楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント

安価な電子工作キットは役に立つのかどうなのか?

Amazonのサイトなどでは、発振器などの安価な電子工作キットがいくつか販売されています。 

私も、ご多分にもれずに数種類を購入して組み立ててみたのですが、トータル満足感は50%というところでしょうか。

安価でうまく作られた実用的なキットも多いのですが、思った動作をしないものや動かないものもありますし、うまく動いても、実際の出番がない(つまり、使えない)ものもあるので、半田付けの練習程度のもの・・・と考えていると結構楽しめます。

大きい期待はしないで、「使えればいい・・・」と考えておきましょう。

私が使ってみて満足しているものについては別の記事で取り上げています。 ここでは、それ以外とともに写真入りで紹介しています。


安価で上手くセットが組まれていますし、機能的に問題があっても、価格的に考えると、そこまで要求できない範囲と言えますので、それを知っておけば、いい勉強材料になるでしょう。「これを買ってはいけない」というものではありません。 

電子工作を始めたばかりの人がキットを購入して「動かない」・・・となると、困った問題ですが、キットに限らず、作って動かないことはしばしば直面することで、この原因となると、見つけるのは大変で、それを見つけるのが勉強の一つと言えます。

日本製なら、メーカーや販売店が新しいものに取り替えてくれる場合もありますが、安価なものは China など外国製が多いですし、回路設計自体が低価格になるように設計されていますので、動いても、「その程度のもの」と割り切って、完璧最高のものはキットで求めてはいけないと考えておきましょう。

ここでは、私の考え方、遊び方を書いていますので、読み流していただくといいと思います。


私の組み立てたキット類

  

下に楽天やAmazonのページを紹介していますが、結構安い価格で面白そうなキットがたくさんあります。

私が電子工作を初めて約半年の時点で購入したキット類にはこの写真のようなものがあります。(微妙に見にくい写真サイズにしているのは、変に誤解を持たれて買うのを控えると困ると思ったからです)

左から、①低周波発振器、②信号発生器、③周波数カウンター、④LCRチェッカー、⑤波形発生器・・・ですが、現在使用しているのは、①と④だけで、その他は使い勝手などが悪くて、すぐにお蔵入りしています。

購入して組み立ててみたキット例

販売されているキットにはこれ以外にも楽しそうなものが多いので、つい買ってみたくなりますが、「あるとどうなのか?」というと、多くは、使いみちがなくて、作るだけの楽しみ程度のものです。

順番にはんだ付けしていくと楽しいので、私は、何でも「ボケ防止」と思ってはんだ付け作業を楽しむようにしています。

  

→電子工作キットの楽天の商品を見る

→電子工作キットをAmazonのサイトで見る

安い価格でまとめられています

評価一覧

ここでわかると思うのですが、価格は「非常に安い」です。

電子部品(パーツ)自体が非常に安いこともあるのですが、これを組むために部品を個別に揃えると、この価格では揃いませんので、キットになっていれば、気軽に購入できます。 


これらのほとんどは、「はんだ付け」をするだけの作業です。

200箇所以上をはんだ付けするものもあって、半田付けのトレーニングに最適です。 うまく動かないのは「はんだ付け不良」が原因の場合も多いようです。 

作り方の手順も、特に問題があることもないし、英文、中文で書かれた説明書はわかりにくいので、それを見ないで、基板に書かれた絵のとおりに「はんだ付け」すれば問題はありません。

部品の欠落や不良は全くありません。

秋月電子さんのキットは、日本語で、その説明もよくわかりますが、その他のものは、組み上げてからの使い方などの説明が不十分です。

しかし、WEBでユーチューブの動画などもたくさんあリますので、(それも、何語かわからないものもありますが)、使い方が全くわからないことはありません。

ただ、私の感想を言えば、これらは簡単に組み上がりますが、使い方などの説明がほとんど書いていないので、使い道までの説明がほしい人は、購入しないのが無難です。

私の総合評価は辛口かもしれませんが、使っていないものについては、動かないのではなくて、「使えない」「精度などがイマイチ」という意味です。 これらは、「作ったけれど使える状態でない・・・」ということで△マークにしています。

「組み立て後の動作がXのもの」については、はんだ付け不良の原因が多いことから、全てのはんだ付けをやり直すなどの検討をしましたが、それでも完全に基本性能がえられないため「X」としていますが、私の側の問題も完璧ではないのでグレーゾーンです。

○印のものは度々使用しており、充分役に立っています。

キットをうまく使って電子工作を楽しみましょう

キットは安くてうまく作られていますが、うまく動かないときに、どのようにするかは難しい問題ですので、完動品がほしいのなら、China製のキットは購入しないのが無難です。(China 製の製品の多くは問題ありません。キットで動かなかった時の対応が難しいのです)



ここでは、キット購入時の注意などを、作ってみた感想として上げておきます。

1.作りやすさ・楽しさ

キット製作は、部品表を確認して、基板に合わせて、はんだ付けをすることが主な作業です。

この5つのキットでは、一番組み立て時間がかかったのは、LCRチェッカーで、それでも3時間程度で完成します。

こんな状態でキットになっています

これだけ盛りだくさんの部品があって、2000円以下ですので、びっくりします。

作るだけ(基板に組み付けるだけ)であれば、小学生にもできる簡単さですが、説明書には注意事項などが詳しく書かれていませんので、静電気や熱に対する注意など、電子工作の基本的なことがわかっていないと、出来上がった時の動作に影響することもあるかもしれません。

やはり最低限の電子知識が必要ですので、小学生であれば大人の指導がいるでしょう。


2.説明書

表を見るとわかるように、日本語説明書が添付されていないもののほうが多いですし、英文や中文しかないものもあって困るのですが、説明書は「あっても役に立たない」というぐらいに考えて製品をチョイスしましょう。

それが不満なら、購入してはいけないのですが、私が作って使えそうなものは私のHPに記事を書いていますし、多くの方がWEBにあげているので、参考になると思います。 「その程度の不完全なもの」と考えて組み立てるといいでしょう。

こんな状態で発送されてきます

送られてくるのは、このような状態で、国外からメール便で送られる場合もあります。

その場合は、2週間以上かかるのですが、価格が安いこともあって、そういう複雑な流通の仕組みで品物が動いていることにびっくりします。

これらのキット以外でも感じることですが、中国製品(China)の一般的な傾向は、どうしても「使用者に優しくない」感じが拭えません。 しかし、驚くほどに不良品やトラブルはありませんね。 

秋月電子さんやマルツさんなどの日本の販売者が扱う品物については、まず問題ないと考えて良さそうです。 日本の販売者が直接扱うものを購入するようにするといいでしょう。

3.製品の動作などの問題点

私の評価で「△や?」をつけたものは、仕様に書かれた性能が出ていないというだけで、それが「ダメ」というものではありません。私のはんだ付けのやり方の問題など考えられるからです。

オシロスコープで発振状況を確認

たとえば、これが「サイン波」だ・・・と言われると、疑問を感じるのですが、手前に置かれたオシレーターが1700円と聞くと、納得できる人と、そうでない人がでてくるでしょう。 

これに不満の方は、これらを購入してはいけない・・・となりますが、はんだ付けを全部外して、再度組み付けると、違った波形が出てくるかもしれないという程度の製品と思っておくといいでしょう。 これが不満なら、もちろん購入してはいけません。

もともと簡易な発振器ですので、何回か組み付け直すと状態が変わるのを体験するだけでも楽しいことです。

ともかく、このように安くて楽しめる電子工作キットです。うまく動かなくて憤るよりも、うまく動くと「ラッキー」と考えるぐらいにしておいて楽しみましょう。

→目次のページに行く

Page Top▲
  
PR
レンタルサーバーは使いやすさが重要です。
ロリポップレンタルサーバーは、管理画面やマニュアルのわかりやすいこと、一般に使う機能が揃っているなど、WEBに慣れていない方にも、あまりストレスなく使うことができます。

私も長期間利用していますが、運用に関しては特に何もしていません。ロリポップのサーバーとコンビですので、いろいろな連携で使いやすくなっています。もちろん、どこのサーバーでも問題ありません。

 在宅時間が増えたことを利用して、アンケートに答えてお小遣いがたまるサイトです。
高額をゲットできるアンケートもありますが、まずは簡単なアンケートに答えてみましょう。
このサイトでは、たまったポイントを現金や電子マネーに変えることができます。

 アンケートサイトではちょっとした空き時間を利用してアンケートに答えてお小遣いがたまります。
私は、長いアンケートは苦手で、短いもの中心ですが、ポイントは少ないものの気分転換や時間つぶしができます。

その他の記事の紹介

大阪城を別な見方で紹介 大阪城でぜひチェックしたい隠れた見どころ
ビルに映る大阪城 日本庭園 などあまりメジャーでない大阪城を紹介しています。コロナウイルスの影響で中国系観光客が減っているので、少し別の角度で大阪城を見てみるのはどうでしょうか。

大阪市営渡船 大阪市営渡船を歩きました
大阪市には8か所渡船が運行しています。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、乗船は無料。自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

ナイフ作りと熱処理を実践 ナイフを作りながら熱処理の基本を学ぼう
鋼の熱処理・焼入れは、専門的で難しそうですが、鋼種や基本のポイントを押さえれば家庭のガスコンロで焼入れができます。金のこをナイフに加工して、それを熱処理しながら方法や熱処理理論などを説明しています。

焼入れして硬化するステンレス鋼 焼入れするステンレスのウンチク
焼入れして硬くできるマルテンサイト系ステンレス鋼は、カスタムナイフの材料として人気があるのですが、熱処理の仕方や熱処理による性質がわかりにくいという声を聞きます。それらについて説明しています。

火花試験 ナンバープレートの希望番号の実体は
車のナンバープレートを好きな数字にできる制度が2005年にできたのですが、実際の番号を調べてみると、意外に少ない感じがします。皆さんはどのくらい希望番号を申請していると思いますか。


(来歴)R2.7 記事作成 R2.8様式2カラムに  最終R3.10に見直し
PR

電子工作記事の目次

最小限必要なことのおさらい(1-1)

最小限必要なことのおさらい(1-2)

電子工作に使う電源のいろいろ(1-3)

最小限 必要な準備をしましょう

LEDで遊んでみよう

Arduino用センサキットのLEDで遊べそうですか

7セグLEDをアナログ的に使う

バータイプLEDを使ってみる

ろーそくICとはどんなものなのでしょうか

モーターを使って遊んでみよう

DCモーターの回転数を変えてみる

DCモーター用のドライバー

モータードライバーNJU7386を使ってみる

電子工作に使えそうなバイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタの互換性を見てみよう

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

電界効果トランジスタFETの基礎

発振によってBEEP音を出してみよう

マルチバイブレータでLED点滅

その他の発振回路:少部品で確実に発振する回路

CdSセルを使ってみよう

電子工作に使えそうなスイッチ類

メカニカルリレーを使った自己保持回路

磁気に反応するホールICを使ってみる

磁気センサの「磁気抵抗素子」

メロディーICを使ってみましょう

サーミスタと温度センサICを紹介します

光を利用する発光受光素子

フォトインタラプタとフォトリフレクタ

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源

オペアンプの使い方(2)コンパレータ

オペアンプの増幅回路

オペアンプの増幅(2)

オペアンプを使った発振回路

タイマーIC NE555を使って見よう

タイマーIC「555」を使い倒そう 

コンデンサマイク用ミニアンプを試作

10進カウンタICとシフトレジスタIC

ボルテージディテクタ・リセットIC

バイナリカウンターを使ってみよう

テスターとオームの法則から始まる電子工作

応用のページのINDEX(目次)

関連記事のINDEX(目次)

PR

その他の記事

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

フィリピンのセブで英語を勉強
フィリピン英語留学
英会話を学ぼうとシニアが単身で1ヶ月間セブに短期留学しました。準備から費用やアクティビティなどを書いています。今、新型コロナの影響で渡航は難しいのですが、何かの参考になれば・・・。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。
PR