楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント 最小限必要なもの

最小限の工具・部品を準備をしましょう (1-3)

  

このHPでは自分で楽しむ電子工作のヒントを紹介しています。初めての方にも馴染みやすいアナログの直流回路を主に考えていきます。

電子工作の楽しみ方にはいろいろありますが、LED、DCモータ、トランジスタ、リレー・スイッチなど、これから使おうとするものは、事前に購入して揃えておくと、意外なアイデアが具現化できるかもしれません。

すでにこちらで私の購入品例を紹介しましたが、「電子工作を始めよう!」と思ってから部品類の予算2万円と考えていろいろなものを購入しました。

記事を書くためには、いろいろなことを試す必要もあって、余分なものを購入しているものの、HP記事内の必要部品に限ると、部品代としては下表よりもさらに小額になるので、電子工作を楽しむためだけでは、大したお金を使うことはないでしょう。

使った部品の一覧表(参考)

電子工作を楽しむためには、このように、工具類などを除いた購入部品はそんなにたくさん購入しなくてもよく、これで結構楽しめます。

ただ、電子工作を始めてすぐにやめてしまうことも考えて、「安く楽しむ」ことにして、できるだけ最初から道具や部品類を揃えずにスローペースで初めればいい・・・というスタンスで考えると失敗しません。

道具類は、一度購入すると、長い間使いますので、しっかりしたものを揃えたくなるでしょう。 そして、電子部品類も中国製の安いものもたくさんあるので、それなら購入しておいても・・・と、ついお金を出してしまいがちですが、これでは、「安く楽しむ」ということにはなりません。

「必要なものは必要になったときに調達する」ということをいつも頭においておきましょう。

私の失敗例を紹介

電子工作を始めようと思った私の場合ですが、HP記事を書きながら進めようと考えていたこともあって、①書籍 ②工具 ③部品 が必要と考えて、最初は書籍の購入で中古本を探して、1万円程度使いました。

もちろん、さらに、図書館で借りるなどで、たくさんの本を読んだのですが、正直言って、座右に置いてわかりやすくて身になる本というのはありませんでした。

だから、書籍は「あれば役に立つ」という程度なので、推薦や紹介もできませんが、電子関係をひと通り学ぶのには、1-2冊の本をよめばマスターできる・・・ということは「絶対に」ありませんので、むしろ、普通には読みにくい「教科書のような専門書」が意外に役に立っています。

学校などで専門に電子知識を学ぶのでなければ、WEBの記事に丁寧に書かれたものがたくさんありますので、必要なときに、その部分だけを勉強したらいいという感じがします。

逆に言えば、沢山の本を読んでも、私は大した成果を感じません。

ともかく、本を読むよりも、私の記事にあるような、LED、DCモータ、トランジスタ、スイッチ、リレーなどをとりあえず購入して、「なにかをしてみる」ことから始めることをおすすめします。

そして、電子工作の実験をしやすいようにと、Amazon で定電圧電源や安い部品セット部品類を購入し、大阪の日本橋の電気街へ行き、デジット(共立電子)、マルツ、千石電商で、WEBでは、主に、秋月電子で購入したところ、すぐに全予算3万円を使い果たしました。

しかし、考えてみると、私の場合は、HP記事を書こうと考えていたために、余分なものを購入していますが、例えば、(下にAmazonにリンクを張っていますが) 少数のものでいいなら、秋月電子さんなどのWEBサイトで購入すればいいのです。

これ以降は、私の気づいたことや買い方などをダラダラと書いています。

***********

先のページでは私が使っているテスターを紹介しましたが、ぜひ最初から、テスター2台を持たれることをおすすめします。

これは、電流と電圧を同時に測りたいときに電流計・電圧計として使えるようにして、私は3000円程度のものと400円のものを使っています。

ここでの内容では、この程度で十分ですが、最近のテスターは測定機能も増えており、耐圧などの保護にも優れていますので、予算がゆるせば、「いいものと、一時用の安いもの」でいいと思います。

テスターは2つあると便利

ただ、これらの性能等に対しては私は専門外ですので、私からの詳しい紹介はしません。


電子工作の「工作」という英語はhandicraft で、スペルの中には「手=hand」があります。頭で考えるだけでなく、実際に、五感で感じないと、その面白さはわからないと思いますので、「Let's try」ともかく、最低限のものを購入して、手を動かして楽しみましょう。

ここでは、①購入・入手方法など ②道具類・工具類 ③電子部品パーツ について、BESTなものではありませんが、私の気づいたところなどで参考になれば・・・と思います。

購入・入手方法

1.やはりWEBで購入するのが便利?

私は大阪府の外れに住んでいて、「電器の街 日本橋」まで行って買い物をすることもありますが、多分、初心者の方が店舗に部品を買いに行くと、まず、どこに何があるのかがわからなくて戸惑ってしまうでしょう。

店員さんに聞けば、色々とアドバイスもしてくれますし、少し慣れれば店舗で購入するほうが手っ取り早いことも多いのですが、やはり買い安さ、時間、手間などを考えると、やはり、私も、WEBを利用することが多くなってしまっています。

私が部品購入する会社のURLを紹介します。HPを見ていただくとわかるように、これらの会社HPは、その会社紹介ではなく、WEBでの部品類の販売が主体のHPになっています。どんなものを扱っているのか、一度、さらっと、HPを見ておくといいでしょう。

秋月電子:   http://akizukidenshi.com/
マルツ:     https://www.marutsu.co.jp/
共立:      https://eleshop.jp/shop/

その中から、個人向けの小ロットで販売していて、全国発送しており、購入がかんたんそうなサイトをお気に入りに入れて利用するといいでしょう。

私は、この秋月電子さん、マルツさん、共立さん以外では、ヨドバシ、楽天、Amazon さんなどのサイトも利用しますし、もちろん、WEB上で購入しても、不具合もなく、心配することはありませんし、小口で購入しても、きっちりと分類して送ってきますので、非常に助かります。

個々の部品は、私は、秋月電子さんのサイトが探しやすいと思いますが、ともかく、買いやすいところを見つけて、まず、一度、試しに買ってみれば意外と便利で買いやすいことがわかるでしょう。

WEBで買うと、部品は安いのに送料がその割に高い感じもしますが、店舗に買いに行けば、電車賃や時間がかかるので、送料は仕方がないと考えて購入するようにしています。

2.Amazonアマゾンサイトは最強だけれど・・・

近年のAmazonは、上位にあるのは、中国製品が多いですね。

もっとも、品質に問題はありませんし安いですが、大量販売品が多いことや、発送日をチェックしておかないと、到着までに長期間かかることもあるので注意しましょう。「カスタマーレビュー」などを参考に購入するのもいいでしょう。

このHPで取り上げる電子部品の多くは汎用部品ですので、「Made in China」でも、特に問題がありません。

今は「日本製が良い」という時代ではなく、China製が最強です。そして、すでに、「品質に問題ある・・・」という時代ではなくなっていますし、日本のメーカー製品でもChina製造が非常に多いので、むしろPure Japan製を探すのは困難かも知れません。

ただ、Amazon サイトで問題があるのは、中国の企業の出品の品物では、書いてある「日本語が怪しい」し、「表示」や「取扱説明」が不十分な点と、不良や不具合時の対応に不安がある点です。

「日本語取説あり」と書いてあっても、機械和訳のものも多く、安心してはいけません。これについても、「カスタマーレビュー」などのチェックを忘れないようにしましょう。

そして、中国本土や台湾などから直接郵送される商品も増えています。

これらは、送料無料でさらに値段も格安品が多いのですが、2週間以上(物によっては、1ヶ月以上も)待たないと入荷しないということもありますので、急ぐ場合は「時は金なり」というように、「安い」ことに気を取られないようにしなければなりません。

楽天、ヨドバシ、ビックカメラなどの大手サイトのうちで、特にAmazonの場合は、隅々までチェックするようにするようにしないといけないので、買う側も「しっかり」勉強しなければなりません。

このHPではアマゾンや楽天その他、私が購入した製品のページなどにリンクを張っていますが、しばしば、それが欠品になっていたり、販売会社(送り先)が変わってしまう場合もあるようです。一応、定期的にチェックをするようにしますが、あくまで参考程度の情報として捉えておいてください。


2.道具類・工具類

書籍の多くには、「お金に余裕があれば、良いものを購入しましょう」と書いてあります。

確かに、そうするのが無難です。 しかし、すでに購入していたり、予算の問題があったり・・・でどうしても安いものを買ってしまうのが人情でしょう。

私も「安物買い」です。 安物レベルから見た購入のポイントなどを、私の例で紹介しておきます。

1.はんだごてとその関連

ハンダゴテは絶対に必要になります。ハンダゴテ、ヤニ入りハンダ、ペースト・フラックス類があれば当面はどうにかなります。

新規購入や買い替えの場合は、「温度調節付きのはんだごてセット」がおすすめです。

私が購入したものは中国製の60Wのもので、先端が取り替えるようになったものですが、2000円程度で、「コテ台」や吸い取り器その他一式がついています。

温度調節付きハンダゴテの例

温度調節部分拡大

私は、それまで30Wの昔のタイプを使っていましたが、新しく購入したこのセットは、手持ち部分から先端までの距離が短くて持ちやすく、コテ先が細くて使いやすいので、結構気に入っています。

300℃少しの低めの温度に温度設定して普通の鉛入りのハンダを使っていますが、その時の消費電力は実測で約20Wです。

少し大きいものをはんだ付けする場合は、先端のチップを付け替えて、温度を350℃以上にあげて使うといいでしょう。

Amazonのハンダゴテへのリンク を貼っておきます。

【無鉛ハンダについて】

ハンダの「鉛Pb」は健康に悪いということから、鉛を含まないものが推奨されています。

しかし、無鉛のものは融点が高いので、最初のうちは、「共晶はんだ」と言われる錫Sn60%ものを選びましょう。

これは、無鉛はんだよりも「溶けやすく固まりやすい」ので、最初はそれを使って、ある程度使い慣れてから「無鉛はんだ」を使うようにしたほうがいいでしょう。

余談ですが、この「鉛」だけが身体に悪いのではありません。

例えば、バナジュームや亜鉛といった、サプリメントで言われている「身体に必須の元素」といえども、取りすぎると危険です。金属類の摂取は 「良くない」と考えておいてもそのほうが安全です。

金属自体は有毒のもののほうがおおく、「金属蒸気」のほとんどが身体によくありません。

ハンダ付けの際には、目には見えませんが、無鉛ハンダからも金属煙が飛び出していますので、それももちろん健康によくありません。

さらに、ペーストの煙も無害ではないので、換気を良くして、蒸気やニオイを吸い込まないようにしなければなりません。

ともかく、ハンダゴテをつけっぱなしにしておくのは避けましょう。


2.工具類

工具の新規購入はできるだけ控えて、手元にあるものを使うようにするぐらいで丁度いいでしょう。

ここでは詳しく紹介しませんが、Amazonのページの工具例 を見ていると、結構安いですし、色んなものがあります。見ているだけでも楽しく、購買意欲をそそるかもしれません。

ただ、使いやすいサイズや品質に好みや違いがあるので、ホームセンターなどで、本当に必要なものを、自分で手にとって、単品で揃えたいったほうがムダもなく、使い勝手がいいのは間違いありません。

専用工具がなくてもその他で代用できる場合も多いので、使う頻度が増えてきて、必要だと感じた時に購入するぐらいで十分間に合いますので、事前に揃えることは考えなくていいでしょう。

持っていると便利なものでも、ほとんどは使う頻度はそんなに無いのですから、前もって購入する必要はありません。

①ラジオペンチのような「掴むもの」 ②カッターナイフ ③ニッパー があれば、このHPのものの工作では、当面は、いろいろな工具は無くてもほとんど不自由になることはありません。

道具よりも、意外に「保管・整理」についてイメージしておくのが重要な気がします。

「部品入れ」などの部品を整理しておけるケースなどについては、早めに考えておくといいかもしれません。

パーツ類を購入していくと、結構それがごちゃごちゃしてきます。バラ(単品)のパーツ類はもちろん、小さなプラスチックケースに入っているものでも、それらはすぐに雑然としてきます。

そのパーツや工具類は手元において、いつでも出せるようにしておきたいので、100均の整理ケースなどを揃えて買っておくか、レターケースなどの固定式にするか、道具箱のようなものにするか・・・ それらをあらかじめ整理できるように考えておくと、意外と作業がはかどることになるでしょう。
頭の片隅に記憶しておいてください。


3.電子部品パーツの購入

私は、店舗で購入する以外は、WEBを利用しますが、すべてのサイトで同じ品物があるということはありませんし、価格もかなり違います。

目的の品物を購入しようとすると、色々なサイトを探さないといけません。

ヨドバシ、Amazon 、楽天などのビックサイトは、購入手順がわかりやすいので問題なく購入できると思いますが、単品の電子部品となると、扱いがほとんどありません。

一度、私の紹介しているすべてのサイトを見ていただくといいのですが、店舗HPのサイト作りの違いもあって、買いにくいところや買いやすいところがあると思います。

これらのサイトで私は部品等を購入しており、その中でも、秋月さんで購入することが多いのですが、どのサイトも、問題やトラブルは全くありません。

それよりも、部品単価が安いのに対して、意外と運送料が気になるなど、いろいろと店舗の違いがあると思います。ともかく、自分の気に入ったサイトを常々見ているだけでも何かヒントをもらえるでしょう。

秋月電子:    http://akizukidenshi.com/
マルツ:     https://www.marutsu.co.jp/
共立:      https://eleshop.jp/shop/
アマゾン:    https://www.amazon.co.jp/
楽天やヨドバシのサイトでも電子部品類を扱っていますが私は買いにくい感じです。

購入する部品は私のHP記事を見ていただくとして、注意しないといけない点は、(何回も言いますが)電子部品類は「安い」と言って余分に買っておくと、知らない間に「ゴミ」のように溜まってしまいます。

送料が高くても、こまめに「必要なものだけ」を買うことに徹する気持ちでいる程度が丁度いいと思います。


その他、意外と気づかないけれど便利なもの

ここでは、私の気づいたことを紹介します。特になくてもいいものですが、意外とあると便利です。

【拡大鏡】

小さな電子部品の銘板や表示は非常に見にくいものです。私は、小さなルーペと大きいレンズの虫めがねの他に、拡大鏡つきスタンドやマイクロスコープを使っています。

目は年の割には良く見える方ですが、それでもこれらを結構使います。若い方でも拡大鏡は重宝すると思います。

高倍率のルーペをすすめるWEB記事もあるように、トランジスタやICに表記された小さな文字を読まないといけませんので、きっと、たびたびお世話になるでしょうから、気に入ったものを探すと愛着があって長く愛用できるかもしれません。

愛用のルーペ付きスタンド 100均で購入した大きなルーペ USBデジタルスコープ

一番目は、ルーペ付きスタンドです。近くのホームセンターで購入しました。LEDランプを通して、2種類の拡大レンズが付いているのですが、結構すぐれものです。5000円程度でした。

スタンドの高さは35cm程度ですので、さすがに、机においた品物はぼやけてしまいますが、10-15cm程度の距離では明るくてよく見えますので、非常に助かります。

次は、100均で購入したガラスレンズのルーペです。顔を近づけて全体が見えますので、これも使いやすくてすぐれものです。

フレネルレンズ製よりも、ガラスのものが見やすいでしょう。これは2倍程度ですが、3倍程度のルーペ2種類(合計3種類)を常用しています。

3番めは、「マイクロスコープ」です。

これは、パソコンのUSB端子に挿して、Windows10であれば、「カメラ」という内蔵アプリを立ち上げれば、すぐに使えます。

これはスグレモノで、本体は10mm径x150mm長さで、近くから無限遠までピントが合いますので、目で見た感覚で拡大して見えますので、結構重宝しています。これは、Amazonで4000円程度で購入しました。

デジタルスコープ使用例1 拡大例1

このように、1000円札の「野口英世さん」がこのように見えます。私は、Windows10のタブレットPCにこのマイクロスコープをつけて、かなりの頻度でこれを使っています。

【その他】

私が使っているもので「あったらいい」と思うものでは、ここでは、「カッティングマット」「デジカメ」「ノギス」をあげておきます。

カッティングマットですが、カッティングボードでも、しっかりしたダンボールでもいいのですが、私は、勉強机の上で工作しているのですが、机に傷をつけてしまいがちです。

慣れてくると、ビニール線の皮むきはカッタを使うのがうまくいくので、硬くてその上で何でもできるカッティンマットはGOODです。とにかく、「敷物」を事前に用意しておくことはMUSTです。

私は、100均のA4サイズ半幅のカッティングマットを使っています。

そしてデジカメ。

スマホが普及して、そのカメラを利用する方も多いのですが、私は、スマホは「大事に使う派」です。 だから多分、どの家庭にも、使わないで眠っているコンパクトカメラがあると思うのですが、それを机の上に常備して作業すると、組み立て手順なども振り返ってみることができるので、結構役に立ちます。

パソコンで画像を拡大したり、時間経過順に画像を見ることが出来ますので、そういう使い方になれると、意外に便利です。

最後に「ノギス」ですが、100mmの小さなものを使っていますが、これは、意外に使うのです。何かに付けて役に立ちます。

以上長々と私の例を紹介してきましたが、次のページからは、手を動かしていこうとおもいます。順次に記事を増やしていきます。ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

次のページ LEDで遊んでみよう

目次のページへ



  PR

その他の私の記事の紹介

ナイフ作りで熱処理の基本を学ぼう
ナイフの熱処理
鋼の熱処理や特に「焼入れ」などは専門的でわかりにくいのですが、鋼種、加熱冷却の基本を知れば、ガスコンロなどで自分で熱処理することができます。これを知っていると、熱処理依頼をするにも、的を射た打ち合わせができるでしょう。ここでは、炭素工具鋼の熱処理をしながら、熱処理について説明しています。

 【大阪市営渡船8ヶ所を歩いて巡りました
大阪市営渡船
大阪市にかかる川を行き来するために、大阪市が運営する渡船が8か所あります。それを徒歩で踏破しました。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

焼入れするステンレスのウンチク
ステンレス鋼
焼入れするステンレス鋼の用途が広がっていますが、一般の工具鋼と違って、熱処理のしかたやその性質がわかりにくいという声を聞きます。一般書籍とは違う説明のしかたで、性質と分類、熱処理などについてさらっと紹介しています。

私の大阪ことば 大阪弁
太陽の塔 夜の顔
50年住んだ東大阪市(旧河内市)を離れて豊中に移ったところ、大阪弁が半分消えてしまっています。話し言葉は変わるのは当然ですが、少し寂しい感じなので、私の話し言葉を録音しました。10年後にはどうなるのか、楽しみでもあり心配でもあります。


(来歴)R1.12記事作成  R2.3見直し  R2.8様式変更2カラムに  R2.9見直し

電子工作記事の目次

最小限必要なことのおさらい(1-1)

最小限必要なことのおさらい(1-2)

最小限 必要な準備をしましょう

LEDで遊んでみよう

Arduino用センサキットのLEDで遊べそうですか

モーターを使って遊んでみよう

DCモーターの回転数を変えてみる

DCモーター用のドライバー

電子工作に使えそうなバイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタの互換性を見てみよう

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

電界効果トランジスタFETの基礎

発振によってBEEP音を出してみよう

マルチバイブレータでLED点滅

その他の発振回路:少部品で確実に発振する回路

CdSセルを使ってみよう

電子工作に使うスイッチ類

メカニカルリレーを使った自己保持回路

磁気に反応するホールICを使ってみる

磁気センサの「磁気抵抗素子」

メロディーICを使ってみましょう

サーミスタと温度センサICを紹介します

光を利用する発光受光素子

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源

オペアンプの使い方(2)コンパレータ

オペアンプの使い方(3)非反転増幅

オペアンプの使い方(4)反転増幅回路

オペアンプを使った発振回路

タイマーIC NE555を使って見よう

コンデンサマイクのためにミニアンプ試作

テスターとオームの法則から始まる電子工作

応用のページのINDEX(目次)

関連記事のINDEX(目次)


その他の記事

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

フィリピンへ英語の勉強に行こう!
フィリピン英語留学
英会話を学ぼうと1ヶ月間セブ空港のあるマクタン島に短期留学したときの内容です。会社に在職中のシニアが単身1ヶ月留学でしたが、行ってよかったと思っています。今、新型コロナの影響で渡航は難しいのですが、何かの参考になれば・・・。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。

おすすめのスポンサーサイト







レアジョブは満足度No1、hanasoはNo2と自社でPRしているところからおすすめです。私はhanasoで5年以上学んでいます。しっかりしたオンライン英会話サイトは長続きできます。
ネイティブと話すにはNOVAが安くて便利です。他の教室も利用できるしマンツーマンの授業料も安くなっています。
















趣味の世界はよくわかりませんが、最近息子がフィギュアや船のプラモデルを作っているのを見て、非常に奥深いのを感心しながら見ています。結構高価なものも多く、完全に大人の趣味の世界ですね。








   

私の利用しているWEB関連の会社です。HPがわかりやすいので長い間利用しています。ストレスがないので長く使えているのでしょう。