楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント

オペアンプの増幅回路

前のページでは、オペアンプの使い方の一つで、コンパレータについて動作の様子を見ました。 

ここからは、「増幅」についてみるのですが、直流増幅を電子工作に使うための基本として、反転作動増幅(反転増幅)、非反転作動増幅(非反転増幅)のようすを見ながら、電子工作に使えそうなヒントを探していきましょう。

オペアンプLM358Nの単電源で増幅の様子を見ます。

もう一度おさらいして確認しておきましょう
簡略化されて表示されるオペアンプ図示図   

オペアンプは、図の左側の2つの入力端子の電位差をゼロにするように内部で働いて増幅し、右の出力端子に出力します。


この入出力電圧の大きさの比を「利得(ゲイン)」といい、40dB(100倍)程度にするのはお手のもので、むしろ、大きすぎないように負帰還でゲインを下げた使い方をします。

LM358Nには2つのオペアンプが組み込まれており、電源が共通で、1つのオペアンプには、2つの入力端子と1つの出力端子があります。

通常の回路図には電源は省略されて書かれていないのが普通ですので、両電源か単電源か、GND(接地)端子はどうなっているのか・・・などをまず確認しましょう。

反転回路、非反転回路、バーチャルショート

入力端子の+は非反転入力端子、-は反転入力端子とも呼ばれ、「どちら側に入力するか、どちら側に接地してバイアスを与えるか」によって「反転増幅」「非反転増幅」という2つの基本回路に別れます。 

ここでは詳しい説明はしませんが、オペアンプの両電極間の電圧が0Vになるように働く状態をバーチャルショート(仮想短絡)といい、そうしようとする過程で仮想のゲインが無限大になるように働く・・・という原理です。

理想の状態は無限大ですが、実際には無限大になりませんので、適当なゲインで使用します。

反転回路では、+入力が反転して -出力(または-入力が+出力に) になるのに対し、非反転回路では+入力は位相が反転しないで、+出力される・・・というものです。

ここでは直流しか扱っていませんので、それが両回路ではどうなるかを見ます。

交流入力では、普通は0Vを中心にプラス側マイナス側に電圧が振れるために、単電源の場合は、バイアス電圧を与えてゼロ位置を調節する必要がありますが、今回は直流の片側の入力で増幅の様子を見ます。

ここで使うLM358Nは8ピンのオペアンプで、内部には、2つのオペアンプがパッケージされていますので、その一つ(片方)を使います。

 LM358Nのピンと内部

言うまでもないことですが、この出力される電圧、電流は、電源から供給されています。 そのために、先のページでも見たように、出力は電源電圧以下の出力電圧に制限されますし、さらに、電源(電圧)が変動すると、出力がそれにつれて変動します。

つまり、電源の「質」は重要です。ここでは実験回路ですので、回路図には書いていませんが、オペアンプを使うと、予期しない発振やノイズが発生するので、少なくとも0.1μFのパスコン(バイパスコンデンサ)を用いて電源の質を高めます。電源のノイズ対策の例

コイルを併用するといいのですが、オペアンプによってインダクターを変える必要があって専門的になるので、ここでは詳細は省略します。


反転増幅回路と非反転増幅回路

この「反転」と言う言葉は、直流で言えば、「+電圧」を入力すると増幅された出力は「-電圧」が出力されることからこのようによばれます。(ここでは、マイナス電圧を入力して+電圧を出力させます) 

もう一方の「非反転」とは「+電圧入力は増幅された状態で+の電圧が出てくる」ということです。

交流では「位相」という言い方をされます。直流での反転はプラスマイナスが逆転していることを言います。

基本の回路例でみると、次のような違いです。

反転増幅と非反転増幅の基本回路図例

わかりにくいかもしれませんが、+端子を接地しているのが「反転回路」、-端子側を接地しているのが「非反転回路」で、何が違うのかというと、入出力の位相が違うのと、増幅率が違う・・・ということです。


このように、同じ回路でも、少し書き方を変えるだけで、全くイメージが変わるので、どういう回路になっているのかを見る場合は、まず、「接地している側がプラスかマイナスか」をみて、プラス側を接地するのが「反転回路」と覚えておきます。

ここではまず、わかりやすいように、反転増幅回路ではマイナス電圧を入力し、非反転増幅回路では、プラス電圧を入力して、プラスの電圧を出力させます。



非反転増幅回路

非反転増幅回路の基本回路

基本回路はこのようなものです。マイナス端子側が接地されていて、下図のRs・Rfを変えることで増幅率が変わります。

入力電圧Viと出力電圧Voの関係をみるために、5Vの単電源を用いて、別回路から電圧を入力したときの出力電圧を、下のような回路で測定してみます。(上図と違った感じがしますが同じ回路です)

Rsは1~10kΩ程度が使われることが多いという説明があったので、Rs=10kΩに固定して、Rfを10・20・33kΩに替えて入力電圧を変えて測定しました。

今回使った非反転増幅の測定回路

ブレッドボードに配線した様子

今回使った反転増幅の測定回路

この回路では、入力側の抵抗1kΩ(Ri)は電流制限抵抗です。 1~10kΩ程度でいいでしょう。

MOS型のオペアンプでは「ラッチアップ」とよばれる、入力のちょっとした信号変化で暴走する現象が起こりやすいので、必ずこの Ri を入れるようにすることが推奨されています。

非反転増幅の測定結果

増幅率は、Vo=(1+Rf/Rs)Vi ・・・(1)   になっていると説明されています。この非反転増幅では増幅率は1以上になるということです。

グラフでは、勾配のきつさが増幅率の大きさを表しています。結果は次のようになりました。

非反転増幅の計算値と実測値

実測値はほぼ計算通りになっています。

傾斜部分が増幅に利用するところで、平行部分は使いません。

反転増幅回路

入力電圧に対して、反転した出力になる回路で、ここではマイナスの電圧(負電圧)を入力してプラス電圧を出力させます。

Riは1~10kΩ程度がよく使われるとあったので、ここでは1.5kと10kΩにして、次のような回路で様子を見ました。

今回使った反転増幅回路

ブレッドボードに反転増幅回路を配線した様子

結果は次のようになりました。

反転増幅回路の測定結果

反転増幅の計算値と実測値

反転増幅のViとVoの関係は、

Vo=-(Rf/Ri)xVi  ・・・ と説明されています。

つまり、増幅率はRfとRiの比になるのですが、これも計算通りになっています。

ただ、入力0V付近ではオペアンプ自体の特性の問題なのか、値が直線的ではなくやや不安定でした。

このオペアンプLM358NはBi-Tオペアンプとよばれるように、バイポーラトランジスタで構成されているものなので、MOS型トランジスタが使われているものよりは取り扱いが簡単です。

気にせずにいろいろな電圧を入れてみた内容などを次のページで紹介しています。電源のプラスマイナスを間違えないことに注意ください。


簡単な電子工作で使えそうなこと

ここでは直流入力しか説明していませんが、比例部分を使えば電圧のコントロールができますし、Maxまでの電圧変化を使えば、スイッチのような使い方もできます。

楽天ブックス

実践的な内容ではありませんが、これの実際の使い方については、別のところで考えるとして、ページを変えて、もう少し増幅についてみてみましょう。

→ 次のページ オペアンプの増幅回路(2)

→ インデックスのページへ



  
PR
 在宅時間が増えたことを利用して、アンケートに答えてお小遣いがたまるサイトです。
高額をゲットできるアンケートもありますが、まずは簡単なアンケートに答えてみましょう。
このサイトでは、たまったポイントを現金や電子マネーに変えることができます。

 アンケートサイトではちょっとした空き時間を利用してアンケートに答えてお小遣いがたまります。
私は、長いアンケートは苦手で、短いものを中心ですが、ポイントは少ないものの気分転換や時間つぶしができます。

スポーツ用品のアルペンとスポーツデポの公式オンラインストア。
お得な情報が満載。
困った時の神だのみ?直ぐに発送されるのも助かります。・・・要チェックですね。

その他の記事の紹介

大阪城を別な見方で紹介 大阪城でぜひチェックしたい隠れた見どころ
ビルに映る大阪城 日本庭園 などあまりメジャーでない大阪城を紹介しています。コロナウイルスの影響で中国系観光客が減っているので、少し別の角度で大阪城を見てみるのはどうでしょうか。

大阪市営渡船 大阪市営渡船を歩きました
大阪市には8か所渡船が運行しています。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、乗船は無料。自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

ナイフ作りと熱処理を実践 ナイフを作りながら熱処理の基本を学ぼう
鋼の熱処理・焼入れは、専門的で難しそうですが、鋼種や基本のポイントを押さえれば家庭のガスコンロで焼入れができます。金のこをナイフに加工して、それを熱処理しながら方法や熱処理理論などを説明しています。

焼入れして硬化するステンレス鋼 焼入れするステンレスのウンチク
焼入れして硬くできるマルテンサイト系ステンレス鋼は、カスタムナイフの材料として人気があるのですが、熱処理の仕方や熱処理による性質がわかりにくいという声を聞きます。それらについて説明しています。

火花試験 ナンバープレートの希望番号の実体は
車のナンバープレートを好きな数字にできる制度が2005年にできたのですが、実際の番号を調べてみると、意外に少ない感じがします。皆さんはどのくらい希望番号を申請していると思いますか。

Page Top▲
(来歴)R2.6 記事作成   R2.8様式2カラムに  最終R3.10に見直し
PR

電子工作記事の目次

最小限必要なことのおさらい(1-1)

最小限必要なことのおさらい(1-2)

電子工作に使う電源のいろいろ(1-3)

最小限 必要な準備をしましょう

LEDで遊んでみよう

Arduino用センサキットのLEDで遊べそうですか

7セグLEDをアナログ的に使う

バータイプLEDを使ってみる

ろーそくICとはどんなものなのでしょうか

モーターを使って遊んでみよう

DCモーターの回転数を変えてみる

DCモーター用のドライバー

モータードライバーNJU7386を使ってみる

電子工作に使えそうなバイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタの互換性を見てみよう

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

電界効果トランジスタFETの基礎

発振によってBEEP音を出してみよう

マルチバイブレータでLED点滅

その他の発振回路:少部品で確実に発振する回路

CdSセルを使ってみよう

電子工作に使えそうなスイッチ類

メカニカルリレーを使った自己保持回路

磁気に反応するホールICを使ってみる

磁気センサの「磁気抵抗素子」

メロディーICを使ってみましょう

サーミスタと温度センサICを紹介します

光を利用する発光受光素子

フォトインタラプタとフォトリフレクタ

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源

オペアンプの使い方(2)コンパレータ

オペアンプの増幅回路

オペアンプの増幅(2)

オペアンプを使った発振回路

タイマーIC NE555を使って見よう

タイマーIC「555」を使い倒そう 

コンデンサマイク用ミニアンプを試作

10進カウンタICとシフトレジスタIC

ボルテージディテクタ・リセットIC

バイナリカウンターを使ってみよう

テスターとオームの法則から始まる電子工作

応用のページのINDEX(目次)

関連記事のINDEX(目次)

PR


 

その他の記事

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

フィリピンのセブで英語を勉強
フィリピン英語留学
英会話を学ぼうとシニアが単身で1ヶ月間セブに短期留学しました。準備から費用やアクティビティなどを書いています。今、新型コロナの影響で渡航は難しいのですが、何かの参考になれば・・・。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。