楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント 最小限必要なもの

電子工作に最小限必要なことは・・・  (1-1)

初心者に必要な基本の基本はなにでしょうか・・・と問われると、

 1)簡単な回路図が読めること
 2)実際に回路図を見て配線できること
 3)回路図を見て電気の流れをイメージできること
 4)テスターで電圧などを測定して回路の結果を確認できること

などが思い浮かびます。

電子工作キットなどでは、いろいろ工夫されて完動するようになっていますが、実際にいろいろな部品を使ってブレッドボードなどに回路を組んでいくと、目的通りに動くことがゴールになります。 それが確認できると一件落着になるので、そのためには、上のような4つのことができると楽しさも倍加するでしょう。

ここではこれらのことを簡単に紹介していきますが、すぐに理解しなければならないものでもないので、読み流す程度でいいと思います。

何よりも、手を動かして作業するほうが楽しいですから・・・。

まず、使っている【回路図】ですが・・・ 

フリーソフトBSch3Vを使わせていただいて記事中の回路図部分を書いています。

LEDの回路測定例

結構便利です。興味があるようなら、この回路図の「BSch3V」というフリーソフト(こちら)のサイトから、無料ダウンロードできます。

上手く作られていて、CADの知識はなくても、この記事のような回路図は少し練習すると描けるようになります。

部品表記などは最新のJIS表記ではないものも使われていますが、フォーラムのみなさんが使いやすいように改善されているものなので、細かいことは考えずに、標準の仕様のままで使わせていただいています。

主に「ブレッドボード」を使っています

恒久的に作る回路ではないので、記事のほとんどはブレッドボードに回路を組んでいます。

ユニバーサル基板上にはんだ付けをして組んで使うのもいいのですが、ぶっつけ本番でやると、裏の配線が入り組んでしまうなどで、見栄えの良いものを作るのはけっこう大変です。

ブレッドボードに組んだイメージ写真を添付していますが、ぜひ、回路図をみながら自分で確認しながら回路を組み立てていただくのがいいでしょう。

ブレッドボードはいろいろな大きさがありますが、始めに準備するのであれば、10cm以下の小さなもので充分です。(小さなものは2-300円程度で、それらを連結できるようになっていますので、同メーカーのものを2-3個購入しておくと便利です)

ジャンパー線やジャンパーピンも同時に購入しておきます。

ジャンパー線があればともかく配線できますが、少し慣れると、スッキリした配線にしたいということから、ジャンパピンを多用するようになっていくと思います。

ブレッドボードは水色線のように穴の内部がつながっていて、配線が非常に簡単になります。 大変うまく考えられたものです。 

真ん中の溝を利用してICを取り付けたり、両端の電源ラインを使って、たくさんのLEDをつけたり・・・と、自由に使えばいいのですが、無理に部品やピンを押し込むと、穴のロック端子の部分が「バカ」になって固定できなくなるので、「優しく扱う」ということを頭に叩き込んでおいて、長く使えるように取り扱いましょう。

まず、手を動かす

このHPの回路は、私のオリジナルではありません。 ほとんどは、データシートに載っている代表的なものを基本にしたものです。

なるべく詳しくわかりやすく書いているつもりですが、不足分はWEBで調べていただくとよく似たものが出てくるので、それらも参考にするといいでしょう。

書籍に掲載された回路図は意外と不親切なものが多いのですが、楽しむのが目的ならば、理屈の全てを理解するよりも、まず手を動かして回路を完成することを主眼に置くようにするといいでしょう。


必要な理論や知識は?

特別な勉強をしなくても電子工作は十分に楽しめます。

私の記事の内容程度では、、オームの法則を使った抵抗値、電流、電圧の計算程度が理解できれば十分と思います。

検討したい回路の例

オームの法則などの基本的な法則や考え方を知っておれば、確実にその適正な値が素早く求められますが、それでも、測定値はそのとおりにはならないこともあるのですから、これらは「一つの道具」だと思って、楽しむためなら、必要になれば勉強すればいい程度に考えておいてもいいと思います。

簡単な回路図を読めるようになりましょう

簡単なLED点灯回路

この図も、最新のJISに従った標準的なものではありませんが、とりあえず、ここに書かれた電気の流れや状態をイメージして回路を組めるようになりましょう。

電気(電流)は赤い矢印の方向に流れます。

右の図では、5Vの乾電池のような「電源」に「抵抗器」と「LED」が「直列」つながれており、LEDが点灯しているという回路で、LEDと抵抗器が直列につながれているので、抵抗器とLEDに流れる「電流」の大きさは同じなので・・・というようにイメージが広がってくると、しめたものです。 

さらに、回路内の抵抗器とLEDのそれぞれで電圧降下が起きています。 電流が流れると熱や光や振動などが発生しているかもしれません。 長時間に電気を流していると、LEDや抵抗に変化があるかもしれません。 ・・・。

こういうことを「ぼんやりと」イメージできれば楽しいものになっていくでしょう。

さらにLEDに流れる電流が10mAであれば、少しLEDが暗いかもしれないことや、これを明るくなるようにするにはどうしたらいいのか? ・・・ というようなことが頭に浮かんでくるとしめたものです。

①電源の電圧を上げる  ②固定抵抗値を下げる  ③明るいLEDに変える・・・などが頭に浮んでくれば、実際にそれをやってみると楽しみが増すと思います。

こういうことも「回路図を読む」ことに含まれますが、これらがイメージできるのには時間がかかるかもしれませんが、それはしかたがないでしょうし、だんだん慣れてきます。


2)実際に配線できる

私自身も、このHPを作るために、しばしば実験のようなことをやっています。 その過程で、トランジスタに大きな電流を流してしまったり、電解コンデンサの定格以上の電圧をかけたりして、それらを破損させる失敗もしています。

LEDなどを破損させるのはしばしばです。

それらを経て、危険がないような回路をこのHPで紹介していますが、逆に、色々とアレンジをしていろんなことを試していただきたいと思います。

実際にLEDをつけてみた

ブレッドボードに部品等をさしていくのですが、その都度部品を購入するのも大変ですので、最初にある程度の部品類を購入しておくことをおすすめします。

ちなみに、以下に、約半年間で書いた記事中で取り上げた部品類をピックアップしてみました。数量は余分を含めていますし、価格は適当ですので参考にしてください。

かなりの点数になりますが、高額商品のいくつかを除くと、個々の部品代は安いものです。これだけあると、色々楽しむことができると思いますので、参考にしてください。

購入部品一覧

表示の価格は適当ですが、抵抗、コンデンサなどをまとめ買いすると、単価はもっともっと下がるのですが、持っていてもムダになるかもしれないので、常に「ムダなものは買わない」という姿勢は忘れてはいけません。

もしも、もっと腰を落ち着けて取り組みたい方は、①バイポーラトランジスタ各種 ②1/8W抵抗器各種 ③セラミックコンデンサ各種 などのいろいろなChina製の部品セットがアマゾンなどで販売されているので、(無駄も多いのですが)安いし結構使えますのでチェックしてみてください。

→アマゾンの抵抗器セットを見てみる 

部品類は、こちらのページで紹介している通販ショップが購入しやすいでしょう。

私はWEBで購入する部品は秋月電子さんでの購入が多いのですが、大阪の日本橋(電気街)にマルツさん、共立(デジット)さん、千石さんなどの店舗がありますので、そちらでも購入しています。 購入については、後ろのページでも取り上げています。

Amazon・楽天などのショップは、製品類やセット販売が主なので、かえって買いにくいのですが、WEBを見ていると面白いものもあるので、何かのヒントになるので、目を通しておくと、何かのアイデアが浮かぶかもしれません。

→AmazonでLEDを見る 

常用する電源を用意しましょう

一番手っ取り早い電源は、「乾電池」で、単3電池などを電池ケースに入れて使うと簡単で便利です。

ただ、4個を直列にすると6.5V以上になるなど、きっちり「6V」・・・ではないのが気になりますし、電圧が変動するので、できれば後に示す「定電圧電源」を用意しましょう。

単3用乾電池ケース 電池ケース

5V電源を自作しましょう

5Vというのは、USBなどでよく使われていますし、この5Vというのは結構便利ですので、このHPでは5Vを多用しています。

そこで、家庭で余っているスマホ充電アダプターを改造して、5Vの電源を自作しておくと便利です。

下のような「スマホ充電器」は、リチュームイオン電池の充電に使うものですので、ほとんどのものが「定電圧電源」になっており、電圧は非常に安定しています。

みなさんも家庭にも使わない充電器が転がっていると思います。

ACアダプターなどは定電圧電源でないものもあるので、「リチウムイオン用の5V充電器」を使うようにしましょう。

ちなみに、この製品には「5V 1A」と表示されています。 もしも2Aなどの容量の大きいものがあれば、それに越したことはありませんが、1Aのものでも十分です。

スマホ充電器を改造したブレッドボード用電源加工後の定電圧電源

本体にケーブルを差し込んで使うタイプでしたので、この写真のように、余っていたスマホ充電器のコードの先を加工して、ブレッドボード用のピンを取り付けました。ワニ口クリップでもいいですね。 

テスターで線のプラスマイナスを見ながら、ハンダゴテを使って加工してみましょう。

スマホに差し込む側についている、ミニUSBプラグの根本を切断して、そのコードの皮をはぐと、シールドの網の中に4本の細い線が入っています。 

「赤・黒・緑・シロ」で、そのうちの「赤と黒」の2本に5Vの電圧が出ています。 ここでは、他の2本(緑・シロ)は使いませんので殺しておきます。

赤の線がプラス側で、私は、ブレッドボード用のピンをはんだ付けして、絶縁テープで固定しました。

テスターでその電圧を測ると、4.94Vになっています。もちろん、電圧は、安定しています。

USB用のシールド線 中には4本の線があり、5V電源は2本から

【参考】トランジスタやオペアンプのところで、電源を2つ(または正負電源)を使う記事が出てきます。家庭に5Vのアダプターが余っておれば、そのときに使えそうですので、キープしておいてください。

テスターで測定する

テスターは絶対に必要です。 

私は、この2つの安価なテスターを使っています。 電流と電圧を同時に測りたい場合がしばしばあるので、テスターは安いものでいいので、「2つ持ち」が便利です。

私が使用している、安価なデジタルテスター テスターの例

今では安くて高機能なものがたくさん販売されていますので、予算に合わせて購入するといいでしょう。

このHPでは、テスターの用途は精密測定するのではなく、「確認用」ですので、この価格帯のものでも必要充分な測定ができます。(多分できている・・・とおもっています) 

左のテスターはMade in Chinaで、これだけの機能があるのに400円程度です。

使った感じの違いは、左の「安い方」は、安定するのに1分程度の「慣らし時間」が必要な程度で、この2つの測定値を比べると、最終桁で値の違いが出ることもありますが、これも、どちらの数値が正しいのかわかりませんので、あくまでも「確認用」と考えています。

電流計や電圧計を個別に購入するよりも安くて便利ですから、ぜひ、テスターを2台持たれることをおすすめします。

電流、電圧、抵抗の測定ができるようになっておきましょう

ここでは使い方は説明しませんが、テスターの説明書には、いろいろな使い方が示されていますので、下のような回路の値が測定できるようにしておきます。

電流測定は、回路の途中に電流計が入るので、ちょっと大変ですが、いろいろな点を測定してみましょう。

LED回路の実際の計測例

測ってみると、こんな感じです。 黒字が「呼び値」、赤字が測定値で、「A」「V」がテスターで測った値です。 

この数字は、変ですが、測定値はこんな程度です 

測定した数字をみると、①各部品の電圧降下の和が電源電圧になっていない  ②直列では各部に流れる電流値が等しいはずだが違いがある  ③オームの法則に合っていない ・・・ などが出てきます。

実は、測定値では、こういうことがたえず発生します。

測定値には、「誤差の問題」「測定自体の問題」「環境の問題」「避けられない問題」などがいつもつきまとっていて、それを検証して突き詰めていくのは、通常(設備や環境の面)では非常に難しいのですが、ここでは(変な言い方ですが) 測定器で測定した値は、「基本的に正しい」と考えるようにすることにします。

測ったテスターの精度(誤差)や、テスターをつなぐことによる導線の損失などの影響、あるいは、温度の問題や装置が安定するまでの時間・・・などの様々なものがこの結果に影響しているのでいうことになるのですが、ある程度の「誤差」は「常にあるもの」・・・とするのは仕方がないことです。

ここでは、テスターを使って、抵抗、電流、電圧が、適当なレンジを使って測定できることに慣れてください。

→次のページへ  

→目次のページへ


  PR

その他の私の記事の紹介

ナイフ作りで熱処理の基本を学ぼう
ナイフの熱処理
鋼の熱処理や特に「焼入れ」などは専門的でわかりにくいのですが、鋼種、加熱冷却の基本を知れば、ガスコンロなどで自分で熱処理することができます。これを知っていると、熱処理依頼をするにも、的を射た打ち合わせができるでしょう。ここでは、炭素工具鋼の熱処理をしながら、熱処理について説明しています。

 【大阪市営渡船8ヶ所を歩いて巡りました
大阪市営渡船
大阪市にかかる川を行き来するために、大阪市が運営する渡船が8か所あります。それを徒歩で踏破しました。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

焼入れするステンレスのウンチク
ステンレス鋼
焼入れするステンレス鋼の用途が広がっていますが、一般の工具鋼と違って、熱処理のしかたやその性質がわかりにくいという声を聞きます。一般書籍とは違う説明のしかたで、性質と分類、熱処理などについてさらっと紹介しています。

私の大阪ことば 大阪弁
太陽の塔 夜の顔
50年住んだ東大阪市(旧河内市)を離れて豊中に移ったところ、大阪弁が半分消えてしまっています。話し言葉は変わるのは当然ですが、少し寂しい感じなので、私の話し言葉を録音しました。10年後にはどうなるのか、楽しみでもあり心配でもあります。


(来歴)R1.12記事作成  R2.4 見直し R2.8ページを2コラムに R2.9見直し

電子工作記事の目次

最小限必要なことのおさらい(1-1)

最小限必要なことのおさらい(1-2)

電子工作に使う電源のいろいろ(1-3)

最小限 必要な準備をしましょう

LEDで遊んでみよう

Arduino用センサキットのLEDで遊べそうですか

7セグLEDをアナログ的に使う

バータイプLEDを使ってみる

ろーそくICとはどんなものなのでしょうか

モーターを使って遊んでみよう

DCモーターの回転数を変えてみる

DCモーター用のドライバー

モータードライバーNJU7386を使ってみる

電子工作に使えそうなバイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタの互換性を見てみよう

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

電界効果トランジスタFETの基礎

発振によってBEEP音を出してみよう

マルチバイブレータでLED点滅

その他の発振回路:少部品で確実に発振する回路

CdSセルを使ってみよう

電子工作に使えそうなスイッチ類

メカニカルリレーを使った自己保持回路

磁気に反応するホールICを使ってみる

磁気センサの「磁気抵抗素子」

メロディーICを使ってみましょう

サーミスタと温度センサICを紹介します

光を利用する発光受光素子

フォトインタラプタとフォトリフレクタ

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源

オペアンプの使い方(2)コンパレータ

オペアンプの使い方(3)非反転増幅

オペアンプの使い方(4)反転増幅回路

オペアンプを使った発振回路

タイマーIC NE555を使って見よう

タイマーIC「555」を使い倒そう 

コンデンサマイク用ミニアンプを試作

10進カウンタICとシフトレジスタIC

ボルテージディテクタ・リセットIC

バイナリカウンターを使ってみよう

エレキギターを作ってみる

テスターとオームの法則から始まる電子工作

応用のページのINDEX(目次)

関連記事のINDEX(目次)



その他の記事

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

フィリピンへ英語の勉強に行こう!
フィリピン英語留学
英会話を学ぼうと1ヶ月間セブ空港のあるマクタン島に短期留学したときの内容です。会社に在職中のシニアが単身1ヶ月留学でしたが、行ってよかったと思っています。今、新型コロナの影響で渡航は難しいのですが、何かの参考になれば・・・。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。

おすすめのスポンサーサイト







レアジョブは満足度No1、hanasoはNo2と自社でPRしているところからおすすめです。私はhanasoで5年以上学んでいます。しっかりしたオンライン英会話サイトは長続きできます。
ネイティブと話すにはNOVAが安くて便利です。他の教室も利用できるしマンツーマンの授業料も安くなっています。
















趣味の世界はよくわかりませんが、最近息子がフィギュアや船のプラモデルを作っているのを見て、非常に奥深いのを感心しながら見ています。結構高価なものも多く、完全に大人の趣味の世界ですね。








   

私の利用しているWEB関連の会社です。HPがわかりやすいので長い間利用しています。ストレスがないので、長く使えているのでしょう。