楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント

DCモーターの回転数を変えてみる

  

前のページでブラシ付きDCモーターで、加える電圧によって回転数が変わることをみました。

また、回転数を上げると電流量が増えるのですが、その時の電流と電圧の関係は、モーター自体の特性が関係するらしく、極限の使い方をしようとする場合は、個々に測定してみないとデータシートからは読み取れない感じでした。

回転数や方向の制御は、一般的には、別のページで紹介するモータードライバーを使うことも多いようです(→こちらで紹介)し、パルスを使った回転数の制御例もあるのですが、ここではごく単純に、可変電圧電源を用いて、特に、起動・停止時の様子がどのようなのか・・・を見てみます。


回転が止まっている状態から徐々に動かせたい場合や、徐々にスピードを落として停止させるには、適正電圧範囲外の「低い電圧」にすることになるのですが、そのときに、DCモーター特有の問題が内在しています。

動き始めと停止後の状態を確認してみます

ここでは、回転数を見るために、タミヤのギヤボックスに付属のFA130タイプのDCモーターを使って、起動・停止時の状態をみてみました。

タミヤのギヤボックスNo.167 

これは、「タミヤ」の楽しい工作シリーズのNo.167シングルギヤボックスで、最高の減速比は344.2:1 ですので、これの回転数を見ることで、高いモーターの回転数が逆算しやすいと思ってこれを使用しました。

余談ですが、電子工作でも模型部品を使うことも多いので、タミヤのHPは目を通しておくと面白い製品が見つかるかもしれません。 何度も紹介していますが、リンクを張っておきます。

タミヤのHPへのリンク

電圧を上げると回転数も上昇します

電圧と回転数の関係

このDCモーターは、1.5-3V程度が適正の電圧となっていますが、0Vからゆっくり電圧を加えていくと、0.4Vで動き始めます。 そして、この図のように電圧を高くすると回転数が上がっていきます。

ただし、ここでの問題点は、回転数がゼロの状態から、急に1900RPM(毎秒30回以上)で回リ始めるので、「徐々にスタートする」という状態にはならないのが難点です。

これがDCモーターでの困った点と言え、ロボットなどの微細な動きなどに使うのが不向きなところですね。

回り始めと停止の瞬間の変化を見ました

この、0Vから上げていって回転し始めるときと、0.4Vで回転している状態から電圧を下げていって止まったときの様子は次の表のようになっていました。

電圧と電流の関係

太字で示したように、止まっている状態から起動させるときには、止まっていても電流が流れており、それが電圧とともに増えていくのですが、回り始めた瞬間に電流値は通常値まで低下しています。

また、回転している状態から電圧を下げていくと、回転数と電流値は下がっていくのですが、停止した瞬間に負荷が増えて、停止していても電流値が増加することがわかります。

特に、動き出すとすぐに高回転をするので、DCモーターの電圧による単純な制御では、スムーズな起動・停止は思ったようにいかない感じです。

電流値で回転数を変えることも簡単ではなさそうなのですが・・・・

トランジスタを使って何かできないか?

トランジスタのページで試したように、電流増幅用のモノポーラトランジスタを使って、エミッタ接地回路でベースに加える電流値をボリュームを使って変えることで、100mA程度の電流を制御できました。

電圧と電流は相互の助け合いの関係があるので、制御ができるかできないかはやってみないとわかりませんので、やってみます。

上のギヤボックスについているFA130タイプは通常電流が100mAを超えていますが、手持ちのFA130は100mA以下で回転することから、この定電流で回転するモーターを、このHPでよく使うトランジスタ2SA1815を使って速度制御ができるのかどうかを試してみたいと思います。(2SA1815はコレクタ最大電流が150mAですから)

これまでの測定結果では「電流値と回転数の相関はない・・・」のですが、十分な電流を流すには相応の電圧が必要だという概念があります。

これを「助け合いの関係」と勝手に呼んでいる関係で、つまり、相応の電圧がかかっておれば、電流で回転数は変えることが出来るのではないかと考えて、実際にはどうなるのかを試してみたいと思います。


ただ、この実験結果でも、上で紹介した「回りはじめ」がスムーズな制御にはならずに、回り始めると1000RPM以上になってしまいました。 でも、トライすることは大事ですので、きっと何かのヒントにはなると思いますので、失敗談ですが、興味があれば最後までお付き合いください。

トランジスタを使った基本回路   

手持ちのDCモーター(FA130)は、どうも純正ではなさそうですが、100mA以下の消費電流で、1.5~3Vでうまく回ってくれることから、トランジスタを使った基本回路で速度変化をさせることができる可能性があります。 下図が試験する回路です。

モーターを回す回路例

この回路は、LEDを使って明るさを変えたときと同じものです。
→詳しい記事はこちらのトランジスタのページにあります

2SC1815は、150mA程度までのコレクタ電流が流せますので、LEDをDCモーターに変えて、トランジスタのベースに加えるための抵抗(LEDのときには33kΩを使用)をボリュームで併用すれば回転を変えられるかもしれません。

LEDではコレクタ電流が20mA程度でしたが、モーターではコレクタ電流を100mA以上を流すので、ベース電流のための抵抗値を変更しています。

参考に、この抵抗値を計算します。 

これは「おさらい」として書いています。 計算の仕方を忘れた方は、こちらのページにありますし、わかっている方は読み飛ばしてください。

電流増幅率をデータシートある 100 とすると、コレクタに流したい電流が100mAでは、ベース電流を10mA程度流してやる必要があるので、可変抵抗の100kΩからアースに流れる電流は微小なので無視するとして、必要な抵抗値を求めると ・・・

R=E/I=(5-0.7)/0.001=4300Ω になります。 しかし、ここで使用しているモーターは、電流が50mA程度もあれば充分回ってくれたので、ここでは、手持ちの 10kΩ の固定抵抗器を使いました。

これでいいのかどうかを検算(逆算)をすると、I=E/R=(5-0.7)/10000=0.43mAですので、増幅率が100であれば、0~43mAの電流が制御できることになります。(5kΩの固定抵抗にしたほうがよかったのですが、手持ちがなくて ・・・ このあたりの適当さはよく出てきますがご容赦ください)


最初に動かせる瞬間には、いろいろな不安がありますので、慎重にテスターなどで電流を測定します。 

もしも、異常な過大コレクター電流が流れるなら、モーターに直列に、電流制限抵抗を入れてやればいいでしょう。 念の為にこれを計算してみます。

この場合は、電源は5Vで、モーターの適正電圧は1.5~3Vですので、抵抗器によって2Vを低下させて100mAを流してやればいいので、 R=E/I =2/0.1=20Ω で、P=I2・R =0.2W で、1W程度の抵抗を使えば十分です。

以上、今までのおさらいを兼ねての計算ですが、このあたりは計算に慣れて来ましたか? 何回か自分やってみると計算できるようになってくればしめたものだと思います。

これをブレッドボードに回路を組みます

ブレッドボードに組んでみた

ベース電流とモーターにかかる電圧、モーターに流れる電流をテスターを利用して測ります。 テスター2つで、別々に測りました。

測定中

テスターのマイナス表示は気にしないでください。デジタルメーターは正逆を間違えても、このように表示されて便利なので、こんなズボラなことをよくやってしまうのですが、・・・。

結果1

結果的には、電圧を変えると回転数が変わるのがわかります。 ここでは電流量で表しましたが、回転中の速度調整はこの回路を使えば、ボリュームを回すことでできることがわかりました。

しかし、モーターが止まっている状態でボリュームを徐々に回していっても、ベース電流はどんどん上がるのですが、モーターが回ってくれません。

この時、モーターは止まったままなので、モーターにかかる電圧が「0」です。 つまり、電圧がかからなければ、電流が流れないでモーターが回リません。 

そこで、このときに、手で少しモーターを回してやると、ベース電流に見合った電圧が加わって、にモーターは一定回転になります。

・・・ しかし、これは問題です

無理に回すろ、高回転で回り始めるのですが、電流値を下げて速度を落とすことはできます。

ボリュームによって徐々にコレクタ電流を高めるのではなく、いっきにモーターに1.5V程度を加えれば、手で回さなくても確実に回ってくれるのですが、電流を徐々に加える方法では、当初は電圧が低いので、トルクが不足して回り始めてくれない・・・という理由のようです。

やはり DCモーターの特性が邪魔をしてしまっています。

ここでの電気の流れは「水流」に例えられるのですが、電圧がかかっていなければ電流が流れない・・・という、まさにこの状態がこれです。

ある電流を流そうとすると、それに見合った電圧が必要になりますから、結局、電流制御のトランジスタ回路で起動時の回転をコントロールするのはうまくいきませんでした。

余談ですが、低速から回す方法は?

アナログ的? に、定速からモーターを回す方法の一つに、電流パルスを加えて制御する方法があります。

秋月電気さんから、「PWMスイッチングDCモーター速度可変セット」が販売されています。 写真のようなものです。(→こちらのページでも紹介しています

モーターの速度可変

これは、タイマーIC「555」を使って、発振波形のデューティ比を変えることで速度を変える仕組みですが、出力された波形の電圧をオシロスコープで見ると、最大値が10V以上あるのですが、周波数が10kHz以上なので、モーターがそれに追従しないで、見かけの電圧が3V程度以下になることで100RPM程度のかなり低速度からモーターが回り始めるようです。

パルス形状を変えることで速度調節

パルス電圧を高くできる有利さ

また、その他には、マイコンを利用して、パルスの状態を変える方法で、同様に速度調節することが一般的に行われています。

これは完全にデジタルの領域ですので、ここでは取り上げませんが、これも上の555タイマーを使った場合と同様で、モーターに充分な電圧がかけられるので、電流で速度が変えられる・・・ということなのでしょう。

電圧制御できるFETは使えるかも?

モータードライバーには、電流を制御するTTLではなく、電圧を制御するFETを使ったものがありますので、それも試してみる考え方もあるかもしれませんが、DCモーターは、回り始める瞬間が大きな負荷がかかっており、一旦回リ始めると高回転になる性質は変えられないので、このFETを使った方法でも、あまり期待はできそうでないので、これは試さずに、深入りしないことにします。

今回さらに、コンプリメンタリペアのバイポーラトランジスタを使って「正逆回転」させることを考えていました。

しかしこれも、DCモーターでは上記の特性があるので、ゼロからのスムーズな起動停止は難しいと考えて、イメージだけを示しておきます。 

ごく低速度での起動停止でなければ通常のモータードライバーと同じで、問題なく正逆転できると思うので、興味ある方はやってみてください。

考えていた正逆回転回路 【参考アイデア】

この考え方は、電源を2つ用意して、さらに、コンプリメンタリ・ペアのトランジスタを用いることで電流の方向をボリュームによって変えようというものです。

一般的には、市販のモータードライバーのように「Hブリッジ回路」にするやり方が多いのですが、NPNとPNPを使って、さらに回転数の調節を考えると、こんな方法もあります。

コンプリを使った回路例

コンプリメンタリ・ペアとは、特性のよく似たNPNとPNPトランジスタの組み合わせのことですが、今まで使っている2SC1815に対しては、(カタログにも書いていますが) 2SA1015が対応しています。(この場合は、150mAの電流量制限に注意してください。無理なら、別のトランジスタに変えなければなりません)

この図は書きやすいように、コレクタ接地になってしまいましたが、エミッタ接地にしてもいいでしょう。

イメージですので、全く、回路を組んで確かめていません。

*****

その他のやってみたいこともあります。 例えば、極性のない容量の大きめのコンデンサを入れて電気をためてやることで起動を助けてやったり、あらかじめ一定の電圧をかけておいて起動を助けることや、手動のスイッチと速度調整を分けて行い、スイッチで回転方向を切り替えるようにしておいて、起動時はモーターが回転する最低電圧が加わってすぐに回転をさげるようにするとか、・・・・

これらはいずれゆっくりと考えるとして、DCモーターをゼロからスムーズな回転変化を与えることは難しいことがわかりましたので、ともかくここで、いったん中断して、モータードライバー(製品)を使って、制御の様子などをみてみることにします。

→ INDEX(目次)のページへ

次のページ DCモータ用にモータードライバーを使ってみる


  
PR
 在宅時間が増えたことを利用して、アンケートに答えてお小遣いがたまるサイトです。
高額をゲットできるアンケートもありますが、まずは簡単なアンケートに答えてみましょう。
このサイトでは、たまったポイントを現金や電子マネーに変えることができます。

 アンケートサイトではちょっとした空き時間を利用してアンケートに答えてお小遣いがたまります。
私は、長いアンケートは苦手で、短いものを中心ですが、ポイントは少ないものの気分転換や時間つぶしができます。

スポーツ用品のアルペンとスポーツデポの公式オンラインストア。
お得な情報が満載。
困った時の神だのみ?直ぐに発送されるのも助かります。・・・要チェックですね。

セブンイレブンの配達サービス。
配達料は220円。でも税込み3000円以上配達料無料なのがGOOD
会員登録すればOK。
ミール、雑貨、お酒や有名スイーツの宅配も。サイトも見やすいです。

その他の私の記事

ナイフ作りで熱処理の基本を学ぼう
ナイフの熱処理
鋼の熱処理や特に「焼入れ」などは専門的でわかりにくいのですが、鋼種、加熱冷却の基本を知れば、ガスコンロなどで自分で熱処理することができます。これを知っていると、熱処理依頼をするにも、的を射た打ち合わせができるでしょう。ここでは、炭素工具鋼の熱処理をしながら、熱処理について説明しています。

 【大阪市営渡船8ヶ所を歩いて巡りました
大阪市営渡船
大阪市にかかる川を行き来するために、大阪市が運営する渡船が8か所あります。それを徒歩で踏破しました。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

焼入れするステンレスのウンチク
ステンレス鋼
焼入れするステンレス鋼の用途が広がっていますが、一般の工具鋼と違って、熱処理のしかたやその性質がわかりにくいという声を聞きます。一般書籍とは違う説明のしかたで、性質と分類、熱処理などについてさらっと紹介しています。

私の大阪ことば 大阪弁
太陽の塔 夜の顔
50年住んだ東大阪市(旧河内市)を離れて豊中に移ったところ、大阪弁が半分消えてしまっています。話し言葉は変わるのは当然ですが、少し寂しい感じなので、私の話し言葉を録音しました。10年後にはどうなるのか、楽しみでもあり心配でもあります。

Page Top▲
(来歴)R2.2記事作成  R2.4見直し  R2.8様式変更2カラムに   R2.9見直し

電子工作記事の目次

最小限必要なことのおさらい(1-1)

最小限必要なことのおさらい(1-2)

電子工作に使う電源のいろいろ(1-3)

最小限 必要な準備をしましょう

LEDで遊んでみよう

Arduino用センサキットのLEDで遊べそうですか

7セグLEDをアナログ的に使う

バータイプLEDを使ってみる

ろーそくICとはどんなものなのでしょうか

モーターを使って遊んでみよう

DCモーターの回転数を変えてみる

DCモーター用のドライバー

モータードライバーNJU7386を使ってみる

電子工作に使えそうなバイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタの互換性を見てみよう

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

電界効果トランジスタFETの基礎

発振によってBEEP音を出してみよう

マルチバイブレータでLED点滅

その他の発振回路:少部品で確実に発振する回路

CdSセルを使ってみよう

電子工作に使えそうなスイッチ類

メカニカルリレーを使った自己保持回路

磁気に反応するホールICを使ってみる

磁気センサの「磁気抵抗素子」

メロディーICを使ってみましょう

サーミスタと温度センサICを紹介します

光を利用する発光受光素子

フォトインタラプタとフォトリフレクタ

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源

オペアンプの使い方(2)コンパレータ

オペアンプの増幅回路

オペアンプの増幅(2)

オペアンプを使った発振回路

タイマーIC NE555を使って見よう

タイマーIC「555」を使い倒そう 

コンデンサマイク用ミニアンプを試作

10進カウンタICとシフトレジスタIC

ボルテージディテクタ・リセットIC

バイナリカウンターを使ってみよう

テスターとオームの法則から始まる電子工作

応用のページのINDEX(目次)

関連記事のINDEX(目次)


その他の記事

 【大阪市営渡船を歩いて巡りました
大阪市営渡船
8か所全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

 私の大阪言葉 (音声付き)
私の大阪弁
55年間大阪府の東大阪市に住んでいて、河内弁混じりの大阪弁を話します。話し言葉はどんどん変わりますので、それを録音してみました。10年後、20年後が楽しみです。

 【淀川を全部歩く
淀川を歩く
淀川は大阪平野に暮らす人々の生活を支える大切な川です。琵琶湖から流れ出た水が京都府の大山崎町・八幡市あたりで淀川となり、大阪湾に注ぎます。それを歩きました。

 大阪城のトイレの外観を全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪城公園内には、約20の公衆トイレがありますが、大阪の観光名所というにはお粗末なトイレもあります。全部の外観を紹介しています。

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

おすすめのスポンサーサイト


レアジョブはオンライン英会話の大手サイトで、豊富な講師陣で企業契約もおおい、人気のサイトです。


私が5年以上続けているサイトで、復習システムが充実しており、サポートも丁寧なところが気に入っています。


教室数が多く、どこの教室でもレッスンを受けられるのが便利。少し話せる人はマンツーマンレッスンとVoiceの参加をおすすめします。






   

お家時間が増えて、趣味を楽しものもいいですね。工作するのもよし、ホビーの世界はアレンジも楽しい・・・。オンラインショップを見て気長に楽しめる物を探してみたらどうでしょうか?







アウトドアーは比較的気軽に楽しめる娯楽です。日々進歩する用具類は普段からチェックしておくことも必要ですね。




  

普段からのぞいておくと役に立つサイトです。 コンビニ商品を宅配してくれるサービスはセブンミールの独壇場です。宅配料220円で3000円以上は無料。登録が必要ですので、事前にチェックを。
日本旅行では、会員登録をしないで予約ができます。







   

私の利用しているWEB関連の会社です。コントロールパネルなどHP内が見やすくわかりやすく、ストレスが少ないので、長い間利用しています。