楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント

CdSセルを使ってみよう

このCdSセルとは、可視光の明るさを抵抗の変化に変えることができる「センサ」です。

明るい光を受けると、抵抗値が減少します。逆に暗いところでは、数MΩの抵抗値になります。

簡単に言えば、「暗くなったら電気をつける」「明るいときにはファンを回し続ける」・・・などのイメージで使うものと考えておけばいいでしょう。

簡単な回路で、光が有無や光の強弱(の程度)を検出できますので、初歩の電子工作向けとしては使いやすいセンサーと言えます。

これと同じ目的で使われるセンサに「フォトダイオード」「フォトトランジスタ」などがありますが、これらは光の強さを電流の量に変換するセンサです。


カドミウムについて

CdSセルの製造原料の「カドミウムCd」は、人体に多く取り込まれると、イタイイタイ病で知られるような腎・肝機能低下や骨の機能が失われるなどの懸念がある物質ですので、世界的にカドミウムを含む製品を作らないし使わないということが求められています。

しかし、カドミウムは電池や肥料製造など工業的には有用なもので、特に日本国内ではこれを使ったたくさんの製品が作られて多くが輸出されている現状です。

もちろん、このCdSセルに触れたり使ったりしていても危険性はなく、環境問題になるほどの量ではありません。

むしろこれは、優れたセンサーで電子工作向きですが、無くなる傾向にあるのは残念です。

世の中には、危険なものはたくさんあって製造され続けています。だから、これを悪者にせずにうまく使えばいいのです。特別に忌避しなければならないものでもありません。

CdSセルの特性

CdS外観例

このような小さな部品で、価格も100円前後で使いやすいものです。

戸外での抵抗値 室内での抵抗値

実際に抵抗値を測ってみました。

日の当たる戸外では252Ω、室内では24KΩ、黒い袋をかぶせて光を遮ると、何と、10MΩ以上に抵抗値になります。

暗くなると抵抗値が増します。その差は実に、10000000/252=40000 倍以上もの抵抗値が変化するという、非常にすぐれものです。


簡単な回路で見てみましょう

CdS点灯基本回路   ブレッドボードで

このように、5Vの電源にLEDをつないで、CdSに照明光を当てますと、10.7mAの電流が流れて、LEDが点灯しています。 そして、光源を遠ざけると、LEDは消灯します。

いままでやっているように、この状態の回路計算をしてみましょう。

光を当てたときの抵抗値は①260Ω、当てないときが ②26KΩ ですので、光を当てると ①の場合は、(5-2)/260=0.0115A=11.5mA となって、LEDが点灯します。

また、暗くなった②の場合ですが、(5-2)/26000=0.000115A=115μAと1mA以下ですので、普通の室内の明るさでは点灯しない・・・ということが計算できます。

もちろん、点灯のタイミングは抵抗器を入れるなどで調整できます。

ここで、少し計算値と実測値には誤差がありますが、LEDの順電圧を2Vとしていることや温度によるものなどによる誤差などですが、小さい誤差なので気にしないでいいでしょう。

ただし、明るいときにLEDが消えるのでは、あまり役に立つような回路とは言えません。つまり、この場合は、間違った使い方をしていることになります。

もしも、LEDを点灯させるのではなくて、明るくなれば「カーテンが閉まる」・・・というような回路であれば使いみちがでてくるかも知れません。

ともかく、アイデア次第で面白いものが出来そうですね。

このように、明るい時にLEDが点灯しても仕方がないので、次は、暗くなったらLEDが点灯する回路を考えましょう。

バイポーラトランジスタを使う、今までの回路で・・・

左がボリュームを使ってLEDを点灯させたすでに作ったことのある回路ですが、それを右のように、ボリュームの代わりに、CdSセルを使えば暗くなると点灯する回路になります。

回路比較

最終回路ブレッドボードに

これで、比較的明るい室内では12.3mAの電流が流れてLEDが点灯しているものが、明るくなると消える状態になります。


さらなる応用は?

さらに違ったことを考えるのがこのHPの目的でしたので、何かを考えてみましょう。

例えば、夜が明けて明るくなるとベルや音楽を鳴らす。夕方暗くなってくると、イルミネーションをつける。簡易照度計のようなものをつくってみる。・・・。

・・・など、「明るい」「暗い」のキーワードで何か考えてみると面白いアイデアが浮かぶかも知れません。

たとえば、先程の、「明るくなるとカーテンを開けたい」ということを実現しようとすれば、リレーなどを使ってモーターなどを動かせればいいので、下のような回路なども考えるといいかも知れません。

明るくなってCdSセルの抵抗が少なくなれば、トランジスタのベース電流が増え、コレクタ電流が流れてリレーを動かし、カーテンが動く・・・というイメージです。

リレーを使った回路例

もちろん、この回路図ではいろいろ問題がありそうです。リレーが動作するか、電流不足ではないか、MOS-FETにしたほうがいいか、などなど、・・・・・・ でも、こういうことを考えることから電子工作のアイデアが実際のものになっていくので、これが電子工作の面白さです。

このモーターの実験では別電源が必要なので、ここでは、LEDを使った回路を考えて、うまくいくかどうかを見ていくことにしましょう。下が回路の例です。

リレーとCdSで作った回路 今回使ってリレー

ブレッドボードに組んだ状態は、下のようになりました。

電流を測るための線など余分なものがあるので複雑そうですが、難しくはありません。ここでは100kΩの可変抵抗はつけていませんが、これは、ON-OFF時のタイミングを調節するためのものとして回路図に入れています。

夜間点灯回路をブレッドボードに組んでみた

回路の状態を説明すると、周りが明るい状態ではCdSの抵抗値が下がっており、アース側にたくさん流れるのでベース側に電流が流れないので、コレクタ電流が小さくてリレーを動かすことができないのですが、暗くなってくると、CdSの抵抗が増えてアースに流れる電流が減り、ベース側に流れる電流が増えることでコレクタ電流が増えていき、ある時点でリレーの電磁石を引き寄せるだけの電流が流れると、スイッチが入る・・・ということで作動します。

この図では、「明るくなるとLEDは消える」状態になっています。リレーの接点のもう一方側にLEDをつなぐと「明るくなるとLEDは点灯」という状態になります。

ここでは5Vで作動する2回路2接点のリレーを使っていますが、1回路2接点のものであれば、100円程度ですので、いくつ種類の違うものを購入しておくと、いろいろ遊べるでしょう。

5Vの電源からLEDを点灯していますが、上のモーターの図のように、独立した電源を使うと、このリレーでは2Aまでの余裕でモーターなどをON-OFFできます。

参考に、この回路で実測した、制御のためのベース電流とリレーを駆動するコレクタ電流を示します。

CdS回路の電流値

このように、16~18mA程度の小さなコレクタ電流でリレーが動くので、簡単なトランジスタ回路でもいろいろなことができそうです。ともかく、手を動かして遊んでみましょう。

CdSセルだけではなく光を遮ると作動するセンサーなどもあリますし、もっと高感度のセンサーもあります。

いずれも安い部品ですので、遊んでみるといいでしょう。

これらについては別の機会に考えてみたいと思っていますが、ともかくこのCdSセルは、非常に抵抗変化が大きいので、比較的その閾値(境界値)を操作しやすいので、使い方の自由度は高いと思います。

この「CdSセルは、明るさを抵抗値に変える」ということを覚えておくと、何かひらめいたときに使えそうですね。

→目次のページに

次のページ 電子工作に使えそうなスイッチ類


Page Top▲

その他の私の記事の紹介

大阪市営渡船 【大阪市営渡船を歩きました
大阪市には8か所渡船が運行しています。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、乗船は無料。自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

大阪城の公衆トイレ  【大阪城のトイレを全部紹介
大阪の主要な観光名所で外人さんもたくさん訪れる大阪城の公衆トイレを紹介しています。時間とともに改善されてきているのですが、コンセプトがないというか、全体的にいま一つという感じがするのですが、全部の外観写真を見て、皆さん、どう感じます?

ナイフ作りと熱処理を実践 【ナイフを作りながら熱処理の基本を学ぼう
鋼の熱処理・焼入れは、専門的で難しそうですが、鋼種や基本のポイントを押さえれば家庭のガスコンロで焼入れができます。金のこをナイフに加工して、それを熱処理しながら方法や熱処理理論などを説明しています。

焼入れして硬化するステンレス鋼 【焼入れするステンレスのウンチク
焼入れして硬くできるマルテンサイト系ステンレス鋼は、カスタムナイフの材料として人気があるのですが、熱処理の仕方や熱処理による性質がわかりにくいという声を聞きます。それらについて説明しています。

Hanako's Papa のインデックスのページ 【INDEXのページへ
私のすべての記事のINDEXページです。

(来歴)R1.12記事作成  R2.4見直し