楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント

懐かしい「イライラ棒」を作ってみましょう

  

かなり昔のTV番組で、ウッチャンナンチャンの司会で、イライラ棒に挟まれた細い通路を最後まで通り抜けることができれば100万円・・・と、かなりの賞金がもらえるという人気番組があったのですが、狭い金属の通路に触れないように最後まで進むことができれば賞金がGETできる・・・というものでした。

しかし、途中で、手に持った棒が通路に触れると、すごい大音響やスパークが起こってGAME OVERになるというゲームでしたね。(詳しいことは忘れました)

WEBにあったイライラ棒の写真
WEBの写真の番組の様子から   こんな玩具も市販されています。


いろいろな趣向が加えられてヒートアップした人気番組でしたので、その後、それを真似たおもちゃやゲームも作られていたようですが、「通路の金属に触れる=スイッチが入る」→「スイッチが入ると、Action回路が作動する」という仕組みは、棒と通路部分がスイッチの役目で、スイッチが入ると何かのActionが動き出す・・・ というように順番に考えると、いろいろな仕組みのAction をどんどん追加していくことができる・・・ という、うまく考えられた趣向だったようです。

そこでここでは、これを真似て電子工作の要素を加えていきながらイライラ棒を作って、機能を追加して楽しもうと思います。 

ここではまず、スイッチ部分を作ることから考えていきます。

迷路(通路)づくり

これは、自分で作って遊ぶためのおもちゃですので、上の写真の市販のおもちゃを参考にして、①迷路製作用の針金 ②固定用の土台 ③手に持って移動させる棒 ・・・ の3点を工作していきます。 

私は、このようなものを作りましたので、この作り方から説明していきます。

このようなイライラ棒を作ります

材料は、①はアルミ線(2.6mmのものを購入) ②加工しやすい合板(120x450x厚さ13のものを購入) ③細い針金(1.2mmステンレスの針金:家にあったもの) を使いました。100円ショップでもよくにたものは購入できるでしょう。

①については、太い鉄線になると硬すぎて加工が大変ですので、#12(約2.6mm)のアルミ線(10mで約600円)をホームセンターで購入して、約1.5mを使って、これを作りました。 アルミ線は同じようなもので良いので、100均にあるもので充分です。


この形は、1.5mのアルミ線をペンチを使って適当に曲げたものです。 難易度をあげようと思えば、このような2次元的な曲線ではなく、前後にも曲げて、3次元的な形にすると、格段に難しくなるのですが、今回は、簡単なものにしました。

10mのアルミ線を購入したので、いろいろなものが他にも作れそうですから・・・。

もしも、難しい形を作ってみようと思われる方は、倒れにくいように、全体の重心が穴の線上にくるように、バランスを考えて作るようにしましょう。

②の台座(板)も購入品ですが、軟らかくて安価な「フォルカタ材 120x450x厚さ13:約200円)を購入して、それに、アルミ線を差し込むための3mmの穴を2ヶ所にあけています。100円ショップにも、大きさは違いますが、適当なものがありました。

2.5mmの穴では、2.6mmの針金を差し込むのがキツかったので3mmにしていますが、不安定なら、最終的にボンドで固定すれば問題はありません。

③の移動用の棒は、同じ2.6mmのアルミ線で作ってもいいのですが、繊細な感じにしようと、家にあった1.2mmのステンレス線を加工して、さらにその先端部を「丸」ではなく、「三角」にしたものを作りました。

子供さん用に作るのであれば、大きい目の丸形にして、取り扱いが簡単なようにすると良いでしょう。

移動棒はすこし小さめに作りました

怪我防止のために、曲げたネックを3mmの熱収縮チューブで覆っています。

3つのパーツを組み立てます

③の移動棒の輪の部分を①のアルミ線に通してから台座に差し込みます。

スタートする待機位置に絶縁テープを巻いておいて、スタート前にアルミ線に触れて作動しないようにしておきます。

ゲームのやり方

ゲームのやり方は、左端から③の移動棒をアルミ線に触れないように反対側まで移動できれば「クリア」です。

移動途中にアルミ線に接触すると、「スイッチがONになった」時点で「失敗」となります。

ここでは、成功や失敗で、例えば、ブザーが鳴るなどのAction を付け加えていこう・・・というイメージです。

移動棒の輪を小さくしたり変形させると、難易度が上がります。

いずれにしても、この移動棒と通路のアルミ線はスイッチの役目をしています。

イライラ棒の部分はスイッチの役目です

このAction部分にブザーやランプをつければ、移動棒がアルミ線にひっつくと、スイッチがONになって、それらが反応するということになります。 

ここではまず、ブザーを付けてみましょう。

ブサーを鳴らす

ブザーは「電子ブザー」を使います。

電子ブザーの例

ここでは、手元にあったモジュラー化されたものを使っていますが、購入する場合には、ブザー単体のもので問題ありません。


この時に注意することは、同じような形状のものであっても、「電子ブザー」「圧電サウンダ」「圧電スピーカ」等の呼び方の部品が販売されており、これらは仕組みが違っていて紛らわしいのですが、「電圧を加えるだけで音が出る」という表示や表現のあるものを購入してください。

「圧電サウンダ」や「圧電スピーカ」という名称で販売されているものの多くは、交流やパルスを加えて音を出す物が多いので、それらはこの用途には使えませんので、「ブザー」であることに注意して購入ください。

また、使用する電圧に合わせたものを購入しないといけません。

このHPでは、5Vを常用していますので、5V用で、さらに、音圧レベルが高いもの(例えば70dBよりも80dBが音が大きい) を購入すると迫力があっていいかもしれません。

このブザーは100円程度以下で購入できます。

電子ブザーを付けた回路

ブザーが鳴る回路図です

上のように配線して通電してください。移動棒を動かして、アルミ線(通路)に触れればブザーに通電して、大きな音がなります。

ここではワニ口クリップを使って仮配線していますが、これが最終形ではなく、これに様々な応用を加えることを考えていきましょう。


LEDランプを付けるとどうなるのでしょう

棒が接触するとスイッチが入る

ブザーとへ入れるに、LEDの回路を追加します。このLEDは、たくさん取りつけて、派手に点灯させる予定です。

 アルミ線に接触するとLEDが光ります

私は、いつも、何も考えないで220Ωの抵抗を使うのですが、LEDの種類や個数については、後で考えてみることにしましょう。

これで、移動棒がアルミ線に触れると、ブザーが鳴ると同時にLEDが点灯します。

しかし、アルミ線に触れる時間は、普通は瞬間ですので、ブザーは「プツプツ」、LEDは「ぼんやり」としか光りません。つまり、この状態では、迫力がありません。

これを改良して、一瞬にアルミ線に触れてスイッチが入ると、ゲームオーバーにしたいのですが、どうすればいいのでしょうか? 

アナログ回路を主体に考えていますので、マイコンを使うような仕組みや方法は取れませんので、一つの方法としては「リレー」を使う方法があります。 ここではそれを試してみることにしましょう。

長くなったので、それは、次のページで説明します。

→次のページに行く  

全部の目次のページへ



  
PR
レンタルサーバーは使いやすさが重要です。
ロリポップレンタルサーバーは、管理画面やマニュアルのわかりやすいこと、一般に使う機能が揃っているなど、WEBに慣れていない方にも、あまりストレスなく使うことができます。

私も長期間利用していますが、運用に関しては特に何もしていません。ロリポップのサーバーとコンビですので、いろいろな連携で使いやすくなっています。もちろん、どこのサーバーでも問題ありません。

 在宅時間が増えたことを利用して、アンケートに答えてお小遣いがたまるサイトです。
高額をゲットできるアンケートもありますが、まずは簡単なアンケートに答えてみましょう。
このサイトでは、たまったポイントを現金や電子マネーに変えることができます。

 アンケートサイトではちょっとした空き時間を利用してアンケートに答えてお小遣いがたまります。
私は、長いアンケートは苦手で、短いもの中心ですが、ポイントは少ないものの気分転換や時間つぶしができます。

その他の記事の紹介

大阪城を別な見方で紹介 大阪城でぜひチェックしたい隠れた見どころ
ビルに映る大阪城 日本庭園 などあまりメジャーでない大阪城を紹介しています。コロナウイルスの影響で中国系観光客が減っているので、少し別の角度で大阪城を見てみるのはどうでしょうか。

大阪市営渡船 大阪市営渡船を歩きました
大阪市には8か所渡船が運行しています。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、乗船は無料。自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

ナイフ作りと熱処理を実践 ナイフを作りながら熱処理の基本を学ぼう
鋼の熱処理・焼入れは、専門的で難しそうですが、鋼種や基本のポイントを押さえれば家庭のガスコンロで焼入れができます。金のこをナイフに加工して、それを熱処理しながら方法や熱処理理論などを説明しています。

焼入れして硬化するステンレス鋼 焼入れするステンレスのウンチク
焼入れして硬くできるマルテンサイト系ステンレス鋼は、カスタムナイフの材料として人気があるのですが、熱処理の仕方や熱処理による性質がわかりにくいという声を聞きます。それらについて説明しています。

火花試験 ナンバープレートの希望番号の実体は
車のナンバープレートを好きな数字にできる制度が2005年にできたのですが、実際の番号を調べてみると、意外に少ない感じがします。皆さんはどのくらい希望番号を申請していると思いますか。


(来歴)R2.9作成  最終R3.10に見直し

PR

電子工作記事の目次

最小限必要なことのおさらい(1-1)

最小限必要なことのおさらい(1-2)

電子工作に使う電源のいろいろ(1-3)

最小限 必要な準備をしましょう

LEDで遊んでみよう

Arduino用センサキットのLEDで遊べそうですか

7セグLEDをアナログ的に使う

バータイプLEDを使ってみる

ろーそくICとはどんなものなのでしょうか

モーターを使って遊んでみよう

DCモーターの回転数を変えてみる

DCモーター用のドライバー

モータードライバーNJU7386を使ってみる

電子工作に使えそうなバイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタの互換性を見てみよう

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

電界効果トランジスタFETの基礎

発振によってBEEP音を出してみよう

マルチバイブレータでLED点滅

その他の発振回路:少部品で確実に発振する回路

CdSセルを使ってみよう

電子工作に使えそうなスイッチ類

メカニカルリレーを使った自己保持回路

磁気に反応するホールICを使ってみる

磁気センサの「磁気抵抗素子」

メロディーICを使ってみましょう

サーミスタと温度センサICを紹介します

光を利用する発光受光素子

フォトインタラプタとフォトリフレクタ

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源

オペアンプの使い方(2)コンパレータ

オペアンプの増幅回路

オペアンプの増幅(2)

オペアンプを使った発振回路

タイマーIC NE555を使って見よう

タイマーIC「555」を使い倒そう 

コンデンサマイク用ミニアンプを試作

10進カウンタICとシフトレジスタIC

ボルテージディテクタ・リセットIC

バイナリカウンターを使ってみよう

テスターとオームの法則から始まる電子工作

応用のページのINDEX(目次)

関連記事のINDEX(目次)

PR

その他の記事

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

フィリピンのセブで英語を勉強
フィリピン英語留学
英会話を学ぼうとシニアが単身で1ヶ月間セブに短期留学しました。準備から費用やアクティビティなどを書いています。今、新型コロナの影響で渡航は難しいのですが、何かの参考になれば・・・。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。
PR