楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント 最小限必要なもの

最小限の工具・部品を準備をしましょう (1-3)

  

このHPでは自分で楽しむ電子工作のヒントを紹介しています。初めての方にも馴染みやすいアナログの直流回路がほとんどです。

電子工作の楽しみ方にはいろいろありますが、LED、DCモータ、トランジスタ、リレー・スイッチなど、これから使おうとするものは、事前に購入して揃えておくと、いろいろ素行錯誤するのに役立ちますので、意外なアイデアが具現化できるかもしれません。

楽天

HP記事内で取り上げている部品を下表に上げましたが、そんなに高価ではありませんので、気づいたときにまとめて購入しておいても、そんなに懐を心配するようなものでもないでしょう。

もちろん、ここには上げていないブレッドボードやジャンパー線などもありますので、あくまで参考です。

使った部品の一覧表(参考)

これだけあれば結構楽しめます。

最初から高価な道具類を揃えようとすると費用がかかります。 電子部品パーツ類は、なければ先に進みませんが、道具類はできるだけ購入しないようにしておいて、本当に必要になったら購入を考えるようにすれば、そんなに費用をかけずに楽しめるでしょう。

私の電子工作のやり始め

いろいろな電子工作の実験をしやすいようにと、Amazon で販売している安い部品セット部品類(トランジスタ、抵抗、コンデンサなど)を購入したのですが、もちろんこれらの全部を使うことはないのですが、すぐに使えるのが気持ちの余裕につながるので、これは正解だと思っています。

セットは単価は安いものの、バラ買いしたほうが無駄がないのは確かですが・・・。

私の購入した部品セットの例

  →Amazonの抵抗セットのページを見てみる


それとともに、Amazonで安く売られているキット類を数種類購入して片っ端から組み立てましたが、これらはそれなりの動作で使い勝手ももう一歩で、「はんだ付けの練習」程度と思っておくのがいいでしょう。

使う予定がないのなら、購入するのはおすすめしません。
こちらに記事があります。

組み立てキットの例

電子部品については、私は大阪在住ですので、日本橋の電気街のデジット(共立電子)さん、マルツさん、千石電商さんなどでも購入しますが、結構探しにくいので、秋月電子さんのサイトなどのWEBサイトを利用するほうが手間が省ける感じがします。

WEB購入は、意外と送料がもったいない感じがしますが、買い物リストを作っておいて、まとめ買いをするようにすると、そのほうが安上がりです。


購入・入手方法

1.やはりWEBで購入するのが便利

大都市であれば私のように「電器の街 日本橋」などで買い物ができますが、コロナ問題があってからはWEB購入になりました。

WEBサイトもかなり見やすくなっていますので、これに慣れるのがいいと思います。

WEBについては、一度、さらっと、HPを見ておくといいでしょう。

秋月電子:   http://akizukidenshi.com/
マルツ:     https://www.marutsu.co.jp/
共立:      https://eleshop.jp/shop/

WEB上での購入は不具合もなく、支払いなどの手続きでも、心配することはありませんし、小口で購入しても、きっちりと分類して送ってもらえます。

私は、秋月電子さんのサイトが探しやすいと思っていますが、色々見比べて、買いやすいところを見つけて、まず、一度、試しに買ってみれば意外と便利で買いやすいことがわかるでしょう。

楽天ブックス

送料が高い感じもありますが、店舗に買いに行くにも、電車賃や時間がかかるので、ある程度まとめて購入すると「もったいない感」は和らぐでしょう。

2.Amazonサイトは最強だけれど・・・

近年のAmazonは、China製品が目立ちます。

とにかく安さが目立ちますが、私は、品質で問題があったことはないものの、発送日をチェックしておかないと、到着までに長期間かかることもあるので注意しましょう。 「カスタマーレビュー」などを参考に購入する癖をつけるのも大切です。

Chinaなど外国製は、書いてある「日本語が怪しい」「表示や取扱説明が不十分」な点や不良や不具合時の対応に不安がある点などは頭においておくのがいいでしょう。

「日本語取説あり」と書いてあっても機械翻訳が多いので期待してはいけませんし、中国本土や台湾などから直接郵送される商品も増えていて、これらは、送料無料でさらに値段も格安品が多いのですが、2週間以上(物によっては、1ヶ月以上も)待たないと入荷しないものもありますので、急ぐ場合は「時は金なり」というように、「安い」ことに気を取られないようにしなければなりません。

不良のため返品することはないものの、Amazonでの購入は、隅々までチェックしないと思わぬ落とし穴がストレスのもとになることもあります。買う側もしっかり見る力を持たなければなりません。

このHPではアマゾンや楽天その他、私が購入した製品のページなどにリンクを張っていますが、しばしば、それが欠品で消えてしまう場合もあるので、あくまで参考程度の情報として捉えておいてください。


2.道具類・工具類

書籍の多くには、「お金に余裕があれば、道具類は良いものを購入しましょう」と書いてあります。

確かに、そうするのが無難ですが、どうしても安いものを買ってしまうのが人情でしょう。

私自身「安物買い」から抜けられませんが、安物レベルから見た購入のポイントなどを紹介しておきます。

はんだごて

ブレッドボードを使っていても、ハンダゴテは絶対に必要です。 

ハンダゴテ、ヤニ入りハンダ、ペースト・フラックス類があれば当面はどうにかなります。 新規購入や買い替えの場合は、「温度調節付きのはんだごてセット」がおすすめです。

私が購入したものは中国製の60Wのもので、先端が取り替えるようになったものですが、2000円程度で、「コテ台」や吸い取り器その他一式がついており、特に問題なく使っています。

温度調節付きハンダゴテの例

温度調節部分拡大

Amazonのハンダゴテへのリンク  です。参考程度に。

【無鉛ハンダについて】

ハンダの「鉛Pb」は健康に悪いということから、鉛を含まないものが推奨されていますが、無鉛のものは融点が高いので、最初のうちは、「共晶はんだ」と言われる錫Snが60%、鉛Pbが40%のものを選ぶのがいいでしょう。

これは、無鉛はんだよりも「溶けやすく固まりやすい」ためで、最初はそれを使って、ある程度使い慣れてから「無鉛はんだ」を使うのがよく、最初から無鉛ハンダを使うのは難しいです。

余談ですが、この「鉛」だけが身体に悪いのではありません。金属類の蒸気はすべてが危険だと思っておいてください。

例えば、バナジュームや亜鉛といった、サプリメントで言われている「身体に必須の元素」といえども、取りすぎると危険です。

ハンダ付けの際には、目には見えませんが、無鉛ハンダからも金属煙が飛び出していますので、それももちろん健康によくありません。

さらに、ペーストの煙も無害ではないので、換気を良くして、蒸気やニオイを吸い込まないようにしなければなりません。

ともかく、ハンダゴテをつけっぱなしにしておくのは避けましょう。



工具類

工具類の新規購入はできるだけ控えて、手元にあるものを使うようにするぐらいで丁度いいでしょう。知らない間に、ほとんど使わないものがどんどん増えていきます。

ここでは詳しく紹介しませんが、私は「安物買い」まもで、Amazonのページの工具例 を見ていると、つい買ってしまうのですが、ホームセンターなどで、本当に必要なものを、自分で手にとって、単品で揃えたいったほうがムダもなく、使い勝手がいいのは間違いないとはいうものの、安い価格でもしっかり作られている商品もたくさんあるので、納得すれば問題なしと自分勝手に思っています。

でも、専用工具がなくてもその他で代用できますので、使う頻度が増えてきて、必要だと感じた時に購入するぐらいで十分間に合います。事前に揃える必要はありません。


電子部品パーツの購入

私は、コロナ騒動以降はWEBを利用していますが、すべてのサイトで同じ品物があるということはありませんし、価格もかなり違いますし、勝手も違います。

秋月電子:    http://akizukidenshi.com/
マルツ:     https://www.marutsu.co.jp/
共立:      https://eleshop.jp/shop/
アマゾン:    https://www.amazon.co.jp/

注意しないといけない点は、(何回も言いますが)電子部品類は「安い」と言って余分に買っておくと、知らない間に「ゴミ」のように溜まってしまいます。

送料が高くても、こまめに「必要なものだけ」を買うことに徹する気持ちでいる程度が丁度いいと思います。


その他 持っていると便利なもの

特になくてもいいものですが、便利で気づいたものを紹介します。

【拡大鏡】

愛用のルーペ付きスタンド 100均で購入した大きなルーペ USBデジタルスコープ

ルーペ付きスタンド、100均の虫眼鏡、マイクロスコープなどを使っています。

「マイクロスコープ(約4000円)」ですが、パソコンのUSB端子に挿して使えるすぐれものです。 Windows10であれば、「カメラ」という内蔵アプリを立ち上げれば、すぐに使えます。 大きく拡大したいときに、結構役立ちます。

デジタルスコープ使用例1 拡大例1

【その他】

私が使っているもので「あったらいい」と思うものでは、ここでは、「カッティングマット」「デジカメ」「ノギス」をあげておきます。

以上長々と私の例を紹介してきましたが、次のページからは、手を動かしていこうとおもいます。

次のページ LEDで遊んでみよう

目次のページへ



  
PR
 国内旅行の予約サイト。
直前割引は要チェック。
出張宿泊予約もOK 

 赤い風船でお馴染み。
ログインせずに予約もOK 
遊び・体験・アクティビティーなども満載 

スポーツ用品のアルペンとスポーツデポの公式オンラインストア。
お得な情報が満載。
困った時の神だのみ?最短で翌日におとどけ・・・も要チェック。

その他の私の記事の紹介

ナイフ作りで熱処理の基本を学ぼう
ナイフの熱処理
鋼の熱処理や特に「焼入れ」などは専門的でわかりにくいのですが、鋼種、加熱冷却の基本を知れば、ガスコンロなどで自分で熱処理することができます。これを知っていると、熱処理依頼をするにも、的を射た打ち合わせができるでしょう。ここでは、炭素工具鋼の熱処理をしながら、熱処理について説明しています。

 【大阪市営渡船8ヶ所を歩いて巡りました
大阪市営渡船
大阪市にかかる川を行き来するために、大阪市が運営する渡船が8か所あります。それを徒歩で踏破しました。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

焼入れするステンレスのウンチク
ステンレス鋼
焼入れするステンレス鋼の用途が広がっていますが、一般の工具鋼と違って、熱処理のしかたやその性質がわかりにくいという声を聞きます。一般書籍とは違う説明のしかたで、性質と分類、熱処理などについてさらっと紹介しています。

私の大阪ことば 大阪弁
太陽の塔 夜の顔
50年住んだ東大阪市(旧河内市)を離れて豊中に移ったところ、大阪弁が半分消えてしまっています。話し言葉は変わるのは当然ですが、少し寂しい感じなので、私の話し言葉を録音しました。10年後にはどうなるのか、楽しみでもあり心配でもあります。


(来歴)R1.12記事作成  R2.3見直し  R2.8様式変更2カラムに  最終R3.9見直し
PR

電子工作記事の目次

最小限必要なことのおさらい(1-1)

最小限必要なことのおさらい(1-2)

電子工作に使う電源のいろいろ(1-3)

最小限 必要な準備をしましょう

LEDで遊んでみよう

Arduino用センサキットのLEDで遊べそうですか

7セグLEDをアナログ的に使う

バータイプLEDを使ってみる

ろーそくICとはどんなものなのでしょうか

モーターを使って遊んでみよう

DCモーターの回転数を変えてみる

DCモーター用のドライバー

モータードライバーNJU7386を使ってみる

電子工作に使えそうなバイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタの互換性を見てみよう

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

電界効果トランジスタFETの基礎

発振によってBEEP音を出してみよう

マルチバイブレータでLED点滅

その他の発振回路:少部品で確実に発振する回路

CdSセルを使ってみよう

電子工作に使えそうなスイッチ類

メカニカルリレーを使った自己保持回路

磁気に反応するホールICを使ってみる

磁気センサの「磁気抵抗素子」

メロディーICを使ってみましょう

サーミスタと温度センサICを紹介します

光を利用する発光受光素子

フォトインタラプタとフォトリフレクタ

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源

オペアンプの使い方(2)コンパレータ

オペアンプの増幅回路

オペアンプの増幅(2)

オペアンプを使った発振回路

タイマーIC NE555を使って見よう

タイマーIC「555」を使い倒そう 

コンデンサマイク用ミニアンプを試作

10進カウンタICとシフトレジスタIC

ボルテージディテクタ・リセットIC

バイナリカウンターを使ってみよう

テスターとオームの法則から始まる電子工作

応用のページのINDEX(目次)

関連記事のINDEX(目次)

PR

 

その他の記事

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

フィリピンへ英語の勉強に行こう!
フィリピン英語留学
英会話を学ぼうと1ヶ月間セブ空港のあるマクタン島に短期留学したときの内容です。会社に在職中のシニアが単身1ヶ月留学でしたが、行ってよかったと思っています。今、新型コロナの影響で渡航は難しいのですが、何かの参考になれば・・・。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。

PR