楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

  

近年はオペアンプの価格が安くなっており、価格を考えないで使いやすくなっています。このオペアンプは、非常に増幅率が高いことが特徴で、内部でダーリントン結合回路などによって簡単に高い増幅率が得られます。

オペアンプは別に紹介するとして、ここでは、バイポーラトランジスタでダーリントン接続回路を利用して高い増幅率を得る方法を試してみましょう。

通常のトランジスタでは、例えば電流増幅率は50~300程度のものが多いのですが、このダーリントン接続回路を使えば、トランジスタの増幅率の掛け算(例えば、増幅率100のものを2つ用いれば、10000倍というように)とてつもなくすごい増幅ができるのです。

難しい内容ではないので、ダーリントン接続について見ていきましょう。ごちゃごちゃといろんなことを書いていますが、ヒントになりそうなところだけをピックアップしていただくといいでしょう。


基本のダーリントン回路

  

ここでは、この回路で考えます。NPNのバイポーラトランジスタを使ったエミッタ接地の回路だけで見ていきますが、原理を理解するのは、これが一番わかりやすいと思います。

ダーリントンエミッタ接地回路例

このように、トランジスタを2つつないだものをダーリントン接続といいます。今までと同じように、2SC1815を使って、5Vの定電圧電源を使って、この回路についていろいろ見ていきましょう。

他のトランジスタも同様に使えます。前のページで説明しています。2SC1815に限らず、NPNの似たような電力増幅用トランジスタが手元にあれば、同じようにそれらを使っても問題ありません。

前のページで使ったときの2SC1815の電流増幅率はほぼ100に近かったので、ここでも、2SC1815の電力増幅率を100とすると、2つのトランジスタを使うと、この回路では、100x100=10000倍という増幅率になるというのです。しかしもちろん、これは、理論上の話です。

実際には、ベース電圧、ベース電流、コレクタ電流、温度、トランジスタ個々の特性・・・等によってその時の増幅率が変わリます。

それが100なのかどうかは、測定してみないとはっきりした数字はわからないのですが、2つのトランジスタの増幅率を足し算するのではなく「掛け算する」という増幅になるので、すごい増幅率が得られるのです。

・・・と言っても、データシートによると、2SC1815の最大コレクタ電流は150mAで、コレクタ・エミッタ電圧は50Vですので、それ以上の電流を使う大きなモータなどを制御するのは難しいですネ。

しかし前回までは10数mAのLEDを点灯させる話でしたので、小さな電流変化で0~100mAをコントロールできるのはすごいですし、トランジスタは「スイッチ」としての利用するのも主な目的ですので、このダーリントン結合について知っておくと、かなり応用ができそうですね。

負荷が100mAというのは、例えば、LEDを10個ぐらいをつないで輝度を変えることなどは簡単にできそうですし、先に出てきた、DCモーター(FA-130RA)などの負荷電流が100mA以下のものであれば、直接にそのコントロールができるのはすごいことです。

直接に駆動できなくても、100mA以下で作動するリレーを使うことによって、それをON-OFFすれば「非常に大きな物を動かす仕事」も簡単に行うことができます。

このようなことを、知っているのと知らないのとでは、「遊び」の内容が変わってくるでしょう。

まずはいろいろと頭の中で考えて、それを実際に、ブレッドボードで組み立てて電流値などを測定していきましょう。

回路の数値を決めていきます

回路の考え方

回路を簡単にしてありますが、左がこれまでのLEDの点灯で使った回路で、右がこれから考えようとしているダーリントン回路です。

今までのおさらいをしながら、ダーリントン回路の「R2」をきめることを考えていきます。一つずつ考えて行きます。

左側はLEDに15mAの電流が流れるようにするために、3つの基本を使って33kΩの抵抗値を決めたのでしたね。この3つの基本は

①コレクタ電流Ic=ベース電流Ibx電流増幅率h
②コレクタ電流Ic=エミッタ電流Ie
③エミッタベース間電圧Vbe=0.7V
   ・・・でした。

そのために、トランジスタ2SC1815の電流増幅率が100とすると、オームの法則から、Ib1に流す電流は、0.015/100=150μA です。 そして、基本の③で、トランジスタの電圧降下は0.7Vと考えることにしていることから、求めたい抵抗値は R=E/I なので、 (5-0.7)/0.00015=28.7kΩ となるので、市販されている近い抵抗器を探すと 33kΩ ・・・ が近いということでそれが決まりました。(前ページでやった復習です)

これと同様に、ダーリントン回路について考えると、電流増幅率は100x100の10000なので、1つ目のトランジスタに流すベース電流Ib2は、 0.1/10000=10μAで、トランジスタが2つなので、0.7x2の電圧降下があるので、オームの法則から、 (5-1.4)/0.00001=514kΩ となります。

市販のものでそれに近い抵抗器は510kΩがありますので、R2は510kΩを使います。

次に負荷についてどうするか・・・ですが

負荷は100mAの電流が流れる「抵抗器」を使いたいのですが、その抵抗値はいくらにすればいいのでしょうか?

これも、オームの法則で計算できますね。 R=E/I から、100mA流して5Vの電圧降下があるのですから、5/0.1=50Ω の抵抗をつければいいということになります。

このときの消費電力は、P=IE から 0.1x5=0.5(W)なので、その3倍以上の大きな抵抗器を使う必要がある・・・ということも、頭に浮かんできましたか? 

しかし、何としたことか、私の部品箱を見ますと、適当な50Ω2W程度の抵抗器の持ち合わせがありません。困ってしまいましたが、そこで、4倍の200Ω(1/4W)の抵抗器4本を並列にして使うことにします。

あまりいい方法ではありませんが、短時間に電流を確認するだけなので、1/4x4=1Wとなり、これは3倍ではありませんが、これでやってみます。

4つの個々の抵抗値の実測値は 201,202,202,203Ωでした。それを並列にして抵抗値を測ると、50.1Ωになっています。OKですね。

50Ωの合成抵抗をつくってみた

短時間の実験用で、電流値のチェックをするためだけのものですので、とりあえず回路を組んで確認してみましょう。電源は、このHPの最初に、充電器を細工して製作した5V(1A)の定電圧電源です。

確認用の回路を組みました

測定用の回路を組んだ状態

下は実測値です。コレクタ電流、ベース電流などを測定すると、下図のようになりました。

実測した結果

この図のように、7μAを2SC1815のベースに流すと、71.9mAのコレクタ電流を流れました。

これを単純計算すると、71.9/0.007=10271倍の増幅率になっていることがわかります。

ただこのとき、測定中に1~2分程度電流を流していると、抵抗値は手で触って感じるほど熱くなっています。電流によって、発熱しているのです。

やはり、たくさん電流を流すときは、余裕のある回路を考えないといけないということと、必要な場合は「放熱対策」なども必要になってきます。

これだけでは面白味がないので何かをしてみましょう

電流測定の実験をするだけなら、このような抵抗器の負荷でもいいのですが、やはり、目に見えてわかるのが楽しそうなので、やはりここでは、LEDを使って何かしてみましょう。

いつもの砲弾型を使ってもいいのですが、ここでは、遊び心から、手持ちのLEDで、中国製の「順電圧3.5-4.0V RGB(FAST)」という派手なLEDがありますので、それを使ってみます。

ここでも、1から考えていく経過を示しますので、今までやってきたLEDの考え方も「自分のモノ」になるように理解していってください。


回路は今までを参考にして・・・

LED検討用回路例

先の実験で、510kΩを介してベース電流を7μA流すと70mA流れたので、LED1個に付き10mA流れるとすれば70/10=7個、5mAとすれば14個くらいの数のLEDが点灯できそうですね。

計算する数字としては、100mAが流れることを前提にして考えていきます。

図のようにLEDを並列にすると、それぞれのLEDに加わる電圧は同じなので、LEDの特性が同じであれば、同じように光ってくれるはずです。

LEDの電流制限抵抗を計算しましょう

LED点灯のために100mA流すとすると、LEDの順電圧を3.5Vとすると、R=E/I から、(5-3.5)/0.1=15Ω の電流制限抵抗を取り付けます。

抵抗器の大きさを考えると 電力W=IE=I2R=0.05Wで、1/2W形の抵抗器がほしいのですが、手持ちがありません。

これも手元にある33Ω(1/4W)を2個並列にすると、16Ω(実測)ですので、そのようにして使ってみます。

ボリュームを回すとLEDが消えるようにしたい・・・

前に実験した回路と同様に、可変抵抗器(ボリューム)をつけて電流を変えるのですが、ボリュームを絞ってLEDが消えた時に、ベース電流が流れないようにするために、アースにつないでおきます。それで、LEDが消えた時に、ベース電流はゼロになります。

ここで今回は、非常に小さなベース電流を10000倍に増幅するので、ボリュームの抵抗値について、少し考えないといけません。

前回は100kΩのボリュームを使ったのですが、それでは、電圧降下用に使っている510kΩより小さい抵抗のために、7μAのほとんどがアース側に流れてしまって、ベースに電流が流れなくなります。

そのため、1桁大きい1MΩの可変抵抗器にします。

そうすると、 1.4/15000000=0.9μA がアースに流れる電流なので、ベースには (7-0.9)≒6μA が流れるので、増幅率が約10000倍なので、6x10000=60mAの電流が流れる・・・と計算できます。

ここでは、LEDはとりあえず10個を並列につけてみます。

回路を組んで見ましょう。そして電流値も測っていきます。

出来上がった状態

LEDを10個点灯する回路を組んでみた点滅変色を繰り返します

点灯してみると、全電流が35mA程度で十分光ります。このLEDは「5mm砲弾型 RGB7色 自動点滅」とあり、いろいろな色でに変化して点滅しますので、「色が変わりながら点滅する・・・」というように、かなり派手なLEDです。

YouTubeに点灯している様子をアップしました。(眩しい映像なので、凝視しないように注意ください)

映像では、最初は35mA程度で点灯し、途中から、2mA程度までボリュームを絞り、また、35mA に戻している映像になっています。

まだまだ電流的には余裕あるので、かなりのLEDが点灯できそうです。

組み上がった状態で、電流増幅率を測りましたが、ベース電流が1μAでコレクタ電流が39mA前後と、39000倍という数字になりました。ベース電流が2000μレンジで0となっていても、15mA以上のコレクタ電流が流れています。

これは、どうも正しいとは思えません。

なぜでしょう? かんたんなテスターを回路に直列につないでいるので、1μAという数字を扱うのは無理だと考えられるからです。 

ただ、結論としては、こんな小さく安価なトランジスタで、このようなことができるということがわかっただけでも、すごいことです。

ここまで、バイポーラトランジスタについて見てきましたが、小さな制御電圧での変化で、負荷電流を操作する方法を紹介してきました。何かのお役に立てれば幸いです。

次は、バイポーラと同様によく使われる電界効果トランジスタFETについて見ていきましょう。

→ FETを使ってみる

→ INDEX(目次)のページへ


PR

その他の記事紹介

大阪城を別な見方で紹介 大阪城でぜひチェックしたい隠れた見どころ
ビルに映る大阪城 日本庭園 などあまりメジャーでない大阪城を紹介しています。コロナウイルスの影響で中国系観光客が減っているので、少し別の角度で大阪城を見てみるのはどうでしょうか。

大阪市営渡船 大阪市営渡船を歩きました
大阪市には8か所渡船が運行しています。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、乗船は無料。自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

ナイフ作りと熱処理を実践 ナイフを作りながら熱処理の基本を学ぼう
鋼の熱処理・焼入れは、専門的で難しそうですが、鋼種や基本のポイントを押さえれば家庭のガスコンロで焼入れができます。金のこをナイフに加工して、それを熱処理しながら方法や熱処理理論などを説明しています。

焼入れして硬化するステンレス鋼 焼入れするステンレスのウンチク
焼入れして硬くできるマルテンサイト系ステンレス鋼は、カスタムナイフの材料として人気があるのですが、熱処理の仕方や熱処理による性質がわかりにくいという声を聞きます。それらについて説明しています。

火花試験 ナンバープレートの希望番号の実体は
車のナンバープレートを好きな数字にできる制度が2005年にできたのですが、実際の番号を調べてみると、意外に少ない感じがします。皆さんはどのくらい希望番号を申請していると思いますか。

Hanako's Papa のインデックスのページ INDEXのページへ
私のすべての記事のINDEXページです。
Page Top▲
(来歴)R2.2記事作成  R2.4見直し   R2.8様式2カラムに  R2.9見直し

電子工作記事の目次

最小限必要なことのおさらい(1-1)

最小限必要なことのおさらい(1-2)

電子工作に使う電源のいろいろ(1-3)

最小限 必要な準備をしましょう

LEDで遊んでみよう

Arduino用センサキットのLEDで遊べそうですか

7セグLEDをアナログ的に使う

バータイプLEDを使ってみる

ろーそくICとはどんなものなのでしょうか

モーターを使って遊んでみよう

DCモーターの回転数を変えてみる

DCモーター用のドライバー

モータードライバーNJU7386を使ってみる

電子工作に使えそうなバイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタの互換性を見てみよう

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

電界効果トランジスタFETの基礎

発振によってBEEP音を出してみよう

マルチバイブレータでLED点滅

その他の発振回路:少部品で確実に発振する回路

CdSセルを使ってみよう

電子工作に使えそうなスイッチ類

メカニカルリレーを使った自己保持回路

磁気に反応するホールICを使ってみる

磁気センサの「磁気抵抗素子」

メロディーICを使ってみましょう

サーミスタと温度センサICを紹介します

光を利用する発光受光素子

フォトインタラプタとフォトリフレクタ

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源

オペアンプの使い方(2)コンパレータ

オペアンプの使い方(3)非反転増幅

オペアンプの使い方(4)反転増幅回路

オペアンプを使った発振回路

タイマーIC NE555を使って見よう

タイマーIC「555」を使い倒そう 

コンデンサマイク用ミニアンプを試作

10進カウンタICとシフトレジスタIC

ボルテージディテクタ・リセットIC

バイナリカウンターを使ってみよう

エレキギターを作ってみる

テスターとオームの法則から始まる電子工作

応用のページのINDEX(目次)

関連記事のINDEX(目次)


その他の記事

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

フィリピンへ英語の勉強に行こう!
フィリピン英語留学
英会話を学ぼうと1ヶ月間セブ空港のあるマクタン島に短期留学したときの内容です。会社に在職中のシニアが単身1ヶ月留学でしたが、行ってよかったと思っています。今、新型コロナの影響で渡航は難しいのですが、何かの参考になれば・・・。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。

おすすめのスポンサーサイト







レアジョブは満足度No1、hanasoはNo2と自社でPRしているところからおすすめです。私はhanasoで5年以上学んでいます。しっかりしたオンライン英会話サイトは長続きできます。
ネイティブと話すにはNOVAが安くて便利です。他の教室も利用できるしマンツーマンの授業料も安くなっています。














趣味の世界はよくわかりませんが、最近息子がフィギュアや船のプラモデルを作っているのを見て、非常に奥深いのを感心しながら見ています。結構高価なものも多く、完全に大人の趣味の世界ですね。








   

私の利用しているWEB関連の会社です。HPがわかりやすいので長い間利用しています。ストレスがないので長く使えているのでしょう。