楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント

バータイプLED(5ドット・10バー)を使ってみる

  

レベルメータなどに使われるバータイプのLED表示器をアナログ的に使う方法をみてみましょう。

バータイプLEDの例 

ここでは、10バーのOSX10201-GYR1と5バーのOSX0520-GGR1を使って説明します.

このLEDの左下に小さな切り欠きがあり、それに対してピンの配置は下のようになっていて、それぞれのLEDが独立していますので、それぞれに電流制限抵抗(ここでは220Ω使用)をつけて通電すれば、位置や順番を表示させる「表示器」として使用できます。

バーLEDを点灯させているところ

全点灯させると、LEDの色によって輝度の違いがありますが、気になるようなら、制限抵抗の値を変えて調整することも可能です。

10セグ 5セグのバーLEDの例

ここでは、①制御IC(DCT7350-0)を使った連続点灯 ②レベルメータ用IC(LA2284A)を使ったレベル表示などの使い方を紹介します。

バーLEDの結線図

何かに応用できるようであれば、参考にしてください。

10バーLED+出力制御IC(CDT7350-0)

データシートは中国語なので、Google翻訳を利用しながら読んでみますと、このICは自動車のブレーキランプ用に使われており、ブレーキを踏むと、色んなパターンでブレーキランプを点灯させるという用途で作られているようです。

12V(2から15V)で、ボリュームを使って点滅速度を変えることができる・・・となっています。

データシートには標準回路が掲載されていますが、それを、手元にある部品を使うように、次のような回路に書き換えて動作を確認してみました。

OSX10201を使った回路例

ブレッドボードに組み付けた状態

データシートの説明では、(1)フラッシュ  (2)全点灯  (3)全点滅  (4)前後にフラッシュ (5)連続点灯 ・・・ ができるとありますが、

回路図に対応したスイッチでは、 ①順番に点灯し往復移動  ②全点灯  ③L1のみ点灯 ④全灯が点滅 ・・・ の4パターンで発光します。

スイッチを2つ以上ONにすると、正しく作動しないようです。

1MΩと0.001μFの数値を変えると周期が変わり、1Mを大きくすると周期が長くなることを確認しました。

①の点滅移動は、1灯の場合と2灯ずつの場合があり、何かのタイミングでそうなるのですが、どのように選択すればいいのかよくわかりません。

①の点灯移動と④の全点滅の様子をユーチューブでご覧いただけます。(→こちら)

Aruduinoなどのワンボードマイコンなどを使うと、もっと多彩なことができそうですし、MODEを使って変化させる使い方もありそうですが、ここでは、以上の簡単な紹介に留めます。

LA2284AレベルメータIC+5バーLED

10バーのレベルメーター用ICについては、DCT7350-0(出力制御用IC)やLM3914N-1(10ポイントリニアスケールレベルメータIC)などがあります。

ここでは、5バーLED制御用のレベルメータ用IC LA2284A を使ってその様子を示します。

5バーLEDと制御用IC LA2284A

データシートにある回路図と結線図

データシートの回路図を見ると、「INPUT」に入った交流入力電圧をコンパレータで仕分けして、レベルに応じてLEDを光らしているようです。

コンパレータの配分値

適当な「交流源」が必要なので、下のような電子オルゴール(→こちらの記事で製作)をつないでボリュームを調整すると、音楽に合わせてLED光ります。

UM66TとLA2284Aの使用例

(注1)UM66Tの作動電圧がMax4.5Vのため、5V電源を使っているために電圧を下げています。

ブレッドボードに回路を組んでみた

5バーLEDの組付け例

また、簡単なアンプ(→こちらの記事で製作)を使っても、声の大きさでレベルメーターが働きます。

NJM386BDを使ったアンプの回路図例

レベルメーター部分の回路の取付部品も少なく、部品自体も安いものですので、時間があるときに、この回路を追加して遊んでみてください。


→ INDEX(目次)のページへ その他の電子工作へのヒントに


  PR


その他の私の記事の紹介

ナイフ作りで熱処理の基本を学ぼう
ナイフの熱処理
鋼の熱処理や特に「焼入れ」などは専門的でわかりにくいのですが、鋼種、加熱冷却の基本を知れば、ガスコンロなどで自分で熱処理することができます。これを知っていると、熱処理依頼をするにも、的を射た打ち合わせができるでしょう。ここでは、炭素工具鋼の熱処理をしながら、熱処理について説明しています。

 【大阪市営渡船8ヶ所を歩いて巡りました
大阪市営渡船
大阪市にかかる川を行き来するために、大阪市が運営する渡船が8か所あります。それを徒歩で踏破しました。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

焼入れするステンレスのウンチク
ステンレス鋼
焼入れするステンレス鋼の用途が広がっていますが、一般の工具鋼と違って、熱処理のしかたやその性質がわかりにくいという声を聞きます。一般書籍とは違う説明のしかたで、性質と分類、熱処理などについてさらっと紹介しています。

私の大阪ことば 大阪弁
太陽の塔 夜の顔
50年住んだ東大阪市(旧河内市)を離れて豊中に移ったところ、大阪弁が半分消えてしまっています。話し言葉は変わるのは当然ですが、少し寂しい感じなので、私の話し言葉を録音しました。10年後にはどうなるのか、楽しみでもあり心配でもあります。

Page Top▲
(来歴)R2.12記事作成 

電子工作記事の目次

最小限必要なことのおさらい(1-1)

最小限必要なことのおさらい(1-2)

電子工作に使う電源のいろいろ(1-3)

最小限 必要な準備をしましょう

LEDで遊んでみよう

Arduino用センサキットのLEDで遊べそうですか

7セグLEDをアナログ的に使う

バータイプLEDを使ってみる

ろーそくICとはどんなものなのでしょうか

モーターを使って遊んでみよう

DCモーターの回転数を変えてみる

DCモーター用のドライバー

モータードライバーNJU7386を使ってみる

電子工作に使えそうなバイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタの互換性を見てみよう

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

電界効果トランジスタFETの基礎

発振によってBEEP音を出してみよう

マルチバイブレータでLED点滅

その他の発振回路:少部品で確実に発振する回路

CdSセルを使ってみよう

電子工作に使えそうなスイッチ類

メカニカルリレーを使った自己保持回路

磁気に反応するホールICを使ってみる

磁気センサの「磁気抵抗素子」

メロディーICを使ってみましょう

サーミスタと温度センサICを紹介します

光を利用する発光受光素子

フォトインタラプタとフォトリフレクタ

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源

オペアンプの使い方(2)コンパレータ

オペアンプの使い方(3)非反転増幅

オペアンプの使い方(4)反転増幅回路

オペアンプを使った発振回路

タイマーIC NE555を使って見よう

タイマーIC「555」を使い倒そう 

コンデンサマイク用ミニアンプを試作

10進カウンタICとシフトレジスタIC

ボルテージディテクタ・リセットIC

バイナリカウンターを使ってみよう

エレキギターを作ってみる

テスターとオームの法則から始まる電子工作

応用のページのINDEX(目次)

関連記事のINDEX(目次)


PR


その他の記事

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

フィリピンへ英語の勉強に行こう!
フィリピン英語留学
英会話を学ぼうと1ヶ月間セブ空港のあるマクタン島に短期留学したときの内容です。会社に在職中のシニアが単身1ヶ月留学でしたが、行ってよかったと思っています。今、新型コロナの影響で渡航は難しいのですが、何かの参考になれば・・・。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報は随時更新。

おすすめのスポンサーサイト







レアジョブは満足度No1、hanasoはNo2と自社でPRしているところからおすすめです。私はhanasoで5年以上学んでいます。しっかりしたオンライン英会話サイトは長続きできます。
ネイティブと話すにはNOVAが安くて便利です。他の教室も利用できるしマンツーマンの授業料も安くなっています。
















趣味の世界はよくわかりませんが、最近息子がフィギュアや船のプラモデルを作っているのを見て、非常に奥深いのを感心しながら見ています。結構高価なものも多く、完全に大人の趣味の世界ですね。








   

私の利用しているWEB関連の会社です。HPがわかりやすいので長い間利用しています。ストレスがないので長く使えているのでしょう。