楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント

部品数が少なくて確実に発振してくれる回路

ここでは、電子工作で使えそうな発振回路を対象にしていますので、「音がでる」「LEDが点滅する」・・・という程度の動作ができればいいので、波形や精度というのはあまり重視ししないで、ともかく、部品数が少なくて、ブレッドボード上にラフに回路を作っても、うまく発振してくれたもののいくつかを紹介します。

発振回路について書籍を見ると、様々な発振回路が紹介されていますが、多くは、抵抗やコンデンサの値などの細かい仕様が書いていなかったり、そして、それが書いてあっても、回路図通りにブレッドボードに組み上げても、うまくいかない・・・という経験をした方も多いと思います。

この原因を探って対策できればいいのですが、私を含めた初心者の方にはそれを理解するのもハードルが高い内容も多いので、ここでは、「回路を組んでみると発振した」というものを示していますので、これを参考にCR値や電圧などをアレンジしていただくと結構楽しめるでしょう。


「発振」は結構遊べます

  

発振回路を分類すると、 ①コイルを使わない「CR発振」 ②コイルを使う「LC発振」 ③その他 例えば、発振子を使うもの ・・・と分けてみると発振をイメージしやすいでしょう。

このページでは、「音の発生・点滅のスイッチ動作」などを考えていますので、 ①「秒」が単位の「タイマーのような発振」と  ②スピーカなどで音で確認できる周波数範囲の発振・・・などの、比較的周波数が低いものをメインに取り上げています。 一般的な発振を取り上げている内容ではありません。(一般的な発振はタイマーやオペアンプなどのICで取り上げます)

すでに、「ブロック発振(こちら)」や「タイマーICを使った発振(こちら)」などを紹介していますが、私の経験で言えば、コイルを用いる発振はうまく作動しないことが多いようなので、ここでは、コイルを用いないで、部品が少なく、そして、実際に作動したいくつかの回路例を紹介します。

ここでは、用いる部品数が少なくて、そして、簡単な部品交換や可変抵抗器(半固定抵抗器)などをもちいて簡単に調節(変化)できればよいと考えて、 (1)PUT(少し変わり種のトランジスタ)を用いたもの (2)弛張発振回路の一つ (3)水晶発振子のさわりを少しだけ・・・ を紹介します。

これらの回路自体は、先人が苦労して作った、すでに「基本形」が出来上がっていて、広く書籍やWEBで紹介されているものを一部アレンジするなどのものですので、当然、電圧や部品の状態、温度の状態で差異が出るのは普通に起こります。この記事は、電子工作に応用するためのヒントをしめしているものだと考えておいてください。

ブレッドボードでの空中配線なので、ここにある回路を組んでも、コイルのインダクタンスやコンデンサ容量が「わるさ」をして、発振状態がかなり不安定になったり、発振しない場合もあるかもしれません。 しかし、ここで紹介しているものは、回路を組んで発振を確認したもので、かなりラフな回路なので、安定しているとは言えない点は理解ください。

PUTを利用した簡易な発振回路

「PUT」はプログラマブル・ユニジャンクション・トランジスタのことで、写真のように、バイポーラトランジスタ(このHPでも多用している2SC1815など)と同じ形をしています。

ここでは、2N6027Gという型番を使用しました。

価格も20円程度の安価なもので、5個ぐらい購入しておくと、気軽にいろいろと試して使えるでしょう。

PUTの外観

データシートによれば、一般的な用途として、発振回路やタイマー回路に使えるようで、WEBでもいくつかの記事が見られますので、それらも参考にされるといいでしょう。

PUTの図示

図示記号にあるように、PUTは上のように、ダイオードにゲートの足が出ているもので、3本の足は、A:アノード K:カソード G:ゲート と呼びます。 サイリスタとよく似た図示記号ですね。

内部構造はバイポーラトランジスタのコンプリメンタリペアをつないだような働きをする・・・と説明されています。 (これについては、実際に回路を組んで確認した内容を後で簡単に紹介しますが、このままコンプリメントペアに置き換えたのでは、やはり「難あり」でした)


今回確かめてみた回路

PUTを用いた発振回路例

このように、電源電圧と抵抗値を変えてLEDの点滅の様子を見ています。

電源電圧は、3.5~5Vと書いていますが、10kΩでは3.5V~10V、3.3kΩの時は3~9Vの範囲が適当で、この電圧範囲を大きく外れると、うまく点滅(発振)しませんでした。

ブレッドボードに組んだPUT発振回路

PUT発振の結果

電源電圧によって、若干ですが点滅周期は変わります。また、電源電圧によって、波形の形が変わっているようです。(白矢印部分) ただし、目で見た感じでは、LEDの明るさの違い以外はわかりません。

波形の変化状態

図中の( )に示したように、10kΩの抵抗値を3.3kΩと33kΩなどに変えると、簡単に点滅周期を変えることができます。(点滅時間周期は、オシロスコープの波形を実測しています)

もちろん、コンデンサ容量を変えても周期が変わりそうですが、10kΩに対する抵抗比によって、点滅時間がキリがよい時間になっているようなのです。

PUTは、簡易な発振回路として充分に使えそうな感じです。

例えば、5秒にしたければ、50kΩ、0.1秒にしたければ、1kΩにすればうまくいきそうな感じの数字になっているようですから・・・。(これは試していません)

また、LEDを3.3kΩの固定抵抗に変えると、下図のようなオシロ波形になりました。

波形の変化状態2

もちろん周期(t)も変わりますが、LEDの点滅時の影響がなくなったのか、かなりシンプルな波形になっています。

このときのトータル電流値は1.4mAで、電圧の最大最小値(Vpp)が3.3V程度ですから、特に、消費時の電力による発熱なども問題はなさそうです。

この、LED(や抵抗)の負荷を外すと、発振しなくなります。

これ以外にも変更するといろいろな状態を見ることができそうですが、これらは、実際に応用回路を作った時に考えることにして、ここでは、「このPUTは使えそうだ」・・・という結論にしておきましょう。

**********

次に蛇足ですが、PUTの内部構造が紹介されていたので、PUTを2SC1815(NPN)と2SA1015(PNP)のコンプリメンタリペアを利用して置き換えてみるとどのようになるかを確認しました。(下の回路図)

WEBの記事で、可変抵抗は1kΩが良い・・・とあったので、多回転の半固定抵抗を使って見たのですが、発振状態が不安定で、LEDの点灯もあまり良くありません。 

もちろん、ここでいろいろ試しても良かったのですが、PUTを使って目的が達成していますので、これ以上深入りしなかったのですが、これは不採用という判定をしました。 (5kΩの可変抵抗と、固定抵抗10kΩを変えて見るなどは、時間を見てやってみる予定です)

PUT発振の代替え回路(失敗例)

PUT代替え回路のブレッドボード配線


「弛張発振」について

次に、発振の書籍でしばしば出てくる弛張発振の例を取り上げます。 

これは、「しちょうはっしん」と読みます。緩めたり引っ張ったりして発振する・・・というイメージでしょうか。

発振回路の分類方法には、上にあげた分類(CR・LC・発振子などの分け方)以外に、「弛張型」と「帰還型」という分類方法があるようで、書籍などに載っている発振回路の多くは「帰還型」に分類されているようで、弛張型は少ないのですが、私の記事でもICを使った帰還型をよく使います。

この帰還型は、正帰還(ポジティブフィードバック)とCRL(キャパシタンス、抵抗、インダクタンス)を用いた『共振』を利用するのもの・・・で、WEBでもたくさんの回路が紹介されています。

水晶発振子など用いたものや、CR発振、LC発振、マルチバイブレータなども帰還形にして発振させることが多く、波形や電圧分布などがきれいな形になるものが多いので、方形波、正弦波などの基本波形はこのような帰還型で作られることが多いという理由なのでしょう。

もう一方の弛張型は、断続するON-OFF信号が発振信号となるもので、回路が単純なものが多い感じです。

このHPで紹介したN555タイマーICを用いた発振などは、この弛張型に分類されて、こちらで紹介したように、きれいな方形波で発振するものもありますが、どちらかというと、波形よりも簡単さが優先される感じです。

弛張発振に分類されるものには、ネオン管を用いた発振、アーク発生時の放電を利用した発振、リレーのON-OFFを用いたものなどがあるようですが、ここでは、弛張発振の例として、上のPUTで紹介したバイポーラトランジスタ回路を少し変えてみると、うまく発振しましたので、それを紹介しました。


弛張発振回路の例

この回路は、1つの例で、この1015と1815を入れ替えた回路なども同様に、RとCでON-OFF(発振)し、LEDを点灯させるために電力増幅を加えている・・・というような回路です。

弛張発振の回路例 コンプリペアの足の説明

蛇足ですが、私は未だにNPNとPNPの足に迷います。 足のECBの配置は2SC1815と2SA1015は同じで、矢印のあるのがエミッタで、電流は矢印の方向に流れる・・・というのをわかっていても、CとEをどうつなぐのかを迷ってしまい、毎回確認しなければならないのですが、これは、慣れるまで覚えてしまうか、毎回データシートを見るか・・・ですが、私は毎回確認してから作業している状態です。


ブレッドボードへの配線

ブレッドボードに配線して、電源電圧を変えるとともに、( )のように抵抗とコンデンサを変えてみて、点滅周期がどのように変わるのかをLEDの足の部分でオシロスコープを使って調べてみました。(細かい数字は不要なので、数値は丸めています)


パラメータを変えた結果

発振波形は下のようになっており、やや不安定で、オシロスコープの画面を止めてこの値を測定しました。

電圧、抵抗、コンデンサの値によって、点滅時間で、4倍程度の時間差があることから、結構、点滅周期は調節できそうです。

これを用いて何かに応用ができそうな感じなので、これも「使える発振回路」として採用できそうだ・・・ということにします。

オシロスコープでみた発振波形

それと同時に、Rの大きさが変わると周期が変わるのであれば、CdSセルが使える・・・と思いましたので、これに追加して、少し遊んでみました。


CdSセルを使って遊べそう

470kΩを220kΩにすると周期が変わていることから、RをCdSセルに変えてみました。

CdSセルを追加した回路例

このようにCdSセルを接続すると、周囲が暗くなってくると(セルを手で覆うと)LEDが点滅しはじめて、暗くなるにつれて点滅周期が短くなっていく・・・という回路です。

この図では、CdSからアースする回路になっていますが、220kΩの下にCdSセルを直列につなぐと、なにかが変わるはずです。

きっと、(私の予想では) 暗くなっていくと、上とは逆に、点滅周期が長くなる・・・はずですが、その他の抵抗やコンデンサの値を変えることも合わせて、興味ある方はいろいろとやってみると面白いとおもいますので、やってみてください。

文章が長くなるのでこれ以上に深入りしませんが、このような低電圧定電流の回路では感電の危険もないし、間違って部品をオシャカにしても、安価なので、そんなに懐も痛みませんので、どんどん冒険してみてくださいね。

最後になりますが、水晶発振子について少し取り上げます。

水晶発振子を使った発振波形は正弦波

水晶発振子(クリスタル)は、名前をみると高価でデリケートな感じがしますが、30円前後と安価ですので、気軽に使えますので、ぜひ遊んでみてください。

クリステルの性質は、電圧を加えると固有振動することですが、電圧ではなく、これに「外力」を加えて変形させると起電力が発生する性質があるらしく、一度やってみたいのですが、この作業は、かなりマニアックなので手が出せそうにありません。

よく利用される「電圧をかけると固有振動し、その振動精度が非常に高い」という性質は、時計やパソコンのクロックなどで、いろいろな周波数のクリスタルがいろいろな用途に使われています。

ただし、汎用品の固有振動数はMHzのオーダーで、振動していても、もちろん、音も聞こえませんし、LEDの点滅も確認できない高周波レベルです。

このことは、今まで紹介した周波数の低い発振とは異なるので、本来はこのHPとしては対象外なのですが、ただ、今までの発振波形をみると、かなり特殊な波形でしたが、水晶発信子はきれいな正弦波で発振する・・・というのが見たかったので、少しだけですが取り上げてみました。

(実際に何かの回路に使おうとするなら、水晶発振子単体よりも、増幅回路などが組み合わされている「水晶発振器」を使うほうが使いやすいように思います)

書籍にある「正弦波」の発振回路例をブレッドボードに組んでも、その他、市販の安価な発振回路のキットを組んでみても、うまくできないことが多いのですが、これは、(発振回路全般に言えることで) 組み方や部品の配置が影響する場合が多いためで、それもあって、原理図だけで細かい数値が入っていない回路図が掲載されていることが多いのでしょう。

水晶発振子は非常に安定した発信をするので、そういう不安や周波数が高いことはさしおいて、ここでは、その正弦波の様子を見たいということで水晶発振子を少しだけ取り上げています。

発振回路について

京セラさんなどのメーカーさんのデータシートを見ると、下図のように、インバータICを使って正弦波と方形波を観察できる回路が紹介されていますが、この説明にあるように、やはり、部品の値を決めるのも大変そうです。

水晶発振子の回路例 WEBの図

そこで、「我孫子おもちゃ病院」さんのHPに、「発振回路中の発振用コイルを水晶発振子に置き換えるとうまくいく・・・」という例が紹介されていましたので、その回路を参考にさせていただいて、オシロスコープで波形を見た結果を紹介します。

回路とブレッドボードに組み付けた状態は以下のとおりです。

今回使った水晶発振子用の回路例

ブレッドボードに組んだ回路

10MHzの水晶発振子の波形

この波は10MHzの水晶発信子の場合の波形です。 

水晶発振子は4MHz、8MHz、10MHzのものが手元にあったので、観察した時の「周波数とVpp(ピークツーピーク:山と谷の電圧差)」を下に示します。 

もちろん、オシロスコープの水平・垂直の倍率で見え方が変わりますし、出力電圧も変わるので、ここでは、そのおおよその形だけを見てください。 8MHzと10MHzは、ほぼきれいなサインウェーブになっていました。

4MHzの波形がきれいな正弦波ではありませんが、写真のような適当なブレッドボード配線ですので、これを修正するのも難しそうですので、とりあえず、「この回路で波形がみえました・・・」ということでおいておきます。

3つの発信波形比較

*****

以上になりますが、発振回路をどのようにして電子工作に応用していくのかは別にして、低周波(周期の長い)でスイッチのような使い方で発振させようとすると、PUTを用いた発振、弛張発振、ブロック発振、タイマーICを使った発振などを用いて、周期の長い発振(ON-OFF動作)に利用できそうだということがわかってきました。

これの応用は別に考えていくことにします。

→目次(INDEX)のページへ


Page Top▲
  
PR
 在宅時間が増えたことを利用して、アンケートに答えてお小遣いがたまるサイトです。
高額をゲットできるアンケートもありますが、まずは簡単なアンケートに答えてみましょう。
このサイトでは、たまったポイントを現金や電子マネーに変えることができます。

 アンケートサイトではちょっとした空き時間を利用してアンケートに答えてお小遣いがたまります。
私は、長いアンケートは苦手で、短いものを中心ですが、ポイントは少ないものの気分転換や時間つぶしができます。

スポーツ用品のアルペンとスポーツデポの公式オンラインストア。
お得な情報が満載。
困った時の神だのみ?直ぐに発送されるのも助かります。・・・要チェックですね。

セブンイレブンの配達サービス。
配達料は220円。でも税込み3000円以上配達料無料なのがGOOD
会員登録すればOK。
ミール、雑貨、お酒や有名スイーツの宅配も。サイトも見やすいです。

その他の私の記事

ナイフ作りで熱処理の基本を学ぼう
ナイフの熱処理
鋼の熱処理や特に「焼入れ」などは専門的でわかりにくいのですが、鋼種、加熱冷却の基本を知れば、ガスコンロなどで自分で熱処理することができます。これを知っていると、熱処理依頼をするにも、的を射た打ち合わせができるでしょう。ここでは、炭素工具鋼の熱処理をしながら、熱処理について説明しています。

大阪市営渡船8ヶ所を歩いて巡りました
大阪市営渡船
大阪市にかかる川を行き来するために、大阪市が運営する渡船が8か所あります。それを徒歩で踏破しました。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

焼入れするステンレスのウンチク
ステンレス鋼
焼入れするステンレス鋼の用途が広がっていますが、一般の工具鋼と違って、熱処理のしかたやその性質がわかりにくいという声を聞きます。一般書籍とは違う説明のしかたで、性質と分類、熱処理などについてさらっと紹介しています。

ああ数字・・・されど数字
太陽の塔 夜の顔
数字に関するページのインデックスページです。 実際に、ナンバープレートの数字を調べたり、方向指示器を出さないでまがる車の台数を調べたり、そのた、いろいろな数字の話題を紹介しています。 宇宙の広さ約1000億光年をkmで表したよりも大きな数字が日本にあるのですが・・・。


(来歴)R2.7 記事作成  R2.8様式変更2カラムに  最終R3.7見直し

電子工作記事の目次

最小限必要なことのおさらい(1-1)

最小限必要なことのおさらい(1-2)

電子工作に使う電源のいろいろ(1-3)

最小限 必要な準備をしましょう

LEDで遊んでみよう

Arduino用センサキットのLEDで遊べそうですか

7セグLEDをアナログ的に使う

バータイプLEDを使ってみる

ろーそくICとはどんなものなのでしょうか

モーターを使って遊んでみよう

DCモーターの回転数を変えてみる

DCモーター用のドライバー

モータードライバーNJU7386を使ってみる

電子工作に使えそうなバイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタの互換性を見てみよう

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

電界効果トランジスタFETの基礎

発振によってBEEP音を出してみよう

マルチバイブレータでLED点滅

その他の発振回路:少部品で確実に発振する回路

CdSセルを使ってみよう

電子工作に使えそうなスイッチ類

メカニカルリレーを使った自己保持回路

磁気に反応するホールICを使ってみる

磁気センサの「磁気抵抗素子」

メロディーICを使ってみましょう

サーミスタと温度センサICを紹介します

光を利用する発光受光素子

フォトインタラプタとフォトリフレクタ

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源

オペアンプの使い方(2)コンパレータ

オペアンプの増幅回路

オペアンプの増幅(2)

オペアンプを使った発振回路

タイマーIC NE555を使って見よう

タイマーIC「555」を使い倒そう 

コンデンサマイク用ミニアンプを試作

10進カウンタICとシフトレジスタIC

ボルテージディテクタ・リセットIC

バイナリカウンターを使ってみよう

テスターとオームの法則から始まる電子工作

応用のページのINDEX(目次)

関連記事のINDEX(目次)


その他の記事

 【大阪市営渡船を歩いて巡りました
大阪市営渡船
8か所全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

 私の大阪言葉 (音声付き)
私の大阪弁
55年間大阪府の東大阪市に住んでいて、河内弁混じりの大阪弁を話します。話し言葉はどんどん変わりますので、それを録音してみました。10年後、20年後が楽しみです。

 【淀川を全部歩く
淀川を歩く
淀川は大阪平野に暮らす人々の生活を支える大切な川です。琵琶湖から流れ出た水が京都府の大山崎町・八幡市あたりで淀川となり、大阪湾に注ぎます。それを歩きました。

 大阪城のトイレの外観を全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪城公園内には、約20の公衆トイレがありますが、大阪の観光名所というにはお粗末なトイレもあります。全部の外観を紹介しています。


大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

おすすめのスポンサーサイト


レアジョブはオンライン英会話の大手サイトで、豊富な講師陣で企業契約もおおい、人気のサイトです。


私が5年以上続けているサイトで、復習システムが充実しており、サポートも丁寧なところが気に入っています。


教室数が多く、どこの教室でもレッスンを受けられるのが便利。少し話せる人はマンツーマンレッスンとVoiceの参加をおすすめします。






   

お家時間が増えて、趣味を楽しものもいいですね。工作するのもよし、ホビーの世界はアレンジも楽しい・・・。オンラインショップを見て気長に楽しめる物を探してみたらどうでしょうか?







アウトドアーは比較的気軽に楽しめる娯楽です。日々進歩する用具類は普段からチェックしておくことも必要ですね。




  

普段からのぞいておくと役に立つサイトです。 コンビニ商品を宅配してくれるサービスはセブンミールの独壇場です。宅配料220円で3000円以上は無料。登録が必要ですので、事前にチェックを。
日本旅行では、会員登録をしないで予約ができます。







   

私の利用しているWEB関連の会社です。コントロールパネルなどHP内が見やすくわかりやすく、ストレスが少ないので、長い間利用しています。