楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント

フォトインタラプタとフォトリフレクター

これらは、光を出す素子(この場合は赤外線LED)と光を受けて反応する素子(この場合はフォトトランジスタ)が組み合わさった部品です。

ここではもう少しこれらの特性と応用例を見てみましょう。これらの型番はメーカー廃盤になっているかもしれませんが、同型番はまだ購入できますし、他型番でも考え方などは同じです。

フォトインタラプタとフォトリフレクタの例

このフォトインタラプタCNZ1023は、赤外線LEDとフォトトランジスタがコの字型の隙間の両側に配置されています。

この隙間を塞ぐ・塞がない(またはLEDの光を受けるか受けないか)でフォトトランジスタに流れる電圧または電流の変化することで、隙間に遮蔽物のあるなしを判定できます。

また右のフォトリフレクタLBR-127HLDは、同様に赤外線LEDとフォトトランジスタが前向きに配置されており、反射してくる赤外線を捉えて、その量でトランジスタに流れる電圧(または電流)が変化するので、近接物のある無しや近接物までの距離を知ることができます。

基本的な使い方(回路図)は同じです。

基本的な回路例

(注意)それぞれ片方の足が長くなっており区別できるようになっていますが、アノードとエミッタの足が長くなっています。ただLED側はいいのですが、トランジスタ側はコレクタ→エミッタに電流が流れるのですが、エミッタの足が長くなっています。私も間違ったのですが、逆につないでしまいそうなので注意しましょう。データシートで確認しながら結線してください。

ここで、その変化の様子などを見てみます。



フォトインタラプタ CNZ1023

こちらのページでも紹介しましたが、コの字型の隙間部分を遮るとフォトトランジスタに電流が流れないので、上図の出力端には電圧、電流の差が生じます。

測定結果の再掲(データを再掲)

この場合は電源5Vに対して3つの抵抗を変えて測定しましたが、高い電圧差を得ようとすると抵抗R は大きくしないほうが良さそうですね。

電流の差は小さいので、電圧差を捉えるほうがいいと思います。

ここでは、一つの使い方として、遮蔽による電圧差を捉えて、モーターの回転数をオシロスコープで見る方法を紹介します。

フォトインタラプタによる回転数の検出

下の写真のように、3V用DCモーター(FA130)に回転盤をつけて、その一部に切れ込みを入れて、土台にインタラプタ(CNZ1023)とともに固定しています。

そして、モーターの端子をオシロスコープにつないで表示されるデジタル情報で毎秒の周波数を読み、それを60倍すると毎分の回転数(RPM)になります。

電圧とDCモーター回転数の関係

ここで使用したモーターFA130は、マブチモーターの純正品とは異なり、非常に消費電力が少なく、回転速度も遅いものですが、いずれにしても、これで見ると、電圧にほぼ比例した回転数になっていることがわかります。

オシロスコープで見る回転状態

これは使い方の一例ですが、インタラプタのコの字内に入るものであれば、品物があるかどうかや穴の有無を判定したり、複数個を使って品物の位置決めをする・・・などにも使えそうです。

今回の場合は、光量変化はアナログ的な変化になっていますが、例えば穴があるかないかなどの判定には、後で紹介するコンパレータの回路を使って制限値を設けて行うのもいいでしょう。

フォトリフレクタ LBR-127HLD 

フォトリフレクターの使用回路例

同じようにフォトリフレクターについて、この回路図を使って、どのような特性になっているのかを確かめました。 (この場合も、足の長さに惑わされないように、コレクタ・エミッタをデータシートで確認しながら結線するようにしてください)

フォトレフレクタの結線状態

フォトリフレクターの上部に何も障害物がなければ、下の写真のように4.91Vの電圧出力がありました。(ほぼ電源電圧と同じで、インスタントカメラでは赤外線LEDが光っているのがわかります)

障害物がなければ4.91Vが出力

光量が減ると、電圧が低くなっていきます。

フォトリフレクターで色の違い(反射度)を判定する

赤外線は黒いものに吸収されやすい性質があります。 また、色の違いによる反射度の違いが出ます。

それを利用して、例えば、よく行われている例としては、ロボットマウスなどを「引かれた線」に沿って動く動作をさせること・・・などに使うことができます。

黒の線で赤外線の吸収を見る実験

ここでは、紙に黒い線を引いて、白の部分と黒の部分との電圧を見てみました。すると、下のように0.71V程度の差が検出されました。

電圧差が見られます

もちろん、紙との距離による差の影響もでるので、きっちりとセンサーと対象物の距離を固定して詳しく測定すると、微妙な色の差(反射度の差)なども検出できるでしょう。


フォトリフレクターで距離を測る

次は距離の測定について見てみます。 

一般で使われている「距離計・距離センサー」なども同じ仕組みを利用しているのですが、反射した赤外線をフォトトランジスタが捉える量によって電圧差が生じます。

電圧と距離の関係を知ればセンサーと測定物との距離がわかります。

距離も測定できます

ここでは、反射度を良くするために鏡を用いてセンサと鏡の距離と電圧を測定しました。 

もちろん、手持ちですし、測定もきっちりしたものではありませんが、距離と電圧の関係が見られる点に注目してください。

電圧と距離の関係

このセンサでは、近距離が変化量が多いので、そこを利用するといいでしょう。

コンパレーターを加えて障害物までの距離を特定する

距離と電圧の関係はアナログ的ですが、例えば、**cmになったら警報を出したい等の動作は、オペアンプのコンパレータ回路を利用すると、少ない部品で簡単に使えそうです。

これを応用すれば、ロボットが壁に近づいたときに方向転換したり、別の動作を加えることもできますね。

オペアンプは、今まで使っているLM358Nを使いますが、片電源で使える安価なものであれば、使いやすいですし、また、どんなものでも使えますので、安価なもので試してみてください。

おさらいになりますが、LM358Nを使ったコンパレータは、次の回路で説明しました。

コンパレーターを考える参考回路例

ここでは、ピン3に加える電圧は5Vの半分になるようにして、ON-OFFしたい電圧は、10kΩのボリュームを使ってピン2に加割るようにしています。

そして、ピン2の電圧がピン3よりも大きくなったら、出力がゼロになりました。

それと同様に考えれば、今回は、フォトリフレクターの電圧が、距離に対応する電圧になれば出力がONになればいいことになります。

そこで、次のような回路にしました。

今回使ったフォトレフレクタとオペアンプの回路例

10kΩで判定しようとする電圧を決めます。 実際に使用する場合は、電圧と距離の関係を測定したものから電圧を決めるよりも、実際にセンサを壁などに近づけたときに反応するようにボリュームを調節するといいでしょう。

オペアンプを使った結線例

このオペアンプは、5Vの電源電圧では、障害物がないときには3.63Vの最大電圧が出力されており、障害物を近づけるとフォトレフレクタの電圧は下がっていくのですが、その電圧が、設定した値まで下がると、それを境に出力電圧はゼロになります。

コンパレータの作用例イメージ(イメージ)

これは原理的なものを見るための実験回路ですので、出力がMAXから0になるような回路ですが、例えば、センサが対象物に近づくと何かの動作をさせるためにMAX電圧をかける方法なども考えていくと面白いでしょう。

このHPは、電子工作のヒントを書いていますので、具体的な応用例は別に考えることにして、この内容は以上とします。

→目次のページへ 


Page Top▲

その他の記事の紹介

大阪城を別な見方で紹介 大阪城でぜひチェックしたい隠れた見どころ
ビルに映る大阪城 日本庭園 などあまりメジャーでない大阪城を紹介しています。コロナウイルスの影響で中国系観光客が減っているので、少し別の角度で大阪城を見てみるのはどうでしょうか。

大阪市営渡船 大阪市営渡船を歩きました
大阪市には8か所渡船が運行しています。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、乗船は無料。自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

ナイフ作りと熱処理を実践 ナイフを作りながら熱処理の基本を学ぼう
鋼の熱処理・焼入れは、専門的で難しそうですが、鋼種や基本のポイントを押さえれば家庭のガスコンロで焼入れができます。金のこをナイフに加工して、それを熱処理しながら方法や熱処理理論などを説明しています。

焼入れして硬化するステンレス鋼 焼入れするステンレスのウンチク
焼入れして硬くできるマルテンサイト系ステンレス鋼は、カスタムナイフの材料として人気があるのですが、熱処理の仕方や熱処理による性質がわかりにくいという声を聞きます。それらについて説明しています。

火花試験 ナンバープレートの希望番号の実体は
車のナンバープレートを好きな数字にできる制度が2005年にできたのですが、実際の番号を調べてみると、意外に少ない感じがします。皆さんはどのくらい希望番号を申請していると思いますか。

Hanako's Papa のインデックスのページ INDEXのページへ
私のすべての記事のINDEXページです。

(来歴)R2.10記事作成

電子工作記事の目次

最小限必要なことのおさらい(1-1)

最小限必要なことのおさらい(1-2)

電子工作に使う電源のいろいろ(1-3)

最小限 必要な準備をしましょう

LEDで遊んでみよう

Arduino用センサキットのLEDで遊べそうですか

7セグLEDをアナログ的に使う

バータイプLEDを使ってみる

ろーそくICとはどんなものなのでしょうか

モーターを使って遊んでみよう

DCモーターの回転数を変えてみる

DCモーター用のドライバー

モータードライバーNJU7386を使ってみる

電子工作に使えそうなバイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタの互換性を見てみよう

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

電界効果トランジスタFETの基礎

発振によってBEEP音を出してみよう

マルチバイブレータでLED点滅

その他の発振回路:少部品で確実に発振する回路

CdSセルを使ってみよう

電子工作に使えそうなスイッチ類

メカニカルリレーを使った自己保持回路

磁気に反応するホールICを使ってみる

磁気センサの「磁気抵抗素子」

メロディーICを使ってみましょう

サーミスタと温度センサICを紹介します

光を利用する発光受光素子

フォトインタラプタとフォトリフレクタ

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源

オペアンプの使い方(2)コンパレータ

オペアンプの使い方(3)非反転増幅

オペアンプの使い方(4)反転増幅回路

オペアンプを使った発振回路

タイマーIC NE555を使って見よう

タイマーIC「555」を使い倒そう 

コンデンサマイク用ミニアンプを試作

10進カウンタICとシフトレジスタIC

ボルテージディテクタ・リセットIC

バイナリカウンターを使ってみよう

エレキギターを作ってみる

テスターとオームの法則から始まる電子工作

応用のページのINDEX(目次)

関連記事のINDEX(目次)


その他の記事

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

フィリピンへ英語の勉強に行こう!
フィリピン英語留学
英会話を学ぼうと1ヶ月間セブ空港のあるマクタン島に短期留学したときの内容です。会社に在職中のシニアが単身1ヶ月留学でしたが、行ってよかったと思っています。今、新型コロナの影響で渡航は難しいのですが、何かの参考になれば・・・。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。

おすすめのスポンサーサイト







レアジョブは満足度No1、hanasoはNo2と自社でPRしているところからおすすめです。私はhanasoで5年以上学んでいます。しっかりしたオンライン英会話サイトは長続きできます。
ネイティブと話すにはNOVAが安くて便利です。他の教室も利用できるしマンツーマンの授業料も安くなっています。
















趣味の世界はよくわかりませんが、最近息子がフィギュアや船のプラモデルを作っているのを見て、非常に奥深いのを感心しながら見ています。結構高価なものも多く、完全に大人の趣味の世界ですね。








   

私の利用しているWEB関連の会社です。HPがわかりやすいので長い間利用しています。ストレスがないので長く使えているのでしょう。