楽しく遊ぶための初心者にもわかる電子工作のヒント

「イライラ棒」のアクションを考えましょう

  

自作のイライラ棒(こちらのページ)の続きの記事です。

移動棒が通路のアルミ線に触れると、音がでたり、LEDが光るようになりましたが、どうも迫力がなく、「ゲーム感」が乏しいので、ここでは、「失敗するとチャレンジが終わりになる」というような回路で、リレーを利用した自己保持回路が使えそうです。

自己保持回路については、こちらの記事でも説明していますが、工作機械などを起動するために「押しボタン」の起動スイッチを押すと、機械が動き始めるのですが、押しボタンから手を離しても機械は動き続けるようになっています。

それを止めるには、「停止スイッチ」を押すと機械が止まる・・・という動作をする回路が自己保持回路です。

自己保持回路のイメージ


イライラ棒の自己保持回路

上の図の動作を「イライラ棒」に当てはめると、「ONスイッチを押す」動作は、イライラ棒の移動棒が通路のアルミ線に接触する状況です。

そうすると、「ゲームオーバー」になり、「音がなり、LEDが点灯」する・・・というようにしようと思います。

そして、音や光を止めるのは「OFFスイッチを押す」のですが、この動作は、再スタートのための「リセットスイッチ」と考えることができます。

この回路の一例は次のようなものです。

ここで作る回路

この回路図では、LEDは一つではなくて、少し派手にして、数10個点灯させる・・・というイメージにしています。

自己保持回路を働かすには、2回路2接点のリレー(この回路では「5V用」)を1つ使えば可能です。

この図では、C接点のスイッチが2回路分ついており、コイルに電流が流れると、その両方のスイッチが切り替わります。

2回路のうちの片方で「自己保持状態」をつくり、もう片方のスイッチで、音や光のアクションをさせるのですが、ここでのアクションは小電力のものですので、LEDとブザーは並列につないで同時にアクションをしようと考えています。

それでは、これを組み立てて試運転してみることにしましょう。

このゲームの一連の流れ

最初は、左端に移動棒を置いてスタートします。

アルミ線に触れないように左端から反対に移動棒を進めて、右端まで行けば「OK」です。

もしも途中で、うっかりアルミ線に触れてしまうと、スイッチがONになり、リレーのコイルに電流が流れて、2回路のリレー内のスイッチが切り替わって、ブザーが鳴りLEDが光ります。

その時、イライラ棒が接触後にアルミ線から離れても、すでに「自己保持回路」が働いていて、常時、リレーに電圧がかかている状態(LEDやブザーがONの状態)が維持されているので、ゲーム終了です。

「音とLED」を止めるには、停止スイッチを押します。そうすると、リレーが切れて、上の図の状態にリセットされる・・・というものです。

ブレッドボードにこの回路を組んでみましょう

足を加工した、ここで使ったNEC製マイクロリレー ここで使ったC接点スイッチ 足加工済み

リレーは4.5V用のNECのEF2-4.5NUHというのが手元にあったので、それを使っていますが、DC5V用で2回路のC接点がついているものであれば、どんなものでもいいです。小電力用の小さなもので、100-200円程度です。

リレーはいろいろなことで遊べるので、数個同時に購入しておくといいでしょう。

また、ここで用いるリカバリー用のB接点スイッチ(押すと切れるスイッチ)も、適当なものがなかったので、C接点(2接点)のものを使っています。

ここで使ったのは小さなリミットスイッチですが、リレーもスイッチもブレッドボード専用ではないので、ブレッドボードに取り付けるために、足を長くする加工をしています。

また、初回は試験的なもので「自己保持状態」を確認するだけですので、ブザーは取り付けないでLEDの点灯だけで動作確認しています。 

さらに、リレーコイルのサージ電圧対策もしたほうがいいのですが、これらもやっていません。(この対策は、後で簡単に説明します)

こんな感じで組み付けます

イライラ棒部分は、このように、ワニ口クリップで移動棒と通路(アルミ線)につなぎました。

楽天トラベル

注意する点としては、リレーのコイルに加える電圧は極性があります。動作を確認して結線するといいでしょう。(もしも接続が逆になっているとON-OFF動作をしません)

また、リレーのC接点についても、データシートには表示されていますが、私自身も、しばしば接続方法を間違うことも多いので、事前にテスターなどで動作状況を見ておいて、印をつけておくと組み付ける時に便利です。

うまくLEDが点灯し、その状態が保持されています

私が試しにイライラ棒ゲームをやってみると、アルミ線に触れないで最後まで移動棒を進めるのは至難の業で、いつも1/3程度のところで、アルミ線に触れてスイッチが入ってしまいます。 これは、練習してクリアするしかないでしょう。

また、軽くアルミ線に触れる程度ではスイッチが入らない場合もあります。

しかしこれは、「おまけ感があって」 適当に感度が鈍い程度がちょうどいい感じ・・・と思っています。(感度を良くするには、ピカピカにアルミ線を磨くとよいのでしょうね)

LED用の電流制限抵抗はLED1個ですので、ここでは、いつものように220Ωを使いました。

今回は、ワニ口クリップで移動棒をつないでいますが、迷路が複雑になるほど、かなり手首の回転が必要になり、そのとき、コードが邪魔になって回しにくかったり、外れてしまうので、本番用は細くて長いコードに変えて固定するほうが良さそうなので、そレを考えて、銅線とステンレス線のはんだ付けができるかどうかをテストしてみました。

普通は銅線とステンレスのはんだ接合は、特殊なフラックスを使うと可能ですが、ステンレス用のものは酸性の高いもので、サビや安全性に不安なので、普通に使っているフラックスを充分につけて、ハンダゴテの温度調節を400℃程度の高めにすることで、実用的な程度の接合ができました。

はんだ付けが難しそうなら、下のようなスリーブで締め付ける・・・などで対策するのも一つの方法でしょう。

圧着スリーブの例


単調なブザー音とLEDの点灯だけでは少しさみしい・・・

そこで、「7色点滅LED」を30個の同時点灯をさせることにしましょう。

この7色点滅LEDは、様々な色に変色して点滅するすぐれもので、100個単位で購入すると1つが10円以下で、いろいろなことに用いると結構楽しめます。(こちらに記事

電流計算で、このLEDは3Vの順電圧で、1個あたり20mAの電流が流れるとすると、抵抗値は (5V-3V)/0.02A から 100Ωの抵抗を使えばいいことになります。

並列につなぐとして、0.02x30=0.6A x3V=1.8W となり、発熱すると危険なので、100Ω5Wのセメント抵抗を用いて、ブレッドボードに取り付けて、これを点灯させてみましょう。

10個のLED点灯

30個を点灯させた状態ですが、「すごい」というほどではありません。 ですが・・・何か色が変な感じです??? 数を少なくしたときと比較してみると・・・・色の感じが何か違います。

少ないときのLED発光色

LEDの数を1つから徐々に数を増やしていくと、青色が減少して、赤色がかってきていることに気づきます。 ちなみに、電圧降下の状態を確認すると、下のように、電圧が不足していくために、数が多くなると青色系が発色しなくなっていくようです。

LEDが少ないときのLEDの電圧降下 LEDが多くなると電圧降下が大きい

5Vの電圧を、定電圧電源に変えて、加える電圧を6.5V程度に上げると青色が見え始めますし、4V以下になれば、赤色しか発色しないことがわかりました。

このLEDの使用の詳細がよくわからないので、正しい対策の方法はわかりませんが、流れる電流値が多くなると、電圧が下がるという例は、しばしば遭遇します。

この場合は、電圧を6.5V以上に上げても、LEDがぶっ飛ぶことはないと思いますが、危険なこと早めておき、ここでは深入りしません。

このような場合には、LED回路をテスターで電流を測ってみると、うまく測れないので、定電圧電源の電流計で電流量を確認すると、LED1個では20mA程度の電流が流れているのですが、30個を6.5Vで点灯させても60mA以下と、思ったような電流が流れていないことがわかります。

つまり、写真でもわかるように、このLEDは点滅しているために、計算したような大きな電流が常時に流れているのではないようです。

ここではともかく、LED30個を点滅させました。 ラスベガスなどで明るい電球が点滅しているイメージには及びませんが、結構派手になりました。 ラスベガス状態にするのは簡単ではなさそうですが、これで少しだけですが、その感じに近づいたようです。

楽天

今回は同じ種類のLEDを並列にしただけですが、直並列にして電圧を上げたり、違うLEDを使って、電流制限抵抗値を変えるなどで「ギラギラ状態を作り出す」のを試してみるのも面白いと思います。

今回は、自己保持、ブザー、LEDをつけた状態で、いったん中断しますが、このような発展性を自分で1から考えていくと、いろいろな楽しみ方が無限に広がリます。 例えば、・・・

・ブザーの種類を変えたり、増やしてみる
・スタンバイ時であることがわかるように待機時用LEDをつける
・タイマーを併用してタイムを競う ・・・ などをやってみることも面白いことです。

タイマーについては、デジタル回路で考えてもいいのでしょうが、アナログ回路ですので、電子的なものを作るのもいいかもしれませんが、少し大変ですし、使い勝手を考えるといろいろ考える必要がありそうですが、例えば、ルービックキューブ用の競技タイマーを使うのはどうでしょう。

 →こちらでアマゾンの競技用ターマーのページを見る   ストップウオッチなどでもいいですが、このタイマーは安くてうまくできていますのでスマホなどよりも所要時間を測るのにオススメです。

そしてさらに・・・

・カウンターのような機能を考えて、3回まではセーフにする
・アルミ線に近接すると音が鳴ったり音が変化する

・・・など、できるできないは別にして、アイデアを考えて、それを具現化するよう、いろいろ考えを巡らせるのも面白いものです。 

考えることは無料ですしアイデアは宝になります。

リレーの接点・コイルの雑音やサージ対策

一般的に、コイルや接点の開閉時には、突入電流、サージ電流、雑音などが発生しますので、いつも、対策を意識しておきましょう。

今回の回路では、マイコンやICや高周波回路というものはありませんし、ON-OFF頻度も多くないので、完璧な対策が必須ではありませんが、面倒なものではありませんので、コイルや接点は「常に対策する」と考えておくほうがいいでしょう。 頭に入れておくと良いでしょう。

リレーメーカーのOMRONさんのHPなどにも詳しい説明もありますので、参考にされるといいでしょう。 

この対策としては、今までは「抵抗とコンデンサ」を使うことが一般的でしたが、簡単な方法として、「ダイオードを使う」ということを覚えておくといいでしょう。

どんなダイオードを使えばいいのかは難しいのですが、当面は、ショットキーダイオード、リカバリダイオード、スイッチングダイオード・・・など何でもいいので、①逆耐電圧が使用電圧の10倍以上 ②使用する電流にあったもの ・・・ の中から、安いものを使えばいいでしょう。

今回で言えば、5Vを使っているので、50V以上の逆耐圧のもので、順電流が100mA程度以上あればいいので、それを以下のように接続します。

私は100V1A用の1S10(50円以下)や、100V200mAの1N4148(5円以下)のものを使っています。 

これで完璧かどうかはわかりませんし、いろいろな方法がある割には、あまりいろいろな記事には説明も少ないのですが、やり方のそれぞれに長短所はあるにしても、ともかく、これが最低限の対策と考えておきましょう。

サージ対策の一例

今回は以上ですが、面白いアイデアが浮かべばそのときに追記します。

  

目次のページへ



  
PR
レンタルサーバーは使いやすさが重要です。
ロリポップレンタルサーバーは、管理画面やマニュアルのわかりやすいこと、一般に使う機能が揃っているなど、WEBに慣れていない方にも、あまりストレスなく使うことができます。

私も長期間利用していますが、運用に関しては特に何もしていません。ロリポップのサーバーとコンビですので、いろいろな連携で使いやすくなっています。もちろん、どこのサーバーでも問題ありません。

 在宅時間が増えたことを利用して、アンケートに答えてお小遣いがたまるサイトです。
高額をゲットできるアンケートもありますが、まずは簡単なアンケートに答えてみましょう。
このサイトでは、たまったポイントを現金や電子マネーに変えることができます。

 アンケートサイトではちょっとした空き時間を利用してアンケートに答えてお小遣いがたまります。
私は、長いアンケートは苦手で、短いもの中心ですが、ポイントは少ないものの気分転換や時間つぶしができます。

その他の記事の紹介

大阪城を別な見方で紹介 大阪城でぜひチェックしたい隠れた見どころ
ビルに映る大阪城 日本庭園 などあまりメジャーでない大阪城を紹介しています。コロナウイルスの影響で中国系観光客が減っているので、少し別の角度で大阪城を見てみるのはどうでしょうか。

大阪市営渡船 大阪市営渡船を歩きました
大阪市には8か所渡船が運行しています。全工程の地図と渡船の時刻表をつけています。歩く距離は15kmほどで、乗船は無料。自転車も乗船OKですので、季節のいい時にトライしてはどうでしょう。

ナイフ作りと熱処理を実践 ナイフを作りながら熱処理の基本を学ぼう
鋼の熱処理・焼入れは、専門的で難しそうですが、鋼種や基本のポイントを押さえれば家庭のガスコンロで焼入れができます。金のこをナイフに加工して、それを熱処理しながら方法や熱処理理論などを説明しています。

焼入れして硬化するステンレス鋼 焼入れするステンレスのウンチク
焼入れして硬くできるマルテンサイト系ステンレス鋼は、カスタムナイフの材料として人気があるのですが、熱処理の仕方や熱処理による性質がわかりにくいという声を聞きます。それらについて説明しています。

火花試験 ナンバープレートの希望番号の実体は
車のナンバープレートを好きな数字にできる制度が2005年にできたのですが、実際の番号を調べてみると、意外に少ない感じがします。皆さんはどのくらい希望番号を申請していると思いますか。


(来歴)R2.9作成  最終R3.10に見直し 

PR

電子工作記事の目次

最小限必要なことのおさらい(1-1)

最小限必要なことのおさらい(1-2)

電子工作に使う電源のいろいろ(1-3)

最小限 必要な準備をしましょう

LEDで遊んでみよう

Arduino用センサキットのLEDで遊べそうですか

7セグLEDをアナログ的に使う

バータイプLEDを使ってみる

ろーそくICとはどんなものなのでしょうか

モーターを使って遊んでみよう

DCモーターの回転数を変えてみる

DCモーター用のドライバー

モータードライバーNJU7386を使ってみる

電子工作に使えそうなバイポーラトランジスタ

バイポーラトランジスタの互換性を見てみよう

バイポーラトランジスタのダーリントン接続

電界効果トランジスタFETの基礎

発振によってBEEP音を出してみよう

マルチバイブレータでLED点滅

その他の発振回路:少部品で確実に発振する回路

CdSセルを使ってみよう

電子工作に使えそうなスイッチ類

メカニカルリレーを使った自己保持回路

磁気に反応するホールICを使ってみる

磁気センサの「磁気抵抗素子」

メロディーICを使ってみましょう

サーミスタと温度センサICを紹介します

光を利用する発光受光素子

フォトインタラプタとフォトリフレクタ

オペアンプの使い方(1)オペアンプと電源

オペアンプの使い方(2)コンパレータ

オペアンプの増幅回路

オペアンプの増幅(2)

オペアンプを使った発振回路

タイマーIC NE555を使って見よう

タイマーIC「555」を使い倒そう 

コンデンサマイク用ミニアンプを試作

10進カウンタICとシフトレジスタIC

ボルテージディテクタ・リセットIC

バイナリカウンターを使ってみよう

テスターとオームの法則から始まる電子工作

応用のページのINDEX(目次)

関連記事のINDEX(目次)

PR

その他の記事

大阪モノレール 18駅を紹介
大阪モノレール
大阪の北部を走る4両のかわいいモノレールで、全部で18の駅があります。途中にガンバ大阪のホームグラウンド最寄り駅の万博記念公園駅などがありますが、他線への乗り継ぎのための利用者が多いようです。一つ一つの駅に乗り降りして各駅を紹介しています

フィリピンのセブで英語を勉強
フィリピン英語留学
英会話を学ぼうとシニアが単身で1ヶ月間セブに短期留学しました。準備から費用やアクティビティなどを書いています。今、新型コロナの影響で渡航は難しいのですが、何かの参考になれば・・・。

大阪城のトイレを全部紹介
大阪城の公衆トイレ
大阪の観光名所で外人さんを含めてたくさん訪れる大阪城ですが、トイレがいま一つという感じがします。約20ヶ所の公衆トイレがありますが、全部の男子用トイレの外観を紹介していますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

大阪国際空港
大阪国際空港
大阪の人は伊丹空港と呼んでいますが、国際線は関西空港に移ったあとでも国際空港の名前が残っています。運営会社が変わって施設の更新も進んでいます。レストランや駐車場情報も随時更新。
PR