製品の仕組みを知る楽しみ

パナソニックのジェットウオッシャーEW1250Pのホースが破損したので修理しました。

Doltzウォータージェット修理済み外観

購入したのは2013年で、いまは製造中止で、後継のEW-DJ61に変わっています。

販売当時からホースの予備品などの販売はなく、販売店修理のみの対応するという保証内容で、自分で分解修理しないように・・・との注意書きがあります。

もちろん、この記事は私の忘備録として書いており、何かのヒントになればいいのですが、これを参考に修理等加工して問題が起きると困りますので、全て自己の責任で対応ください。

それでは、修理の記録を書いておきます。


ホースは特殊で、同等の市販品はなさそうです

本体取付部写真1

ノズル側取付部写真2

これは、本体取付部と、ノズル部を分解したホース取付部の写真です。

使用されているホースは、実測で、外形4.1mm、内径2.55mmです。しかし、取替部品は販売されていませんし、一般に販売されている細いホースは、「外形4mm・内径2mm」か「外形5mm・内径3mm」のもので、内径が2.5mm というものは見つかりませんでした。

このジェットウォッシャーは、保証期間の1年をすぎてから、数年使用後にホースが破れるトラブルが多かったようです。(WEBでもそのような記事があります)

それにもかかわらず、補修部品もなく、メーカー修理のみの対応となっています。(修理の問い合わせはしていませんが費用もかかるのでしょう)

ホームセンターでホースの代替品を探したものの、市販のものは、シリコンチューブ、ビニールチューブ、ブチルゴムなどの耐熱チューブ・・・などがあるのですが、同じサイズのやや硬質のものはありません。

最初から付いているホースは、収納に便利なように、丸くまとまるように成形されている特殊なもので、差込口には、ホースを差し込んであるところが、水の圧力で抜けないように、バネを利用して締め付けてあります。

その部分近くで水漏れを起こし始めて、どんどん水漏れが進行していったのですが、このあたりの修理加工は一般の人には難しいので、販売店を通して修理します・・・という事になっているのでしょう。


内径3mmのビニールホースで検討

ノズル側最大径写真3

とりあえず分解してみました。

写真のように、ノズル側の差込口の最大径が3.25mmで、先の写真のように、本体に取り付ける差込口の出っ張っている部分の最大径が3.35mmです。

もしも市販の内径2mmのホースであれば、1mm以上広げて差し込むのはきついので、今回は、内径3mmのホースを使うことにしました。

ホームセンターで購入した40円/mのビニールホース写真4

ホームセンターで1mあたり40円の切り売りしているビニールホースです。今回は、使い勝手を考えて、125cmの長さで使うことにしました。

購入したホースを実測すると、内径3.0mm、外形5.1mmで、ノズルとは、0.25-0.35mmの「はめシロ」ですが、柔軟性と密着性があるので、これで問題はなさそうです。

分解・再組み立ての手順と注意点

注意:透明のホースの写真は、取替後の写真を使用しています。そのようにご覧ください。

ホース取替後の本体との連結部写真5

本体側の固定部分は、ネジ2本を外せば、写真1のようになっていて、太くなっている部分はバネを利用した「抜けどめ」が差し込まれていますので、それをずらして差し込み部分からホースを外します。

固定している状態で引き抜くのは、少しやりにくいので、ネジを外したうえでホースを取り外すのがいいでしょう。

本体への接続部のパッキン部分写真6

外した部分は写真6のようにパッキンがあるので、傷つけないようにして、周りのよごれを清掃しておきましょう。

ホースを取り替えた後写真7

ホース(チューブ)を差し込むと、写真7のように、適当な感じで密着して固定されます。

取り外したバネ(写真14)は、内径が小さすぎるので、これは使いません。

しかし、このバネがなくても、写真7のように、しっかりと固定されており、修理後にウオッシャーを使用した場合も、水漏れ等がないのでこれでOKと思いますが、不安なら、細い針金などで絞り込んで固定したり、接着剤をつけて固定すればいいでしょう。

あとは、元通り、2本のネジで固定するだけです。

ノズル側は、少し大変ですが、順番にやっていきます。

ノズル先端部の拡大写真8

ノズル先端のキャップを外します。キャップの横に小さな「切れ込み」があるので、それを利用して外してください。キャップを差し込んであるだけです。

キャップを外したときのワイヤリング写真9

キャップを外すと、ノズルの固定リングがあります。写真9のリングの左側を細いペンチなどで持ち上げて、上まで持ってきてから右側に押して滑らせながら抜き取ります。

リングの詳細写真10

このリングは、平行部分で写真11のノズルの溝にハマってノズルを固定するものです。

ノズル差込口の内径測定写真11

リングを取り出したときに、変に曲げてしまってリングを変形させてしまった場合は、このノズルの溝部分にリングの並行部分がくるようにする必要があるために、リングを最後にはめ込んだときの平行部分の寸法が5.0-5.2mmになるように成形しておくと、ノズルがしっくりとハマるようになります。写真10のように平行にするのではなく、広げたときに5mmになるには、少し平行部内側が広がる感じがベストでしょう。

ノズル部本体の3本のネジを外して解体写真12

ノズルの解体は、まず3本のネジを外します。このとき、きっちりとしたプラスドライバーを使うようにして、ネジ穴を壊さないようにしましょう。

ノズル先端部の取り外しネジ写真13

ノズル先端部は残りのネジ1本を取ると、写真13のようになります。古いホースを除去し、写真12のように、ホースを裏から通して写真13のように差し込みます。

抜けどめに使用していたバネ(写真14)は使用しません。

この部分も、写真13のように、差し込んだホースはしっくりと固定されていますが、心配なら、針金などで縛るか、接着剤を利用して抜けにくいようにしてください。この写真13の状態で、何もしなくても水漏れは起きていません。

組み立てには使わないスプリング写真14

この2つの「抜けどめ」用のコイルは使用しませんでしたが、安定して使えることを確認するまでとっておいてください。

組み立ては、分解した逆の順序で行います。

以上で補修は完了です。

ちなみに、最初から付いているホースが破れたときには、すでに保証期間がすぎており、ホースの替えがないので、外国製の安い携帯用のウオッシャーを購入したのですが、やはり、使用感は、この製品に劣りました。

この製品の購入から長らく経つので、修理も受け付けてもらえないかもしれませんし、後継機が販売されており、実売価格が8000円以上ですので、捨てるのももったいないです。

結構うまく出来た製品ですので、自分で修理すると、余計に愛着を感じます。

このように修理ができたポイントといえば、ノズル差し込み部分の寸法の締めしろが0.25-0.35mmと、少し太くなっていたことで、市販のやわらかくて密着性のある「安い」ビニールホースが使えたということです。

修理する場合は、まず分解して、市販品が使えるかを実測するなどで確かめた上で作業に入るようにしなければならないことに注意しておいてください。

メーカーは「修理してはいけない」と注意書きをしているものの、3年程度でだめになる部品を(多分)後継機でも同じように使用しているのであれば、これは消費者に配慮しているとは言えない感じがしますが、どうなのでしょう?

購入後7年以上経過していますが、メーカーでの修理は受け付けていると思うのですが、数百円ではやってもらえないでしょう。しかし、自分で修理する場合はあくまでも自己責任になります。それでも良い・・・という場合だけ、この記事を参考にして修理してくださいネ。



その他の私の記事の紹介

大阪市営渡船 【大阪市営渡船を歩きました
大阪市には8か所渡船が運行しています。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、乗船は無料。自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

大阪城の公衆トイレ  【大阪城のトイレを全部紹介
大阪の主要な観光名所で外人さんもたくさん訪れる大阪城の公衆トイレを紹介しています。時間とともに改善されてきているのですが、コンセプトがないというか、全体的にいま一つという感じがするのですが、全部の外観写真を見て、皆さん、どう感じます?

ナイフ作りと熱処理を実践 【ナイフを作りながら熱処理の基本を学ぼう
鋼の熱処理・焼入れは、専門的で難しそうですが、鋼種や基本のポイントを押さえれば家庭のガスコンロで焼入れができます。金のこをナイフに加工して、それを熱処理しながら方法や熱処理理論などを説明しています。

焼入れして硬化するステンレス鋼 【焼入れするステンレスのウンチク
焼入れして硬くできるマルテンサイト系ステンレス鋼は、カスタムナイフの材料として人気があるのですが、熱処理の仕方や熱処理による性質がわかりにくいという声を聞きます。それらについて説明しています。

電子工作のヒント 【電子工作 楽しく遊ぶためのヒント
電子工作をやりたいと思って書籍を読んでも、わからないところは、いつまでたってもわからないということはありませんか? 初心者にもわかるようになることを目標に、いくつかの電子工作の初歩的な内容を取り上げて説明しています。

Hanako's Papa のインデックスのページ 【INDEXのページへ
私のすべての記事のINDEXページです。

(来歴)R2.1記事作成  R2.2見直し