楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント

DCモーター用ドライバーNJU7386を使ってみる

  

長い文章です。パソコンでお読みいただくことをおすすめします。

前のページでは、DRV8832のモジュール化されたモータードライバーで、アナログ的にモーターの速度を変える使い方ができることを紹介しました。

ただ、小型のDCモーターを低速回転で使おうとすると、低速ではトルクが小さいので、使い勝手があまり良くないという理由があるのか、先に示した3つのモータドライバーの他の2つは、モーターの回転方向変える機能に特化しているようです。

手持ちのモータードライバー

モータードライバーはIC部品で、本来はデジタル的に使うと、いろいろな付帯動作などを考えれそうですが、このHPはアナログ回路を基本にしていますので、ここでは、右の小さなNJU7386を使って、実際に使うモーターを使う状態を想定した回路を作ってみましょう。


ドライバーの使用を考える前に

DCモーターの回転方向を変えるには、モーターに加わる電圧の極性を変えればいいので、例えば、下図のように、2回路2接点スイッチを使うことで簡単にそれができるでしょう。

回転方向をスイッチで変える回路例

この場合、逆転時にモーターに大きな負荷が加わりますので、トグルスイッチの中立位置(中点でOFF)のあるものを使って反転時のインターバルをとるのがいいかもしれません。

モータードライバーを使うと、このような方法ではなく、無接点でHブリッジ回路(4つのスイッチで電流方向を切り替える方法)を使っているものが多く、さらに、停止中には電気的にブレーキを掛けた状態になるように考えられていたり、突入電流や過電流などに対する安全回路を含んでいるなど、部品は安価な割には、いろいろな配慮をされているので使い方が広がるでしょう。

ここでは使うモータードライバーNJU7386RB1は、1.8~5.5Vの電源電圧で使用できるもので、モーター電圧と電源電圧を3V程度で共通にすると使いやすく、さらに、ブレッドボード上での工作ができるように、秋月電子さんからモジュール化基板が販売されていますので、それらを使って実際の動作をさせてみましょう。


基板にモータドライバーICをはんだ付けする

最初にドライバーICを基板にはんだ付けする必要があります。 丸印のマークの位置を合わせてはんだ付けをします。

はんだ付け方法の詳細は他の方の記事やユーチューブに紹介されているものを参考にしていただくといいでしょう。

先端の平らなハンダゴテを使って、この場合は、一度に4本の足にハンダを流し、ハンダゴテを外側にずらせると、不要なハンダがついたりしないで、写真のように簡単にうまく仕上がります。

NJU7386RB1のモジュール化

頭の平らなコテを使います

出来上がり拡大

基板のパターンを見ると、4と8の穴が本体につながっていないように見えますが、しっかりと設計されていますので、この状態でOKです。(もともと、NJU7386の3と7はICの内部配線もないので使いません)

ブレッドボードを使ってつくる回路例

今回考えたNJU7386RB1を使った回路

ICの端子は次のようになっています。

NJU7386RB1の端子図

組み立てた回路の外観

ここで使うモーターはタミヤのギヤボックスに付属のFA130(相当品)で、2回路2接点のスイッチ2個、0.1μFのノイズ防止用のコンデンサなどを取り付けます。

タミヤさんからは、工作に使えそうな楽しい部品類がたくさん販売されていますのでチェックしておくと面白そうな「使える部品」が見つかるかもしれません。

(PR)TAMIYA SHOP ONLINE

回路の拡大

使用する部品はブレッドボードに挿しやすいように追加工をします。

ピンを付けました リードを付けました

ジャンパー線をはんだ付けしておいてもいいでしょう。 これによって、ブレッドボードの真ん中の溝を使って上手く左右が分離できます。

回路の最終形

さあ、運転してみましょう

電圧をかけるロジックは下表のようになっています。 Hは電圧がかかっている状態、LはGNDにつながれて電圧がかかっていない状態です。

この回路では、スイッチが押されていないと、端子はGNDに繋がれており、スイッチを押すと「H」に状態になります。

実は、上の回路は、回転方向を変えるだけなら、もっと簡単にできるのですが、反転時の過電流の防止や、スイッチを押していない状態などが下のロジック状態になるような回路にしました。

ロジック表

これなら、クレーンなどを作って、アームを上下したり、何かを釣り上げるなどの動作でも、充分なパワーがありそうです。

さらに、前のページで紹介した、速度を変えることができるモータードライバーを使っても、また面白い動作や仕組みをさせることができそうですね。

以上、何か参考になりそうな内容であれば、是非試してみてください。


→ INDEX(目次)のページへ

次のページ 電子工作に使えそうなトランジスタ


  PR

その他の記事紹介

大阪市営渡船8ヶ所を歩いて巡りました
大阪市営渡船
大阪市にかかる川を行き来するために、大阪市が運営する渡船が8か所あります。それを徒歩で踏破しました。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

大阪一の河川『淀川』の起点の謎
宇治川の終点
桂川、宇治川、木津川が合流して「淀川」になるのですが、この地域は『淀川三川合流域』と呼ばれますが、地図を見ると、このあたりの河川表示がバラバラです。この謎を探るために、実際に歩いて調べてみました。淀川の長さは38kmですが、これは、宇治川が基準になっていることもわかりました。

ナンバープレートの希望番号の実態は
希望ナンバー
自動車のナンバープレートで自分の好きな番号をつけることができる希望番号制度ができて年月が経ちますが、実際にナンバーの現状を調べてみました。キリ番など、明らかにそれとわかる台数の割合は意外と少ないのですが・・・。

ナイフ作りで熱処理の基本を学ぼう
ナイフの熱処理
鋼の熱処理や特に「焼入れ」などは専門的でわかりにくいのですが、鋼種、加熱冷却の基本を知れば、ガスコンロなどで自分で熱処理することができます。これを知っていると、熱処理依頼をするにも、的を射た打ち合わせができるでしょう。ここでは、炭素工具鋼の熱処理をしながら、熱処理について説明しています。

Page Top▲
(来歴)R2.9記事作成

電子工作記事の目次

最小限必要なことのおさらい(1-1)

最小限必要なことのおさらい(1-2)

最小限 必要な準備をしましょう

LEDで遊んでみよう

Arduino用センサキットのLEDで遊べそうですか

モーターを使って遊んでみよう

DCモーターの回転数を変えてみる

DCモーター用のドライバー

電子工作に使えそうなバイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタの互換性を見てみよう

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

電界効果トランジスタFETの基礎

発振によってBEEP音を出してみよう

マルチバイブレータでLED点滅

その他の発振回路:少部品で確実に発振する回路

CdSセルを使ってみよう

電子工作に使うスイッチ類

メカニカルリレーを使った自己保持回路

磁気に反応するホールICを使ってみる

磁気センサの「磁気抵抗素子」

メロディーICを使ってみましょう

サーミスタと温度センサICを紹介します

光を利用する発光受光素子

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源

オペアンプの使い方(2)コンパレータ

オペアンプの使い方(3)非反転増幅

オペアンプの使い方(4)反転増幅回路

オペアンプを使った発振回路

タイマーIC NE555を使って見よう

コンデンサマイクのためにミニアンプ試作

テスターとオームの法則から始まる電子工作

応用のページのINDEX(目次)

関連記事のINDEX(目次)


その他の記事

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

フィリピンへ英語の勉強に行こう!
フィリピン英語留学
英会話を学ぼうと1ヶ月間セブ空港のあるマクタン島に短期留学したときの内容です。会社に在職中のシニアが単身1ヶ月留学でしたが、行ってよかったと思っています。今、新型コロナの影響で渡航は難しいのですが、何かの参考になれば・・・。

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。

PR