大阪市営の渡船8か所の道順と時間を案内します。

現在、大阪市が無料で運営している渡船は8ヶ所あり、徒歩・自転車での乗船ができます。

これを一筆書きの要領で順番に歩いて全部の渡し船に乗船しました。長いページですが、写真だけでもザーッと見ていただけるとうれしいです。

私が歩いた距離と時間を書いています。これを参考にぜひ踏破をトライしていただけたらと思います。
歩く距離は全部で15km程度です。乗船待ち時間を少なくするのが時間短縮のポイントで、渡船の時刻表に合わせてうまく歩くようにするといいでしょう。

(参考)私の各渡船場の通過時間です。

1)天保山渡船  9:00 → 2)甚兵衛渡船 10:00 → 3)千歳渡船 10:20 → 4)船町渡船  11:00 → 5)木津川渡船 11:30 → 6)千本松渡船 13:00 → 7)落合下渡船 13:30 → 8)落合上渡船 14:00 → 9)大正区役所前から市バスでなんばへ・・・
というコースを、私はグーグル地図を印刷しておいて歩きました。


自転車も乗船できます(バイクは不可)ので、自転車での踏破も面白そうです。電車に折り畳み自転車を積んで行き、それで巡るのも楽しいでしょう。

バス(大阪シティーバス)も広範囲に走っていますが、バスストップの位置が渡船場と離れていたり、渡船の時間に合っていないので、徒歩か自転車がおすすめです。

ぜひこの記事を参考に、8ヶ所の渡船めぐりを計画してください。

GooglePhotoでの全体マップ
【トライするときの参考に】

渡船の時刻表は何年間もずっと変わっていません。ここではとくに、「木津川渡船場」の便数が少ないことに注意しましょう。

また、このHPの時刻表は片側しか表示していませんが、両岸ともに同じ時刻表で運行されています。

ほとんどの渡船は予備の船があっても、相互に2隻の船で運行されているのではなく、1隻で往復するところが多いようです。

対岸が近く、両岸の様子も見えていて、片道の乗船時間は3分以内程度ですので、どちらかの乗り場では、船が着くのを待って乗り込むことになります。

・・・と言っても、どちらかは時刻の「定刻」に出航しますので、「待ってくれ~」と大声を出しても、そこは「お役所仕事」なので、定刻に渡船場に待機していないと絶対に待ってくれませんのでご注意を。

自転車は、そのまま乗り込めます。もちろん、料金はすべて無料です。バイクは乗船不可です。

それでは、出発進行!


1.JR桜島駅~天保山(てんぽうざん)渡船場へ 
徒歩750m 6分

JR桜島駅から渡船のりばまで
GooglePhotoでの桜島駅から天保山渡船場

JRゆめ咲線の終点の桜島駅から出発です。

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)を右手に見て歩き出し、図のように6分程度歩くと、天保山渡船場につきます。(Googleでは、750m9分)

広い道で案内も随所にあり、道なりに歩いて行けば迷わないでしょう。

天保山渡船への道天保山渡船
天保山渡船 桜島側からの展望
天保山渡船時刻表 天保山渡船時刻表

JR桜島駅やUSJのあるこちら側は「此花区」で、対岸の海遊館などは「港区」になります。

渡船乗り場からの展望です。対岸の船着き場は写真のもっと左側で、写っていませんが肉眼で見える近さです。
写真の左端が「天保山」と天保山公園、右端が「海遊館」。正面の大観覧車が目を引きます。

天保山渡船1天保山渡船2

港区側から桟橋に到着した船(写真の左)からは、20人を超える外人さんが自転車で降りてきました。彼らはUSJに勤めている人のようです。全渡船中、ここの乗船者数が最多でした。

天保山公園阪神高速天保山料金所

天保山桟橋から降りて、天保山公園を抜け、高速道路の下を通って、甚兵衛渡船に向かって歩きます。この間は少し距離があります。

天保山は”てんぽうざん”と読みます。知る人ぞ知る、盛り土されて「山」と認定されて、2等三角点がある4.53mの 「日本一低い山」で有名でしたが、 2014年4月に、国土地理院が仙台市の「日和山(標高3m)」の認定で、日本一でなくなりました。



2.天保山から甚兵衛(じんべえ)渡し 徒歩3,400m50分

甚兵衛の渡し
天保山渡船場から甚兵衛渡船場へ GooglePhotoより

此花区から対岸に渡ると、港区です。「みなと通」に沿って北東に進みます。

途中に、壁一面に魚やくじらを描いたビルが目を楽しませてくれます。
行く手に京セラドームの 特長ある屋根を眺めながら、ゴルフセンターの前を抜けて進むと、甚兵衛渡船場の案内板が見えてきます。この間は高速の下の道がわかりにくいのと、かなりの距離があって、徒歩で約50分かかりました。(GooglePhotoでは42分となっています) 

壁面水族館?突き当りが、甚兵衛渡船場
甚兵衛渡船入り口船が来るのを待ちます。
渡し船が到着。自転車で乗る人が多いです

自転車で乗船する人も多いようです。全体的には、到着する船も私が乗った船も、乗っている人はまばらです。

甚兵衛渡船時刻表 甚兵衛渡船時刻表

甚兵衛渡船場は、尻無川を渡ります。手前の福崎側は「港区」、対岸は「大正区」になります。

GooglePhotoより 甚兵衛渡船場Googlemapより

3.甚兵衛渡し~千歳(ちとせ)の渡しへ 徒歩1,400m15分

千歳渡船場案内千歳橋と橋への歩行者用通路入り口

甚兵衛渡船場入り口向かい岸から来る人は6名かな?

甚兵衛から千歳へ
甚兵衛渡船場から千歳渡船場まで GooglePhotoよりGoogleMapより

甚兵衛渡船場からは、港湾関係や資材置き場などの殺風景な道を川筋にそって道なりに南に歩くと、青い大きな橋(千歳橋) が見えてきます。その下付近に千歳渡船場があります。

歩く距離は1km少しで、20分弱で千歳渡船場に到着しました。ここは、20分毎の出発で、間一髪、船が出てしまいアウト。

船員からは急いで乗ろうとしているのが見えているはずなのに、それでも、絶対に待ってくれません。結局、次の便まで20分間待つことになりました。
時間表を頭に入れて歩くようにしたほうが良いでしょう。

千歳橋の高さは、見上げると30mくらいあリます。自転車道や歩道があるので、そこを歩いて渡ってみたかったのですが、今回は渡船が目的でしたので、 又の機会にぜひ自転車で渡ってみたい橋です。

向こう岸の渡船場表示千歳橋の下から船が出ます。
千歳渡船時刻表 千歳渡船時刻表 千歳渡船場からの展望

千歳渡船場からの展望は全渡船中で最も素晴らしい景色です。地元の方は橋を毎日利用して対岸に通うのは大変ですので、自家用車がなければ、この「渡船」が絶対に必要なのでしょう。

この写真の撮影地点は「大正区」側で、前方遠くの赤い橋は高速4号湾岸線の「南港大橋」、その右側は「港区」で、南港大橋をわたると奥手の大阪南港は「住之江区」です。

手前左に見える高い道路橋は港区の天保山から「千歳大橋」につながっており、いずれも「大正区」で、千歳の渡しは 「大正区」から対岸の「大正区」に渡る・・・ということになります。

この「千歳の渡し」は、運河が広くなった「大正内港」という広い海(?)を渡るので、最も乗りごたえがあります。しかしそれでも乗船時間は5分程度です。

先の「甚兵衛渡船」は、大正高校や泉尾高校などがあって高校生の利用が多いのですが、千歳渡船の場所は港湾関係の作業場や空き地がほとんどです。

住宅が少ないために、昼間は20分間隔で運行されているのですが、渡船の利用客は少ないようです。

次に向かう「船町渡船」「木津川渡船」とあわせて、利用者が少ない渡船です。

Page Top▲

4.千歳渡船場から船町(ふなまち)渡船場へ
 徒歩1,400m25分

船町渡船場へ
千歳渡船場から船町渡船場へ GooglePhotoより

この写真左端にIKEA鶴浜があります。

船町渡船場船町渡船 千歳の渡し船町渡船 沿革 船町渡船乗り場

千歳渡船場から船町渡船場へ向かう途中は、グークルのナビにないショートカットが出来てかなり得をした感じで歩きました。

船町渡船時刻表 船町渡船時刻表

【動画をとりました】 船町の渡しは、ここで紹介する8つの渡しのうち、最も所要時間が短く、出航してから、約40秒の乗船です。 向こう岸で反転して着岸させる、爽快な「大阪市職員のプロの技」をご覧ください。

船町渡船のユーチューブ画像  YouTubeの動画はこちらから

「船町渡船場」は、写真に見るように対岸がすぐそこですが、乗ったのは私とあと1人だけです。

1隻が往復する「単船運転」で、閑散としています。
帰り便は誰も乗っておらずに係員2名だけで引き返していきました。


5.船町渡船場から木津川(きづがわ)渡船場 
徒歩1,100m15分

「船町渡船場」から「木津川渡船場」への歩く距離は約1Km程度で、埋め立てられた島の中を歩きます。もちろん、それが島の中だとは全く気づきません。

埋め立て島には、中山製鋼所、 日立造船、テイカ、ラサ工業などの大きな工場が立ち並んでいます。しかし、歩いている人はほとんどおらず、 途中ですれ違った通行人は合計3名でした。

工場自体は稼働していますが、道行く車も少なく、工場地域なので、この辺りで生活を営んでいる人はほとんどいないのでしょう。歩いていて感じたのですが、結構、工場から漏れる騒音も大きく、生活には向いていない地域のようです。

ここでも乗降する人が少ない渡船なので便数は少なく、特に、木津川の渡しは、12:00 12:45 13:30 14:15……のように、45分間隔です。時間に遅れると待つのが大変ですので、ここだけは、家を出るときから発着時間を頭に入れて歩きました。

木津川渡船場へ
船町渡船場から木津川渡船場まで GooglePhotoより
木津川渡船場 GooglePhotoより
木津川渡船場
木津川渡船木津川渡船
大きな船が通る。木津川木津川渡船3

大阪湾につながる木津川は、大きな船が行き交います。その川を小さな渡船が、大きな船を避けて直角に横切ります。これが結構スリリングで楽しい光景です。
木津川渡船場時刻表 木津川渡船時刻表

木津川渡船沿革

船町渡船場の案内にあったのですが、木津川渡船場横の中山製鋼所の横に大阪伊丹空港(大阪国際空港)の前身の木津川飛行場があったところ・・・と書いていました。

この木津川飛行場は1939年(昭和13年)に、大阪第二飛行場(大阪飛行場:今の伊丹空港)に移ったらしいのですが、その後、昭和30年ごろから、134トンの「松丸」というフェリーが運行していたと案内板にありますので、過去にはこの渡船場も栄えていたのでしょうか?・・・

こういう歴史は、自分の足で歩いてみると身近なものに感じます。

木津川渡船


6.木津川渡船場から千本松(せんぼんまつ)渡船場へ 
3,900m50分

船町側の乗り場は大正区で、木津川の渡しを降りると「住之江区」です。
木津川渡船場から千本松渡船場へ
木津川渡船場から千本松渡船場へ GooglePhotoより

渡船場を出て、まっすぐ南進して、南港通にかかる高架橋の下に出ます。
高架道路の下には階段があって、そこから橋の上に出られるようになっています。

橋は自転車も通行OKですが、上まで自転車を持ち上げないといけないので少しハードでしょう。
高架橋の上に出ると、 先ほどの木津川渡船場の横にある木津川大橋につながっていて、徒歩や自転車用の側道があります。

木津川大橋からの眺望は素晴らしそうでしたが、少し疲れてきたので寄り道をせずに進みました。

この高架橋は「敷津運河」を越えるための橋で、 次に向かう千本松渡船場へは敷津運河を渡るのですが、方法はこの橋を渡る以外に他の道がありません。結構回り道になりますが、地図で探しても、この跨道橋(高架橋)を利用する道が最短コースになるようです。

以前はこの辺りに貯木場があっていい感じの風景だったところですが、貯木場は倒産して無くなり、そこは溜池のようになっています。

木津川渡船場から千本松渡船場までの距離は約4kmあり、トラックの往来が多く、少し疲れてきた足にこたえてきます。

木津川渡船場は住之江区ですが、次の千本松渡船場は西成区になります。

千本松渡船場 GooglePhotoより

ここまでに、此花区→港区→大正区→西成区と歩いてきました。千本松渡船で渡ると、もう一度、大正区に入ります。

大運橋 通称「眼鏡橋」千本松渡船入り口
千本松渡船2千本松渡船 案内板
千本松渡船場へ時刻表 千本松渡船時刻表

千本松の渡しは、写真に見える通称「めがね橋」の下の木津川の両岸の間を運行しています。

この橋は、橋の両側で道路が2、3回転しており、車はかなり高いところを通るようにして、航行する船の邪魔にならないようにした自動車専用道路です。

この辺りは民家も多いためか、15分間隔の運行です。 この橋は人が通行できないので、ここでの利用者は他の渡船より少し多くて、10名が同時に乗船しました。


Page Top▲

7.千本松から落合下(おちあいしも)渡船場へ 
徒歩1,200m15分

木津川を渡る千本松渡船を降りれば、ふたたび大正区です。

千本松渡船場から落合下渡船場
千本松渡船場から落合下渡船場へ GooglePhotoより

千本松渡船場から、次の落合下渡船場へは約1km少しです。

車も少なく、工場が並ぶ道を歩いていくとまもなく渡船場の案内が見えてきます。

この辺りは木津川の川岸近くまで工場が並んでおり、大正区、西成区側ともに住宅が多く、渡船を日々の生活に利用する人も多いのでしょう。

乗船したときは昼下がりの、人の往来が少ない時間帯で、落合下渡船では4名が乗船しました。3歳ぐらいの小さな子供を連れたお母さんは、対岸に着いても下船せずに同じ船で引き返していましたので、渡船は子供を連れて遊ばせる「遊び場」になっているのでしょう。

辺りは静かですので、終始、のどかな時間が流れている・・・ という感じです。

落合下渡船場1落合下渡船場2
落合下渡船場3落合下渡船場4
落合下渡船場 沿革落合下渡船
落合下渡船場 GooglePhotoより
落合下渡船時刻表 落合下渡船時刻表


8.落合下渡船場から落合上(おちあいかみ)渡船場へ
 750m10分

落合下渡船は大正区から乗って、もう一度木津川を渡って、対岸の西成区に戻ります。
そして次は、最後の8番目の渡船場「落合上渡船場」に向かいます。北に向いて進みます。

落合上渡船場付近Google Map
落合下渡船場から落合上渡船場へ GooglePhotoより

落合下渡船場から落合上渡船場までは歩いて10分程度です。

ここは車を避けながら埃っぽい道の端をただ歩くだけで景色もよくありません。しかし、すぐに落合上渡船場に到着したのが救いでした。

落合上渡船場時刻表 落合上渡船時刻表 殺風景ですが、案内があるのでわかります。船がやって来ました

乗る側は西成区。そして、木津川を渡って降りた側は大正区です。

渡船場から見える木津川水門落合下渡船
落合上渡船1落合上渡船2

ローカル感あふれるこの乗り場の外観は、何とも言えない風情すら感じます。

落合上渡船場 GooglePhotoより

以上で、現存する大阪市営の8箇所の渡船に乗船したことになります。


9.落合上渡船場から大正区役所か千島バス停~バスで

渡船巡りの最後
落合上渡船場から最寄りのバス停へ GooglePhotoより
渡船巡りは終わりバスで帰ります。

グーグルの地図によると、最短距離は千島公園の中を横切って大正区役所前のバス停まで歩くようになっています。しかし、公園内は円形に道が作ってあって方角がわかりにくく、道を間違え、最短距離で850m程度のところを、30分もかかってしまいましたので、写真に示した水色の点線経路のように、公園を迂回するほうがいいでしょう。

帰りはバスで適当なところまで出ることになります。バスの行き先は大正区役所前か千島公園前から大阪駅前、なんば、あべの橋行き等があります。バスの停留所の位置と行き先は、事前に考えておいて、大阪シティーバスのHPで調べておくといいでしょう。
あべのハルカス 遠望

千島公園から渡船場の方角を振り向くと、西日本一の高さを誇る「あべのハルカス」がそそり立っています。これで8箇所の渡船巡りはおしまいです。

以上、全行程の徒歩の距離は約15kmですが、渡船の待ち時間がかなりあったので、時刻表を見ながら歩くと、5時間以内で歩けそうな気がします。

一度は歩いてみたいと思っていた「現存する大阪市の渡船8ヶ所」を1人で歩きましたが、ぜひ、天気のいい日にご夫婦や友達同士でまわりの景色を楽しみながら1日を過ごすのはいかがでしょうか。(折り畳み自転車などで寄り道を楽しみながらもいいかもしれません)

長い文章でしたが、お付き合いいただき、ありがとうございます。


Page Top▲
H30.3月:GooglePhotoの3D版の写真を使わせていただきましたが、地図自体も、ルート検索も私が渡船めぐりをしたときよりも進化していて、すごいと感心しています。Googleさん、ありがとうございます。

全体時刻表

船町渡船場にあった全体時刻表

船町渡船場にあった全体の時刻表です。

H21.4月改定版ですが、甚兵衛渡船の7-8時台の通勤通学時間帯は随時に増便もあります。R3年3月現在もこのHPのものと同じで、変更ありません。

年末年始、祝祭日に利用される方は、始発最終に変更があります。チャレンジされる方は、こちらの大阪市の時刻表で事前確認をしてトライください。

  
PR

その他の記事

飛行機を見るには 千里川土手
千里川土手上空を飛行機が・・・
大阪空港に着陸する飛行機が着陸寸前の場所で迫力満点で見ることができるということで古くから有名でしたが、Googleのコマーシャル紹介されてさらに人が増えました。車にしろ徒歩にしろ、そこに行くには少し不便です。駐車場や周りの案内をしています。

源氏の滝
おりひめちゃん
大阪府交野(かたの)市は織姫伝説、洞窟巡りの磐船神社などちょっとした見どころがあり、夢多い町です。中でもパワースポットで有名になった源氏の滝ですが、私にとって、ちょっとした思い出のある場所です。パワースポットについては書いていません。

淀川を全部歩く
淀川
滋賀県の山奥から流れ出た水は、琵琶湖から瀬田川、宇治川、淀川と名前を変えて130kmを旅します。このうち、淀川の長さは38kmですが、ここを歩きました。河口0kmの先にまだ川が続いている様子などを紹介しています。

ナイフ作りで熱処理の基本を学ぼう
ナイフの熱処理
鋼の熱処理や特に「焼入れ」などは専門的でわかりにくいのですが、鋼種、加熱冷却の基本を知れば、ガスコンロなどで自分で熱処理することができます。これを知っていると、熱処理依頼をするにも、的を射た打ち合わせができるでしょう。ここでは、炭素工具鋼の熱処理をしながら、熱処理について説明しています。

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源
オペアンプ
初心者の方がオペアンプをいざ使うために書籍を読んでもわからないことがたくさん出てきます。私自身、電源や電源電圧などの基礎的なこともよくわかりませんでした。オペアンプに慣れるために、簡単な内容を紹介しています。その他オペアンプに関連した記事も書いています。

Page Top▲

【記事の更新】
H29.4月:YouTube動画(船町渡船)を読み込む時間がかかるので、リンクに変更しました。
H29.7月:徒歩区間の距離を書き加えました。
H30.3月:GooglePhoto3Dの写真を追加。サイドメニュー・リンク変更。
H30.8月・9月:文章見直し
H30.12月:文章見直し  H31.4月:文章見直し
R1.8月:文章見直し・時刻表確認
R1.12月:目次削除・見直し
R2.7月:内容確認
R2.9月:2コラムに。

その他の記事

WIN10にEWI USBをセッティング
EWIのCD
EWIはAKAIから発売されているクラリネットタイプの安価で丈夫なシンセサイザーで、購入当時のWIN-XPのCDでも、最新のWIN10-64Bitのパソコンなどにソフトをインストールして問題なく使用できています。10数年たっていてもインストールして楽しめます。

ナンバープレートの希望番号の実態は
希望ナンバー
自動車のナンバープレートで自分の好きな番号をつけることができる希望番号制度ができて年月が経ちますが、実際にナンバーの現状を調べてみました。キリ番など、明らかにそれとわかる台数の割合は意外と少ないのですが・・・。

焼入れするステンレスのウンチク
ステンレス鋼
焼入れするステンレス鋼の用途が広がっていますが、一般の工具鋼と違って、熱処理のしかたやその性質がわかりにくいという声を聞きます。一般書籍とは違う説明のしかたで、性質と分類、熱処理などについてさらっと紹介しています。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

阪急宝塚線で社寺名の3駅が続くところ
中山寺
中山観音駅、売布神社駅、清荒神駅と3駅が社寺の駅名の連続というのは珍しいでしょう。それを歩いて巡りました。たくさんのご利益をいただける感じがします。5km程度の距離です。お正月3が日はすごい人ですので、それを避けてトライしてみてはどうでしょうか。

PR