠景

「さくらであい館」は、上のGoogleの写真で「0番」のところにあり、この施設はH29年の春に出来たもので、展望塔から桂川、宇治川、木津川の合流地域の360度の景色が楽しめます。(利用は無料)

Google地図で河川敷など緑色に着色された部分は「淀川三川合流地域」として整備されていて、随所に駐車場やトイレもあって、ちょっとした外出場所にはいいところでしょう。

訪れた日にも、たくさんの自転車愛好家が休憩に利用されていました。
川の堤防は走りやすくて整備されており、景色も素晴らしく、車も遮断されているので安全ですので、人気のスポットのようです。


さくらであい館 正面 さくらであい館 自転車置き場

展望台からは三川の合流地点までは見えませんが、桜の名所「背割堤」が真下に見えますので、桜のシーズンは多くの人が訪れるに違いありません。
展望塔は「繁盛期は300円」と書いてありましたが、閑散期なのでともかく今回は無料でした。

館内では、淀川と三川に関する情報ビデオなども放映されています。

それによれば、この背割堤は、度重なる川の氾濫洪水の対策として、川の流れをコントロールするために作られたもので、老木の桜の木が一斉に花をつける時期は最高の見頃です。この堤の竣工当初には「松」が植えられていて、それが桜(ソメイヨシノ)に植え替えられたようですが、かなり巨木で老木のために、かなり傷んでいる感じに見えます。 しかし毎年、きれいな花を咲かせてくれるようです。

この背割堤の先端に「三川合流点(地図に示した②番)」があります。


三川合流点が木津川の終点になっています

三川合流点は、御幸橋(ごこうばし)欄干から片道約1kmすこし歩いたところにあります。
上のGoogleMapの2番のところです。

この御幸橋は「淀川御幸橋」と「木津川御幸橋」が続いている大きな橋で、その橋の切れ目に、上の「さくらであい館」があります。
背割堤の入口付近
この堤を歩くと、その突端付近の木津川右岸に「三川合流点から0.0km」の道標があります。
背割堤の終点 三川合流点の標識
木津川0km
ここが木津川の右岸の終点(=淀川の起点)ということになります。
ただ、堤の宇治川側の途中には、下のような宇治川と淀川の道標があります。(これらの川では左岸になりますが)やはり、境界が入り組んでいるのですね。
背割堤の淀川道標 背割堤の宇治川道標

堤の先をさらに進んで、川が見える位置まで歩いて行きたかったのですが、下の写真のように、草が生い茂って、かなり足場が悪い状態なので、断念しました。

すこし雨で川の水量が増えると、地形などが変わってしまうのでしょう。そのために、水量に影響されない確実な地点を「合流地点」と設定しているのはうなづけます。

合流地点に歩いていけない 現状の合流地点はもう少し先ですが、行けません。

桂川の終点(淀川の起点)探索

次に、上のGoogleMapの1番の地点(桂川と淀川の境目)を見てみます。

阪急電車水無瀬駅付近から上流に歩くと、河口から35km地点の道標では「淀川」です。
しかし、川面を見ると水量が少ないのか、桂川の流れは、木津川・淀川の流れとは分離されて流れています。合流域はこの場所より下流なのですが、それでも「淀川」となっています。

基本的には、境目は府県境のハズですが、表示や看板はそうなっていませんでした。それを一つづつ見ていきます。

桂川と淀川の合流付近 河口から35km 昔の桂川と淀川の境界

このIR35.0とは

この IR35.0 の道路標示は、Iの部分が「地点の位置」を示す線で、Rは「右岸」、35.0は淀川河口から35.0km地点であることを示しています。(Iは位置を示す線のようです)

この地点からさらに上流に歩くと、下の写真のように、まだ「淀川」の表示があります。やはり、合流地点よりも上流ですが、「淀川」です。

府県境もまだ先なのですが、その手前(下流)に、上右のような「桂川との分岐の古い道標」がありました。
字に黒い炭が入れられているところを見ると、どなたかも、気になったのかもしれません。

桂川と淀川の境界の大阪側 桂川と淀川の境界の京都側 桂川と淀川の境界の淀川の看板 大阪府と京都府の境界

大阪府と京都府の県境の手前200mくらいのところに小さな川があり、それを挟んで「淀川」と「桂川」の看板表示が変わっています。

県境の位置と外れているので不思議ですが、向こうに、白い管理小屋が見え、その上流側に京都府と大阪府の県境があるので、(すこしずれていますが)ともかく、府県境が桂川の終点で、淀川の起点と言えるでしょう。
この場所から背割堤の合流地点0.0kmからは、約500m程度下流に位置します。


宇治川側の淀川の起点(つまり、宇治川の終点)は?

最後のGoogleMapの3番(宇治川と淀川の分かれ目)の地点に行きます。
京滋バイパス横のR478号の石清水大橋のたもとから淀川(宇治川)の右岸上流に進みます。

背割堤にも、淀川と宇治川の道標(左岸)が混在していたので、このあたりも境界がはっきりしていないのでしょう。

地図で見ると、京阪電車の橋梁の上手200mのところに八幡市(京都府)と京都市の境界があるので、そのあたりを調べます。

宇治川の管理境界の京阪橋梁 京阪橋梁の上流側看板

京阪電車の橋梁を挟んで看板がたっており、両方共に表示は「淀川」で、大阪湾から37.8kmと表示されています。

京阪電車の橋梁は人が通れませんが、鉄橋の下をくぐって向こう側に行きます。

すると、橋梁から均等な位置に看板があるので、どうも、橋梁位置が37.8km地点ということかもしれません。

更に上流200mのところで、ついに、境界を見つけました。下流から上ってきて、「淀川」が「宇治川」の表記に変わっています。

宇治川と淀川の境 河口38km地点 38km地点の境界道標

ここは京都市と八幡市(京都府)の境界ですが、この境界が宇治川の終点、淀川の起点としていいでしょう。淀川河口から38.0kmですので、これが淀川の川の長さと言っていいかもしれません。


木津川の上流で終点(淀川の起点)を見てみましょう

「さくらであい館」から、木津川右岸を上流に進みます。
やはり京阪電車の橋梁を越えると、河川の管理境界と、木津川と淀川の境界を示す道標があります。
木津川の河川管理境界 木津川の河川境界の位置は合流点から1.6km
ここには、背割堤の合流0.0kmの位置から1.6km上流ということが記されています。すなわち、河川の管理境界ではあっても、木津川と淀川の境目は、三川合流域0.0kmということになります。



ここで、実地検証による結論

以上から、やはり、川の変わり目は曖昧なところは拭えませんが、
1)桂川と淀川の境は、大阪府と京都府の県境
2)宇治川と淀川の境は京都府(八幡市)と京都府(伏見区)の県境
3)木津川と淀川の境は三川合流域0.0km地点
ということになります。

更に木津川左岸を京阪電車八幡市駅から橋本駅までを旧京阪国道沿いに歩きました。

しかし、すべて道標や看板は「淀川」の表示でした。このために、更に南の大阪府と京都府の府県境までは確認しませんでしたが、管理対象では、淀川河川事務所の伏見出張所が府県境から北側の京都府側を、枚方出張所が大阪府側を受け持っていることや、道標や看板表示はすでに「淀川」であることから、以上で三川と淀川の合流点が確認できたことにします。

この一連を調べる間に、河原での昼食を含めて約19kmを5時間半かけて歩きました。


Page Top▲
  (来歴)H31.1 従来記事「淀川を歩く」の内容から、起点関係記事を分離   H31.3文章見直し  R1.8 見直し

 【大阪市営渡船を歩いて巡りました
大阪市営渡船
8か所全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

 【大阪城、秀吉が好きな大阪人
大阪城
大阪城観光であまりみんなが訪れることのないところを紹介しています。徳川時代の大阪城は現在発掘調査が進んでいます。

 大阪城のトイレの外観を全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんがたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じです。全部の外観を紹介します。皆さん、どう感じます?

 【Googleで紹介された千里川土手
千里川土手上空を飛行機が・・・
着陸する飛行機が迫力満点で見ることができる場所として古くから有名でしたが、Googleでコマーシャル紹介されてさらに人が増えました。駐車場や周りの案内をしています。

 【東大阪市加納緩衝緑地
加納緩衝緑地
近くに住んでいた、東大阪の北部にある公園ですが、年々良くなっています。一部を紹介しています。

 【交野市の源氏の滝を紹介しています
交野市 源氏の滝
WEBではパワースポットと紹介されていますが、なんとなくそれが感じられる場所です。交野市のキャラクターは「おりひめちゃん」です。